ファーストハワイアンバンクATM

お金・貴重品

海外プリペイドカードマネパカードの使い勝手は?マネパカードの使い方と実際に使ったレビュー

投稿日:

今注目されている海外プリペイドカード。

外貨に対応したプリペイドカードなら、海外旅行中、必要な時に海外ATMでお金を下ろして使うことが出来るため、できるだけ現金を持ち歩きたくない海外旅行にぴったり。

実際にグアム旅行に行く際にマネパカードを使ってみたので、使い勝手についてレビューしてみます!

スポンサーリンク

マネパカード利用の流れ

マネパカードは、外貨もチャージできるプリペイドカード。

プリペイドカードなので、クレジットカードと違い、事前にチャージしておいた金額の範囲内で、ショッピングやATMでお金を引き出して使います。

マネパカード対応通貨

利用の流れは、まずはマネパカードに外貨をチャージ。

チャージが完了したマネパカードを海外旅行に持っていき、旅行先でショッピングに使ったり、海外ATMで外貨を引き出して使います。

実際のチャージの仕方は後半に書いています。

詳しいマネパカードについてはこちら↓

マネパカード
海外旅行の新しいお金の持って行き方!海外用プリペイドカードマネパカードはおすすめ!

海外旅行に行く時に一番厄介なのがお金の管理ですよね? 世界一安全な日本から一歩外に出ると危険がたくさん。 しかも現金は、海外旅行保険の対象外。 たとえ、盗難にあったり、強盗にあったりしても現金は、一切 ...

続きを見る

マネパカードは他の外貨の両替に比べてお得なのか?

気になるのが、他の外貨の両替に比べてお得なのかどうかですよね?

実際にマネパカードを使うに当たり、他の両替方法とも比較してみました。

両替当日、他の両替方法を調べてみると、

manepa-card-how-to-use26

三井住友銀行のレートは、104.43円。

でも、このレートは手数料が入っていないレートなので、一般人がこのレートでドルを買えることはないです。

各社このレートに手数料をプラスした金額でドルを売っています。

manepa-card-how-to-use25

両替大手のトラベレックスは、1ドル106.76円。

manepa-card-how-to-use27
旅行会社大手のJTBだと、1ドル107.13円(40,713÷380ドル)。

比べてみると一目瞭然。

銀行のレート:104.43円(参考値)
マネパカード:104.71円
トラベレックス:106.76円
JTB外貨両替:107.13円

1ドル買うのに必要な日本円なので、少ないほうが有利。

マネパカードが断トツに安いですね。

銀行のレートに比べても0.3円しか違わないので、手数料はかなり安いかと。

ATM手数料を考えてもマネパカードの方がお得ですね。

もし、ATM手数料も浮かすなら同じマネーパートナーズで外貨を日本の空港で受け取る方法もあります↓

海外旅行のお金の持って行き方!コツを知らないと2,800円以上損します!

海外旅行で困るのがお金の持って行き方。 日本ほど治安の良い国はないので海外はやっぱり怖い。 旅行だとやはりお金がないと楽しめないので、ある程度のお金を持ち運ばないといけない。 お金は円で持って行くのか ...

続きを見る

マネパカードへのチャージ方法

まずはマネーパートナーズに入金する

マネパカードにチャージするにはまずはチャージする分のお金をマネーパートナーズに入金する必要があります。

入金方法はFX口座の有無により別れています。

  • FX口座を保有している→FX口座に入金する(即時入金可能)
  • FX口座を保有していない→振込を行う(銀行営業時間なら2~3時間で入金可能)

クマはFX口座を保有しているため、FX口座に入金。

まずはFX口座のパターンを説明し、その次に振込の説明をします。

FX口座の場合

manepa-card-how-to-use01
FX口座を持っている人はどうやらFX口座からの入金しかできないようです。

マネパカードのページから入金しようとしたらFX口座から入金してねのアラームが出ました。

そのため、まずは、FX口座の画面を開きます。

manepa-card-how-to-use02

クイック入金を選択します。

manepa-card-how-to-use03

入金元の金融機関を選び、入金先を「会員残高(未使用分)」とし、入金金額を任意の金額記載します。

三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行なら、即時入金が可能です。

それ以外の銀行は振込対応になります。

manepa-card-how-to-use04

クイック入金実行を押し、

manepa-card-how-to-use05

自分の銀行のログイン画面が自動的に開くのでログインします。

manepa-card-how-to-use06

銀行側で手続きが完了するとこのような確認画面が出てくるので、これでFX口座への入金は完了です。

manepa-card-how-to-use10

FX口座にお金が入金されたら、次はマネパカードへ資金を動かします。

資産管理の「振替・移動」を選択します。

manepa-card-how-to-use11

先程入金した会員残高(未使用分)から、マネパカードの未チャージ残高へ、任意の金額を振替します。

※FX口座に外貨を持っている人は、外貨を直接マネパカードに移すことも可能です。ただし、1通貨あたり0.004通貨の手数料が必要になりますが、わざわざ日本円に戻してからマネパカードに移すよりも安いので直接移行がいいですね。

manepa-card-how-to-use12

内容を確認し、実行ボタンを押すと、

manepa-card-how-to-use13

マネパカードへの資金移動が完了で、これでマネパカードにチャージするための準備は完了です。

※今回、入金は4万円だったのに、40,799円となっているのは、たまたまFX口座に残っていた799円も一緒に未チャージ残高へ移動したからです。

FX口座を持っていない場合

manepa-card-how-to-use09

FX口座を持っていない場合は、マネパカードのページへログインし、入出金のボタンを押し、カード専用振込口座を確認し、そこに振込します。

銀行営業時間内なら2~3時間で反映されるようです。

マネパカードに外貨をチャージする

manepa-card-how-to-use14

先程入金した未チャージ残高を、外貨に変えてからマネパカードにチャージします。

manepa-card-how-to-use15

両替ボタンを押し、交換したい外貨を選択します。

今回はグアムで使いたいので、USDを選択します。

なお、1枚のマネパカードに6通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)すべて入金することが可能です。

例えば、ヨーロッパ周遊旅行でイギリスとフランスに行く場合、ポンドとユーロが必要になります。

そんな時、マネパカードにポンドとユーロを入れておけば両国に対応できます。

ただし、ポンドを引き出す時に、ユーロが余っているからといって、ユーロから引き出すことはできません。

通貨をまたいでの出金はできないので、必要な分、その通貨でチャージしておく必要があります。

manepa-card-how-to-use16

両替したい金額を入力します。

manepa-card-how-to-use17

両替後はそのままチャージを選択すると、すぐにマネパカードにチャージされます。

manepa-card-how-to-use18

レートは刻々と変わっていくので、時間が立つと一度レート更新を押して、レートパネルが緑になっている状態でボタンを押します。

リアルタイムでレートが動いているので、その分実際のレートに乖離せず両替できるのは良い点ですね。

manepa-card-how-to-use19

両替が確定し、マネパカードにチャージされます。

manepa-card-how-to-use21

すぐにマネパカードの画面で確認するとまだ未チャージ残高のところに金額が???

でも、ちゃんと円→ドルに変わっていますけど。

manepa-card-how-to-use22

「カード情報」のボタンを押すと上の写真の画面が出てくるので、ここで、チャージ残高を照会できます。

manepa-card-how-to-use23

で、実際に照会してみるとしっかり、チャージされていました。

これでチャージは完了です。

その後、再度マネパカードのページを見たら、ちゃんと反映されていたので、画面反映までちょっと時間がかかるようです。

海外でのお金の引き出し方

マネパカードは海外でクレジットカードのように使ったり、海外のATMで外貨を引き出すことができます。

今回は外貨の現金を現地で調達するためにマネパカードを利用しました。

普通のショッピングは他のクレジットカードの方がポイント(マイル)が付くので、クレジットカード払いにしています。

海外ATMも使い方さえわかればとっても簡単。

実際の海外ATMでの引き出し方はこちら↓

atm14
海外ATMのキャッシング&引き出しの使い方と注意点!クレジットカード・プリペイドカードで海外旅行を安全に

海外旅行の鉄則は多額の現金を持ち歩かないこと! その時に役に立つのが、クレジットカードやプリペイドカードでの海外ATMでのキャッシングやお金の引き出し。 海外のATMだと難しいイメージがありますが、実 ...

続きを見る

manepa-card-how-to-use24

帰国後、マネパカードの残高照会をしたら、きちんと380ドル出金の明細が表示されています。

手数料は、2合計5.25ドル引かれています。

3.25ドルは、現地ATMの使用手数料。

2ドルは、マネパカードのATM手数料。

ATM手数料は5.25ドルと結構高いので、引き出す回数は少なくしたほうが良さそうですね。

まとめ

マネパカードは、できるだけ現金を持ち歩きたくない海外旅行にぴったり。

クレジットカードを使ったATMでのキャッシングとは異なり、事前に入金したお金を海外ATMで下ろすだけなので使い過ぎもありません。

マネパカードへの入金の手間がありますが、実際にやってみると旅行直前でも簡単にでき、便利。

海外ATMも簡単に使えるので、マネパカードはなかなか良いですよー。

マネパカードの更に詳しい説明はこちら

いいねで更新情報が届きます

おすすめ記事一覧

アメックスゴールド、アメックスグリーン入会キャンペーン 1

憧れのアメックスゴールド、アメックスグリーンの申し込みで初年度年会費無料で持つチャンス! アメックスと言えば、ステータスカード。 もちろん、特典も豊富。 ステータスも十分・特典も豊富なので、高い年会費 ...

海外旅行におすすめのクレジットカードの写真 2

海外旅行に必須のクレジットカード! 2017年版ということで「海外旅行におすすめのクレジットカード」を厳選しました! クレジットカードは本当に沢山の種類が発行されているので、どれを持つべきなのか選ぶの ...

3

海外旅行保険はクレジットカードの補償だけで十分と思っていませんか? 実は足りないんです! ちょっとした工夫でお得に十分な補償を手に入れましょう! そのちょっとした工夫とは!? その答えの前にちょっと質 ...

diners-card-campaing 4

ダイナースクラブカードは、知る人ぞ知る大人のカード。 敷居が高く感じますが、実は特典満載&ポイントもよく貯まり、メインカードとしてもバッチリ使える実用的なステータスカードです。 そんなダイナー ...

5

海外旅行で困るのがお金の持って行き方。 日本ほど治安の良い国はないので海外はやっぱり怖い。 旅行だとやはりお金がないと楽しめないので、ある程度のお金を持ち運ばないといけない。 お金は円で持って行くのか ...

-お金・貴重品

Copyright© 旅マイル , 2017 AllRights Reserved.