デルタ航空のスカイマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード

デルタ航空のマイレージはスカイマイル。

スカイマイルの良い所はマイルが無期限で貯められること。

そんなデルタ航空スカイマイルを大量獲得可能なキャンペーンが!

スポンサーリンク

デルタ航空のスカイマイルを貯めるなら

デルタ航空のマイレージプログラムであるスカイマイルを効率良く貯めるにはフライトマイルに加えて、日々のショッピングでも貯めれば一気に特典航空券に近づきます!

いつものショッピングをクレジットカード払いに変えるだけで自然とマイルが貯まっていきます。

クレジットカードの利用により貯まるマイルは通常「100円=1マイル」が相場。

なかなか「100円=1マイル」を超えるクレジットカードは他のマイレージプログラムでも無いなか、三井住友トラストクラブ発行のクレジットカードは「100円=1.3マイル又は1.5マイル」貯まる優れもの。

三井住友トラストクラブでデルタの冠が付いたクレジットカードは3枚。

デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカード(以下デルタゴールド)

デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード(以下デルタプラチナ)

デルタスカイマイルダイナースクラブカード (以下デルタダイナース)

どんどん貯まるマイル

日々のショッピングで

デルタゴールドなら「100円=1.3マイル」、デルタプラチナとデルタダイナースは「100円=1.5マイル」貯まります。

そのため他のクレジットカードに比べ1.3倍、1.5倍ポイントが貯まっていくのでどんどんマイルが貯まっていきます。

例えば年間100万円のクレジットカードの利用なら、通常10,000マイルしか貯まらないところが、13,000マイル、15,000マイル貯まる計算になります。

しかもデルタ航空のスカイマイルには期限がないためじっくりマイルを貯めてビジネスクラスの特典航空券に交換することも可能。

クレジットカード更新でもマイルが貯まる

さらにクレジットカードを保有しているだけで毎年マイルがプレゼントされます。

デルタゴールドとデルタダイナースは3,000マイル、デルタプラチナは5,000マイル

保有し続ければどんどん無期限にマイルを貯められます。

デルタラウンジが利用可能

ゴールドカード以上のクレジットカードにはよく空港ラウンジが無料で使える!というキャッチフレーズが。

でも空港ラウンジには2種類あって、有料空港ラウンジと航空会社ラウンジ。

有料空港ラウンジはゴールドカード以上のクレジットカードを持っていると無料で使えるところです。

しかも、1千円とか3千円払えば誰でも使えたりします。

一方、航空会社ラウンジは基本その航空会社やアライアンス航空会社のビジネスクラス以上利用時又は上級会員のみの利用になります。

そんなわけで航空会社ラウンジは上客向けのサービスなので空港ラウンジのサービスの質が全く異なります。

有料空港ラウンジはソフトドリンクのみ無料で食べ物はないことが多いですが、航空会社ラウンジはアルコールも無料だし、軽食も食べられます。

そんなわけで有料空港ラウンジと航空会社ラウンジは似ているようで大きな違いが。

この3枚のクレジットカードの大きなポイントの一つに通常エコノミークラス利用時には利用出来ないデルタ航空のビジネスクラスラウンジへのアクセス権が付与されること

エコノミークラス利用なのに出発前に優雅にビジネスラウンジでくつろいでから飛行機に乗れるわけです。

しかも利用権は同伴者でも使うことが出来るため例えば、夫婦でハワイに行く際に夫婦で利用することも出来ます。

※デルタラウンジはデルタ航空利用時のみ利用可能

年会費の元を取るのに十分なカード特典

年会費は、デルタゴールド18,000円、デルタプラチナ40,000円、デルタダイナース28,000円(すべて税抜)。

年会費は高額。。。

でもその年会費の元を取るだけの特典が用意されています。

空港ラウンジ

デルタ航空を使わない時も空港ラウンジが利用できます。

デルタゴールドとデルタプレミアムなら国内主要空港と仁川空港とホノルル空港の有料ラウンジが無料で利用可能。

デルタダイナースなら国内外600ヵ所以上の有料ラウンジが無料で利用可能。

羽田空港空港の国際線ターミナルの有料ラウンジは落ち着いた雰囲気でのんびり出発時間まで過ごせます。

IMG_1563

充実の海外旅行保険

海外旅行保険も充実しています。

海外旅行保険で1番重視されるのが、疾病治療保険と傷害治療保険。

海外旅行中に死亡するリスクよりも、断然病気になったり、怪我をしたりするリスクが高いです。

そして医療費は日本のように健康保険も効かないため盲腸の手術だけで200万円以上かかることも。

でもリスクが高いだけに保険料は高額になるのでクレジットカード付帯の保険は疾病治療保険と傷害治療保険は手薄になり、リスクの低く保険料の安い死亡保険を高額設定し売り込んでいることが多いです。

そんな中、この3枚は疾病治療保険と傷害治療保険も充実。

死亡保険 傷害治療 疾病治療 倍賞責任 携行品損害 救援者費用
デルタゴールド 7,000万円 200万円 200万円 3,000万円 30万円 100万円
デルタプラチナ 1億円 500万円 500万円 5,000万円 100万円 500万円
デルタダイナース 1億円 300万円 300万円 1億円 50万円 300万円

バイヤーズプロテクション

バイヤーズプロテクションとはクレジットカードでお買い物した物が壊れたり盗まれたりした場合に購入してから90日間なら補償してくれる保険です。

例えば、クレジットカードで新しい一眼レフカメラを購入して、るんるん気分で外に持ち出して撮影中に自分の不注意で落として壊してしまった!!

通常メーカー保証は自然故障が対象なので全額自己負担ですが、バイヤーズプロテクションがあれば1万円の自己負担があるものの、500万円まで補償されます。

90日間しかないですが、買ってすぐに被害に遭うと精神的に痛いのでそこを補償してくれるのはありがたいものです。

高級レストランが1名無料

デルタプラチナ、デルタダイナース限定ですが、有名な高級レストランが2名以上の利用で1名無料になります。

すでに無料となるコースは決まっているのですが、だいたいそのレストランで1番高いコース料理があらかじめ設定されており、それを2名以上で利用すると1名分が無料になります。

コースの設定料金も1万円〜3万円くらいと高額なため、数回利用するとあっという間に年会費分元を取れますね。

実際にそのサービスを利用した時の記事はこちら↓
※ダイナースのサービスですが、デルタゴールド、デルタプラチナも同様のサービスです。

ビストロブノワでディナー♪ダイナースクラブエグゼクティブダイニングで1名無料!

2015.03.16

コナミスポーツ

こちらもデルタプラチナ、デルタダイナース限定。

コナミスポーツの法人会員が利用できるため、通常会員よりも若干お得な月額料金で利用可能です。

でも1番のポイントは都度会員利用が出来ること。

なかなかジムに行こうと思っても毎月定期的に行けなかったりしますよね。

そんな時、都度会員なら使った分だけ料金を払えばいいので結果お得になります。

しかも月に5回まで1回500円引きになるので1番安いランクのコナミスポーツなら1回688円で利用可能。

手軽にジムに行けるのは◯ですね。

VISAカードの強み

デルタゴールドとデルタプラチナのカードブランドはVISAカード。

デルタスカイマイルが貯まるクレジットカードで有力なのはダイナースやアメックスしかない中で、VISAブランドは貴重。

なぜならクレジットカードが使えるお店でVISAが使えないところは探すのが大変なくらい。

VISAやMasterCard以外だと案外クレジットカードは使えるのに使えないということがあるんですよね。

そのため、メインカードとして安心して使え、マイルの貯め漏れを防げます。

マイルが獲得出来てしかも年会費が半額

今なら通常の入会ボーナスにプラスしてキャンペーンボーナスマイルが貰えます。

しかもデルタゴールドとデルタプラチナは年会費も半額

マイルも貰えて年会費も半額なので取得するなら今がチャンス!

審査基準

キャンペーンでマイルも貰えて年会費も半額になるとはいえ、ゴールドやプラチナカード。

気になるのが、審査基準。

実際の審査基準は、年齢と年収が主な判断材料です。

デルタゴールド

明示されている基準は、「年齢25歳以上 年収400万円以上」

ゴールドカードですが、基準は低めですね。

デルタプラチナ

明示されている基準は「入会に際して所定の審査があります」。

確かにプラチナカードですので明確な基準は明記されてないです。

ただ、申込画面に行くと年齢、年収、クレジットカード保有の有無、支払遅延の有無の4点だけ入力するとクイック診断ができます。

一度試してみるとチャレンジできるかどうかわかります。

スクリーンショット 2016-02-17 23.03.14

試したところ、デルタゴールドと同じ年齢と年収である、25歳以上、年収400万円、クレジットカード保有歴あり、支払遅延なしで以下のOKが出ているので、プラチナでもハードルは高くなさそうです。

スクリーンショット 2016-02-17 23.03.40

ゴールドカードの基準よりも低いとNGが出ました。

スクリーンショット 2016-02-17 23.04.03

デルタダイナース

明示されている基準は「入会に際して所定の審査があります」

年収については書いてありませんが、こちらも申込画面でクイック診断が可能です。

デルタゴールドと同じ年収400万円+27歳で診断するとNGが。

デルタダイナースはデルタプラチナよりもハードルが高く、年収500万円以上が目安のようです。

スペックまとめ

年会費は高いものの、審査基準はさほど変わらないので、おすすめはデルタプラチナかデルタダイナース

この2枚は年会費を上回る特典があり、デルタスカイマイルが普通のクレジットカードの1.5倍貯まるので十分年会費の元を取れます。

貯めたマイルで特典航空券をゲットし、ラウンジを利用、いつもの海外旅行が一気に贅沢な海外旅行に!

デルタゴールド デルタプラチナ デルタダイナース
カードブランド VISA VISA ダイナース
年会費 18,000円 40,000円 28,000円
家族カード 9,000円 無料 9,000円
ポイント(100円=) 1.3マイル  1.5マイル 1.5マイル
更新ボーナス 3,000マイル 5,000マイル 3,000マイル
デルタラウンジ 年3回 年6回 年3回
その他ラウンジ 国内主要ラウンジ
海外2箇所
国内主要ラウンジ
海外2箇所
 国内外600ヵ所以上
 海外旅行保険
 高級レストラン 2名以上で1名無料 2名以上で1名無料
 コナミスポーツ

 

キャンペーンまとめ

ゴールド プラチナ ダイナース
入会ボーナス 6,000マイル 10,000マイル 10,000マイル
フライトボーナス ビジネスクラス
25,000マイル
エコノミークラス
10,000マイル
ビジネスクラス
25,000マイル
エコノミークラス
10,000マイル
ビジネスクラス
25,000マイル
エコノミークラス
10,000マイル
最大獲得マイル 31,000マイル 35,000マイル 35,000マイル
キャンペーン獲得条件 3ヶ月30万円 3ヶ月50万円 3ヶ月30万円
年会費キャンペーン 初年度半額 初年度半額



アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^