陸マイラーにオススメのユナイテッド航空マイレージプラスとMileagePlusセゾンカード

ユナイテッド

陸マイラーとはほとんど飛行機に乗らずにマイルを集めて、集めたマイルで無料特典旅行を手にする方をいいます。

そんな私もバリバリの陸マイラーで、年に1度旅行で飛行機に乗るくらい。

そんな陸マイラーでも、去年ユナイテッド航空のマイルでファーストクラスの無料特典旅行を夫婦2人分ゲットしラスベガスへ!

ファーストクラスといえばアメリカ往復で1人200万円くらい。

庶民には絶対に手の届かない世界。

マイルを貯めるだけでそんな未知の世界を体験できるマイルプログラムは夢がいっぱい。

そんな普段飛行機に乗らない陸マイラーに最適なマイルプログラムがユナイテッド航空のマイレージプラス

スポンサーリンク

陸マイラーが選ぶべきマイレージプログラムは次の条件を満たすプログラム!

本当は飛行機に乗って貯めるマイルを、飛行機に乗らずして貯めなければいけません。

そうなると次の3つがマイレージプログラムを選ぶ上で大事なポイントになります!

  1. 期限が無期限であるか?
  2. 貯まったマイルが簡単に無料航空券に交換できるか?
  3. クレジットカードのポイントが効率良く貯まるか?
これらの3つを満たすのがユナイテッド航空のマイレージプラスです。

期限が無期限であるか?

ユナイテッドのマイレージプラスの場合、日本-ハワイの往復で必要マイルは、

ファーストクラス:125,000マイル
ビジネスクラス : 80,000マイル
エコノミークラス: 50,000マイル

日本の国内線なら最低1万マイルで済みますが、どうせなら長距離路線で使いたいところ。

そうなるとかなりのマイルを貯める必要があります。

最大の敵はマイルの期限切れ

そこで敵になるのがマイルの期限切れ。

ANAやJALだと3年でマイルが失効してしまいます。

失効までにマイルを使わなければいけないので貯められるのは実質2年。

2年で貯まるマイルは限られます。

例えば100円で1マイル貯まるクレジットカードで毎年100万円利用した場合は、2年間で20,000マイル貯まります。

(クレジットカードによるマイルについては後述します)

20,000マイルだとANAやJALの場合は香港、台湾、マニラへのエコノミークラスの無料特典航空券。

近場にしかには行けません。

それに頑張って貯めても海外旅行だとスケジュールが合わなければいけないため、使うタイミングも気にしないといけません。

無期限なら貯めやすく使いやすい

それが無期限であれば安心して貯められるし、安心して旅行の計画が立てられます。

ユナイテッド航空のマイレージプラスの期限は18ヶ月。

ANAやJALよりも短いじゃん!と突っ込みが来そうですが、マイルの加算又は利用があった場合は、そこからさらに18ヶ月期限が伸びます。

なので、クレジットカードでマイルを貯めていれば、毎月マイルが加算されていきますので実質無期限になります!

ANAやJALの場合はマイルの期限が伸びることはないので、大きな違いになります。

夢のファーストクラスに一歩近づきます。

ユナイテッド航空ファーストクラス

ユナイテッド航空ファーストクラス座席

ユナイテッド航空ファーストクラスラウンジソファ

ユナイテッド航空ファーストクラスラウンジ

貯まったマイルが簡単に無料航空券に交換できるか?

せっかくマイルを貯めても簡単に使えないのでは意味がありませんよね。

ユナイテッド航空は、インターネットで簡単に無料特典航空券が予約できます。

ユナイテッド航空便であれば、シートマップでリアルタイムに座席の空き具合を確認しながら、無料特典航空券の予約が出来るので隣り席を確保しての予約も可能

複数人で行くなら飛行機の座席の位置も大事だけど、やっぱり1番は並び席が確保したいですよね。

ユナイテッド航空座席指定

スターアライアンス加盟の航空会社もオンラインで簡単予約

ユナイテッド航空だけでなく、スターアライアンスに加盟しているANAやルフトハンザ、タイ航空などもネットで予約可能!

ネットでいつでも空き状況を確認しながら予約出来るので簡単に予約可能です!

燃油サーチャージがかからない

「燃油サーチャージがかからない」これはかなりのメリット!

燃油サーチャージとは、原油高の影響で近年航空会社が運賃にプラスして徴収する燃料代。

そのため、航空券の料金の内訳は、「運賃+税金+燃油サーチャージ」となっています。

ANAやJALなどは燃油サーチャージは無料特典航空券であっても徴収されます。

それがユナイテッド航空の場合は燃油サーチャージ0円

ちなみにアメリカやヨーロッパの場合1人42,000円もかかっている時期もありました。

現在は、燃油サーチャージが安くなったとはいえ、かからないのにこしたことはないですよね。

燃油サーチャージが0円になるのは大きなメリット。

国内線にも交換できる

海外行きの無料特典航空券を目指すとはいえ、やっぱり国内線にも交換出来るほうが便利だと思いませんか?

ユナイテッド航空なら、同じスターアライアンスのANA国内線の無料特典航空券に交換可能

しかも、実はANAマイレージクラブよりもお得なマイルで交換できます

飛行距離が800マイル以下の国内線の区間は片道につき5,000マイルに!

飛行距離が801マイル以上の区間については片道につき8,000マイルに!

800マイルを超える区間は、東京から出発の場合、沖縄(那覇・石垣・宮古)のみとなり、ほとんどの区間は5,000マイルで特典航空券の利用が可能に!

もちろん国内線はANA便。

国内線のほとんどが往復1万マイルというのは、ANAのマイレージプログラム(通常期1万2千マイル)よりも少ないマイルで交換できるので、国内線の特典航空券をメインに貯めている方でも利用価値が高いですね。

クレジットカードのポイントが効率良く貯まるか?

大量のマイルをどのように貯めるのか?

正直、飛行機に乗って貯めるには厳しいです。

マイルを貯めるカギは、クレジットカードのポイント

クレジットカードによっては200円につき1マイル貯まるものや、100円につき1マイル貯まったりするクレジットカードなど多種多様です。

100万円年間クレジットカードを利用した場合、200円につき1マイルしか貯まらないクレジットカードだと5,000マイルしか貯まりません。

一方100円につき1マイル貯まるクレジットカードだと10,000マイルも貯まります。

ANAやJALのマイルを貯めるのに最適と言われているANAカードやJALカードは100円につき1マイルです。

年間にクレジットカードを使う金額はだいたい決まっています。

出来る限りクレジットカード払いにすることは出来ますが、マイルが欲しいからといって利用金額を増やして散財してしまっては本末転倒です。

ポイント還元率の高いクレジットカードと提携しているマイレージプランを選択するのがファーストクラス、ビジネスクラスでの特典旅行の早道。

ユナイテッド航空のマイレージプラスを一押しする大きな理由が還元率の高さ

ユナイテッド航空の提携クレジットカードはマイルが貯まりやすい

ユナイテッド航空のマイルを貯めるのにオススメのクレジットカードといえば、MileagePlusセゾンカード以外に選択肢はありません!

mileageplusセゾンカード

なんと、1000円につき15マイル!貯まります。

すなわち、100円=1.5マイル!

他のクレジットカードに比べて1.5倍!

マイルアップメンバーズの加入がおすすめ

マイルアップメンバーズと呼ばれる、ユナイテッド航空のマイルをたくさん貯めたい方向けのプランがあります。

通常、何も申し込まないと1000円につき5マイル貯まるので、100円=0.5マイルで他のクレジットカードに比べて低いです。

これにマイルアップメンバーズを付けると。。。

1000円につき15マイル!になります。

もちろんマイルアップメンバーズに加入するには年会費が5千円(税別)かかりますが、クレジットカードの年会費1,500円(税別)と合わせて6,500円(税別)と還元率を考えれば全然高くありません。

ちなみにANAカードも100円につき1マイル獲得するためにはマイルアップメンバーのようなものに入る必要があるためトータル7千円〜。

JALカードも同じくマイルアップに加入して5千円〜。

同じ年会費でも、ユナイテッド航空の還元率の高さが分かりますね。

マイルアップメンバーは一年更新制度なので1年ごとに退会のチャンスがあるので安心です。

カードラインナップは3種類

MileagePlusカードには、3種類あるので、利用額を目安に選べばOKです。

MileagePlusセゾンカード MileagePlusセゾンゴールドカード MileagePlusセゾンプラチナカード
年会費 1,500円(税別) 15,000円(税別)  36,000円(税別)
家族カード年会費 設定なし 5,000円 (税別) 9,000円(税別)
マイルアップメンバーズ 5,000円(税別) 年会費に含む 年会費に含む
貯まるマイル 1,000円=15マイル 1,000円=15マイル 1,000円=15マイル
年間上限 30,000マイル(それ以降は1,000円=5マイル) 75,000マイル(それ以降は1,000円=5マイル) 上限なし
海外旅行保険  死亡3,000万円、治療300万円 死亡5,000万円、治療300万円 死亡1億円、治療300万円
特典 空港ラウンジ利用可能(国内33、海外2) 空港ラウンジ利用可能(国内33、海外2)

プラチナサービスの利用

カードブランドは以下の3つから選べます。

  • VISA
  • マスターカード
  • アメリカンエキスプレス

断然VISAカードがおすすめです。

その理由は、VISAカードなら日本はもちろん、世界中どこにいっても必ず使えるのでマイルの取りこぼしをしなくて済みます。

年間200万円以内の利用ならMileagePlusセゾンカード

年間200万円以内の利用ならコスパがいいノーマルカードのMileagePlusセゾンカードがおすすめ。

ノーマルカード+マイルアップメンバー(6,500円(税別))で、1,000円=15マイルとゴールドカード並みにマイルが貯まるのでコスパのいいマイレージクレジットカードの出来上がり!

しかも今ならVISA入会キャンペーン中!(2017年3月31日まで)

  1. 入会で2,000マイル
  2. 3ヶ月以内に10万円以上利用で3,000マイル
    合計5,000マイルもれなく獲得できます!(国内線片道分)

年間利用額が200万円超えるならMileagePlusセゾンゴールドカードがおすすめ

ノーマルカードだと年間利用額が200万円を超すと1,000円=5マイルまで大幅ダウンしてしまいます。

年間200万円を超えてクレジットカードを使う予定ならMileagePlusセゾンゴールドカードがおすすめ。

ノーマルカードには家族会員はないのですが、ゴールドカードからは家族会員もあるので家族でのクレジットカードの利用を集約してマイルを貯めることもできます。

しかも、特典として空港ラウンジも無料で利用できる特典まで付いています。

こちらもVISA入会キャンペーン中!(2017年3月31日まで)

  1. 入会で5,000マイル
  2. 3ヶ月以内に20万円以上利用で6,000マイル
    合計11,000マイルもれなく獲得できます!(国内線往復分)

年間利用額が500万円超えるならMileagePlusセゾンプラチナカードがおすすめ

もっとクレジットカードを使える方なら、MileagePlusセゾンプラチナカードがおすすめ。

今度は上限なく、1,000円=15マイルで貯めることが可能です。

もちろん、マイルだけではなく、プラチナサービスも付いてきます。

  • Visaプラチナトラベル(海外):海外旅行の割引
  • Visaプラチナクラブ:国内旅行の割引
  • Visaプラチナダイニング:国内外の有名レストランの割引
  • Visaプラチナゴルフ:国内外の名門ゴルフ場予約サービス

プラチナもVISA入会キャンペーン中!(2017年3月31日まで)

  1. 入会で10,000マイル
  2. 3ヶ月以内に33.4万円以上利用で10,000マイル
    合計20,000マイルもれなく獲得できます!(国内線2往復分)

まとめ

ユナイテッド航空のマイレージプラスは、実質無期限で貯められ、、マイルも貯めやすいので海外便の特典航空券を狙っている!というあなたにおすすめのマイレージプログラムです。

一度ビジネスクラス、ファーストクラスに乗ると、もうエコノミークラスに乗れない!と思うくらい快適です。

ぜひ、マイルを貯めてビジネスクラス、ファーストクラスの特典航空券をゲットしましょう!

【最新版】海外旅行に持って行くクレジットカードのおすすめはこれ!

2015.02.15

旅行に役立つゴールドカードおすすめ比較ランキング!旅に持って行くべきゴールドカードはこれ!

2016.08.21

今さら聞けないマイル(マイレージ)とは?貯めずに飛行機に乗るのは損ですよ!

2014.11.11

タイプ別!どこの航空会社でマイルを貯めるのがいいのか?あなたはどのタイプ?

2014.11.19

マイレージプログラムを選ぶうえで知っておきたい3つのアライアンス!

2014.11.21

最新マイレージプログラムランキング!陸マイラーにおすすめは63社から選ぶとこの3つ!

2015.03.22
アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^