fbpx
ANAインターコンチネンタル東京 アンバサダーゴールド特典1

IHGリワーズクラブ

IHGリワーズクラブのポイントの貯め方と使い方を徹底解説!オトクな特典の使い方はこれ!

インターコンチネンタルやANAホテルが参加するIHGリワーズクラブのポイント「IHGポイント」。

貯めたポイントは、無料宿泊特典や宿泊費の一部の充当、ANAやJALのマイルに交換できます。

IHGリワーズポイントの貯め方と使い方、ポイントで貯めるか、マイルで貯めるか、ポイント購入はお得なのか解説していきます!

IHGリワーズクラブについては、「IHGリワーズクラブ会員特典まとめ!誰でも簡単にプラチナエリートになれる」で詳しく解説しています。

ANAインターコンチネンタル東京 アンバサダーゴールド特典3
IHGリワーズクラブ会員特典まとめ!誰でも簡単にプラチナエリートになれる

続きを見る

IHGリワーズポイントの特徴

IHGポイントまとめ

「IHGリワーズクラブのポイント」は、インターコンチネンタルホテルやANAクラウンプラザホテル、ホリデイ・イン、キンプトンなどが加盟するホテルプログラム「IHGリワーズクラブ」のポイント。

宿泊で「1米ドル=10ポイント~」も貯まり、有効期限も実質無期限。(有効期限は1年ですがポイントの加算や利用があるとすべて1年延長できるため)

IHGリワーズクラブでは、よくポイント2倍キャンペーンも行われており、とてもポイントを貯めやすいホテルプログラム。

ポイント2倍キャンペーン時、1泊3万円で宿泊するとポイントはなんと5,000ポイント以上に。

簡単に無料宿泊特典が手に入ります

10,000ポイント貯めると閑散期なら国内でも無料宿泊特典に交換もでき、ANAやJALのマイルに交換も可能。(10,000ポイント=2,000マイル)

50,000ポイント近く貯めれば、ANAインターコンチネンタル東京などの高級ホテルにも無料宿泊できます。

IHGポイントは、貯めやすく使いやすいのが特徴です。

IHGリワーズポイントの有効期限

有効期限

12ヶ月(簡単に延長可能)

ポイントは、獲得した日から12ヶ月間が期限。

ただし、ポイントに加算や利用があると、そこからすべて12ヶ月有効期限が伸びます

そのため、1年に一度宿泊やレストラン利用したり、ポイントをマイルに移行すれば、実質有効期限なしでポイントを貯められます。

上級会員ならポイントの有効期限なし

ゴールドエリート以上なら、なんとポイントの有効期限がなくなります。

上級会員であり続ける限り、ポイントは無期限

ちなみにIHGリワーズのプラチナエリートは誰でも簡単になれるのでおすすめ。

年会費200米ドル(約2万円)のインターコンチネンタルアンバサダーに登録するだけで、プラチナエリートに。

詳細は、「インターコンチネンタル アンバサダーとは?入会方法は?」へ。

IHGポイントとマイルどっちがお得?

IHGポイントとマイル選択できる

IHGポイントとマイル選択できる

IHGリワーズでは、ホテル宿泊・レストラン利用時に貯めるポイントを、「IHGポイント」と「マイル」どちらか選択できます。

宿泊では、40社以上のマイレージプログラムから貯めるマイレージプログラムを選べます。

  •  宿泊
    • IHGポイント
      1米ドル=10ポイント
    • ANAマイル
      1米ドル=3マイル
    • JALマイル
      1滞在=500マイル
  • レストラン利用
    • IHGポイント
      100円=3ポイント
    • ANAマイル
      100円=1マイル

IHGポイントとマイルどちらがお得?

  •  無料宿泊に使いたい
    IHGポイント一択
  • マイルを貯めたい
    マイルを直接貯めるのがおすすめ
    (ANAマイル以外はIHGポイント)
    ※上級会員&キャンペーン期間中は要注意

IHGポイントとマイルどちらがお得なのかは、貯める目的によって変わってきます。

無料宿泊に使いたい

IHGリワーズの無料宿泊特典に交換したいなら、IHGポイント一択

ANAマイルで貯めてしまうと、「ANAマイル→IHGポイント」へ交換はできないため、無料宿泊に利用できません。

マイルを貯めたい

マイルを貯めたいなら、直接マイルを貯めるのもあり。

ただし、直接マイルを貯めるなら、「1米ドル=3マイル」貯まるANAマイレージクラブがおすすめ

他社は「1米ドル=2マイル」が多数のため、マイルを選択するならANAマイルを貯める一択です。

ANAマイルなら、IHGポイントを貯めてから交換するよりもオトク

IHGポイントを貯めて、ANAマイルに交換もできますが、交換レートは「10,000ポイント→2,000マイル」。

10,000ポイント貯めるには、1,000米ドル(約10万円)の利用が必要。

直接ANAマイルを貯めた場合は、「1,000米ドル=3,000マイル」になるので、直接貯めたほうが1,000マイルも多く貯まります。

また、IHGのホテル利用がそんなに頻繁でない場合も、ANAマイルで貯めてしまったほうがいいですね。(10,000ポイント貯めるのが大変なため)

JALマイルを貯めるならIHGポイントを選ぶ

宿泊で貯めるポイントをJALマイルに指定することもできますが、「1滞在=500マイル」ととても低いレートのため、選んではだめ!

JALマイルを貯めるなら、IHGポイントを貯めて、交換しましょう。

「10,000ポイント=2,000マイル」で移行できるので、IHGポイントからのマイル移行がおすすめです。

上級会員&キャンペーン期間中はIHGポイントがお得

もし、あなたがIHGリワーズの上級会員(プラチナエリート以上)だったり、ダブルポイントキャンペーン実施中の場合は、話が変わってきます。

上級会員は、ランクに応じてボーナスポイントがもらえます。

プラチナエリートなら1.5倍、スパイアエリートなら2倍に大幅アップ。

1.5倍になると、IHGポイントを貯めて、ANAマイルに交換しても、直接ANAマイルを貯めた場合とほぼ同じに。

2倍になると、IHGポイントでもらったほうがお得に。

また、時々実施される宿泊で通常の2倍ポイントが貰えるダブルポイントキャンペーン中なら、ポイントが2倍に大幅アップします。

そのため、プラチナエリート以上の上級会員であったり、ダブルポイントキャンペーン中は、IHGポイントで貯めたほうがお得です。

IHGポイントなら、有効期限を実質無期限で貯められるため、3年の有効期限があるANAマイルよりも有利ですしね。

貯めるポイントの切替方法

ポイントを貯めるのか、マイルを貯めるのかは、IHGリワーズHPのマイアカウントで簡単に変更できます。

IHGリワーズマイルとポイントの選択

マイアカウントを開き、「選択」のタブをクリック。

「加算の指定」でポイントを貯めるのか、航空会社のマイルを貯めるのか選択できます。

「IHG Rewards Club ポイント」を選んだ場合は、選択のみでOK。

IHGリワーズマイルを選択した場合

「航空券マイレージ」を選んだ場合は、さらに加算するマイレージプログラムを選び、マイレージ番号と名前(ローマ字)で入力して保存すればOKです。

IHGリワーズポイント貯め方

宿泊

IHGリワーズ会員ランクごとの加算ポイント

1米ドル=10ポイント

基本ポイントは、宿泊料金1米ドル毎に10ポイント貯まります。

宿泊料金が5万円(1米ドル=100円)なら、5,000ポイント貯まる計算です。

  • クラブ(まずはここからスタート)
    1米ドル=10ポイント
  • ゴールドエリート
    1米ドル=11ポイント
  • プラチナエリート
    1米ドル=15ポイント
  • スパイアエリート
    1米ドル=20ポイント

さらに、上級会員になると、ボーナスポイントがもらえるため、より早くポイントが貯まります。

上級会員については、「IHGリワーズクラブ会員特典まとめ!誰でも簡単にプラチナエリートになれる」で詳しく解説しています。

ANAインターコンチネンタル東京 アンバサダーゴールド特典3
IHGリワーズクラブ会員特典まとめ!誰でも簡単にプラチナエリートになれる

続きを見る

レストラン・バー利用

100円=3ポイント

※税込み

レストラン・バー利用時は、宿泊よりも獲得ポイントが減り、100円毎に3ポイント貯まります。

レストラン利用時にIHGリワーズクラブカードを提示すればOK。

レストランで1万円利用なら、300ポイント貯まる計算です。

対象ホテルは、こちら

ANAマイルを貯めることもできる

レストラン利用時、IHGリワーズのポイントではなく、ANAマイルを貯められます。

その場合は、レストラン利用時にANAカードまたはANAマイレージクラブカードを提示すれば「100円=1マイル」貯まります。

ANAマイルを貯めたいなら、IHGリワーズのポイントではなく、ANAマイルを貯めたほうがオトク。

ポイントの購入

IHGリワーズのポイントを直接購入することもできます。

購入単位 1,000ポイント当たり単価
1,000~10,000ポイント 13.5米ドル
11,000~25,000ポイント 11.5米ドル
26,000ポイント~ 10米ドル

年間10万ポイントまで購入できます。

時々、最大100%ボーナス(最近は75%ボーナスが多い)や40%割引など、ポイント購入キャンペーンがあります。

どうせ購入するなら、ポイント購入キャンペーン時がおすすめ

キャンペーン中は、購入できるポイント上限がアップします。

ポイント購入はIHGリワーズ公式HPから。

IHGリワーズのポイントが貯まるクレジットカード

残念ながら、IHGリワーズのポイントが貯まるクレジットカードは、日本で発行されていません。

IHGリワーズのポイントを貯めるなら、宿泊とレストラン利用で貯める必要があります。

マイル⇒IHGリワーズのポイント

残念ながら、マイルからIHGリワーズのポイントへの移行ルートはありません。

逆にIHGリワーズのポイントをマイルに交換はできます。

このあと説明する「IHGリワーズポイントを使う」で解説しています。

IHGポイントの購入はキャンペーン時ならお得

IHGリワーズクラブバイポイント75%ボーナス

気になるポイント購入のお得度。

  •  ポイント購入キャンペーン時
    お得のケースあり
  • 通常時
    損する

最近多く実施されている75%ボーナスで検証。

75%ボーナスとは、購入したポイントの75%ボーナスポイントがもらえるキャンペーン。

ANAインターコンチネンタル東京のとある土曜日に泊まる場合は、55,000ポイント必要(宿泊費41,000円)。

32,000ポイント購入すれば24,000ボーナスもらえるので、56,000ポイントになります。

32,000ポイントは320米ドル(約35,200円。レート110円で計算)で購入可能。

41,000円ー35,200円=5,800円お得な計算に。

キャンペーン期間中に購入なら「お得」という結果に。

しかしながら、もし、キャンペーンをやっていなかった場合は、550米ドルで55,000ポイント購入しなければいけないので、明らかに損

ただし、キャンペーンを使って購入したポイントも、平日など宿泊費が安い日に使うと損するケースもあるので、注意が必要ですね。

さらに米ドルでの購入なので、為替レートも気にする必要があるので、正直無理してすべてをポイント購入するよりも、足りない分を購入くらいのほうがいい気がします。

IHGリワーズポイントを使う

ANAインターコンチネンタル東京 アンバサダーゴールド特典2

無料宿泊特典

最低10,000ポイント~最大70,000ポイントで1泊分の無料宿泊特典に交換できます。

IHGリワーズでは、ブラックアウト(除外日)がないので、空室がある限りいつでも利用できます。

2020年5月に無料宿泊特典に必要なポイント数は変動制になり、一律の必要ポイントが廃止されました。

そのため、無料宿泊に必要なポイントは、実際に検索しないとわからないので、目標とするホテルを試しに検索しておくと貯めやすいですね。

カテゴリー 1泊あたりのポイント
カテゴリー1 10,000
カテゴリー2 15,000
カテゴリー3 20,000
カテゴリー4 25,000
カテゴリー5 30,000
カテゴリー6 35,000
カテゴリー7 40,000
カテゴリー8 45,000
カテゴリー9 50,000
カテゴリー10 55,000
カテゴリー11 60,000
カテゴリー12 65,000
カテゴリー13 70,000

いまのところ、最大の必要ポイント数は、過去のアワードチャートの必要ポイントになっています。

参考に過去のIHGリワーズのアワードチャートを貼っておきます。

ただ、ホテルカテゴリーがホテルのHPを見ても掲載されなくなったので、カテゴリーを見てもピンとこないのも事実。

インターコンチネンタルとキンプトンの必要ポイントを調査したので参考に掲載。

ホテル名 少ない日 多い日
ANAインターコンチネンタルホテル東京 37,500 55,000
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 37,500 55,000
ホテル インターコンチネンタル東京ベイ 27,500 55,000
ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル 25,000 55,000
インターコンチネンタル横浜 Pier 8 60,000 60,000
インターコンチネンタルホテル大阪 60,000 60,000
ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 40,000 70,000
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 37,500 60,000
キンプトン新宿東京 50,000 65,000

※ポイントは変動制なので必要ポイントはその日によって変わります
※別府はポイント宿泊の空室日がなく確認できず

ポイント&キャッシュ

無料宿泊特典分のポイントが貯まっていなくても使えるのが、「ポイント&キャッシュ」。

足りないポイント分をお金で払うことにより、宿泊できます。

ポイント&キャッシュはお得なのか?

ANAインターコンチネンタル東京ポイント&キャッシュ

たとえば、とある土曜日(繁忙期)のANAインターコンチネンタル東京の「ポイント&キャッシュ」の料金。

 支払い方法  1ポイントあたりの価値
 44,460円  ー
 55,000ポイント  0.8円
 50,000ポイント+3,503円  0.82円
 45,000ポイント+7,007円  0.83円
40,000ポイント+10,511円 0.84円
35,000ポイント+12,469円 0.9円

この日は、全額お金で払う場合は、税込み44,460円。

全部ポイントなら、55,000ポイントなので、1ポイントあたりの価値は0.8円で使えますね(繁忙期なので1ポイントあたりの価値は高め)。

一方この例では、ポイント+お金の場合、利用するポイントが少なくなるとポイントの価値がアップ。

他のホテルプログラムでは、ポイント&キャッシュは割りに合わないことが多いのですが、IHGリワーズに関しては、ポイント&キャッシュも使えますね。

ただ、心理的には全部ポイントよりもお金の支払が出るとちょっと損した気分になるのは不思議。

マイルへの交換

 10,000ポイント=2,000マイル

 貯めたIHGポイントをANA・JALを含む40社以上のマイルに移行できます。

選択肢が多く、移行レートもそこまでは悪くないので、十分使えますね。

大体14~21日間でマイルに移行されます。

移行できるマイレージプログラム一覧は「参考 マイル移行先一覧」を参照してください。

宿泊毎にマイルを貯める方法と、IHGポイントを移行する2つの方法があります。

ここでは、貯めたIHGポイントをマイル移行について解説しています

商品に交換

IHGポイントを商品券に交換

IHGポイントを商品券や商品に交換することもできます。

ただ、商品券の場合、ポイントの交換レートは「1ポイント=0.1円」相当なので、正直もったいない。

ホテル宿泊にあてたほうがお得です。

雑誌の購読やデジタルコンテンツ

一応雑誌やデジタルコンテンツにも交換できますが、日本語に対応していないため、あまり現実的な交換先ではないです。

IHGリワーズポイントの価値

ANAインターコンチネンタル東京 アンバサダーゴールド特典1

ポイント価値まとめ

IHGリワーズポイントの価値は、使う特典によって変わってきます。

計算をわかりやすくするため、宿泊で獲得できる基本ポイント(1米ドル=10ポイント)で還元率を計算(1米ドル=110円)。

特典 1ポイント価値 還元率
無料宿泊特典 0.5~1円(約0.7円) 約7%
ポイント&キャッシュ 0.5~1円(約0.7円) 約7%
マイルへの交換 0.4円
(1マイルの価値を2円と仮定)
約4%
商品券 0.1円 約1%

一律の表がないので、いくつかのホテルをピックアップして計算しているため、ホテルによっては1ポイント価値が変わる可能性があるので、参考程度に見て頂けると助かります。

無料宿泊特典とポイント&キャッシュが一番お得

宿泊は、1.9円~2.2円くらいの換算が多かったので、1ポイント=約2円くらいの価値がありますね。

そのため、1,000円で20ポイント獲得できると考えると、約4%の還元率で使える計算に。

やはり、無料宿泊特典やポイント&キャッシュで使うのが一番オトク!

無料で泊まれるのがやはり嬉しい。

ポイント&キャッシュについては、詳しくのちほど説明しています。

マイルへの交換はなんとか合格点

マイルへの交換は、「10,000ポイント=2,000マイル」でできるため、マイルを1マイル=2円の価値とすると還元率は4%。

IHGリワーズのポイントは、やはり無料宿泊特典に利用したほうがお得ですが、マイラーなら、マイル交換もなんとか合格の範囲内。

ダブルポイントキャンペーンを利用したり、上級会員なら獲得ポイントが1.5~2倍にアップするので還元率も1.5~2倍にアップ。

それなら、マイル移行のお得度もアップ。

ANA・JAL両方に交換できるので、使い勝手もいいですしね。

商品券はもったいない

ほとんど交換する方はいないかとおもいますが、一応商品券や商品にも交換可能です。

ただ、還元率は1%と一番低くなるので、正直もったいない。

IHGリワーズポイントは旅行会社経由では貯まらない

IHGリワーズポイントは、旅行会社経由で予約した宿泊では、基本的にポイントを貯められません。

ポイントを貯めたい場合は、ホテル公式HPからの直接予約を利用しましょう。

まとめ

「IHGリワーズクラブのポイント」は、実質無期限で貯められ、無料宿泊やポイント&キャッシュ、マイルへの交換など使いみちもたくさん。

ダブルポイントキャンペーンやボーナスポイントパッケージもあり、ポイントも貯めやすく、ポイント交換率もいいので、使い勝手がいいです。

また、インターコンチネンタルアンバサダーに入会するだけで、プラチナエリートになれるので、宿泊で貯めるポイントを1.5倍にアップさせることも簡単。

ANA上級会員との相性もいいの魅力ですね。

IHGリワーズクラブについては、「IHGリワーズクラブ会員特典まとめ!誰でも簡単にプラチナエリートになれる」で詳しく解説しています。

ANAインターコンチネンタル東京 アンバサダーゴールド特典3
IHGリワーズクラブ会員特典まとめ!誰でも簡単にプラチナエリートになれる

続きを見る

【こちらも読まれています】

ハワイ シェラトンワイキキ ロイヤルハワイアンホテル
ホテル上級会員になってVIP待遇を受けよう!修行不要でもなれるホテル上級会員比較!

続きを見る

カハラホテル部屋オーシャンビュー10階
【2021年版】6大ホテルプログラム宿泊キャンペーンまとめ!マリオットボンヴォイ、ヒルトン、IHG、ワンハーモニー、プリンス、ハイアット

続きを見る

参考 マイル移行先一覧

おすすめの移行先は「★」の付いたマイレージプログラムです。

ポイント移行は、貯めたIHGポイントを移行した場合の交換レート。

直接マイルは、宿泊で貯まるポイントをマイルに指定した場合の1米ドルあたりの獲得マイル。

※キャンドルウッドスイーツ、ステイブリッジスイーツ、ベネチアンで直接貯まるマイルはレートがどの航空会社も下がります

航空会社 ポイント移行 直接マイル
★ANA 10,000P→2,000マイル 1米ドル=3マイル
★ 日本航空( JAL ) 10,000P→2,000マイル 1滞在500マイル
★ ユナイテッド航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
★ ブリティッシュエアウェイズ 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
★ デルタ航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
アエロフロート 1米ドル=2マイル
アエロメヒコ 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2.1マイル
エア・カナダ 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
中国国際航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
エールフランス・KLM 10,000P→2,000マイル 1滞在500マイル
エアマイル 10,000P→250マイル 5カナダドル=1マイル
ニュージーランド航空 10,000P→25マイル 1滞在20マイル
エアポルトガル 10,000P→2,000マイル 1滞在500マイル
アラスカ航空 10,000P→2,000マイル 米国内
1米ドル=2マイル
米国外
1滞在500マイル
アリタリア航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
アメリカン航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
アシアナ航空 10,000P→2,000マイル 米国内
1米ドル=2マイル
米国外
1滞在500マイル
アビアンカ航空 10,000P→2,000マイル 米国内
1米ドル=2マイル
米国外
1滞在500マイル
キャセイパシフィック 10,000P→2,000マイル 1滞在500マイル
中国東方航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
中国南方航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
チャイナエアライン 1滞在250、500マイル
コパ航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
エル・アル航空 10,000P→40マイル 米国内
20米ドル=10マイル
米国外
20米ドル=1マイル
エミレーツ航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
エティハド航空 10,000P→2,000マイル 1滞在500マイル
エバー航空 1滞在500マイル
フィンエアー 1米ドル=2マイル
ガルフ・エア 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
海南航空 10,000P→2,000マイル 米国内
1米ドル=2マイル
米国外
1滞在500マイル
イベリア航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
インターマイルズ 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
ジェットブルー航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
大韓航空 1滞在500マイル
ルフトハンザドイツ航空 1米ドル=2マイル
LATAM航空 10,000P→2,000マイル 1滞在500マイル
マレーシア航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
カンタス航空 10,000P→2,000マイル 1豪ドル=5マイル
サウディア 10,000P→2,000マイル 1滞在500マイル
シンガポール航空 10,000P→2,000マイル 1米ドル=2マイル
南アフリカ航空 1米ドル=2マイル
タイ国際航空 10,000P→2,000マイル 1滞在500マイル
ターキッシュ エアラインズ 1米ドル=2マイル
ヴァージンアトランティック航空) 10,000P→2,000マイル 1滞在500マイル
Velocity 10,000P→2,000マイル 1豪ドル=3マイル
SPGアメックス大空 300x250

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-IHGリワーズクラブ