エポスカードは海外旅行の強い味方!充実の海外旅行保険と割引特典!

エポスカード

海外旅行に行く時に絶対に必要になるのがクレジットカード。

クレジットカードは山ほどあるのでどのクレジットカードが海外旅行に適しているのか悩ましいですよね?

そんな山ほどあるクレジットカードの中で年会費無料で海外旅行にばっちりの特典が付いているクレジットカードが、【エポスカード】

今回は、エポスカードについて語ります。

スポンサーリンク

エポスカードは持たない理由がない!

エポスカードは持っていないと損するクレジットカード。

エポスカード(EPOS CARD)は、首都圏を中心に展開するデパート丸井(0101)で発行している年会費無料のクレジットカード。

年に4回行われる「マルコとマルオの7日間」という10%オフの特典を受けるのにエポスカードが必要なので、その割引を受けるためのカードというイメージが強いですよね?

でも実は海外旅行のお供に最適なクレジットカードなんです。

その一番の理由が海外旅行保険の充実ぶり。

年会費無料のクレジットカードではナンバーワンクラス。

さらには海外旅行の時だけじゃなく普段の生活でも、なんと5,000店舗を超える施設で割引が受けられる。

年会費無料とは思えない特典の数々なので持っていないと損するクレジットカードです。

詳しくメリットを見ていきましょう。

年会費無料

年会費は一切かかりません。

クレジットカードを例えずっと使わなくても年会費がかかったりしないので安心です。

負担なしでメリットだけ受けられます。

充実の海外旅行保険

一番大事な補償は?

海外旅行のお供にしたい理由ナンバーワンがこの充実の海外旅行保険。

海外旅行保険で一番必要な補償ってなんだかご存知ですか?

クレジットカードのPRを見ると、どのクレジットカードも死亡保険が1千万円とか、5千万円とか、1億円と競ってますが実は一番必要な補償は死亡保険ではないんです。

それよりも一番発生の可能性が高い、病気やケガした時の保険が一番必要な保険!

海外では日本にいる時のように健康保険も効かないし、国によっては医療が高額だったりするので想像を絶する金額の請求が来ます。

例えば盲腸で240万円、骨折し5日間の入院で220万円、心筋梗塞で入院で1,300万円などなど驚きの高さですよね?

海外旅行に行って気づいたら借金まみれという最悪の事態にならないよう海外旅行保険は必須です。

でも一番発生の可能性が高い病気やケガの補償だけに各クレジットカードの設定はかなり低め。

「発生の確率が高い=クレジットカード会社の負担が大きい」ですからね。

そんな中エポスカードは病気の時は270万円、ケガの時は200万円補償してくれます。

なお、200万円以上の補償は他のクレジットカードでは年会費が1万円以上かかるゴールドカード並みの補償。

それを年会費無料で提供するのがエポスカードの凄いところ。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 500万円
傷害治療費(ケガ) 200万円
疾病治療費(病気) 270万円
賠償責任(自己負担なし) 2000万円
救援者費用 100万円
携行品損害(自己負担3千円) 20万円

 

組み合わせで海外旅行保険の出費をセーブできる

正直、病気やケガの時の補償として270万円で足りるかと言えば足りないです。

でも死亡保険以外の補償は他のクレジットカードの補償や海外旅行保険の補償と合算することが可能。

なので複数の海外旅行保険が付いたクレジットカードを持ち、不足分だけ海外旅行保険に入ればOK。

例えばこんな組み合わせならばっちり。

これだけ補償をばっちりにしても費用はたったの1,760円。

普通に海外旅行保険に入ると保険料だけで4,200円はかかるので半分以下に節約できます。

保険種類 死亡保険 治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用
エポスカード
500万円 270万円 2000万円 20万円 100万円
三井住友VISAカード 300万円 100万円 2,500万円 20万円 150万円
損保ジャパン新・海外旅行保険 0円 2000万円 1億円 0円 0円
合計 500万円 2,370万円 1億4500万円 40万円  250万円

※賠償責任は保険会社の海外旅行保険に入らなくてもクレジットカードだけで十分な補償がありますが、保険料が10円のため入っています。

※アメリカに1週間行った場合で試算

海外でのサポートもばっちり

どこでも使えるVISAカード

海外旅行に行くならVISAカードは必須。

VISAカードならクレジットカードが使えるお店ならどこでも使えるから。
(VISAやマスターカード以外のJCB、Amex、Dinersは使えないお店もある)

エポスカードはVISAカードなので、どこの国でもどの店舗でも安心して使えます。

緊急時に日本語でサポートしてくれる

トラブルに巻き込まれたり、クレジットカードを盗まれたりしたときに現地で現地の言葉を使って対応するのはとても不安ですよね?

エポスカードならそんな緊急時はもちろん、観光に役立つ情報24時間、日本語でサポートしてくれます。

年会費無料でもしっかりサポートです。

海外でキャッシングも安心

海外では多額の現金を持ち歩くのはとても危険。

しかも現金は海外旅行保険の盗難保険の対象外になのでただ泣き寝入りしなきゃいけない。

そんなとき、海外のATMで現地通貨をキャッシング出来れば必要なときに必要な分だけ下ろせばOK。

エポスカードは世界中どこにでもある「VISA」又は「PLUS」のマークのあるATMでキャッシング出来るため、安心です。

とにかく割引を受けられる

海外旅行にあまり行かなくなったとしても特典が豊富なのがエポスカードの強み。

エポスカードは丸井だけで特典を受けられるイメージですよね?

ところがどっこ全国5,000店舗以上で割引や特典が受けられる優れもの

全部あげたらキリがないのでちょっとだけご紹介。

ショッピング

丸井で年に4回行われる「マルコとマルオの7日間」で10%オフになります。

近くに丸井がある人なら嬉しい特典です。

特に女性にはかなりのプラスポイント。

無印良品の無印週間と重なると

クマとミーコは無印良品好きなので家の家具から雑貨まで無印良品。

無印良品が10%オフになる「無印週間」と「マルコとマルオの7日間」が重なると驚異の19%オフ!

こないだも19%オフを使いお得にカーペットを手に入れました。

レストラン

あまりにも数がありすぎて紹介できないので独断と偏見で少しだけ紹介。

名称 特典 コメント
ロイヤルホスト 10%オフ カード提示のみでOK
魚民・白木屋・笑笑など 10%オフ モンテローザグループが対象
エポスカードで支払
松屋 サイドメニュー無料 割引券プリントアウト
サラダとか卵とか
富士屋ホテル 10%オフ 高級ホテルも
提示のみでOK

などなどその他にもレストランから飲み屋さん、ファーストフード、高級レストランまで見切れないくらいあります。

レジャー

名称 特典 コメント
カラオケ割引 30%オフ SHIDAX、BIG ECHO、カラオケ館など
映画鑑賞券割引 500円割引 ユナイテッドシネマ・イオンシネマなど
アミューズメントパーク割引 入園料等割引 大江戸温泉、ハウステンボス、スパリゾートハワイアンズなど
レンタカー割引 レンタル料金優待 タイムズカーシェアリング、トヨタレンタカー、ハーツ、ダラーレンタカーなど

レジャーもあまりにも割引対象がありすぎて把握しきれないくらいあります。

えっこんなところでもエポスカードの優待受けられるの!?と驚くくらい。

エポスポイント

ポイントを貯める

エポスカードは200円のショッピング毎に1ポイント貯まります。

(リボ払い・分割払いなら200円=2ポイント貯まりますが、リボ払いや分割払いはお金の管理が大変だし金利分損するので一括払い前提で)

後でデメリットのところにも書きますがポイントについては弱いほうですね。

ショッピングでメインに使うクレジットカードは別に用意し、ポイントはその別のカードに貯めるほうが得策です。

ただ、特約店についてはポイントが2倍から最大30倍にアップするので店舗によってはエポスポイント貯めるのもありですね。

ポイントを使う

エポスポイントは500ポイント以上貯まると使えます。

1ポイント=1円相当で使えます。

貯めたエポスポイントの使い道は、丸井でのお買い物だけじゃなく、他社ポイントやマイルにも移行出来ます。

クマもエポスカードで決済する機会は多くないのでポイントは貯めても500ポイントとかなので、いつも丸井のショッピングで使っています。

(陸マイラーならANAマイルに交換すべきですが、ついつい1,000ポイント貯める前に使ってしまう。。。)

ポイントの交換については他社ポイントへの返還率も悪くないので○ですね。

名称 景品 必要ポイント
丸井 1P=1円のショッピング割引 500P以上1P単位
商品券 1,000円 1,000P
スターバックス 1P=1円 500P以上500P単位
au WALLET 1P=1P 1,000P以上500P単位
dポイント 1P=1P 1,000P以上500P単位
ANAマイル 1P=0.5マイル 1,000P以上500P単位
ANAスカイコイン 1P=1コイン 1,000P以上500P単位
JALマイル 1P=0.5マイル 1,000P以上500P単位

エポスポイントの期限

基本は2年です。

でも3ヶ月以内に期限が切れるポイントがある場合、有効期限の延長を申し出るとさらに2年延長され、実質4年になります。

4年の有効期限なら長いですね。

500ポイント貯めるには10万円ショッピングをすれば貯まるので、4年間有効期限があればポイントを無駄にせず交換できますね。

ちなみにエポスカードのゴールドやプラチナの場合は有効期限無しです。

カード券面が選べる

エポスカードは定番の赤いカードだけじゃなくなんと約74種類のデザインの中きら好きなデザインを選ぶことが可能。

人気があるのはこんなデザイン。

エポスカードランキング

女性の保有率が高めのため女性受けするデザインが上位ですね。

デザインカードは順次入れ替えが行われており、こんな可愛いデザインをはじめ多数新規デザインが追加されました。

epos-designcard-card

デザインカードは発行時のみ発行手数料として500円かかりますが、オリジナル感が出るので面白いですよね。

デザインカードのお申し込みはこちら

エポスカードのデメリット

ポイントは少なめ

エポスカードのデメリットを上げるのはなかなか難しいですが、唯一あげるとすれば獲得できるポイントが低めなこと。

エポスカードは200円のショッピング毎に1ポイントもらえます。

ポイントを貯めるクレジットカードを探しているなら100円=1ポイント以上貰えるクレジットカードがおすすめなのでちょっと低めですよね。

だからメインカードとしてエポスカードを持とうとしているならちょっと力不足は否めません。

エポスカードはサブカードにちょうど良い

じゃあエポスカードは持つべき1枚じゃないのか?

いえいえ、年会費が無料でこれだけの特典があるならサブカードにぴったり

メインカードはマイルが貯まるクレジットカードでマイルを貯めていき、海外旅行保険や特典はエポスカードで受ける。

エポスカードの特典の凄いところはエポスカードで支払わなくても受けられる店舗が多いところ。

だからエポスカードを提示して、支払いはメインカードといった使い方も可能。

優待店舗がわかりづらい

もう一つデメリットを挙げるとすれば、優待店舗が多すぎるので思いもよらなかったところでエポスカードの優待が受けられるものの、店舗によっては案内がないため、特典を受け忘れる恐れがあること。

実際に、箱根にある富士屋ホテルのレストランで夕食を食べた時、エポスカードを提示さえしていれば10%オフを受けられたのに全く知らなかったので受けられず。

あとでネットで知ってがっくしという経験が。。。

それだけ、優待が受けられる店舗が多いってことですが。

まとめ

エポスカードは年会費無料でありながら、海外旅行保険が充実しており、サブカードにぴったり。

さらに海外旅行に行かない時でもショッピングに食事からレジャーまで、全国5,000店以上で割引サービスを受けられるので持っていて損が無いです。

これだけの特典に優れたクレジットカードなので旅マイルでも一押しにあげています。

〜現在実施中の入会キャンペーン〜
これだけお得なエポスカード。

マルイはカード事業のテコ入れをしているのでキャンペーンも強化中!

2016年12月13日までの期間限定キャンペーンで、最大8,000円相当のエポスポイントプレゼント中

エポスポイントはマイルのお買い物に使える他、電子マネー、ANAやJALのマイルへの交換も可能。

年会費無料で海外旅行保険が無料で付き、さらにポイントが貯まるエポスカードへの入会&キャンペーンの詳細はこちらへ→【エポスカード】

エポスカードのデザインカードは女性におすすめ!クレジットカードの審査と届くまでの日数は?

2016.07.19

無印良品週間とマルコとマルオの7日間が重なった!無印良品が19%オフに!

2016.11.23
アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^