スーツケースの選び方!国内・海外旅行におすすめの大きさは?ソフトケース?ハードケース?

スーツケースの選び方イメージ図

海外旅行や国内旅行に行く際に必要になるのが、スーツケース。

一度買うと、なかなか買い替えないものなので、慎重に選びたいところ。

前回の旅行中に、ミーコの安いスーツケースは、車輪が壊れ、ただの重たい箱に。

旅行先でスーツケースが壊れると悲劇です。

次回の旅行のため、慎重にスーツケースを選ぶべく、スーツケースの選び方についてまとめてみました!

スポンサーリンク

スーツケースを選ぶポイントは3つ!

スーツケースを選ぶポイントは、次の3つ!

  1. スーツケースの大きさ
  2. スーツケースのタイプ
  3. スーツケースの値段と性能

この3つのポイントをおさえれば、あなたに合ったスーツケースが見つけられます。

スーツケースの大きさ

スーツケースは、旅行の泊数で選ぶのが一般的。

だいたい、10リットルで1日分/1人。

なので、大きさの目安はこんな感じです。

サイズ 目安 おすすめ
30L 2泊~3泊 国内旅行メインの方
40L 3泊~4泊
50L 4泊~5泊
60L 5泊~6泊 海外旅行メインの方
70L 6泊~7泊
80L 7泊~8泊
90L 8泊~9泊
100L 9泊~10泊
スーツケースによっては、S,M,L,LLなどで表記されているものもありますが、メーカーによって大きさが異なって選びにくいので、「リットル」と「縦 × 横 × 高さ」の2つで大きさを見ましょう。

国内旅行がメインの方におすすめの大きさ

国内旅行がメインの方なら、泊数も少なめ&荷物も少ないと思うので、30Lのスーツケースがおすすめ

30Lクラスは、機内持ち込み可のスーツケースが多いですしね。

国内旅行なら、スーツケースは機内に持ち込んでしまったほうが時間も短縮できるし◎。

最近安さで人気のLCC(格安航空会社)は、預け荷物が有料なので、なおさら機内持ち込みできるのが重要になります。

LCCの預け荷物の料金の目安は、国内線で1個片道950円~4,700円と結構高いです。
【結論!】
国内旅行におすすめの大きさ:30L

海外旅行がメインの方におすすめの大きさ

海外旅行がメインの方なら、泊数が少なくても、何かと荷物も増えがち&お土産も増えがちなので、60Lのスーツケースがおすすめ

60Lのスーツケースは、大きさも絶妙で運びやすさもちょうどよい。

また、泊数が多いからといって、60L以上のスーツケースを買ってしまうと、大きすぎて運びづらいし、重いし、保管しづらいの3重苦。

クマも体の大きい男性ですが、60Lのスーツケースでちょうどよい感じです。

女性なら、60Lよりも大きいものだと重い&持ち運びずらいので、60L以下がおすすめです。

ちなみに、今使っているスーツケースも60Lですが、普通に9泊のハワイ旅行や6泊の冬のヨーロッパ旅行も問題なしです。

お土産用のスペースが心配な時は、スーツケースの上にサブバックを乗っけて対応しています↓。

スーツケースサブバック
【結論!】
海外旅行におすすめの大きさ:60L

スーツケースのタイプ

スーツケースのタイプで、見るべきポイントは、3つです。

  1. スーツケースの素材
  2. スーツケースの開閉方法
  3. スーツケースのキャスター(車輪)

スーツケースの素材(ハードケース or ソフトケース)

スーツケースの素材には、2つあります。

  • ハードケース
  • ソフトケース

ハードケース


ハードケースとは、プラスチック製の固いスーツケースです。

特徴はこんな感じです。

○ 日本人に人気
○ 軽量なものが多い
○ しっかりとした鍵が付いたものが多い
○ 雨に強い
○ 中身に衝撃が伝わりづらい
○ 右と左両方に分けて荷物を入れられるので荷造りしやすい
× 一度閉めると荷物の出し入れがしづらい
× 両開きなので荷物の出し入れにスペースが必要
× 閉じる時に片側を持ち上げる必要があるので重い
× 傷やへこみが付きやすい。最悪割れる

日本人は、スーツケース=ハードケースのイメージが強く、海外旅行ではかなりの割合でハードケースの人が多いです。

クマも何も考えなしに、海外旅行用はハードケースになっています。(スーツケースを見に行くとハードケースが多いのでついつい)

ソフトケース


ソフトケースとは、布地のスーツケース。

布地と言われると強度が心配になりますが、強度はまったく問題ないです。

特徴としては、こんな感じです。

○ 外国では主流なので海外で目立ちにくい
○ 小さいポケット付きもあり、荷物の出し入れがしやすい
○ 片開きなので荷物の出し入れに省スペース
○ 中身がはじける恐れはない
○ スーツケースを閉じ易い
○ スーツケースが割れる心配がない
× 中身に衝撃が伝わりやすい
× 片側にしか荷物を入れられず、下になった荷物が取りづらい
× 鍵が付いていないものが多い
× 雨がちょっと心配

海外ではソフトケースが主流です。

しかも、黒のソフトケース。

ソフトケースのスーツケースも小さいのは使っていますが、移動中ちょっと荷物を出したり入れたりできるので、やっぱり便利です。

ハードケース・ソフトケースどちらが良いか?

正直、どちらも一長一短があるので、好みで選んでよいかと。

どちらを買っても失敗はないです。

結局どちらを選んでも、先に壊れるのは、キャスター(車輪)やキャリバー(ハンドル)です。

なので、本体がハードでもソフトでも強度には差がありません。

いつもハードケースだったので、今回は、ソフトケースのスーツケースに挑戦もありかなと考えています。

【結論!】
ハードケース・ソフトケースは好み

スーツケースの開閉方法(フレームタイプ or ファスナータイプ)

ソフトケースは、みなファスナータイプなので選択の余地がないですが、ハードケースは2種類あります。

  • フレームタイプ
  • ファスナータイプ

フレームタイプ

フレームタイプのスーツケース

上の写真のような感じで2か所でロックするタイプです。

○ 頑丈なので壊れにくい
○ 形が変わりづらいので中身を衝撃から守ってくれる
○ 荷物を詰めすぎても上から押さえれば結構入る
× 重量はファスナータイプに比べ重い
× 途中で荷物の出し入れはできない(全開にしないといけない)

ファスナータイプ

ファスナータイプのスーツケース

最近よく目にするのが、このファスナータイプ。

ぐるっと一周ファスナーでスーツケースを閉じます。

○ フレームタイプに比べ軽い
○ ちょっと開けて荷物の出し入れができる
○ フレームタイプよりも値段が安い
× 閉じる時にファスナーを一周させないといけないので面倒
× 荷物がぱんぱんだとファスナーが閉まらない
× 中身に衝撃が伝わりやすい
× ファスナーから水が染み込む(安物でなければ大丈夫)

個人的には、頑丈なフレームタイプが好み

ちょっと無理しても押し込めば入る安心感がフレームタイプにはあるんですよね。

ソフトケースの場合は、ファスナータイプ一択なので仕方ありませんね。

【結論!】
頑丈を求める方:フレームタイプ
軽さと安さを求める方:ファスナータイプ

スーツケースのキャスター(車輪)(2輪 or 4輪)

  • 2輪
  • 4輪

2輪

あまり見かけませんが、たまに2輪のスーツケースもあります。

とても使いずらいので、2輪のスーツケースはやめましょう

混雑しているところでは、スーツケースを引いて持ち歩くと危険なので、体の横を転がした方が良い場面があります。

そんなとき、2輪では不可能です。

4輪

4輪のスーツケースが基本です。

【結論!】
4輪

スーツケースの値段と性能

スーツケースの値段と性能は見事に一致しています。

高いものは、やはり性能がいいです。

軽く5万円~10万円以上するRIMOWA(リモワ)は、軽くて丈夫でかっこよくて皆が憧れるスーツケースです。

一方、安いものは、1万円切るものもありますが、どこか性能が劣る部分があります。

高いスーツケースが買えるのに越したことはありませんが、お財布との相談が必要ですよね…

やっぱり、安いのに性能が良いもの!が欲しい!

最低限、この3つのパーツ性能だけ譲らなければ、1万円~3万円でも安くても良いものが見つかります。

  • キャスター(車輪)
  • キャリーバー(ハンドル)

キャスター(車輪)

キャスター(車輪)は、スーツケースの命。

スーツケースの車輪が割れた

持っていたスーツケースも旅行中に車輪が壊れて、ただの箱になりました。

車輪は、日本製がおすすめ

日本製の中でも、「HINOMOTO」(日乃本錠前)のマークが入った車輪なら間違いなし

実際に製品を見れるなら、転がり具合や回転のしやすさを確かめるとなお良いです。

車輪を固定できるストッパー付きのスーツケースが売っていますが、便利です。

電車に乗った時など、ストッパーをしておくとスーツケースがコロコロ勝手に転がっていく心配がなくなります。

鍵も壊れやすいパーツ。

開け閉めして、すっと鍵が鍵穴に入らないスーツケースは避けましょう

それと、鍵が、TSAロックと呼ばれる鍵かチェックしましょう。

TSAロックでないと、アメリカ行きでは鍵がかけられないので、不便です。

写真のようなひし形のマークが入った鍵です↓。
IMG_0607

TSAロックについての詳細はこちら↓

海外旅行のスーツケースに鍵を掛ける?TSAロックとは?TSAロックは本当に必要?

2015.05.27

キャリーバー(ハンドル)

キャリーバー(ハンドル)とは、スーツケースの取っ手のこと。

意外とキャリーバーも壊れやすい部分。

スムーズに出し入れができるか、ちょうどよい高さか確認しましょう。

中には、ハンドルをどの高さでも固定できる便利なタイプがあります。

やっぱり、好きな高さで変えられる方が、使い易いです。

スーツケースの選び方まとめ

【国内旅行におすすめのスーツケースのタイプ】

  • 大きさ:30L(機内持ち込みサイズが望ましい)
  • タイプ:ソフトケース
  • 車輪:4輪で日本製の車輪
【海外旅行におすすめのスーツケースのタイプ】

  • 大きさ:60L
  • タイプ:ソフト又はハードケース(お好みで)
  • 車輪:4輪で日本製の車輪
  • 鍵:TSAロック付き

おまけ① 機内持ち込みサイズ

機内持ち込みサイズはこのようになっています。

大体30Lクラスが機内持ち込み可が多いです。

【機内持ち込みサイズ(国内線・国際線)】
100席以上の飛行機:115cm以内(高さ55cm × 幅 40cm × 奥行き25cm)
100席未満の飛行機:100cm以内(高さ45cm × 幅 35cm × 奥行き20cm)
※離島便などマイナー路線でなければ通常100席以上の飛行機です

おまけ② ボストンバックは?

最近は、国内旅行でもスーツケースを持つ人が増えてきているので、ボストンバックは少数派ですかね。

初めてクマとミーコがアメリカに行った時はボストンバック。

当時は20代前半なので、若さで乗り切れたものの、1週間分の荷物を入れたボストンバックは、とんでもなく重い。

それ以来、旅行はスーツケース。

今でも国内旅行で、車でお出かけならボストンバックも使いますが、電車や飛行機利用なら間違いなくスーツケースですね。

やはり、キャスター付きのスーツケースは楽です。

おまけ③ スーツケースはレンタルという選択肢も

1度しか海外旅行に行かないだろうということなら、わざわざ買っても保管場所に困るだけですよね。

それなら、スーツケースのレンタルという選択肢もありです。

リモワ、サムソナイト、エースなど普通に買うと5万円以上するブランドスーツケースが、1週間借りても5,000円~6,000円くらいで借りられます。

【DMM.com】スーツケースレンタル

【こんな記事も読まれています】

【最新版】海外旅行に持って行くクレジットカードのおすすめはこれ!

2015.02.15

旅行に役立つゴールドカードおすすめ比較ランキング!旅に持って行くべきゴールドカードはこれ!

2016.08.21

海外旅行のお金の持って行き方!コツを知らないと2,800円以上損します!

2014.11.17

海外旅行でもwifiを使ってiPhoneでインターネットをお得に見る方法

2014.04.20

エコノミークラスを快適に過ごす服装と機内に持ち込むべき10個の必須アイテム

2014.09.01
アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^