海外旅行の洋服の荷造りに役立つグッズはこれ!

海外旅行に行くときにやっぱり面倒なのが荷造り。

前もって荷造りしておけばいいのだけど、どうしても後回しに。

結局出発前夜に焦って荷造りして、せっかくの旅行なのに荷造りに時間がかかり寝不足で出発ということも。

それに詰めるものも決まってあとはスーツケースに入れるだけというところまでいっても、なかなかうまく詰められず四苦八苦することも。。。

そこで1番ポイントになるのが洋服の詰め方!

そんなイライラしがちな洋服の荷造りを助けてくれる便利グッズがこれ!

スポンサーリンク

洋服どうやって詰めるか

旅行の荷物で1番かさばるのが洋服。

そんな洋服をどう詰めるかによって荷造りが早く終わるかどうかが決まります。

十数年色々試行錯誤した結果です。

そのまま詰める

初期はスーツケースにそのまま普通に折りたたんだ洋服を詰めていました。

何も考えてなかったですね(笑)

荷造りしていてもスーツケースの中で洋服が動いてしまうのでなかなかうまく詰められない。

それに詰められる量も少なく、何よりも洋服がシワシワになりがち。

そのまま詰めるのはかなり上級者向きです。

袋に入れる

そのまま詰めるのがダメならと上着、下着、ズボンを種類毎にビニール袋に入れてました。

確かにまとまるのでスーツケースには詰めやすくなりました。

シワにもなりづらく◯。

ただ袋だと入れるものによって形が変わるし、かさばったまま。

いざスーツケースに詰めようとすると形がいびつなので案外詰めづらいし、詰められる量も少ない。。。

圧縮袋で圧縮する

洋服がかさばるなら圧縮すればいいんじゃない!?ということで、次は圧縮袋で圧縮して持って行ってました。

確かに圧縮されると一気にかさが減るので入る量が倍増!

当時は冬の旅行にフリースを持って行ったりしていたので、圧縮するとすごい荷物が減る!

こりゃいいぞと思っていたけど、服の種類によっては、圧縮を解いて服を着ようと思うと当然しわっしわのくちゃっくちゃ。

はっきりいって着れるもんじゃない。

しかも圧縮袋は値段が高い割に耐久性がないのです。

周遊型の旅行だとホテルを転々とするので、ホテルのチェックイン、チェックアウトを繰り返すことになり、その都度に荷造りが必要。

圧縮して、圧縮解いてを繰り返していると旅行中に圧縮袋に穴が開いて圧縮出来なくなる事態も。。。

その後荷造りが大変になったのは言うまでもないです。。。

かさばるもので、シワにならないものなら使える圧縮袋だけど、全てを圧縮するのは、おすすめ出来ません。

色々な方法を試行錯誤した結果、今は無印良品のナイロンの仕分けケースに詰める方法で落ち着いています。

別に無印良品である必要はないのでファスナーで閉められる形がお勧め。

とても単純な構造なのにナイロンの仕分けケースに丸めて洋服を入れて、ファスナーで閉じればコンパクト、シワにならない、スーツケースに詰めやすいの見事に三拍子揃います。

ここでのポイントは丸めて入れること!

丸めて入れることでかさばらなくなり、シワにもなりずらくなります。

ファスナーで閉められるのでキツキツに入れてファスナーを閉めてしまえば結構コンパクトになります。

さらに仕分けケースに入っていることでスーツケースに詰めるときも固まりになっているので楽々。

これを手に入れてから荷造りは早くなったかな。

サイズ違いをうまく活用

サイズは大、中、小と3つあるのでそのうち中と小を使い分けてます。

大は小を兼ねるというけど、旅行の荷造りの時はそのことわざは当てはまりません。

できるだけ荷物は小さくが良い。

そんなわけでサイズは中と小の2つがお勧め。

上が小で下が中。
2015-01-19 23.03.03

中には上着やズボンやスカートを入れるのに丁度良い。

写真はこの記事のために適当に入れただけなので詰まってないけど、冬用のロングTシャツ2枚、セーター2枚、ジャージのズボン1枚。

きちんと丸めて入れれば冬物をあと1枚位入れて、6枚くらいは入る感じです。

ちなみにクマは身長190センチあるので、服のサイズは大きめだけど十分な収納力。

2015-01-19 23.05.56

ファスナーを閉めてしまえばさらにコンパクトに収まります。
2015-01-19 23.06.29

小には下着や靴下などを。

今売っているのがどうなっているのはわからないけど、今持っている小はメッシュ部分とメッシュじゃない部分の2層構造。

パンツなどは見えないメッシュじゃないところに入れたりすることができます。
2015-01-19 23.03.54

夏の一週間程度の旅行なら中1個、小1個で丁度いいくらい。

色違いも売っているので、クマは黒、ミーコはピンクにしてぱっと見でどっちの荷物かわかるように工夫しています。

ナイロンたためる仕分けケース・ダブルタイプ・中 ネイビー・約26x40x10cm

ナイロンたためる仕分けケース・小 黒・約20×26×10cm

持っていく洋服も考える

洋服にもかさばる服とかさばらない服があります。

旅行のときは写真をたくさん撮るので可愛くしたいし、かっこよくもしたい。

だからバランスは難しいけど、出来るだけ素材が柔らかいもののほうがかさばりにくいのでお勧め。

ズボンならジーンズはやめてチノパンにするだけでもだいぶ違う。

冬でもユニクロのヒートテックを中に着ることで厚手のセーターがいらなくなるならそれも◎。

もう流行らないので持っていく人はいないだろうけど、フリースもかさばるだけなのでやめて、ウルトラライトダウンにするとそれだけでかなりスーツケースのスペースに違いがでます。

ちょっとした工夫でさらに洋服の荷造りは楽になりますよ〜!

next_01スーツケースの詰め方のコツ6選!スーツケースにうまく荷物が詰められない!

back_01海外旅行の服装(ファッション)は現地の人に溶け込むのがポイント!

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^