ANA VISA Suica入会キャンペーン

ANA VISAカード

ANA VISA Suicaカード入会キャンペーン!年会費最安値でANAマイルが良く貯まるのおすすめのANAカード!

ANA VISA Suicaカード は、ANAマイラー御用達のANAカード。

なぜ、ANAマイラー御用達なのか?

それは、年会費が割引後1,650円(税込)とANAカード最安値なのに、ANAマイルがしっかり貯まるからです。

また、持っているだけで、毎年1,000マイルのプレゼントがもらえるので、サブカードとして保有しているANAマイラーも多数です。

なので、すでに別のANAカードを持っている人もANA VISA Suicaカードを作るんですよね。

そんな人気のANA VISA Suicaカード(アナビザスイカカード)を見ていきます!

ANA VISA Suicaカードの入会キャンペーン

12,000マイルプレゼント&初年度年会費無料

ANA VISA Suicaの入会・キャンペーン詳細はこちら

2021年6月30日までの期間限定

※ANA側の期間限定キャンペーン(最大11,000マイル)とANA通常入会特典(最大1,000マイル相当)の合計

※すでに他ブランドのANAカードを保有&過去保有していた方は最大10,000マイルプレゼント

ANA VISA Suicaカードのメリット

ANA VISA Suicaカードの主なメリットは、

  • 年会費がANAカード最安値
  • Suicaチャージでもポイントが貯まる
  • カード継続で毎年1,000マイルもらえる
  • ポイントUPモール経由で最大100円=5.25マイル
  • ANA便に乗るとANAマイルが10%アップする
  • 安心の三井住友VISAカード

年会費がANAカード最安値

初年度は、年会費無料ですが、2年目以降の通常年会費は、2,200円(税込)です。

年会費が発生する2年目以降も、実はもっと安くすることができるんです。

WEB明細書に登録し、年6回以上請求が発生すると550円(税込)引きとなり、年会費を1,650円(税込)まで下げることができます。

1,500円は、100円=1マイル以上貯まるANAカードの中で、最安値になります。

最安値なのに、しっかりANAマイルが貯まり、ANAカードの特典を受けられる点が、ANA VISA Suicaカード最大のメリットです。

マイ・ペイすリボを使えば826円(税込)まで下げられるがおすすめしない

マイ・ペイすリボとは、毎月1万円の支払いと自分で決めたら、月に5万円使ったとしても、毎月の請求金額は1万円で済むのでお金のやり繰りが楽になるよというサービス。

マイ・ペイすリボイメージ図

リボ払いは使いたくない!という方がほとんどだと思います。

実際、リボ払いは絶対に使ってはいけないもの。

毎月の支払金額以上にカードを使ってしまうと、借金していることと同じ状態になり、手数料(利息)を払う必要がでてきてしまうので…

以前はリボ手数料がなくても年会費割引がありましたが、現在はリボ手数料の支払いがある方のみ対象に。

年会費の割引額よりもリボ手数料のほうが高くなる可能性があるので、マイ・ペイすリボは使わないでおきましょう!

Suicaチャージでもポイントが貯まる

ANAカード+Suicaのいいとこ取りなので、Suicaのチャージ・オートチャージでもポイントが貯まります

1,000円=1ポイント貯まります。

後ほど紹介する10マイルコースを選べば、1,000円=10マイル貯まる計算です。

また、Apple Pay(アップルペイ)にも対応しているので、アップルペイに登録するカードとしてANA VISA Suicaカードはぴったりです。

Apple Payでのポイントについての詳細は「ANA VISA Suicaカードで「モバイルSuicaオートチャージ」と「Apple Pay」でANAマイルが貯まる」へ。

カード継続で毎年1,000マイルもらえる

ANA VISA Suicaカードを持っているだけで、毎年1,000マイルもらえます

安い年会費なのに、1,000マイルもらえるのは嬉しいですね。

ポイントUPモールで最大100円=5.25マイル

ポイントUPモール
ポイントUPモールと呼ばれる、三井住友VISAが行っているインターネットモールを利用すると、ポイントが最大+9.5%になります。

amazon(+0.5%)、楽天市場(+0.5%)、エクスペディア(+4%)、JTBツアー(+1.5%)などなど普段使っているインターネットショッピングがポイントUPになります。

ただ、一つ残念なのが、ポイントアップ分は、ボーナスポイントと呼ばれ、通常のポイントとは区別されること。

ボーナスポイントは、1ポイント=0.5マイルでの交換になります。

そのため、+9.5%のお店で10,000円購入すると、「通常ポイント50ポイント+ボーナスポイント950ポイント=1,000ポイント」になります。

マイルに交換すると「通常ポイント分50マイル+ボーナスポイント分475マイル=525マイル」に。

100円換算すると「100円=5.25マイル」ととても高還元率に。

※2倍コース加入を前提に計算

amazonや楽天市場などは普段使いできるので、上手く使えばどんどんマイルを貯めていくことができます。

※楽天市場ならANAマイレージモールを経由で「200円=1マイル」貯まるので、ANAマイレージモール経由の方がお得です。
ANAのハワイ
ずぼらで貯めるANAマイル!ANAマイルの簡単な貯め方!

ANA便に乗るとANAマイルが10%アップする

ana-bonus
ANA VISA Suicaカードを持ってANA便に乗ると、10%のボーナスマイルがもらえます。

フライトでもお得にANAマイルが貯められます。

安心の三井住友VISAカード

ANA VISA Suicaカード は、三井住友VISAカードの提携クレジットカードです。

三井住友VISAは銀行系で信頼性と不正対応では定評があります。

また、VISAカードなので、世界中どこに行っても使えるので、安心です。

VISAブランドは、海外旅行に行くなら、必ず持つべきクレジットカードです。

ポイントの賢い使い方

ana-visa-suica-point

ANA VISAカードは、ポイントをANAマイルへ移行する方法を自分で選べます。

なお、ポイントの有効期限は2年です。

選択は2つする必要があります。

  • 応募方式か自動移行方式か
  • 2倍コースか通常コースか

応募方式か自動移行方式か

応募方式とは、自分で好きなタイミングに申し込むことで、ポイントをANAマイルへ移行できます。

自動移行方式は、毎月自動的にANAマイルへ移行されます。

断然、応募方式がおすすめ

理由は2つです。

  1. ポイントの有効期限2年とANAマイルの有効期限3年の最大5年マイルを保持できる
  2. 移行を2年に1度にすれば、移行手数料を半額にできる

ANAマイルの有効期限は3年で伸ばせないので、ポイントで持っていたほうがANAマイルの期限を実質伸ばせるのでお得。

さらに、1ポイント=2マイルで交換するには年間6,600円(税込)のマイル移行手数料が必要になります。

通常コースを選ぶと、移行手数料がかからないものの、1ポイント=1マイルと獲得マイルが半分になってしまいます。

うーーんといった感じですよね。

応募方式を選んでいれば、2倍コースで移行した年だけ、移行手数料6,000円がかかるので、2年に一度なら、通常2年間で12,000円かかるところ、半額の6,000円で済みます。

【例】
2017年 移行しない
2018年 ANAマイルへ移行 6,000円
2019年 移行しない
2020年 ANAマイルへ移行 6,000円

マイルの有効期限も伸ばせ、移行手数料も節約できる応募方式がおすすめ!

2マイルコースか通常コースか

応募方式で2年に1度の移行なら6,000円で済みますが、貯まったポイントがあまりに少なければ6,000円払うと元を取れないことも。

2倍コースか通常コースかは、移行する時のポイント残高で選べばOKかと。

  • 3,000ポイント以上→2マイルコース
  • 3,00ポイント未満→通常コース

1マイルの価値を2円とすると、3,000マイル以上なら6,000円以上の価値が有ることになりますよね。

そのため、3,000ポイント以上あれば3,000マイル以上になるので、2倍コースで6,000円払っても元は取れると考えています。

3,000ポイント以上なら2倍コースがおすすめ!

マイ・ペイすリボで手数料を発生させるとポイント2倍だけど使わないほうが良い

マイ・ペイすリボで手数料を発生させると、ポイントが2倍になります。

「200円=2ポイント」貯まります。

ANAマイルへ移行する時、2倍になった部分はボーナスポイントなので、1ポイント=0.5マイルでしか交換できません。

100円=1.25マイル

となり、確かに1.25倍マイルが貯まるので使いたくなりますよね。

でも、旅マイルでは、手数料が発生するリボ払いはおすすめしていません

もちろん、リボ払いの特性を理解して、増額繰り上げ返済で調整を毎月できる方は、手数料を数円程度に抑えてポイント2倍ゲットすることは可能です。

ただ、増額申請を忘れると多額の手数料を払わないといけないので、それならやらないほうがおすすめです。

ANA VISA Suicaカードのデメリット

ANA VISA Suicaカードのデメリットは…

あまり思いつかないです。

強いてあげるなら、家族カードが作れないくらいですかね。

家族カードが作れなくても、それぞれがANA VISA Suicaカードを作って、ANAカードファミリーマイルで後でマイルを合算すれば問題ないですね。

まとめ

ANA VISA SuicaカードはANAマイラー御用達のクレジットカード。

年会費もANAカードで最安値で毎年1,000マイルプレゼントなので、持っていて損はないANAカードです。

SUICAが付いていると通常のANAカードよりも時間がかかります。

申込からカードが手元に届くまで、約2週間~3週間かかります。

もし、旅行に持って行く!とかなら、早めの申し込みが◎です。

12,000マイルプレゼント&初年度年会費無料

ANA VISA Suicaの入会・キャンペーン詳細はこちら

2021年6月30日までの期間限定

※ANA側の期間限定キャンペーン(最大11,000マイル)とANA通常入会特典(最大1,000マイル相当)の合計

※すでに他ブランドのANAカードを保有&過去保有していた方は最大10,000マイルプレゼント

カード申し込みからカード発券までの流れはこちら↓

【こちらの記事も読まれています】

SPGアメックス大空 300x250

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-ANA VISAカード