ANA VISA Suicaカードは年会費最安値でANAマイルが良く貯まるのおすすめのANAカード!

ana-visa-suica

ANA VISA Suicaカードは、ANAマイラー御用達のANAカード。

なぜ、ANAマイラー御用達なのか?

それは、年会費が751円(税別)とANAカード最安値なのに、ANAマイルがしっかり貯まるからです。

また、持っているだけで、毎年1,000マイルのプレゼントがもらえるので、サブカードとして保有しているANAマイラーも多数です。

入会キャンペーンも充実しているので、キャンペーン狙いで作り、毎年1,000マイルもらい続けるANAマイラーも多いです。

なので、すでに別のANAカードを持っている人もANA VISA Suicaカードを作るんですよね。

そんな人気のANA VISA Suicaカード(アナビザスイカカード)を見ていきます!

ANA VISA Suicaカードのメリット

ANA VISA Suicaカードの主なメリットは、

  • 年会費がANAカード最安値
  • Suicaチャージでもポイントが貯まる
  • カード継続で毎年1,000マイルもらえる
  • ポイント還元率は最大1,000円=70マイル!(通常1,000円=10マイル)
  • ANA便に乗るとANAマイルが10%アップする
  • 安心の三井住友VISAカード

年会費がANAカード最安値

初年度は、年会費無料ですが、2年目以降の通常年会費は、2,000円(税別)です。

年会費が発生する2年目以降も、実はもっと安くすることができるんです。

「マイ・ペイすリボ」に登録すると、1,249円引きとなり、年会費を751円(税別)まで下げることができます。

751円は、100円=1マイル以上貯まるANAカードの中で、最安値になります。

最安値なのに、しっかりANAマイルが貯まり、ANAカードの特典を受けられる点が、ANA VISA Suicaカード最大のメリットです。

マイ・ペイすリボとは?

マイ・ペイすリボとは、毎月1万円の支払いと自分で決めたら、月に5万円使ったとしても、毎月の請求金額は1万円で済むのでお金のやり繰りが楽になるよと言ったもの。

マイ・ペイすリボイメージ図

ただし、毎月の支払金額以上にカードを使ってしまうと、借金していることと同じ状態になり、手数料(利息)を払う必要があります。

でも大丈夫。

三井住友VISAなら、「毎月のお支払額=カードの限度額」に設定できるので、手数料を払わずに年会費割引だけ受けることが可能です。

カードが手元に届いたら、ネットで簡単に「毎月のお支払額=カードの限度額」に設定できるので、忘れずに設定しましょう。

これなら、絶対に手数料は発生しないのに、年会費だけ割引を受けられます。

ポイント!
「マイ・ペイすリボ」に登録していても、年に1回以上使わないと年会費割引の適用にならないので、最低年に1回以上はクレジットカードを使いましょう。

Suicaチャージでもポイントが貯まる

ANAカード+Suicaのいいとこ取りなので、Suicaのチャージ・オートチャージでもポイントが貯まります

1,000円=1ポイント貯まります。

後ほど紹介する10マイルコースを選べば、1,000円=10マイル貯まる計算です。

また、Apple Pay(アップルペイ)にも対応しているので、アップルペイに登録するカードとしてANA VISA Suicaカードはぴったりです。

カード継続で毎年1,000マイルもらえる

ANA VISA Suicaカードを持っているだけで、毎年1,000マイルもらえます

安い年会費なのに、1,000マイルもらえるのは嬉しいですね。

ポイント還元率は最大1,000円=70マイル!(通常1,000円=10マイル)

point-up-mall
ポイントUPモールと呼ばれる、三井住友VISAが行っているインターネットモールを利用すると、ポイントが最大20倍になります。

amazon(2倍)、楽天市場(2倍)、エクスペディア(ポイントアップ中で8倍)、JTBツアー(ポイントアップ中で4倍)などなど普段使っているインターネットショッピングがポイントUPになります。

ただ、一つ残念なのが、倍増したポイントは、ボーナスポイントと呼ばれ、通常のポイントとは区別されること。

ボーナスポイントは、1ポイント=3マイルでの交換になります。

そのため、2倍の場合は、1,000円=13マイル、20倍の場合は、1,000円=70マイルとなります。※10マイルコースで計算

amazonや楽天市場などは普段使いできるので、上手く使えばどんどんマイルを貯めていくことができます。

※楽天市場ならANAマイレージモールを経由した方が、1,000円=15マイル貯まるのでANAマイレージモール利用がお得です。

ずぼらで貯めるANAマイル!ANAマイルの簡単な貯め方!

2016.08.16

ANA便に乗るとANAマイルが10%アップする

ana-bonus
ANA VISA Suicaカードを持ってANA便に乗ると、10%のボーナスマイルがもらえます。

フライトでもお得にANAマイルが貯められます。

安心の三井住友VISAカード

ANA VISA Suicaカードは、三井住友VISAカードの提携クレジットカードです。

三井住友VISAは銀行系で信頼性と不正対応では定評があります。

また、VISAカードなので、世界中どこに行っても使えるので、安心です。

VISAブランドは、海外旅行に行くなら、必ず持つべきクレジットカードです。

ポイントの賢い使い方

ana-visa-suica-point

ANA VISAカードは、ポイントをANAマイルへ移行する方法を自分で選べます。

なお、ポイントの有効期限は2年です。

選択は2つする必要があります。

  • 10マイルコースか5マイルコースか
  • 応募方式か自動移行方式か

10マイルコースか5マイルコースか

10マイルコースを選ぶと、1ポイント=10マイルでANAマイルを獲得できます。

ただし、手数料として年間6,000円(税別)の移行手数料が必要になります。

5マイルコースを選ぶと、移行手数料がかからないものの、1ポイント=5マイルと獲得マイルが半分になってしまいます。

うーーんといった感じですよね。

悩ましいコース選びは、保有目的で選べばOKです!

  • メインカードとして使う:10マイルコース
  • キャンペーンで大量ポイントを獲得した時:10マイルコース
  • サブカードで継続マイル狙い:5マイルコース

ちなみに、5マイルコースと10マイルコースは途中で変更が可能です。

入会キャンペーンで獲得した大量ポイントを移行する際は、10マイルコースがお得ですよー

応募方式か自動移行方式か

応募方式とは、自分で好きなタイミングでポイントをANAマイルへ移行できます。

自動移行方式は、勝手にANAマイルへ移行されます。

こちらは、応募方式がおすすめ。

理由は2つです。

  1. ポイントの有効期限2年とANAマイルの有効期限3年の最大5年マイルを保持できる
  2. 移行を2年に1度にすれば、移行手数料を節約できる

マイルの有効期限も伸ばせ、移行手数料も節約できる応募方式がおすすめ!

マイ・ペイすリボで手数料を発生させるとポイント2倍だけど使わないほうが良い

マイ・ペイすリボで手数料を発生させると、ポイントが2倍になります。

1,000円=20ポイント貯まります。

ANAマイルへ移行する時、2倍になった部分はボーナスポイントなので、1ポイント=3マイルでしか交換できません。

1,000円=13マイル

となり、確かに1.3倍マイルが貯まるので使いたくなりますよね。

でも、旅マイルでは、手数料が発生するリボ払いはおすすめしていません

もちろん、リボ払いの特性を理解して、増額繰り上げ返済で調整を毎月できる方は、手数料を数円程度に抑えてポイント2倍ゲットすることは可能です。

ただ、増額申請を忘れると多額の手数料を払わないといけないので、それならやらないほうがおすすめです。

ANA VISA Suicaカードのデメリット

ANA VISA Suicaカードのデメリットは…

あまり思いつかないです。

強いてあげるなら、家族カードが作れないくらいですかね。

家族カードが作れなくても、それぞれがANA VISA Suicaカードを作って、ANAカードファミリーマイルで後でマイルを合算すれば問題ないですね。

ANA VISA Suicaカードのキャンペーンの攻略法

今なら、通常特典である①入会特典1,000マイルに加えて、期間限定キャンペーン実施中です。

最大27,000マイル獲得できるチャンスですが、キャンペーンの内容が細かすぎてわかりづらいのでとりあえず整理してみます。

キャンペーン名 獲得ANAマイル 獲得ポイント(ANAマイル換算)
①入会特典 1,000マイル
②リボ払い利用特典 1,600P(16,000マイル)
③iD利用特典 500P(5,000マイル)
④銀聯利用特典 500P(5,000マイル)
合計 1,000マイル 2,600P(26,000マイル)

※ポイント換算は、10マイルコースを想定

合計で、27,000マイル手に入ります。

このキャンペーンをクリアーするためには、50万円クレジットカードを利用するため、50万円分のショッピングポイントも加算され、キャンペーン完了時には、32,000マイル貯まります。

32,000マイルあれば、国内線2~3往復、韓国線ビジネスクラス、台北、グアム、シンガポールやバンコクなどアジア線のエコノミークラスの特典航空券と交換できます。

40,000マイルまで貯めれば、ハワイ線の特典航空券も見えてきます。

ダイヤモンドヘッド

ハワイのワイキキビーチ

①入会特典

入会特典1,000マイルは、ANA VISA SUICAカードに申し込めば無条件にもらえるので簡単。

ANAマイルでのプレゼントになります。

②リボ払い利用特典

リボ払い利用特典は、達成金額によって2段階に分かれています。

入会月を含む6ヶ月間の内に、

  • 5万円以上利用 :500ポイント(5,000マイル)
  • 50万円以上利用:16,000ポイント(16,000ポイント)

このキャンペーンに参加するためには2つ条件があります。

  1. マイ・ペイすリボに登録すること
  2. キャンペーンにエントリーすること(入会後エントリーできます)

この2つを忘れるとせっかく、50万円カードを利用してもポイントがもらえません。

なお、先ほど紹介した、マイ・ペイすリボで、「限度額=毎月の支払額」にしていても、このキャンペーンの適用OKであることは、オペレーターに確認したので、安心してこのキャンペーンに参加できます。

なので、ANA VISA SUICAカード申込時に申し込んでしまいましょう↓。

マイ・ペイすリボ申し込み画面

毎月の最低お支払額は、申込時は最高3万円までしか設定できませんが、カード到着後に、インターネットで簡単に「限度額=毎月の支払額」に設定することができます。

忘れずに設定しましょう!

③iD利用特典

iDを3万円使うと500ポイント(5,000マイル)もらえるキャンペーンです。

iDは電子マネーのようなものです。

このキャンペーンに参加するためには2つ条件があります。

  1. iD専用カード又は携帯iDを申し込む
  2. キャンペーンにエントリーすること(入会後エントリーできます)

ANA VISA SUICAカードは、すでにSuicaを搭載しているのでiDは別に持つ必要があります。

iDは、イオン、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド、ENEOS、ガストなどで使えるので、3万円なら余裕ですね。

なお、こちらの3万円の利用は、②リボ払い利用特典の利用額に含めることができます。

④銀聯利用特典

銀聯カード(ぎんれんカード)とは、中国のカードブランドです。

ANA VISA SUICAカードとは別に銀聯カードを作り、3万円以上使うと500ポイント(5,000マイル)もらえます。

このキャンペーンに参加するためには2つ条件があります。

  1. 銀聯カードを申し込む
  2. キャンペーンにエントリーすること(入会後エントリーできます)

こちらも②リボ払い利用特典の利用額に含めることができます。

カード発行は時間がかかるので注意

SUICAが付いていると通常のANAカードよりも時間がかかります。

申込からカードが手元に届くまで、約2週間~3週間かかります。

もし、旅行に持って行く!とかなら、早めの申し込みが◎です。

27,000マイルもらえるキャンペーンはこちら↓

【こちらの記事も読まれています】

マイルが良く貯まるおすすめのANAカードは?失敗しないANAカードの選び方!

2016.09.07
アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^