飛行機で耳が痛い!劇的に痛みを軽減する方法

飛行機に乗っていて不快なのが気圧の変化による耳の痛み。

クマは耳抜きも出来ないくらい耳が弱いので飛行機に乗るたびに耳に激痛が走り、到着日の観光がままならないくらい。

そんな飛行機の耳の痛みを劇的に抑える方法が!

一度手にしてしまうと飛行機に乗る時は手放せない。

スポンサーリンク

なぜ耳が痛くなる?

飛行機に乗って着陸の時に耳に違和感を感じたり痛みが走ったことはありませんか?

高層ビルのエレベーターで感じる違和感のもっと強いやつです。

人それぞれですがクマは着陸時に猛烈な耳の痛みが。。。

国内線などの1時間くらいのフライトだと軽めの痛みで済むのですがそれ以上のフライトだと激痛です。

本当、シャレにならないくらい。

耳が痛くなる原因は気圧の変化。

気圧の変化に耳がついていけてないから痛みが走ります。

実はただ痛いだけならまだしも、ひどいと航空性中耳炎という病気になってしまうこともあるので頭を感じる方は注意が必要です!

色々な方法を試してみましたが。。。

もう激痛からどう逃れようかと必死に色々な方法を試しました。

耳抜き(バルサルバ法)

耳抜きするのが一番王道の解決策。

恐らく普通の人は耳抜きで痛みが解消されるはずです。

ただし、耳抜きも風邪や鼻炎などで鼻が詰まっていたりするとうまく出来ないこともあります。

耳抜きの方法

①軽く息を吸う
②口から空気が漏れないよう閉じる
③鼻からも空気が漏れないように押さえる
④この状態で息を耳から吐き出すイメージで耳に空気を送り込む

※あまりにも強くやると耳を痛めるので優しめにやるのがポイントです

耳が弱い人はそもそも耳抜きができないのでクマはいつも耳抜きが出来ず駄目です。。。

飴、ガム、飲み物

飴やガムなら唾を、飲み物なら液体そのものをの飲み込むことで耳抜きをする方法。

軽い人なら耳抜きをせずともこの方法で治るんだと思います。

小さいお子さんや赤ちゃんなどは耳抜きが自分で出来ないのでの着陸のため高度が下がってきたら飲み物やミルクをあげるのは有効ですね。

クマのようにひどいともはや効き目なしですが。。。

もちろん飲み物があったほうに越したことはないのでいつもお守り代りにペットボトルを持ち込んでいますが。(液体持ち込みルールがあるので身体検査を受けた後に買いましょう)

参考記事:免税品を没収されないために知っておきたい国際線の液体の持ち込みルール

あくび

確かにあくびをすると耳抜きに近い効果を得られます。ただし。耳に激痛が走っている時にあくびなんかした日には、さらなる激痛が走って悶絶ものです。。。

これ一つで激痛が和らぎます

色々試した結果たどり着いたのが耳栓。

もちろん耳栓といっても普通の耳栓じゃないですよ。

アメリカ空軍御用達のフライト用の耳栓です。

これをしてから痛みがゼロかと聞かれれば痛いですが、悶絶並みの激痛から解放され痛いなーくらいに軽減されているのでもう手放せないです。

位置づけ的には①パスポート、②クレジットカード、③フライト用耳栓というくらい個人的に忘れちゃいけない持ち物。

(いつも耳が痛い人にはこのくらい重要なのは分かっていただけるはず)

もちろん効果は個人差があるので効果が感じられない場合もあるようです。

フライト用の耳栓とはいえ、各社から色々なものが出ています。

色々試してみましたがどれも効果のほどは同じくらい。

おすすめのフライト用耳栓

サイレンシア フライト エアー

密着度が高く1番効果が高い気がする。しかも繰り返し使えるので、1番のおすすめ。

サイレンシア フライト エアー Sサイズ

(通常のイヤホンだと大きい方のみ。女性でも普通の方は普通サイズでOK)

イヤープレーン

小ぶりのため初めてでも使いやすい

イヤープレーン Sサイズ

(通常のイヤホンだと大きい方のみ。女性でも普通の方は普通サイズでOK)

サイレンシア フライト

繰り返し使えるフライト用耳栓

耳栓のサイズ

耳栓なので耳が小さいお子さんや女性の方は小さいのがオススメ。

とはいえ、ミーコは女性でも普通のサイズで問題ないので普通のイヤホンが大きすぎて困る!という方以外は普通サイズで問題ないと思います。

使い捨ても繰り返し使える!?

フライト用耳栓にも繰り返し使えるものから使い捨のものまであります。

使い捨てとはいえ、一回のフライトで使用不可になる訳ではないので一回の旅行は十分使えます。

あまり勧められる方法ではないですが、使い捨てのものでも1年後の旅行で使っても問題なかったりするのであまり繰り返し使えるとか、使い切りとかは気にしなくて良さそうです。

耳栓の使い方

クマの耳栓の使い方はこんな感じです。

正しい使い方かどうかはわかりませんが、いつもこれで耳が救われているので問題ないかと思います。

①飛行機に搭乗後、飛行機が滑走路を加速し始めたら装着

②飛び立ち、安定高度になりシートベルト着用サインが出たら耳栓を取り外し

③フライト中は耳栓は装着せず自然体

④着陸に向け高度が下がってきたら耳栓を装着(シートベルト着用サインが出てからだと遅い感じなのでそれよりも前に着けると効果アップです)

⑤着陸し、滑走路走行中に耳栓を外して飛行機を降りる準備

耳栓をするのは高度に変化があるときにしています。

本当はずっとつけておくのが望ましいのかもしれませんが、それだと会話もままならないし、映画なども楽しめないし、耳が窮屈なので安定高度に達したら外し、高度が下がるときに付けています。

まとめ

耳の痛みは耐え難いものですが、対処法を知っておけば怖いものなしです。

せっかくの旅行なので是非とも激痛から解放されて楽しい旅を!

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^