アメックス移行上限が半分に

アメックスゴールド・グリーン アメックススカイトラベラー アメックスビジネス アメックスプラチナ

【悲報】アメックスメンバーシップ・リワードのANAマイル移行上限が改悪へ!

残念なニュースが飛び込んできました。

アメックスのANAマイレージクラブへのポイント移行の上限が改悪され、従来の半分の年間40,000マイルまでに!

アメックスのポイントは無期限で貯められるため、ANAマイルへ移行せず、貯め込んでいる方も多いはず。

どんな影響があり、今後どのように対処すべきかまとめてみました!

今回影響のあるカード

今回改定が行われるのは、メンバーシップ・リワード対象カード。

以下のカードで「ANAマイレージクラブ」へポイント移行する際に影響を受けます。

移行上限の改悪

新千歳空港ANAラウンジ

年間移行ポイント上限の変更

残念なことに「ANAマイレージクラブ」への年間移行ポイント上限が半分に変更になります。

ANA以外のマイレージプログラムへの交換は変更なしです。

【変更前】年間80,000マイルまで ⇒ 【変更後】年間40,000マイルまで

詳しく

メンバーシップ・リワード・プラス加入の場合とスカイトラベラーは、40,000ポイント(40,000マイル)が上限に変更。

メンバーシップ・リワード・プラス未加入の場合は、80,000ポイント(40,000マイル)が上限に変更。

40,000マイルだとどこまで行けるのか?

エコノミークラスでハワイ往復1名分に必要なマイル数。

これまでは2名分まで交換できたのが、1名分に減ってしまいますね。

目的地シーズンエコノミービジネスファースト
韓国L12,00025,000-
R15,00030,000-
H18,00033,000-
中国・香港・台湾・マニラL17,00035,000-
R20,00040,000-
H23,00043,000-
東南アジア・インドL30,00055,000105,000
R35,00060,000105,000
H38,00063,000114,000
ハワイL35,00060,000-
R40,00065,000-
H43,00068,000-
北米L40,00075,000150,000
R50,00085,000150,000
H55,00090,000165,000
欧州L45,00080,000165,000
R55,00090,000165,000
H60,00095,000180,000
オセアニアL37,00065,000-
R45,00075,000-
H50,00080,000-

変更のタイミング

変更のタイミングは、

2019年1月1日 マイル付与完了分より

年末年始にかかるため、変更前の移行上限で交換する場合、以下の日付までに申請が必要です。

【ANAへのポイント移行が初めての場合】

  • 2018年12月16日まで

【過去ANAへポイント交換したことがある場合】

  • 2018年12月24日まで

公式HPによる発表はこちら

アメックスプラチナ・アメックスビジネスプラチナのANAコース登録費は無料に

上限に変更があったことに伴い、アメックスプラチナとアメックスビジネスプラチナのANA登録費は無料に。

10万円を超える年会費にも関わらず、毎年5,000円(税別)必要でしたが、無料になったのは改善ですね。

それ以外のカードについては、これまで通り、5,000円(税別)必要です。

今後の戦略

ANA取材

上限が80,000マイルから40,000マイルに減ったことで懸念されるのが、ポイントの目詰まり。

やはり、ANAマイルの有効期限3年を嫌って、アメックスのポイントで無期限に保有するのがセオリーですからね。

目詰まりをどうするのか?

アメックスのメンバーシップ・リワードのメリットは、無期限にポイントを貯められて、複数のマイレージプログラムへ交換できること。

そこで考えられる今後の戦略は、

  • ANAマイレージクラブ以外でもポイントを利用する
  • ANAマイレージクラブのみの利用であれば別のカードを検討する

ANAマイレージクラブ以外でもポイントを利用する

マイルでの利用

アメックスのポイントは、マイルであれば、ANAマイレージクラブ以外にも以下の14社のマイレージプログラムへ移行できます。

【15社の航空会社】

おすすめ度航空会社名マイレージプログラム名交換レート
★★★全日空(ANA)ANAマイレージクラブ1,000P=1,000マイル
★★ブリティッシュ・エアウェイズエグゼクティブクラブ1,250P=1,000マイル
デルタ航空スカイマイル1,250P=1,000マイル
エールフランスフライング・ブルー1,250P=1,000マイル
シンガポール航空クリスフライヤー1,250P=1,000マイル
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス1,250P=1,000マイル
ヴァージンアトランティックフライングクラブ1,250P=1,000マイル
キャセイパシフィック航空アジア・マイル1,250P=1,000マイル
フィンランド航空フィンエアープラス1,250P=1,000マイル
アリタリアクラブミッレミリア1,250P=1,000マイル
エティハド航空エティハドゲスト1,250P=1,000マイル
エミレーツ航空エミレーツスカイワーズ1,250P=1,000マイル
カタール航空プリビレッジクラブ1,250P=1,000マイル
チャイナエアラインダイナスティ・フライヤー・プログラム1,250P=1,000マイル
スカンジナビア航空SASユーロボーナス1,250P=1,000マイル

ANA以外は移行上限がないものの、交換レートは、「1,250P⇒1,000マイル」とANAに比べて若干落ちます。

それでもブリティッシュ・エアウェイズなら交換先としておすすめ。

その理由は、

  • ロンドンへの必要マイルが39,000マイル~(ANA 45,000マイル~)
  • 特典航空券が取りやすい
  • JAL国内線の特典航空券に交換できる

日本人はマイナーなマイレージプログラムですが、公式HPもしっかり日本語対応しており、マイルも使いやすい。

ANAとは違い、移行上限を気にしなくていいので大量ポイントを保有していても安心です。

詳しくは「損してる?アメックスのポイント「メンバーシップ・リワード」を無駄なく使う戦略を考えてみた」へ。

アメックスのポイントメンバーシップ・リワードを無駄なく使う戦略
損してる?アメックスのポイント「メンバーシップ・リワード」を無駄なく使う戦略を考えてみた

続きを見る

マイル以外の利用

アメックス旅行代金充当

マイル以外であれば、旅行代金充当は還元率も高く使い勝手がいいです。

1ポイント=1円~0.8円(リワードプラス加入時)単位で使えるため、無駄なくポイントが利用できます。

アメックスビジネスや、航空券ポイント3倍・5倍のスカイトラベラーは他のカードに切り替えづらいので、ANAマイル以外の使いみちを探るのがよさそうですね。

ANAマイレージクラブのみの利用であれば別のカードを検討する

ANAマイレージクラブしか考えられない!ということなら、別のカードに切り替えたほうがいいケースも。

そこで候補に上がるのが、

ANAアメックス・ANAアメックスゴールド

ANAアメックス券面画像(ANAアメリカン・エキスプレス・カード)
ANAアメックスゴールド券面画像(ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)

ANAアメックス・ANAアメックスゴールドなら、

  • 移行上限なし
  • ポイントの有効期限を無期限にできる
  • ANA航空券購入で2倍・1.5倍
  • ゴールドなら移行手数料無料

ANAマイルを貯めるなら最適なカード。

ANAマイルを貯めるなら、やはりANAカードがベスト。

ANAアメックスの詳細は「ANAアメックスお得な入会キャンペーン!ANAマイルが無期限に貯められる」へ。

ANAアメックスとANAアメックスゴールドの入会キャンペーン
【2019年12月版】ANAアメックスお得な入会キャンペーン!ANAマイルが無期限に貯められる

続きを見る

SPGアメックス

SPGアメックス券面画像(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)

SPGアメックスなら、

  • 移行上限実質なし
  • ポイントの有効期限を無期限にできる
  • 移行手数料無料
  • 最大「100円=1.25マイル」貯まる
  • ANAだけでなく、JALなど40社のマイレージプログラムに交換できる
  • ホテルのVIP会員になれる

ANAマイルだけでなく、JALマイルにも交換できるマルチなカード。

さらにSPG&マリオットのゴールドエリートの資格も無条件に付与されるので死角なし。

SPGアメックスの詳細は「SPGアメックスは最強カード!入会キャンペーンはここ!ホテルでVIP待遇&JAL・ANAマイルも貯まる」へ。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)券面画像
SPGアメックスは最強カード!2019年12月入会キャンペーン!ホテルでVIP待遇&JAL・ANAマイルも貯まる|新マリオットボンヴォイアメックス

続きを見る

まとめ

同時期にダイナースクラブカードの移行上限も同様に年40,000マイルに。

ANAとしては、ANAカードを作ってね!ということなのでしょうか?

複数のマイレージプログラムに交換可能なカードとしては、ますますSPGアメックスの存在感がアップしましたね。

クレジットカードの特典は改善・改悪がつきもの。

うまく付き合ってお得な道を探すしかないですね。

ANAアメックス-07_300x250

旅マイルメールマガジン

旅マイルメールマガジンに登録すると、メール限定記事をお届け!

最新の旅をお得にする情報、マイル情報、クレジットカードキャンペーン情報をお送りします。

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

いいねで更新情報が届きます

-アメックスゴールド・グリーン, アメックススカイトラベラー, アメックスビジネス, アメックスプラチナ

Copyright© 旅マイル , 2019 All Rights Reserved.