アメックスゴールドとアメックスグリーンの比較

アメックスゴールド・グリーン

アメックスゴールド、グリーンどっちがおすすめ?6つの視点で比較!年会費・特典の違いは?

アメックスゴールドとアメックスグリーン。

どちらもアメックスが誇る人気のクレジットカード。

アメックスグリーンでも十分すぎる特典とメリット。

アメックスゴールドの輝きも魅力。

似てるんだけどちょっと違うアメックスゴールドとアメックスグリーンの違いを比較してみました!

結論は、豊富な特典のおかげで持っているだけで年会費の元が取れるアメックスゴールドがおすすめです!

アメックスゴールドとアメックスグリーンの違いを比較

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード (アメックスゴールド)と アメリカン・エキスプレス・カード (アメックスグリーン)は、どちらも魅力的なクレジットカードであるのは事実。

年会費はわかりやすい違いがありますが、それ以外は大きな違いがあるように見えない。

アメックスゴールドとグリーンは年会費の差だけなのか?特典・メリットに違いがあるのか?、結局どっちがよいか、次の6つのポイントで比較してみました!

ポイント

  1. 年会費比較
  2. 特典比較
  3. ポイント比較
  4. ステータス比較
  5. 審査基準比較
  6. キャンペーン比較

年会費比較

アメックスゴールドとグリーンの大きな違いは年会費ですね。

17,000円(税別)と2倍強、アメックスゴールドの方が年会費が高くなっています。

家族カードを作る方は、アメックスゴールドは1枚無料なので、ゴールドとグリーンの差は11,000円(税別)と縮まりますね。

ゴールド グリーン
年会費 29,000円(税別) 12,000円(税別)
家族カード 1枚目無料
2枚目以降12,000円(税別)
6,000円(税別)
メンバーシップリワードプラス 3,000円(税別) 3,000円(税別)
メンバーシップリワードプラスとは、ポイントの換算レートアップ&ポイント無期限にするポイントプログラムのこと。
マイルやポイントに交換する際に加入すると、1,000ポイント=1,000マイルで交換可能になる(未加入の場合は、2,000ポイント=1,000マイル)。
ただし、一度加入すると毎年自動更新され、毎年必要になる。

ポイント比較

年会費が2倍強違うとなると、気になるのがポイントと特典の差。

まずは、ポイントから見ていきます。

結論からいうと、ポイントプログラムはまったく同じです。

ゴールド グリーン
ポイント還元率 100円=1ポイント 100円=1ポイント
有効期限 無期限(※) 無期限(※)
ポイントの交換先 17社のANA・JAL等の航空会社
ヒルトン・マリオット
楽天・Tポイント
17社のANA・JAL等の航空会社
ヒルトン・マリオット
楽天・Tポイント

特典比較

成田空港の飛行機

ポイントプログラムが一緒であるなら、特典がやっぱり違うのかなと思いますよね?

確かに特典には差がありました。

旅の特典、保険・補償の特典、エンターテイメントの特典の3つで比較します。

旅行の特典

ゴールド グリーン
ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン 15,000円分
空港ラウンジ 28空港39ヶ所
同伴者1名無料
28空港39ヶ所
同伴者1名無料
プライオリティ・パス 年2回まで無料
(3回以上は1回32ドル)
 1回32ドル
手荷物無料宅配 往復1つ無料 往復1つ無料
空港クロークサービス 当日のみ荷物2個無料 当日のみ荷物2個無料
海外旅行先での日本語サポート オーバーシーズ・アシスト グローバル・ホットライン
ツアー旅行・宿泊優待 エクスペディア・日本旅行・アップルワールド・H.I.S・一休.com エクスペディア
エアポート送迎サービス あり あり
空港パーキング・携帯電話優遇 あり あり

旅の特典の違いは、4つ。

  1. ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン(15,000円分)
  2. プライオリティ・パスの無料利用分
  3. 海外旅行先での日本語サポート
  4. 旅行優待

やはり、違いの目玉はザ・ホテル・コレクション・国内クーポン(15,000円分)

アメックスゴールドならカード更新時に毎年15,000円分のクーポンがもらえるんです!

【ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン】

カード更新時に、国内対象ホテルで2泊以上すると利用できる15,000円分のクーポン。

ザ・ホテル・コレクションの通常特典(館内施設100米ドル相当オフ・お部屋をアップグレード)と併せて利用できるので、とてもお得に旅行を楽しめます。

エンターテインメント特典比較で紹介するスターバックス3,000円分と合わせると、アメックスグリーンとの年会費差がなくなりますね。

ホテルの国内クーポンとスターバックス特典は2021年に新登場して、一気にアメックスゴールドを選ぶほうがオトクに。

あと違いといえば、プライオリティ・パス、海外旅行先での日本語サポートの2つ

プライオリティ・パスは、アメックスゴールドなら、年に2回無料で使えるので、海外旅行に行く方には嬉しいサービスです。

正直、1回32ドルを払ってまで空港ラウンジを使うほどではないので、アメックスグリーンはあるけど使わない…といった感じです。

プライオリティ・パスとは、世界中の900か所以上の空港ラウンジを使うことができるパスのこと。

航空会社のビジネスクラスラウンジも使える点が魅力の1つ。

グローバル・ホットラインとオーバーシーズ・アシストの違い

もうひとつ、旅の特典で大きな違いが、海外旅行先での日本語サポート。

ちょっとだけ名前が違うグローバル・ホットラインとオーバーシーズ・アシスト。

何が違うのか?

違いは、緊急時の対応です。

  • グローバル・ホットライン(グリーン):海外情報サービス
  • オーバーシーズ・アシスト(ゴールド):海外情報サービス+緊急支援サービス

海外情報サービスだけでも充実の内容です。

【海外情報サービス】
● 旅行関連サービス
・航空券の予約、発券、予約の再確認、変更
・ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
・レンタカー/リムジン・サービスの案内、予約、取消
・ローカル・ツアーの案内、予約、取消
● レストランの案内、予約、取消
● ゴルフ・コースの案内、予約、取消
● 主要都市でのミュージカル等のチケット案内
● 天気予報
● パスポート、査証、予防接種等についての案内
● 最寄りの日本大使館、領事館の案内
● アメリカン・エキスプレスのトラベル・サービス・オフィスの案内
● 海外キャッシング・サービス、現金自動支払機の設置場所の案内
● カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
● T/Cの紛失・盗難の処理
● パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
● フラワー・デリバリー・サービスの手配
● その他のカードに関する問い合わせ
● 電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合を除きます。)
● 通訳派遣のアレンジメント
● メッセージの伝言サービス
● 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介

アメックスゴールドは、海外情報サービスにプラスして、さらに緊急支援サービスも付きます。

【緊急支援サービス】
● メディカル・サービス
電話医療相談、病院の予約・入院の手配、日本語がわからない医師への電話での通訳など
● リーガルアシストサービス
緊急時に弁護士の紹介
● その他のサービス
その他カード会員が希望するサービス

海外旅行に良く行く方なら、緊急時に手配までしてくれる緊急支援サービスはあると嬉しい内容ですね。

保険・補償の特典

ゴールド グリーン
保険付帯条件 利用付帯 利用付帯
死亡・障害保険(海外旅行) 1億円 5,000万円
死亡・障害保険(国内旅行) 5,000万円 5,000万円
傷害・疾病治療費(海外旅行) 300万円 100万円
救援者費用(海外旅行) 400万円 200万円
賠償費用(海外旅行) 4,000万円 3,000万円
携行品損害(海外旅行) 50万円 30万円
航空便遅延費用補償(海外旅行) 20,000円
キャンセルプロテクション 10万円
リターン・プロテクション 30,000円 30,000円
家族カードの補償 あり あり
カード盗難・紛失の場合の緊急発行 あり あり
スマートフォン・プロテクション 50,000円

※補償額はいずれも最大額を表示しています

海外旅行保険

アメックスゴールド・アメックスグリーンともに、海外旅行保険は「利用付帯」となっています。

利用付帯とは、旅行代金(公共交通乗用具の料金やツアー料金など)をそのカードで決済することで補償の対象となる保険のこと。

旅行代金をアメックスで支払えばOKなので、メインカードとして使っていれば問題ないですね。

ゴールドとグリーンの差は、補償額の違いと、航空機遅延費用補償。

一番利用する可能性がある「怪我や病気」を補償する「傷害・疾病治療費」が多いアメックスゴールドのほうがより安心。

海外では、骨折して入院しただけで200万円とか請求が来るので。。。

海外旅行に行く方なら、アメックスゴールドにしておいたほうが安心です。

航空便遅延費用補償とは、飛行機が遅れたり、欠航になったり、預け荷物が遅延・紛失した時に補償してくれるもの。

キャンセルプロテクションとは、急な出張や病気で旅行やコンサートをキャンセルしなければいけなくなった時に、キャンセル費用を補償してくれるもの。

リターン・プロテクションとは、商品の返品を、万一購入店が受け付けない場合に補償してくれるものです。

アメックスはカード盗難・紛失の場合の緊急発行がすごい

カード盗難・紛失の場合の緊急発行は、ゴールドもグリーンもどちらも対応していますが、アメックスは盗難・紛失時の緊急発行サービスが優れています

海外にいても即日再発行してくれる驚きのサービスです。

これがあるから海外旅行にアメックスは欠かせないんですよね。

スマートフォン・プロテクション

2021年に新登場した特典。

アメックスゴールドのみついています。

スマートフォンの画面割れなど破損した場合に補償してくれる保険。

修理代金を最大5万円まで補償してくれます。

スマホは毎日持ち歩き、落とす確率がとても高いので、ありがたい保険。

これがあれば、別途スマホの保険が不要になるので、かなり料金が浮きますね。

アメックスグリーンには付いていないので、ここでもアメックスゴールドが有利に。

※購入日より2年以内のスマホが対象で、少なくとも3ヶ月以上アメックスゴールドで通信料を支払っていることが条件

エンターテイメントの特典

ゴールド グリーン
スターバックス特典(3,000円) あり
コットンクラブ あり あり
新国立劇場 あり あり
チケット・アクセス あり あり
ゴールド・ダイニング by 招待日和 あり
Taste from American Express Invites レストラン優待 あり
ゴールド会員限定イベント あり
ゴールド・ワインクラブ あり
京都観光ラウンジ あり

エンターテイメントの特典では、7つの特典差があります。

中でも、ゴールドダイニング by 招待日和はあると嬉しいサービス

ゴールドダイニングとは、高級レストランに2名以上で行くと1名無料となる驚きの特典。

1人1万円以上するコース料理が1名無料になるので、お得に食事を楽しめますね。

アメックスゴールドなら、カード更新時に毎年3,000円分のスターバックス特典がもらえるのも嬉しい。

ゴールドダイニング銀座花郷02
アメックスゴールドのゴールドダイニングで1人分無料ー銀座花郷で京料理ディナー

続きを見る

ステータス比較(券面比較)

ステータスとは、社会的な地位や身分を表すもの。

地位や身分を表すものであれば、クレジットカードで考えるなら見た目が大事。

というわけで券面でステータスを測ってみます。

アメックスゴールド券面画像(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)
アメックスグリーン券面画像Green_Regular_01_480x608

見た目のインパクトは、やはり黄金色に輝く、アメックスゴールドですね。

世間一般のイメージも、やはりアメックスゴールドの方がお金持ちのイメージがあります。

見た目からすれば、アメックスゴールドの方がやはり、ステータスが高いですね。

一方、アメックスグリーンも落ち着いた佇まいで、これはこれでいいですね。

本当のお金持ちは、お金持ちであることを見せびらかせない。

ステータスは、やはり本人の満足度次第なので、測るのが難しい…

審査基準比較

アメックスゴールドとアメックスグリーンで審査基準に差があるのか?

当然、推測ですが、審査基準に「差はない」と思われます。

「審査の難易度=クレジットカードの利用限度額の大きさ」です。

アメックスは、一律に限度額を設けておらず、人それぞれの収入に応じて限度額が設定されます。

人それぞれ限度額が決まるので、結局、カードの色は関係なくなるんですよね。

気になる審査基準ですが、アメックスをはじめて作った場合の限度額は年収の10%程度。

限度額が低ければ審査の難易度は下がる。

ということで、20代で年収300万円前後でアメックスゴールドが作れたとの報告があります(その代り、限度額は低めでスタート)。

※限度額は、利用実績に応じてアップしていきます

キャンペーン比較

現在、アメックスゴールド、アメックスグリーンともに、入会キャンペーンを実施中です。

アメックスゴールド

アメックスゴールド券面画像(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)

最大30,000ポイント(3万マイル相当)

アメックスゴールドの入会・キャンペーン詳細はこちら

ANAマイル交換で初年度年会費実質無料

アメックスグリーン

アメックスグリーン券面画像Green_Regular_01_480x608

最大13,000ポイントプレゼント(1万3千マイル相当)

アメックスグリーンの入会・キャンペーン詳細はこちら

ANAマイル交換で初年度年会費実質無料

アメックスゴールドとアメックスグリーンの詳細はこちら↓

アメックスゴールドとアメックスグリーンの入会キャンペーン
【2021年2月】アメックスゴールド・グリーン入会キャンペーン!特典・デメリット・審査基準まとめ

アメックスゴールドとグリーンの選び方

アメックスゴールドとグリーンの選び方は、あなたのタイプに合わせて選ぶのがおすすめ!

アメックスゴールドがおすすめ

アメックスゴールドはこんな方におすすめ。

  • 海外旅行によく行く
  • アメックスプラチナを狙っている
  • ステータス重視

アメックスグリーンがおすすめ

アメックスグリーンはこんな方におすすめ。

  • 海外旅行にほとんど行かない
  • 年会費は安く、特典はしっかり欲しい
  • 名より、実が欲しい
  • グリーンの方がギラついていなくて券面がかっこいい

まとめ

アメックスゴールド、アメックスグリーンどちらも特典は十分!

これまでは、海外旅行するならアメックスゴールド。

海外旅行しないならアメックスグリーンというおすすめをしていました。

しかし、2021年に以下の3特典が登場してからは、正直、アメックスゴールド一択かと。

  • ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン(15,000円)
  • スターバックス特典(3,000円)
  • スマートフォン・プロテクション(カード付帯保険)

アメックスゴールドとアメックスグリーンの年会費差額は、17,000円(税別)。

しかしながら、ホテルとスタバだけで18,000円相当とすでに差額分は元が取れる計算に。

スマートフォン・プロテクションも例えばiPhoneのアップルケアに加入すると2万円超え。

これが不要になると考えると、アメックスグリーンよりもオトクに。

アメックスゴールドはかなりオトクなカードになっています。

アメックスゴールド券面画像(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)

最大30,000ポイント(3万マイル相当)

アメックスゴールドの入会・キャンペーン詳細はこちら

ANAマイル交換で初年度年会費実質無料

アメックスグリーン券面画像Green_Regular_01_480x608

最大13,000ポイントプレゼント(1万3千マイル相当)

アメックスグリーンの入会・キャンペーン詳細はこちら

ANAマイル交換で初年度年会費実質無料

アメックスゴールド&アメックスグリーンをもっと知りたい方は「アメックスゴールド&アメックスグリーンまとめページ」へ。

アメックスゴールドとアメックスグリーンのまとめページ
アメックスゴールド&アメックスグリーンまとめページ

続きを見る

ANAアメックス-07_300x250

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-アメックスゴールド・グリーン