損をしないダラーレンタカーの借り方!

どんな車種を選ぶ?

どんな料金プランにする?

料金プランの割引・優待は?

ダラーレンタカーを選ぶ際に注意すべきポイントをまとめました!

スポンサーリンク

どんな車種を選ぶ?

車種は車の大きさで分かれています。
一般的なクラス:エコノミー、コンパクト、ミッドサイズ、フルサイズ
特殊なクラス:ラグジュアリー、オープンカー、ミニバン、スポーツ・ユーティリティ、ジープ

日本だと料金が安く、手ごろな大きさが好まれるため、小さめのサイズをチョイスしがちです。
せっかくのアメリカドライブなので、できれば以下のポイントを押さえてでっかいアメ車でアメリカドライブを満喫しましょう!

アメリカは広いし、大きい

アメリカの場合、道路も広く、駐車場も広く、日本の様にバックで駐車することはほとんどなく、皆前向きに大雑把に突っ込んで停めます。

そのため、日本で小さい車に乗っていて大きい車はちょっと。。。

と思っていても、アメリカでは大きくても問題なかったりします。

むしろ、長距離を走る場合は大きい方が何かと楽ですし、事故に巻き込まれた時も大きい方が安心感があります。

スーツケースも実は結構場所を取ります。後部座席にまで荷物を積んで外から丸見えだと車上荒らしを誘発するので、人数が多かったり荷物が多い場合は、なおさら大きいサイズを選択しましょう。

アメリカではミッドサイズ以上がおススメです。

クルーズコントロールは必須

アメリカの荒野を走る場合は、オートクルーズという自動運転装置が必須です。
PA130168
ひたすら真っ直ぐの道が信号なしで1時間続くこともザラなのでアクセルに常に足を置いていなくて良い、オートクルーズが着いた車を選択することをお勧めします。

オートクルーズがついているのはミッドサイズ以上です。

オープンカーはかっこいいけど

ちょっと借りるだけならオシャレで良いのですが、長く乗るなら避けた方が無難です。
アメリカの太陽は日本とは違い、本当に強烈です。
あっという間に丸焦げになります。
サングラスも必須なくらいですから。
それでもかっこいいんですけどね。

スポーツ・ユーティリティやスポーツカーは25歳未満は借りられない

ラグジュアリー、オープンカー、ミニバン、スポーツ・ユーティリティ、ジープは25歳未満は借りられません。
そのため、25歳未満の方はフルサイズが最高クラスになります。

フルサイズでもラスベガスで借りるとSUV型を借りられることもあります。

オススメ

以上を踏まえてオススメはスポーツ・ユーティリティクラス
オートクルーズはもちろん付いていて、車内は広く、何よりも日本ではなかなか乗れないアメ車を体感するにはもってこいです。
ジープ社のグランドチェロキーや24のドラマでジャック・バウアーやCTUの捜査官が乗っていたフォード社のエクスプローラーがスポーツ・ユーティリティクラスで配車されます。

予算を抑えたい、年齢制限がある場合はフルサイズがオススメです。
ミッドサイズともそんなに値段の差がないのも魅力の一つです。

3つのプランのうち、どのプランを選ぶ?

借りる期間と車種が決まったら次は、どのプランにするかです。

ダラーレンタカーには、リーテルレートパラダイスプランらくらくプランの3つのプランが用意されています。

この3プランはセットされている保険と税金の違いです。

この先を読むのも選ぶのもめんどくさいなと感じたら、らくらくプランの円建てを選びましょう。

これを選んでおけば間違いはありません。

らくらくプラン

必要な税金と保険、4名までの追加ドライバーの追加料金、返却時のガソリンも含めすべてパックになっているプランです。

レンタカーを借りるのは初めて、保険とか税金はよくわからない、英語が苦手という方はらくらくプランを選びましょう。

メリット

・税金には、空港で借りた場合の追加の税金まで含まれている
・現地で保険申し込みや追加料金の手続きが不要(英語でのやりとりが減るのはありがたい)
・返却時にガソリンを満タンにしなくて良い(返却時に入れるガソリンスタンドがあるとは限らずあせらずに済む)

デメリット

・ほとんどの保険がプランにセットされているため、海外旅行保険と重複があり、もったいない
・追加運転手がいない場合、その分が無駄
・空港以外でレンタカーを借りた場合、空港税分が無駄

リーテルレート

レンタカーの基本料金と基本的に加入する保険のみがセットされたプランです。

何度もレンタカーを借りている方や海外旅行保険でカバーされているので無駄な保険に入りたくない方にお勧めのプランです。

保険については、後で記載していますが、入っておくべき3つの保険のうち、④追加自動車損害賠償保険(SLI)はプランに入っていないため、現地で申し込む必要がありますので、忘れずに。

メリット

・必要最低限の保険だけセットされているプランのため、無駄がない

デメリット

・税金も一切入っていないため、確定料金は現地に行かないと決まらない
・現地払いしか選択できない
・現地窓口で加入する保険や税金についてやり取りする必要がある

パラダイスプラン

無駄なものはいらないけど、日本で支払いたいという方向けのプランです。
リテールレートのプランの日本払いバージョンといった感じでしょうか。

リテールレートに比べ少しセットの内容が増えていますが、④追加自動車損害賠償保険(SLI)はプランに入っていないため、現地で申し込む必要がありますので、忘れずに。

メリット

・必要最低限の保険だけセットされているプランのため、無駄がない
・日本で日本円で事前に決済できる

デメリット

・リテールレート同様、必要な保険と税金がプランに含まれていないため、現地窓口でやり取りする必要がある
・追加の税金と保険については現地での支払いになるため、確定料金は現地に行かないと決まらない

オススメ

初めてレンタカーを借りたときはらくらくプランにしました。
2回目は少しでも安くと思い、リーテルレートを選びました。

しかし、リーテルレートは見た目の料金は安く最初はお得に見えるのですが、いざ税金・保険・空港使用税等をプラスするとそんなに差がなかったり。。。

そんなわけで最近はらくらくプランを使用しています。

ただ、追加ドライバーがいなくて、空港以外でレンタカーを借りる場合はらくらくプランのお得感が減りますが。。。

円建てとドル建て

決済のタイミングの違いです。
円建ての場合は、予約と同時に決済され、料金が固まります。
ドル建ての場合は、現地で車を借りた時に決済され、為替レートが決まるため、それまでは料金が固まりません。

どちらが良いかというと、為替相場が円安に動いているときは円建てプラン。

円高に動いているときはドル建てプランがオススメです。

アメリカ行った時は、急激な円安に動いているときで、円建ての方が断然安かったので円建てにしました。

お得なレンタル期間

ダラーレンタカーは1日単位でのレンタルで、5日~7日間に関してはお得なプランが用意されています。

8日間からは5日~7日間の料金プランに一日あたりのレンタル料金を加算した金額になります。

例)1日5,300円の場合
3日:15,900円(5,300円×3日)
5日〜7日:22,000円
8日:27,300円(22,000円+5,300円×1日)

エポスカードがお得

ダラーレンタカーを借りるなら【エポスカード】

ダラーレンタカーはエポスカード会員割引、JALマイレージバンク会員割引、ANAマイレージクラブ会員割引、JCB会員割引と多数割引プランを用意していますが、一番のおすすめはエポスカード会員割引。

JAL、ANA、JCBもドル建てプランしか割引がない中、エポスカードは円建てプランも15%OFFになります!

GPS付きプランも割引に!

エポスカードは年会費無料なのでなかなか美味しい特典です。

アメリカ旅行も円建てらくらくプランのエポスカード優待を利用して15%オフでお得に借りました。

エポスカードは海外旅行の強い味方!充実の海外旅行保険と割引特典!

2016.04.07

ダラーレンタカーの最新の料金

エリアごとに料金が異なるので、行く先の料金表で確認してください!

ダラーレンタカー公式サイト:http://www.dollar.co.jp

賢くお得にレンタカーを借りて旅行を楽しみましょう!

next_01これだけは入っておきたい!アメリカレンタカーの保険と税金

back_01私がダラーレンタカーを選んだ理由

●目次
アメリカ・ハワイ・グアムでレンタカーの借りるから返すまで
私がダラーレンタカーを選んだ理由
損をしないダラーレンタカーの借り方!
これだけは入っておきたい!アメリカレンタカーの保険と税金
海外レンタカーのオプション!カーナビは必要?
アメリカのガソリンスタンドで日本のクレジットカードが使えない!
初めてアメリカでレンタカーを借りる時の不安と疑問はこれで解消!

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^