アメックスビジネスプラチナカード メタルカード

アメックスビジネス

アメックスビジネスプラチナのメリット・デメリット!経営者なら恩恵を最大限受けられるので、持たないとむしろ損

世界No.1のステータスカードブランド「アメリカン・エキスプレスカード」(アメックス)。

経営者や個人事業主が持つビジネスカードの最高峰が「アメックスビジネスプラチナ」(正式名アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・プラチナ・カード)。

最高峰のビジネスカードだけあって、金属製カード、24時間365日使えるコンシェルジュサービスホテルの上級会員特典などなど特典満載のカード。

会社経経営者なら恩恵を最大限受けられるので、持たないとむしろ損。

ビジネスカードを持つ大きなメリットは、

  • ポイントが桁違いに貯まる

個人に比べ、ビジネス利用だと利用金額が桁違いに多くなるため、それに比例してポイントも桁違いに貯まります。

貯めたポイントは、ファーストクラスやビジネスクラスに無料で乗ったり、高級ホテルに無料で宿泊したり。

さらにビジネスにおけるメリットも大きく、

  • 資金繰りが良くなる
  • 経費管理が楽になる
  • 365日24時間無料の秘書サービスが手に入る
  • 社員の福利厚生に使える

など、とにかくメリットが沢山。

アメックスビジネスプラチナであなたのビジネスを加速させて、プライベートを充実させましょう。

アメックスビジネスプラチナの入会ページ

コンシェルジュサービス&金属製カード

アメックスビジネスプラチナの入会・詳細はこちら

年会費は経費として計上可能

アメックスを持つどどうなる?どんなカード?

アメックスビジネスプラチナの特徴

アメックスを一言であらわすと、「世界一のステータスカード」

ステータスとは「社会的信用」のことです。

ビジネスカード(法人カード)では、プラチナカードが最高峰になるので、一番ランクの高いカード。

アメックスビジネスプラチナを持っているということは、世界一のステータスカードアメックスの審査を通った証拠になるんです。

そのため、お会計の時にアメックスを提示すると、周りに「おっ」と思われたり、財布に入っていると心地よいものですよ。

それでも、ステータスだけだと、ただの見栄。

アメックスビジネスプラチナは、とにかく特典豊富で1枚あればほぼこなせる万能な1枚。

アメックスビジネスプラチナ券面画像

概要

【カードブランド】
アメリカン・エキスプレス
【年会費】
130,000円(税別)
経費として計上可能
【追加カード】
4枚目無料、5枚目より1枚12,000円(税別)
家族以外に社員にも追加カード発行可能
【限度額】
一律の定めなし
【特徴】
金属製カード、コンシェルジュサービス

豊富な特典・メリット

ビジネスカードの最高峰だけあり、特典はここに書ききれないほど。

これはとくにおすすめ!という特典・メリットを10個に限定してあげると、

特典・メリット

  • 金属製カード
  • プラチナ・コンシェルジュサービス
  • 資金繰りが良くなり、経費管理が楽になる
  • ホテル上級会員
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾート
  • フリー・ステイ・ギフト
  • アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
  • アメリカン・エキスプレス JAL オンライン
  • クラブオフ
  • ビジネス・ワランティ・プラスとカー・ピッキング・プロテクション

金属製カード

アメックスビジネスプラチナカード メタルカード

やはり、金属製カードは持っていて心地がいい。

一度金属製カードを持つと、ペラペラのプラスティック製カードは安物に感じてしまいます。

お会計で相手に渡したときもちょっぴり驚かれます。

程よい重量感で、重すぎず財布の邪魔にもなりません。

プラチナ・コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービス

24時間365日対応してくれるプラチナ・コンシェルジュサービス。

1日400円以下で電話一つで対応してくれる秘書が持てます。

出張の手配やギフトの手配。

会食や接待のセッティングまで。

「開店祝いに〇〇にお花を予算○○円で○月○日に届くように手配して」と電話で伝えるだけで、適切なお花を届けてくれて、プラチナカードから自動的に決済。

後日、経費精算用に領収書も郵送してくれます。

わざわざ自分でお店や商品を探さなくていいので、圧倒的な時間節約になりますね。

もちろん、プライベートの旅行のお願いも。

資金繰りが良くなり、経費管理が楽になる

クレジットカード払いをすれば、カード利用料金の引き落としまで一時的に猶予ができます。

そのため、経費の支払いが先送りされるので、資金繰りは楽に

また、クレジットカード払いすれば、すべて記録に残るので経費管理が格段に楽に。

マネーフォワードやFreeeなどを利用すれば、クレジットカード明細を自動で読み込んでくれて、自動仕訳で仕訳の手間もなくなります。

私もマネーフォワードに連携して使用していますが、一度覚えさせてしまえば、2回目以降は承認するだけでOKなので楽ちん。

これで経費計上漏れがなくなります。

アメックスビジネスなら、四半期ごとのレポートカードごとに作成することも可能なので、社員に持たせたカードの管理も楽ちん。

ホテル上級会員

リッツカールトン東京クラブラウンジ アフタヌーンティー

ザ・リッツ・カールトン東京クラブラウンジ(マリオットボンヴォイ)

アメックスビジネスプラチナを持つだけで、4つのホテル上級会員に登録できます。

通常なら年間何十泊もしなければ得られない上級会員のステータス。

それをカードを持つだけで登録できます。

4つの上級会員

  • マリオットボンヴォイゴールドエリート会員
    (マリオットボンヴォイ)
  • ヒルトンオナーズゴールドエリート会員
    (ヒルトンホテルズ)
  • ゴールデンサークルジェイド会員
    (シャングリラホテルズ)
  • クラブカールソンゴールドエリート会員
    (カールソンレジドールホテルズ)

世界最大のホテルプログラム「マリオットボンヴォイ」のゴールドエリートも。

日本国内はもちろん、世界中どこに行っても上級会員として無料で部屋のアップグレード、レイトチェックアウトや優先チェックインなどVIP待遇を受けられます。

「ヒルトンオナーズ」のゴールドエリートなら、朝食無料まで付いてくるのでさらにお得。

この1枚持っていれば、どこに出張・旅行しても快適なホテルステイが約束されます。

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)

ザ・リッツ・カールトン京都 部屋

ザ・リッツ・カールトン京都(FHR対象ホテル)

個人的には一番使っている特典。

日本を含む世界900箇所以上の高級ホテルで以下の特典が受けられるなんとも美味しい特典。

コンシェルジュデスクに電話して、希望日と希望のホテルと部屋のカテゴリーを伝えれば予約完了し、さらにこんな特典が付いてきます。

特典

  • アーリーチェックイン(12時から)
  • 部屋の無料アップグレード
  • 朝食無料(2名分)
  • レイトチェックアウト(16時まで)
  • Wi-Fi無料
  • ホテルのオリジナル特典

ザ・リッツ・カールトンやコンラッド、マンダリンオリエンタル、パークハイアット、アマンなど名だたるホテルが特典の対象。

詳しくは、「アメックスプラチナのファイン・ホテル・アンド・リゾートFHR特典がとてもお得!高級ホテルでいきなり上級会員扱い」へ。

ザ・リッツ・カールトン京都 部屋
アメックスプラチナのファイン・ホテル・アンド・リゾートFHR特典がとてもお得!高級ホテルでいきなり上級会員扱い

続きを見る

フリー・ステイ・ギフト

アメックスプラチナフリーステイギフト

毎年カード更新時に大人2名の無料宿泊券がもらえます。

お好きなホテルに1泊無料で泊まれます。

  • オークラニッコーホテルズ
  • ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ
  • プリンスホテルズ&リゾーツ
  • ハイアットホテルズアンドリゾーツ
  • ヒルトン・ワールドワイド
  • 三井ガーデンホテルズ&ザセレスティンホテルズ
  • ニューオータニホテルズ

参加ホテルも有名ホテルばかりなので、プライベートの充実や出張の際に利用できますね。

詳しくは「アメックスプラチナのフリーステイギフト!高級ホテルに1泊無料で泊まれる嬉しいカード特典」へ。

アメックスプラチナフリーステイギフト
アメックスプラチナのフリーステイギフト!高級ホテルに1泊無料で泊まれる嬉しいカード特典

続きを見る

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

プライオリティパス

アメックスビジネスプラチナの空港ラウンジサービスはすごい。

空港ラウンジサービス

  • 国内空港ラウンジ
  • プライオリティパス
  • デルタ航空専用空港ラウンジ
  • カード会員様専用空港ラウンジ(センチュリオンラウンジ)

プライオリティパスも無料で発行でき、同伴者も1名無料

国内空港はもちろん、世界中の主要空港で空港ラウンジを無料で利用できます。

アメックスの凄いところは、アメックス会員専用の空港ラウンジがあること。

残念ながらまだ日本国内にはありませんが、香港、シドニー、サンフランシスコ、ラスベガス、シアトルなど15以上あります。

追加カードでも、プライオリティパスを無料で発行でき、同伴者1名無料でラウンジを利用できます。(デルタラウンジは同伴者有料)

アメリカン・エキスプレス JAL オンライン

JALクラスJ座席

出張の手配が便利になるのが法人向け国内出張手配サポート「アメリカン・エキスプレス JAL オンライン」。

JALオンラインを使えば、専用運賃が利用でき、普通席と同額で「クラスJ」が利用できます。

経費精算も楽に。

クラブオフ

アメリカン・エキスプレスクラブオフ

クラブオフと呼ばれる福利厚生プランを無料で利用できます。

しかも、割引率が高いVIP会員。

八景島シーパラダイス、映画館が1,300円などのレジャー施設優待、帝国ホテルのディナーが3,000円オフなどのレストラン優待、ホテルの割引など75,000の施設で優待が受けられます。

早いものがちですが、クラブオフの日なら1泊500円で泊まれるプランも。

地味に使えるところが多いので、思いの外活躍してくれています。

大企業でないと福利厚生プランを持てませんが、アメックスビジネスゴールドなら無料で持てます。

追加カードでも申し込めるので、会社の福利厚生代わりにも使えますね。

また、クラブオフに加入すると、毎月500ポイントづつ、自動的に貯まっていきます。

10,000ポイントになると1万円キャッシュバックを受けられるので、アメックスビジネスゴールドを持ったら早速登録しましょう。

ビジネス・ワランティ・プラスとカー・ピッキング・プロテクション

オフィスで使う電化製品を保証してくれる保険が「ビジネス・ワランティ・プラス」。

パソコンや電話機、コピー機など商品購入から3年間メーカー保証の延長として、故障や事故(破損や水漏れ、盗難)などを補償してくれます。

また、「カー・ピッキング・プロテクション」では、社用車の社内にある会社のノートパソコンやカメラ、かばんなどを盗難や事故による損害を補償

ビジネスに必要な保険をカードを持つだけでプラスできます。

その他の特典

    • ビジネスサポート
      ビジネスに役立つサービスの優待やコンサルティング紹介、調査代行サービス、シェアオフィス優待など
    • 旅の特典
      スーツケース宅配、エアポート送迎、国内旅館優待、空港クロークサービスなど
    • ゴルフ特典
      プレミア・ゴルフ・アクセス、ゴルフ保険など
    • ショッピング、レストラン特典
      ダイニング・バーでの優待、パーソナルインポートサービス、会員限定イベントなど
    • カード付帯保険
      海外旅行、国内旅行保険、国内線飛行機遅延保険など

山ほどあります。

ココがポイント

数え切れないくらいの特典があり、この1枚でビジネス、旅行、ゴルフ、保険すべてまかなえる

コンシェルジュサービス&金属製カード

アメックスビジネスプラチナの入会・詳細はこちら

年会費は経費として計上可能

納税ならアメックスビジネス

ポイントがよく貯まる

法人税、消費税、所得税、源泉所得税など毎年必要な納税。

そんな納税でもポイントを貯められるんです。

ただ納税するだけではもったいない。

せっかくなら、クレジットカード納税して、ポイントを貯めて、旅行で楽しみましょう。

納税に関しては、ポイント付与率が「200円=1ポイント」と通常ポイントよりも落ちますが、決済金額が個人利用とは桁が違ってくるので、それでもポイントは驚異的に貯まります。

納税が楽ちん

クレジットカードで納税すれば、わざわざ銀行に行かなくていいので便利。

納税額が確定すれば、オフィスや自宅で簡単に納税が完了できます。

1万円ごとに76円(税別)手数料が必要になりますが、手数料も経費計上可能です

貯めたポイントは個人カードと合算でき、納税で貯めたポイントで楽しむこともできるので、手数料負担は問題ないかと

高額納税も可能

アメックスビジネスなら、1,000万円でも1億円でも10億円でも納税可能

アメックスなら、電話一つでカード利用枠を一時的に増やすことができます。

事前にアメックスに入金すれば、審査不要でいくらでも利用枠を増やせます。

たとえば、1億円の納税が必要な場合、普通のクレジットカードでは、1億円まで枠を増やすことはほぼできません。

アメックスなら、アメックスに事前入金すれば、問題なく1億円クレジットカード納税できます。

もちろん、全額ポイント付与の対象

嫌な納税でも、ポイントをもらって旅行できることを考えると少しは楽しくなりますよね。

ある程度の金額を毎回納税していると、担当者も付いてくれて、フォローもしてくれるので安心です。

国税のクレジットカード納税は、システムの問題で1度に1,000万円以上利用できません。

そのため、たとえば消費税を1,500万円納税する場合は、900万円と600万円2回に分けて納税する必要があります。

約1ヶ月猶予ができる

事前入金しない場合ですが、クレジットカード納税した場合、実際に口座から引き落とされるのは約1ヶ月後

そのため、実際に資金が必要になるのに少し猶予ができます。

資金繰り改善にも役立ちます。

ポイントは無期限でマイルに交換したり旅行代金に充当できる

ANA ハワイ

ポイント概要

アメックスのポイントは優秀です。

ポイント

  1. ショッピング毎に「100円=1ポイント」貯まる
    Amazon、ヤフーショッピング、JAL、H.I.Sなど特約店なら「100円=3ポイント」とボーナスポイント付き
  2. 貯めたポイントは有効期限なしにできる
  3. ANA(全日空)をはじめ15社もの航空会社のマイルに交換可能

ポイントを貯める

【基本ポイント】

100円=1ポイント

基本は、還元率1%で貯められます。

【ボーナスポイント】

100円=3ポイント

メンバーシップ・リワード・プラス(プラチナカードは年会費無料)に加入し、ボーナスポイントプログラムに登録すれば、以下の加盟店での利用が3倍に!

  • Amazon
  • Yahoo JAPAN
  • JAL公式ウェブサイト(航空券やツアー旅行)
  • H.I.S.公式ウェブサイト
  • iTunes Store/App Store

普段遣いできるお店が対象なので、ガッツリポイントが貯まります。

メンバーシップ・リワード・プラスとは?

加入すると3つのオトクが一気に手に入るポイントプログラムのオプション。

  • 有効期限が無期限に
  • 特約店のポイント3倍
  • 交換レートアップ

交換レートは、例えばANAマイル交換する場合、
未加入時:2,000ポイント→1,000マイル
加入時:1,000ポイント→1,000マイル
と必要ポイントが2倍も変わってくるので、大きいですよね。

プラチナカードは年会費無料なので、入会後必ず入会しましょう。

一部ポイント対象外や加算率が異なる加盟店あり。

対象外一例:電子マネーへのチャージ、寄付団体、NHKなど

200円=1ポイント一例:電気、ガス、水道、税金など

詳しくは公式HP

ポイントの有効期限

アメックスのポイントは、何もしなければ「3年」の有効期限です。

しかし、以下の2つの方法で簡単に有効期限を無期限にすることができます。

  • メンバーシップ・リワード・プラスに加入する
  • 一度でもポイント交換する

一番手っ取り早いのは、ボーナスポイントプログラムも適用される「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入することですね。

ポイントをマイルで使う

ポイントを航空会社のマイルに交換して、特典航空券(無料の航空券)と交換するのが1番お得なポイントの使い方です。

ANAマイルへは、「1ポイント=1マイル」(メンバーシップ・リワード・プラス加入時)で交換できるので、ポイントの価値は「1ポイント=2〜15円」までアップします。

また、アメックスのポイントは実質有効期限なし。

ANAマイル最大の弱点である有効期限3年を気にすることなく、ポイントを貯められます。

貯めたポイントをマイルに交換して、旅行し、アメックスの旅行特典を使う。

アメックスの良さが一番わかる時です。




【おすすめ5社】

おすすめ度 航空会社名 マイレージプログラム名 交換レート※1
★★★ 全日空(ANA) ANAマイレージクラブ※2 1,000P=1,000マイル
★★ ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブクラブ 1,250P=1,000マイル
デルタ航空 スカイマイル 1,250P=1,000マイル
エールフランス フライング・ブルー 1,250P=1,000マイル
シンガポール航空 クリスフライヤー 1,250P=1,000マイル

※1 交換レートは、メンバーシップ・リワード・プラス加入時
※2 年間40,000マイルまでの上限あり

【15社の航空会社】

おすすめ度 航空会社名 マイレージプログラム名 交換レート※1
★★★ 全日空(ANA) ANAマイレージクラブ※2 1,000P=1,000マイル
★★ ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブクラブ 1,250P=1,000マイル
デルタ航空 スカイマイル 1,250P=1,000マイル
エールフランス フライング・ブルー 1,250P=1,000マイル
シンガポール航空 クリスフライヤー 1,250P=1,000マイル
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス 1,250P=1,000マイル
ヴァージンアトランティック フライングクラブ 1,250P=1,000マイル
キャセイパシフィック航空 アジア・マイル 1,250P=1,000マイル
フィンランド航空 フィンエアープラス 1,250P=1,000マイル
アリタリア クラブミッレミリア 1,250P=1,000マイル
エティハド航空 エティハドゲスト 1,250P=1,000マイル
エミレーツ航空 エミレーツスカイワーズ 1,250P=1,000マイル
カタール航空 プリビレッジクラブ 1,250P=1,000マイル
チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム 1,250P=1,000マイル
スカンジナビア航空 SASユーロボーナス 1,250P=1,000マイル

※1 交換レートは、メンバーシップ・リワード・プラス加入時


ポイントを旅行代金に充当する

一番オトクな使い方はマイルに交換ですが、たくさんポイントがあるとマイルへの移行が追いつきません。

また、忙しい社長にとって、わざわざマイルに交換するのは手間という方も。

ビジネスカードはたくさんポイントが貯まるという利点を考えれば、ポイントを使って旅行代金の支払いに充当するのもあり。

旅行代金に充当する場合、1ポイント=1円~0.8円相当で利用できます。

仕入れや広告費、納税決済で貯めたポイントで、いつも頑張っているご褒美にタダで旅行に。

自分の懐を痛めず、タダで旅行できるのは、いいものですよ。

マイル以外にもANA SKYコイン、楽天ポイントやTポイントなどの電子マネー、カード利用代金に充当することも可能です。

アメックスのポイントについてもっと知りたい方はこちら↓

アメックスのポイントメンバーシップ・リワードを無駄なく使う戦略
損してる?アメックスのポイント「メンバーシップ・リワード」を無駄なく使う戦略を考えてみた

ココがポイント

ポイントはしっかり貯まり、有効期限なしで、マイルに交換可能で使いやすい!

コンシェルジュサービス&金属製カード

アメックスビジネスプラチナの入会・詳細はこちら

年会費は経費として計上可能

デメリット

デメリット

アメックスビジネスプラチナの年会費は高い

アメックスビジネスプラチナのデメリットをあげるなら年会費の高さですね。

年130,000円(税別)。

クレジットカードの年会費と考えるとかなり高額。

しかし、全て経費に落とすことができ、プラチナ・コンシェルジュサービスや数々の特典を無料で使えることを考えると実際は高くない。

むしろ、1ヶ月1万円ちょっとでこれらのサービスを受けて、ビジネスもプライベートも恩恵を受けられるならやすいかと。

利用できないお店

アメックスはVISAやMasterCardのようにどこでも使えるわけではないのが残念。

クレジットカードが利用できるお店なのに、アメックスが使えないなんてことも。

JCBと提携しているので、日本国内で困ることはほとんどありませんが、海外では使えないお店がそれなりにあります。

海外に行く際は、サブカードとしてVISAやMasterCardを持てば問題なしですね。

アメックス入会時の限度額は少ない

アメックスは一律のショッピング限度額はなく、会員毎に限度額を決めています。

最初は年収の5%が限度額という噂もあるくらいで、最初の限度額が少なめなのはデメリット。

アメックスは他のカード会社とは異なり、利用状況に応じて、最短1日で限度額を更新してくれます。

毎月アメックスをコツコツ使っていけば、かなり大きめの限度額になるので最初だけと割り切ればOKです。

その分、入会時の審査の難易度は下がり、保有するチャンスが増えているのでよしとします。

また、高額決済したい場合も、事前入金すれば、いくらでも使えるので、問題なし。

積み上げていけば、あっという間に高額決済可能なカードに成長します。

入会後、オンラインサービスで自分の限度額の目安は調べられます。

ココがポイント

年会費は高いがそれに見合った特典が受けられる!

個人用アメックスプラチナとアメックスビジネスプラチナの違いは?

ビジネス用と個人用のアメックスプラチナの違い

アメックスのプラチナカードには、ビジネス用と個人用2種類が用意されています。

プライベートと仕事用を分けるために、それぞれ持つのもあり。

クマは、経理を楽にするために2枚持ちにしています。

特典の違うところだけ、ピックアップ。

それ以外は、全く同じです。

分類 特典 ビジネスプラチナ 個人プラチナ
カード 追加カード 2親等以内の親族 役員・従業員・2親等以内の親族
ETCカード 新規発行手数料0円
年会費500円(税別)
新規発行手数料850円(税別)
年会費0円
ビジネス クラブオフVIP会員 ×
JALオンライン ×
ビジネス・セービング ×
日経電子版Pro5%オフ ×
ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」 ×
ビジネス情報調査代行サービス ×
ビジネス・コンサルティング・サービス ×
OFFICE PASS ×
トラベル 手荷物ホテル当日宅配サービス ×
国内航空機遅延費用 ×
海外航空機遅延費用 ×
トラベル・クーポン(初年度3万円分) ×
レストラン 高級レストラン1名無料 ×
日本の極 KIWAMI 50 ×
健康 ヘルスケア無料電話相談 ×
SBIウェルネスサポート ×
保険 カー・ピッキング・プロテクション ×
ビジネス・ワランティ・プラス ×
ホームウェア・プロテクション ×
個人賠償責任保険 ×
その他 阪急メンズ大阪プレミアムサービス ×
誕生日のプレゼント ×
分類 特典 ビジネスプラチナ 個人プラチナ

上記を見てもわかるように、個人用とは異なり、ビジネス特典が多くプラスされています。

なかでも、クラブオフVIP会員とJALオンラインは嬉しい特典。

また、利用機会が多い国内線の遅延にもビジネスは対応しているのもポイントが高いです。

一方、高級レストランが1名無料になる「2 for 1 ダイニングby招待日和」が付いていないのは痛いところ。

それ以外の違いは問題ないですね。

逆に、違いが少ないので、2枚持ちすると特典が重複してもったいないというデメリットも有るのは事実。

個人用のアメックスプラチナの詳細は、「アメックスプラチナカードのメリット・デメリット!実際に使った感想は価値あるおもしろいカード!」へ。

アメックスプラチナカード メタルカード
アメックスプラチナカードのメリット・デメリット!実際に使った感想は価値あるおもしろいカード!

続きを見る

どちらか1枚なら

個人的にはどちらか1枚に絞るなら、レストラン特典は使うので、個人用のほうを選びますかね。

年会費の経費計上したい、社員の方にも持たせたいということであれば、ビジネスカードがおすすめ。

ココがポイント

個人用・ビジネス用どちらも特典に大きな違いはないので、よく使いそうな特典で選ぶ

ビジネス用と個人用2枚持ちのメリット

アメックスビジネスプラチナカード メタルカード

2枚持ちすれば、きっちり個人利用分とビジネス利用分が分けられるため、より管理はしやすくなります。

2枚持ち一番のメリットは、2枚のカードのポイントを合算して貯められること。

ビジネス利用分も個人カードのポイントとして貯めることができるんです。

  • 上位カードに貯まる
  • カードランクが同じ場合、個人に貯まる

というルールがあるため、どちらもプラチナにすれば、個人カードにポイントが貯まっていく。

追加カード利用分のポイントも個人カードに貯まるので、すべてのポイントをまとめることが可能に。

もちろん、年会費が2倍かかってしまいますが、ビジネス用は経費と考えれば、個人負担は実質1枚分。

もし、年会費を抑えたいということであれば、個人用を上位にする必要があるので、個人はプラチナ、ビジネスはゴールドにすることで、個人カードにポイントを集約できます。

アメックスビジネスゴールドの入会キャンペーン
アメックスビジネスゴールドの入会キャンペーン!設立0ヶ月で作れたビジネスゴールドのメリット・デメリットのレビュー

続きを見る

ポイント合算でさらに使いやすく
アメックスとアメックスビジネスのポイントは合算できる!統合すれば手数料も管理も1枚分!

続きを見る

ココがポイント

ポイントは合算して貯められる

アメックスの審査は?カード発行までの日数は?

審査基準は?

アメックスビジネスプラチナの審査

アメックスといえばステータスカードで高嶺の花。

ビジネスカードの最高峰なので、審査が厳しいイメージがあります。

具体的な審査基準は明言されていないため、あくまで予想ですが、思っているほど高くないです。

年収○千万円以上とか高いハードルはなく、サラリーマンの副業でビジネスしている人でも持っている知り合いがいるくらい。

平均年収を超えていれば十分持てるカードかと。

そのため、すぐにでもプラチナがいいということであれば、直接申し込みが一番。

もし、心配であれば、創業したばかりでも作れる「アメックスビジネスゴールド」からスタートするのもあり。

アメックスビジネスゴールドで利用実績を1年程度積み上げてから、アメックスのコールセンターに電話してアップグレードを依頼。

利用実績をアメックスは重視するので、よりスムーズにアメックスビジネスプラチナにアップグレードできます。

アメックスビジネスゴールドについては、「アメックスビジネスゴールドの入会キャンペーン!設立0ヶ月で作れたビジネスゴールドのメリット・デメリットのレビュー」へ。

アメックスビジネスゴールドの入会キャンペーン
アメックスビジネスゴールドの入会キャンペーン!設立0ヶ月で作れたビジネスゴールドのメリット・デメリットのレビュー

続きを見る

カードが届くまでの日数

アメックスのカード発行は早いです。

審査自体は2~5営業日で完了します。

カードが到着するのは、10日程度で届きます。

実際にクマも10日程度で届きました。

ココがポイント

イメージしているほど審査難易度は高くない

まとめ

アメックスビジネスプラチナは、ビジネスカードとして最強のカード。

  • ポイントが桁違いに貯まる
  • 経費管理が楽になり、会社の福利厚生として使える
  • 1ヶ月1万円ちょっとで秘書が持てる
  • 4つのホテル上級会員が無条件で付与されホテルステイが快適
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾートで高級ホテルステイが快適に
  • 空港ラウンジなど旅の特典も豊富

とにかくメリットがたくさんで、高額年会費もビジネスカードなら何の心配もなく経費計上可能。

納税や広告費、仕入代、水道光熱費、高速料金、出張代など可能な限り支払いをアメックスビジネスプラチナに集約すれば、ポイントは桁違いに貯まっていきます。

貯まったポイントで日々の激務のご褒美に旅行へ。

これ1枚であなたのビジネスが変わります。

アメックスビジネスプラチナ券面画像

コンシェルジュサービス&金属製カード

アメックスビジネスプラチナの入会・詳細はこちら

年会費は経費として計上可能

SPGアメックス大空 300x250

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-アメックスビジネス

© 2020 旅マイル