イタリアローマ弾丸旅行は最低限これだけは予約していきました

休みが確定したのが休みの1週間前。

せっかく1週間のお休みを取ることが出来たので、行き先はすったもんだがあったものの急遽イタリアのローマに行くことに。

事前準備をする時間が全くない中で最低限の手配だけはしていきました。

スポンサーリンク

事前に手配したもの

事前に手配したのは次のもの。

最低限だけど1都市滞在ならこれ以上手配することはないかも。。。

航空券
ホテル
送迎
海外旅行保険
wife
博物館のチケット

航空券の手配

今回はエールフランスのパリ経由のローマ便。

羽田からパリまで12時間、乗継に2時間、パリからローマまで2時間のフライトでした。

スカイスキャナーで安いチケットを探しているとさすがヨーロッパ便なので高い。

現実的な料金のチケットは1人7万5千円というカタール航空とエティハド(共に中東のエアライン)があったものの、中東経由で日本から中東まで12時間、乗り継ぎに5時間、中東からローマまで6時間の合計24時間を超える恐ろしいスケジュール。

いくら安くても体に堪えるのでさすがにパス。。。

毎日チェックしていると直前で空きが多く、安いチケットを解放したのか、エールフランスで税金&燃油サーチャージ込みで1人11万5千円のチケットがスカイスキャナーで出てきたので急いでエールフランスの公式ホームページへ。

確実に隣り席を確保したかったので、スカイスキャナーで掲載されていた旅行会社を使わず、エールフランスの公式サイトで買いたかったのです。

旅行会社で購入すると事前座席予定不可の場合もあるので(迷惑な話ですがそれを明記してない旅行会社が多い)。

この時はまだ行き先が絞れておらずバリ島、プーケット、ケアンズなど幅広く見ていたので即購入出来ずに30分くらい悩んでいるとあっという間に11万5千円は売り切れ12万円5千円に。

並び席も取れることを確認して、覚悟を決め購入(安いチケットはキャンセル不可、変更不可なので)。

その途端、12万5千円も売りきて14万円台に。。。

かなり少ない枠の切売りだったようで。。。

イタリアは何都市回るか?

ローマ1都市のみ。

せっかくイタリアに行くならミラン、フィレンツェ、ヴェネチア、ナポリなどなど色々行きたい!っていうのが本音。

でも休みは9日間。

帰国後の体力回復を考えると2日はフルで欲しい。

そうなると土曜日出発の金曜日帰国の4泊7日がいいところ。

フルで観光できる日が4日しかない中で複数都市にしてしまうと明らかに駆け足になり、どの都市も消化不良になりそうだったのでローマ1都市にしました。

結果は4日でも全然回りきれてない。。。

ローマは至る所に遺跡だらけだし、食も美味いので4日でも足りないくらいでした。

ホテルの手配

ホテルの予約はエクスペディアで。

ローマは本当にホテルの数が多いので選ぶのが大変。

当初は空港から市内に出るのはレオナルドエキスプレスという成田エキスプレス的な電車を使おうと考えていたのでその到着駅であるテルミニ駅周辺で検索。

ヨーロッパは星によってホテルの質が結構違うので星の数も参考になります。

本当は最高ランクの5つ星に泊まりたいところだけど1泊5万円とか超えてくるのでさすがにパス。

星が一つ減ると1泊2万円くらいのもあるので4つ星に絞って検索。

その中から口コミが良さそうなホテルをピックアップ。

教会前で雰囲気のあるメチェナーテパレス
JTB御用達のスターホテルズメトロポール
ローマでは珍しい近代的なIQホテル

とりあえずキャンセル可能なプランでJTB御用達なら安心とスターホテルズメトロポールを予約。

ぎりぎりまで粘っているとスターホテルズメトロポールよりも4泊で4万円安くIQホテルが出てきたので、スターホテルズメトロポールをキャンセルし、IQホテルに決定!

注意はホテルの予約でもキャンセルの場合全額取られてしまうプランと直前までキャンセルできるプランがあるので予約の際は注意を。

ホテル予約のポイントはこちら:初めての海外個人旅行のホテル探しは3つのポイントが大事

ローマの空港からホテルへの送迎

ローマの玄関口であるフィウミチーノ国際空港から市内に出る方法は急行列車も出ているくらい充実しています。

①レオナルドエキスプレス(成田エキスプレス的な電車) 1人14ユーロ
②電車(鈍行) 1人8ユーロ
③タクシー 1台48ユーロ
④シャトルバス 1人6ユーロくらい
⑤プライベート送迎サービス 1台50ユーロ〜100ユーロ

当初はレオナルドエキスプレスを使おうと思っていたけど思い出したのがヨーロッパの石畳み。
P1110736

この石畳みの中、スーツケースを引くのは本当に大変なんです。

徒歩5分とはいえ、ホテルの場所がわからない中、路上駐車が多いローマではかなり困難だったはずなので電車にしなくて正解でした。

それに最近気付いたのはスーツケースを押して市内をがらがら歩いているのは日本人くらい。

ホテルの前まで行ってくれるのはタクシーかプライベート送迎。

ローマの場合は空港-市内なら片道48ユーロの一律料金が決められているのですが、中にはぼったくるタクシードライバーがいるのも事実なので当たり外れが直前までわからないのはもやもや。

今回はIQホテルからプライベート送迎のオファーが往復105ユーロあったので、タクシーよりも若干高いもののお願いすることにしました。

海外旅行保険

今回もクレジットカードの海外旅行保険プラス保険会社の海外旅行保険の併用。

クレジットカードの海外旅行保険で不十分な病気とケガの際の治療費用のみ「tabihoたびほ」に加入し、1億円の保障を2人で3,520円(1人1,760円)でプラス。

まともに充実した保障をつけると1人5千円は超える海外旅行保険をクレジットカードと併用することでかなりお得にカバーできます。

海外旅行保険について詳しい記事はこちら:海外旅行保険はクレジットカードだけで十分? お得に十分な補償を手に入れる方法はこれ!

ローマでwife

スマホが手放せなくなった今必需品なのがwifeルータ。

特に海外で役に立つのがグーグルマップ+GPSの組み合わせ。

これが出来るようになってから海外でも迷わず、難しいバスまで乗りこなせてしまうくらい手放せないもの。

ローマ市内観光でスムーズに回るには地下鉄だけじゃなく、バスとトラムも乗りこなせると一気にスムーズになるのでオススメです。

海外でお得にインターネットを利用するための参考記事:海外旅行でもwifiを使ってiPhoneでインターネットをお得に見る方法

日程

日程はこんな感じです。

スクリーンショット 2015-06-25 22.24.59

next_01イタリアローマ旅行で買ったガイドブックは3冊。おすすめは?

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^