マイ・ペイすリボ

三井住友VISA

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボで安全かつ手数料を最小限に年会費割引とポイント2倍特典をゲットする方法

三井住友VISAカードやその提携カードは「マイ・ペイすリボ」を使うと年会費が無料又は半額に!

さらに、リボ手数料が発生した月は、全額ポイント2倍。

ただ、マイ・ペイすリボを申し込んだだけでは危ない!

手数料を最小限安全に運用することが大事。

その方法をまとめました!

特典が改悪されます

2021年2月の年会費から制度が変わります。

これまでは、マイ・ペイすリボに設定し、年1回支払いがあれば年会費の割引が適用でした。

2021年2月からは、リボ手数料を年1回以上支払いが条件に。

そのため、これまで使えていた、マイ・ペイすリボを利用するけど、「毎月の支払額=限度額」にして、リボ手数料を1円も払わず、年会費を安くする方法は使えなくなりました。

それに合わせて、この記事の内容もフルリニューアルしています。

アメックス特集-11_300x250

マイ・ペイすリボとは?

マイ・ペイすリボとは、毎月自分で指定した金額を支払い、指定した金額を超える部分は翌月以降の支払いになり、毎月の支払いが楽になりますよーという支払い方。

そうです。

危険と言われるリボ払いと同じものです。

マイ・ペイすリボご利用例

三井住友VISAカードHPより引用

定額を超えた分を払わなくて良いならとてもありがたいのですが、当然そのようなことはないです。

上記の表でも書いてある通り、毎月の支払額にプラスして手数料(残高×15%)を支払う必要があります。

手数料が15%ととんでもなく高いので、リボ払いだけはしちゃだめ!

しかも、一度使ってしまうと毎月定額しか返済できないのでクレジットカードを使い続ける限り永遠と手数料を払い続けることになります。

知らずに使うととても危険。

必ず、手数料を最小限安全に運用しましょう。

マイ・ペイすリボを使った年会費割引

マイ・ペイすリボを使った年会費割引で実際にいくら年会費が安くなるか?

旅マイルで紹介しているクレジットカードを抜粋して紹介。

Web明細割引は、クレジットカード明細を紙ではなくWebで確認すれば割引になるサービス。

年に6回以上請求がないとWeb明細割引は受けられないので注意です。

プロパーカード

※すべて税別 通常 マイ・ペイすリボ+Web明細割引後 Web明細割引のみ
三井住友VISAデビュープラスカード 1,250円(年1回利用で無料)
三井住友VISAデビュープラスカード(学生) 1,250円(年1回利用で無料)
三井住友VISAクラシックカード 1,250円 無料 750円
三井住友VISAクラシックカードA 1,500円 無料 1,000円
三井住友VISAクラシックカードA(学生) 250円 無料 無料
三井住友VISAアミティエカード 1,250円 無料 750円
三井住友VISAアミティエカード(学生) 在学中無料
三井住友VISAエグゼクティブカード 3,000円 1,000円 2,500円
三井住友VISAプライムゴールドカード 5,000円 1,500円 4,000円
三井住友VISAゴールドカード 10,000円 4,000円 9,000円
三井住友VISAプラチナカード 50,000円 ※元々割引なし

ANA VISAカード/マスターカード(提携カード)

※すべて税別 通常 マイ・ペイすリボ+Web明細割引後 Web明細割引のみ
ANA(一般) 2,000円 1,025円 1,500円
ANA VISA Suicaカード 2,000円 751円 1,500円
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 2,000円 751円 1,500円
ANA(ワイド) 7,250円 6,275円 6,750円
ANAスーパーフライヤーズカード 10,250円 9,275円 9,750円
ANAゴールド(ワイド) 14,000円 9,500円 13,000円
ANAスーパーフライヤーズゴールド 15,000円 10,500円 14,000円
ANA VISAプラチナプレミアムカード 80,000円
ANA VISAプラチナスーパーフライヤーズプレミアムカード 88,000円
学生カード 在学中無料

ヒルトン・オナーズVISAカード

※すべて税別 通常 マイ・ペイすリボ+Web明細割引後 Web明細割引のみ
ヒルトン・オナーズVISAクラシックカード 2,932円 1,432円 2,432円
ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード 12,864円 6,864円 11,864円
ヒルトン・オナーズVISAプラチナカード 61,364円

マイ・ペイすリボを使うとポイントアップ

マイ・ペイすリボを使い、リボ手数料が発生した月の利用金額は、全額ワールドプレゼントポイント2倍!

ANA VISAカードなら、1.3%の高還元率でマイルを貯めることができます。

マイ・ペイすリボでもらえるポイント2倍部分は、ボーナスポイントになります。

ボーナスポイントのマイル交換レートは通常ポイントとは異なり、1ポイント=0.3マイル相当。

そのため、1.3%(100円=1.3マイル相当)の還元率に。

マイルをより多く貯めるためにも、毎月マイ・ペイすリボで手数料を発生させて貯めている方も多数。

何度も言いますが、必ず

手数料を最小限&安全に運用する方法


  • step1

    毎月の支払額を限度額と同額にする


  • step2

    初回は1,500円の残高になるよう支払額を臨時減額する


  • step3

    2回目以降は100円の残高になるよう支払額を臨時減額する


 

この3ステップを行うだけで、手数料を最小限&安全に年会費割引&ポイント2倍の美味しい特典だけゲットできます。

ポイントは、毎月支払額を限度額と同額にしておくところ。

こうすれば、うっかり金額調整を忘れても高額なリボ手数料を発生せずにすみます。

(もちろんポイント2倍は受けられませんが、安全第一)

「毎月の支払額=限度額」の設定方法

安全に運用するために「毎月の支払額=限度額」設定しよう

ポイント

安全に運用するために「毎月の支払額=限度額」設定しよう

マイ・ペイすリボは毎月の支払額は、なんとクレジットカード限度額一杯まで引き上げることが可能です。

クレジットカード限度額とは、クレジットカードが使用できる枠なので、限度額を超えてクレジットカードを使用することはできません。

そのため、クレジットカード限度額まで毎月の支払額を引き上げてしまえば、絶対に手数料が発生することはないんですよね。

安全に運用するために、まずは、「毎月の支払額=限度額」に設定しましょう。

Vpassへの登録方法

まずは、三井住友VISAのインターネット管理画面「Vpass」にログインします。

Vpass 登録画面00

左の赤い囲みはすでにVpass登録済みの方用で、まだ未登録の方は、Vpassにご登録を選択。

Vpass 登録画面01

申し込みボタンを押します。

Vpass 登録画面02

個人か法人を選択。

Vpass 登録画面03

クレジットカードをネットで申込んだ方は、自動的にWEB明細書には申し込み済みですが、念のため、こちらを選択。

Vpass 登録画面04

あとは、指示に従って、届いたクレジットカードを手元において入力していけばOKです。

限度額の確認方法

まずは、自分のクレジットカードの支払限度額がいくらなのか確認します。

もちろん、カードが送られてきた時に台紙に書いてある限度額で確認もできますよー。

まずは、三井住友VISAのインターネット管理画面「Vpass」にログインします。

三井住友VISA限度額確認方法1
Vpassのご利用可能額を確認するをクリックし、クレジットカードの有効期限とセキュリティコードを入力します。

三井住友VISA限度額確認方法2
すると「内リボ払い」というのが出てくるのでその金額を記憶します。

支払額の増額方法

限度額がわかったら、次は毎月の支払額を限度額と同じに設定します。

三井住友VISAマイ・ペイすリボ 支払額増額①-Edit
リボ払いのタグの中にある、マイ・ペイすリボをクリックします。

三井住友VISAマイ・ペイすリボ 支払額増額②
次に出てくるページを下にスクロールしていくとマイ・ペイすリボのお支払い金額の変更と出てくるので「お申込みを」をクリックします。
※もし、入会時にマイ・ペイすリボを申し込んでいない場合は、上の未登録会員の方のところで申し込むことも可能です。

三井住友VISAマイ・ペイすリボ 支払額増額③
増額を申し込みます。

三井住友VISAマイ・ペイすリボ 支払額増額④
今回は臨時増額ではなく、ずっと増額なので、毎月の最低お支払い額を変更するを選びます。

三井住友VISAマイ・ペイすリボ 支払額増額⑤
特約に同意します。

WEB通知サービスのところは好みなのでどちらでもOKです。

郵便が送られてくるのが面倒な方はWEB通知を選ぶと良いでしょう。

三井住友VISAマイ・ペイすリボ 支払額増額⑥

元金定額コースのところに、先程記憶した限度額を入力します。

三井住友VISA限度額 完了画面
元金定額コースの金額が限度額と同じになり、これで完了です。

初回は1,500円の残高になるよう支払額を臨時減額する

ポイント

初回は1,500円の残高になるよう支払額を臨時減額する

マイ・ペイすリボで、年会費割引やポイント2倍にするためには、リボ手数料を発生させる必要があります。

しかし、「毎月の支払額=限度額」の状態では、リボ手数料が発生しません。

リボ手数料は残額×年利15%。

最低限の手数料を発生させるためには、ある程度の残高を残しておかないとリボ手数が発生しません。

初回は金利発生まで何営業日あったかなど細かい計算が必要になり、面倒なので、ざっくり1,500円以上残高を残しておけばOK。

 

増額調整は、1,000円単位、減額調整は10,000円単位の設定になるので、想定よりも多くなってしまうのは諦めましょう。

減額調整は、10,000円単位なので、余る金額が多くなりがちですが、安全運用のためには、減額調整がおすすめ。

先程のマイ・ペイすリボの設定画面で、「減額を申し込む」→「次回お支払い金額を減額する」を選び、減額したい金額を入れれば設定できます。

2回目以降は100円の残高になるよう支払額を臨時減額する

ポイント

2回目以降は100円の残高になるよう支払額を臨時減額する

2回目以降は簡単。

残高が100円以上あれば、リボ手数料が発生するため、100円以上残高が残るように設定すればOK。

増額調整は、1,000円単位、減額調整は10,000円単位の設定になるので、想定よりも多くなってしまうのは諦めましょう。

まとめ

クレジットカードが届いたら、まずは、マイ・ペイすリボの毎月支払い額を限度額と同じまで引き上げてしまいましょう。

そのうえで、毎月、利用金額を確認し、減額調整すれば、安全に年会割引&ポイント2倍を受け取れます。

リボ払いはうっかりすると大変なことになるので、手数料を最小限安全に運用することが大事。

海外旅行なら三井住友カードに決まり
初めて海外旅行に行くあなたが三井住友VISAカードを持つべき2つの理由|メリットとデメリットをわかりやすく解説

続きを見る

ANA VISA Suica入会キャンペーン
ANA VISA Suicaカード入会キャンペーン!年会費最安値でANAマイルが良く貯まるのおすすめのANAカード!

続きを見る

ヒルトンVISA券面
ヒルトン・オナーズVISAカードのメリット・デメリット!持つだけでゴールド会員!?

続きを見る

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-三井住友VISA

© 2020 旅マイル