ヒルトン東京ベイ「セレブリオ」のお部屋に宿泊!シャトルバスを利用してディズニーパークへ♪

ヒルトン東京ベイ外観

ヒルトン東京ベイは今回2度目の訪問。

前はハロウィンの時期、今回クリスマスの時期です。

ヒルトン東京ベイというと…東京ディズニーオフィシャルホテルですね!

そして、やっぱりディズニーランド&ディズニーシーを連想する方も多いのではないでしょうか?

クマとミーコも東京ディズニーシーに遊びに行きました!

めいいっぱいディズニーシーで遊んだあとは疲れてしまうことも多いですよね…

いつもは日帰りが多いですが、クリスマスだし、たまにはゆっくりホテルで休むのもいいよね!、ということで、以前泊まった時ゆっくりできたヒルトン東京ベイに宿泊することにしました!

昨年クリスマに宿泊したセレブリオのお部屋の宿泊記です。

スポンサーリンク

ヒルトン東京ベイのセレブリオって何?

ヒルトン東京ベイチェックインカウンター

チェックインカウンターはこんな感じです。

まずは、ディズニシーに行く前に、カウンターでチェックインを済ませてしまいました。

宿泊したお部屋はキング セレブリオ(オーシャン)です!

セレブリオは、大まかにわけると、

  • セレブリオ
  • セレブリオ セレクト

2つの部屋タイプがあります。

セレブリオは、白がベース、床は円の模様があり紺ベースの絨毯、椅子や鏡が丸いので、部屋のイメージは、宇宙っぽい?感じのお部屋です。

セレブリオ、セレブリオ セレクト、2つとも部屋の雰囲気は同じです。

大人のラグジュアリーな雰囲気は漂っていませんが、宇宙ぽい感じがどことなくディズニーリゾートっぽいパーク的な感じが漂っています。

上層階のお部屋がセレブリオのエリアになっていますので、窓からの眺めは比較的よいと思います。

お部屋は清潔感があってきれいでした。

ちなみに、ヒルトンルームだとお部屋はこれといってこった感じはなく、一般的に想像するホテルタイプのお部屋で、階層もセレブリオよりは下でした。(前に宿泊した時はヒルトンルームだったので)

セレブリオとセレブリ オセレクト、一体何が違うの?

「セレブリオ セレクト」は、洗面所、トイレ、バスルームが別々になっています。

そこが、「セレブリオ」と大きく違うところです!

「セレブリオ」は洗面所、トイレ、バスルームで1つの部屋になっている通常のホテルタイプ。

クマとミーコが宿泊したお部屋は、11階のキング セレブリオ オーシャン!

キング セレブリオ オーシャンって?

「セレブリ」の中でも、さらに4つの部屋タイプに分かれています。

  • ツイン セレブリオ (パーク)
  • ツイン セレブリオ (オーシャン)
  • キング セレブリオ (パーク)
  • キング セレブリオ (オーシャン)

ツイン、キング、パーク、オーシャンの違いは?

  • ツイン → ベットが2つ
  • キング → ベットが1つ
  • パーク → 窓からディズニーパークの景観が見える
  • オーシャン → 窓から海の景色が見える

クマとミーコは、オーシャン側だったので、海が見えて夜は夜景が少し見える感じでした。

以前、パーク側に宿泊したことが有り、今回はオーシャン側にしました。

パーク側は少しパークが見えるかなぁと言った感じで期待と違い残念な感じだったので、今回はオーシャン側にしました。

キング セレブリオ(オーシャン)ってどんなお部屋?

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ

大きなベッドが一つ。高さが207cmあるので、背の高い方でも大丈夫!

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオベッド

ベッドは大きいので、二人でもゆったり寝ることができます。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオテレビ化粧台

テレビと簡単な化粧台がついています。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオポットドリンク

ポットとお茶類です。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオポットコーヒー

コーヒーは粉タイプ。お茶、紅茶、ハーブティー。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオポットお茶

飲み物類は、最低限は揃っているといった感じです。

ポットがあるので、好きな飲み物(ドリップのコーヒーとか、ほうじ茶、好みの紅茶とか…)を家から持参すれば、飲むことがでるのでOK。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ冷蔵庫

セレブリオ、セレブリ オセレクトは冷蔵庫の中に入っている水、ジュース類が無料!

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ洗面台

洗面台の後ろには、トイレとバスがあります。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオアメニティーグッズ

歯ブラシ、シャンプー、リンス、ボディーソープ、髭剃りといった基本的なものは揃っていまます。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオシャンプーリンス

メイク落としはないので、メイクをしている方は持参したほうがいいですね。

洗いあがりの髪、肌が気になる!という方は、シャンプー、リンス、ボディーソープ、メイク落とし、洗顔、くらいは、日頃から使い慣れているものを持って行くとよいと思います!

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ石鹸 ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオトイレ・バス

きれいで清潔感が保たれていました!

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオパジャマ

上下別々のパジャマではない、浴衣タイプのパジャマ。

下がめくれてしまって気になる方は、自分のパジャマを持参するのがおすすめ。

クマとミーコはこのタイプのパジャマは苦手(><;)

大手ホテルはこのタイプのパジャマがほとんどなので、マイパジャマをいつも持参することが多いです。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオスリッパ

スリッパは使い回しのタイプ。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ大きな鏡

大きな鏡もあります。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ荷物置き

荷物置きが広くて台になっていたので置きやすくて良かったです。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ夜景

窓からの夜景はこんな感じ。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ景色橋

オーシャンサイトは夜景が見れたので良かったです!

廊下も部屋と同じような空間

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ廊下

エレベーターの前はこんな内装で、部屋と似ています。

途中他の階に停まった時、童話のようなシーンの緑の森と木をイメージするような階があり、ハッピーマジックの階なんだろうなと思いました。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオ階のエレベーター

エレベーターは吹き抜けになっていて、下の様子が見えます。ちょっと面白い。

ヒルトン東京ベイ部屋セレブリオエレベーター

セレブリオ・ラウンジが2016年8月にオープン

ヒルトン東京ベイセレブリオラウンジ

ヒルトン東京ベイ セレブリオ ラウンジ

セレブリオ セレクト、セレブリオ スイートに宿泊する方が利用できる専用ラウンジ。

ヒルトン東京ベイセレブリオラウンジ出入口

朝食やスナック等があり、Wi-Fi環境も整っているようなので、宿泊する方は利用してみては?

オープン時間:6:00~22:00

クマとミーコはまだ利用したことがないので、是非利用してみたいですね!

ホテル内のコンビニ(生活彩家)

dsc_1941

ヒルトン東京ベイ コンビニエンスストア

ホテルの一階には、生活彩家、というコンビニエンスストアがあります。

ホテルの周辺は何もないので、ホテル内にコンビニがあるのは助かりますね。

24時間営業なので何か買い忘れた時は、コンビニを利用すると便利です。

クマとミーコも利用しました!

クマはディズニーシーで食べた夕食のサンドイッチでは足りず、お腹が空いてしまったようで、とろろそばを買って食べていました。

ヒルトンの無料シャトルバスを利用しよう!

ヒルトン東京ベイシャトルバス

東京デイズニーパークで遊ぶ場合は、無料シャトルバスをフル活用しましょう!

ヒルトン東京ベイシャトルバス乗り場

ヒルトンの入り口には、ヒルトンの無料シャトルバスが運行しています。

ヒルトン東京ベイ無料シャトルバス

無料シャトルバスは、駅までしかいきません!

デイズニーランド、ディズニーシーの前までは行ってくれませんので気をつけてくださいね!

バスは、中も外もディズニーの雰囲気が漂っています♪

ヒルトン東京ベイ無料シャトルバスベイサイドステーション駅

無料シャトルバスの路線は2つあります!

  1. ホテル ⇔ ベイサイドステーション駅(ディズニーリゾートラインというモノレール)/6〜8分間隔で運行
  2. ホテル ⇔ 舞浜駅(JR)/10分間隔で運行

ヒルトン東京ベイ、シャトルバス時刻表

クマとミーコは、ディズニーシーに遊びに行くので、1.のホテル ⇔ ベイサイドステーション駅経路で行きました。

ヒルトン東京ベイディズニーリゾートラインモノレール

ディズニーリゾートラインのモノレールです。

モノレールにはディズニーの絵が描かれいます。時期によって絵も違うのでチェック!

デイズニーランドに行く場合

少しでも早く行きたい、体力を温存しておきたい!という方は、ホテルからベイサイドステーション駅まで行って、モノレールに乗ってランドへ行くのがおすすめ。

モノレールを利用するとランドの目の前で停まるので、ランドの入り口まですぐです。

少しでも安く行きたいと思う方は、ホテルから舞浜駅まで行って、ランドまで歩くとよいと思います。(ランドの入り口までは7,8分くらい)

でもやっぱり体力温存したい方は、モノレールを利用したほうが断然楽です!

ディズニーシーに行く場合

1.のホテル ⇔ ベイサイドステーション駅経路で行くのがおすすめ。

舞浜駅まで行ってしまったら、ディズニーシーまで歩くのが大変になります。(シーの入り口まで15〜20分くらい)

これからディズニーパークでめいいっぱい遊ぶためにも体力は温存したいですよね!

ホテルからベイサイドステーション駅まで行って、ディズニーシーに行くとよい思います。

ヒルトン東京ベイディズニーライン手すり

クリスマスの時期だったので、手すりもサンタの帽子がかぶされていてかわいいです♪

ヒルトン東京ベイディズニーライン内装

電車の中もクリスマスバージョンになっています!

電車内も季節によって変わるので楽しいです。

ヒルトン東京ベイ無料シャトルバスベイサイドステーションバス停

ベイサイドステーション駅(モノレール)の無料シャトルバスのヒルトン東京ベイのバス停。

バス停はいくつかあるので、間違えないように、ヒルトン東京ベイのバス停で待ちましょう。

まとめ

全体的にヒルトン東京ベイのイメージは、可もなく不可もなくといった感じでした。

特に、ヒルトン東京ベイは、東京ディズニーオフィシャルホテルなので、部屋によってはアミューズメント感があるのが特徴、といった感じなのではないでしょうか。

ヒルトンルームよりちょっと上のグレードのお部屋に宿泊してみたい!という方は、白を貴重とした清潔感のあるセレブリオ、セレブリオセレクトはよいかもしれません。

特にご夫婦やカップルなんかはおすすめ。

ちょっと雰囲気がありつつ、いつもと違ったようなホテルの感じもありつつ…

基本的なホテルのグッズ(アメニティーグッズやポットやお茶類など…)や備品は揃っていますし、清潔感もありました。

ヒルトン東京ベイに宿泊する場合は、ただの宿泊だけではもったいない!

ディズニーパークと合わせて宿泊&遊ぶのがおすすめ◎!

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^