フランス ルーブル美術館

マイルが貯まるビジネスカード

マイルがよく貯まるビジネスカードのおすすめランキング!初めてでも審査が通るビジネスカードを作るならこれ!

更新日:

法人経営者、個人事業主、フリーランス、副業をやっている方が持っているのがビジネスカード。

ビジネス専用カードを作ることで、経費管理が楽になり、税務調査対策にもなる。

さらにビジネスで使ったクレジットカードでもマイルが貯まって、ビジネスクラス・ファーストクラスの特典航空券で海外旅行に行けると嬉しいですよね?

ビジネスで使う金額は大きくなりがちなので、ビジネスカードの選び方次第でとんでもなく貯まるマイルが変わってきます。

個人でもビジネスでもマイルが貯まるクレジットカードを使うことで、あっという間にビジネスクラス・ファーストクラスの特典航空券で海外旅行に!

そんなわけで、初めてでも作れて、マイルがよく貯まるビジネスカードをランキングしてみました!

ビジネスカードとは

ビジネスカードとは、法人経営者、個人事業主、フリーランス、サラリーマンで副業をやっている方向けのクレジットカードのことです。

事業経費を支払うことを目的としたクレジットカードですね。

クマも副業からはじめて(その時は個人事業主と会社員の二足のわらじ)、法人を設立するに至りました。

副業のときはお茶を濁して個人のクレジットカードを使っていましたが、本格的に事業をするなら、やはり分けるべき。

初めてでも作れて、マイルも貯まって、特典も充実しているビジネスカードを調べて調べて厳選して作りました。

ビジネスカードは個人事業主や副業でも作れる

ビジネスカードは、株式会社のような法人だけでなく、個人で事業をやっている個人事業主、フリーランス、サラリーマンで副業をやっている方でも作ることが可能です。

最近は、会社員でも副業を認める流れになってきているのでどんどん副業をやる方が増えてくると思いますが、そんな副業をやっている方にもビジネスカードはおすすめです。

なんでビジネスカードが必要?

個人のクレジットカードは事業経費決済は原則NG

個人が作っているクレジットカードは、生活のための支払いに当てることが大前提なので、原則、仕事の経費をクレジットカードで支払うことはNGです。

そのため、事業の経費を支払うのはビジネスカードにしておいたほうが、クレジットカード会社にも心証が良いです。

個人と事業は明確に線引しないと税務調査が怖い

会計事務所に勤めていたことがあるので、税務調査も何度も立ち会ってきました。

税務調査とは、事業をやっていると避けられない税金の調査のことで、税務署の方が来て税金に誤りがないか徹底的に調べられる調査のことです。

突っ込まれどころの一つとして多いのが、個人と事業の線引。

特に個人事業主や副業をやっている方は、個人の経費と事業の経費がごちゃごちゃになりやすいんですよね。

例えば、レストランで食事をした時、プライベートで使った食事代なのか、仕事の打ち合わせでの食事なのか一緒のクレジットカードで支払うと、どれが事業の分か、あとで見るとわからないんですよね。

ビジネスカードで明確に個人と事業の線引をしっかりしておいたほうが、心証が良くなります。

一度疑われると、どんどん深く見られボロが出てしまうので、疑われないようにわかりやすくしておくのが一番。

経費管理が楽になる

経費管理が本当に楽になります。

ビジネス専用のクレジットカードとクラウド会計ソフト(MFクラウド会計やFree)を組み合わせれば、クレジットカードで使った内容はすべて自動で取り込まれるため、楽ちんです。

クマも、MFクラウド会計を使っていますが、数字を打ち込んだりする必要が無いのでとにかく楽です。

会社員でなくなると福利厚生がなくなる

会社によりますが、会社員なら福利厚生が会社から提供されます。

でも、個人事業主や法人を作ると当然だれも福利厚生を出してくれません。

ビジネスカードの中には、福利厚生プランを無料で提供してくれるものもあるので、それを使えば経費を掛けずに本人はもちろん、社員にも無料で福利厚生プランを提供することができます。

選考基準

ハワイ カハラホテルロビー
初めて作るマイルが貯まるビジネスビジネスカード(法人カード)の選考基準としては、以下の3つで選考しました。

  • 審査が通りやすいか
  • ポイント還元率が100円=1マイル以上か
  • カード特典が充実しているか

審査が通りやすいか

審査が通りやすいか。

これ一番大事ですよね。

やっぱり申し込んで否決されるのは辛いですから。

個人事業主、法人設立1期目、まだ売上が大して上がっていない副業でも作れるのが大前提。

そのためには、決算書、事業見通し、事業年数などが審査基準に上がっているところは選考対象から外しました。

ビジネスカードを作れないと意味が無いので5点満点で倍率は1.5倍で評価。

ポイント還元率が100円=1マイル以上か

マイルと交換できても100円=1マイル以上はないとマイルが貯まるクレジットカードとは呼べません。

ポイント還元率が100円=1マイル以上を選考対象としました。

マイルが貯まる点に重点を置いているので、5点満点で倍率は1.2倍で評価。

カード特典が充実しているか

ビジネスカードの年会費は事業の経費にすることが出来るので、年会費の安さよりも、特典がたくさんついている方が良いと考えています。

マイルも貯まって特典も受けられればいいとこ取りできますよね。

特典はあれば嬉しいという感じなので、5点満点で倍率は1倍で評価。

では、早速、第3位から見ていきます!

第3位 ダイナースクラブビジネスカード

ダイナースビジネスカード

第3位は、ダイナースクラブ ビジネスカード

審査の通りやすさ:3点×1.5倍=4.5点
ポイント還元率:5点×1.2倍=6点
カード特典:4点×1倍=4点
合計:14.5点

ダイナースクラブビジネスカードは、特典が豊富なのに、ポイントも良く貯まるビジネスカード。

プライベートではダイナースをメインカードとして使っていますが、ダイナースが1枚あれば、特典を使ってレストランに旅行にとぐっと豪華にしてくれるので、手放せない1枚です。

ポイントも基本は、100円=1マイルですが、ポイントアップモールを使うと、最大19倍のボーナスポイントが手に入るので、ビジネスカードの中では一番マイルが貯まります。

また、社員に持たせることが出来る追加カードの利用分も基本カードに合算されるので、もれなくポイントを貯めることができます。

カードスペック

年会費 27,000円(税別)
追加カード年会費 無料(何枚でも)
ETCカード カード1枚につき1枚 (年会費無料)
入会の目安 27歳以上の個人事業主、法人企業の経営者・役員
限度額 一律の制限なし
ポイント還元率 100円=1マイル
ポイントの有効期限 無期限
マイルの交換先  5社 ANA,ユナイテッド航空,デルタ航空,アリタリア,大韓航空

特典

通常のダイナースクラブカードの特典に加えて4つのビジネスカード独自の特典が付いてきます。

通常のダイナースクラブカードの特典だけでも十二分にあります。

【ダイナースクラブカードの主な特典】

  • エグゼクティブダイニング(高級レストランが2名以上で1名無料)
  • 充実の海外旅行保険
  • 世界600ヶ所以上の空港ラウンジ
  • 5社のマイレージに交換可能
  • 高級料亭や名門ゴルフ場の優待や予約手配
  • コナミスポーツの法人会員になれる etc...

【ビジネスカード独自の特典】

  • クラウド会計ソフト「free」2ヶ月無料
  • プライベートアドバイザーサービス(弁護士や税理士等の無料相談)
  • ダイナースクラブビジネスラウンジ(銀座に商談にも使える銀座サロン)
  • ダイナースクラブビジネスオファー(ビジネスで使える加盟店の優待プログラム)

デメリット

個人のクレジットカード利用実績で審査をしてくれるので設立したばかりの法人や個人事業主でも作成可能です。

ただし、ダイナース自体が、このあと出てくるアメックスに比べると審査が厳しい傾向にあります。

その分、ステータスが高いということなので仕方ないですね。

また、アメックス同様、VISAやMasterCardのようにすべてのお店で使えるわけではないのがデメリットです。

とはいえ、JCBと提携しているため、日本国内であまり困ることはないです。

こんな方におすすめ

一見さんお断りの高級料亭でもダイナースクラブカード経由であれば予約でき、また、名門ゴルフ場の予約や優待も使えるので、取引先との会食やゴルフでも相当力を発揮してくれます。

また、ポイント重視の方にもおすすめです。

ポイントは他のビジネスカードに比べ断トツに貯まり、社員分のポイントも集約して貯めることが出来るので、あっという間に国際線のビジネスクラス・ファーストクラスの特典航空券分のマイルが貯まります。

第2位 セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンアメックスプラチナ

第2位は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード(セゾンアメックスプラチナ)。

審査の通りやすさ:4点×1.5倍=6点
ポイント還元率:3点×1.2倍=3.6点
カード特典:5点×1倍=5点
合計:14.6点

ゴールドカードよりも上位のステータスを持つ、プラチナカードでありながら年会費2万円とリーゾナブル。

特典はコンシェルジュサービスをはじめとするプラチナカードとしての特典が付いてきて、JALマイルが100円=1.125マイル貯まるコスパに優れたカードです。

カードスペック

年会費 20,000円(税別)
追加カード年会費 1枚3,000円(税別)
ETCカード カード1枚につき5枚 (年会費無料)
入会の目安 経営者、個人事業主、サラリーマンでも作成可能
限度額 80万円~1000万円で利用実績に応じてアップ
ポイント還元率 100円=1.125マイル
ポイントの有効期限 JALマイル分は3年、永久不滅ポイント分は無期限
マイルの交換先 JALマイル

特典

プラチナカードの最大の特典はコンシェルジュデスクですね。

  • コンシェルジュデスクが24時間365日使える
  • プライオリティ・パスが無料で世界900位上の空港ラウンジが利用できる
  • 充実の海外旅行保険
  • ビジネス・アドバンテージ(ビジネスで使える加盟店の優待プログラム)
  • オントレ(ホテル、レストラン、スパ、ショッピングなどの優待プログラム)
  • セゾンプレミアムゴルフサービス(名門ゴルフ場の優待) etc...

デメリット

セゾンプラチナビジネスアメックスは、カードブランドがアメックスのため、VISAやMasterCardのようにすべてのお店で使えるわけではないというデメリットがあります。

ただ、日本国内では、JCBと提携しているため、ほとんど困ることはないです。

こんな方におすすめ

コンシェルジュデスクを使いたい方におすすめ。

コンシェルジュデスクを使えると、接待や会食のレストランの相談&手配やホテルや航空券の相談&手配をしてくれるので、時間の節約ができるようになりますね。

年会費2万円でコンシェルジュデスクが使えるのはかなり破格なサービスですよー。

また、JALマイルもしっかり貯まるので、JALマイラーの方にもおすすめです。

第1位 アメックスビジネスゴールド

アメックスビジネスゴールド(IC付き)
第1位は、アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカード

審査の通りやすさ:5点×1.5倍=7.5点
ポイント還元率:3点×1.2倍=3.6点
カード特典:4点×1倍=4点
合計:15.1点

アメックスビジネスゴールドは、個人事業主、設立間もない法人、サラリーマンでも審査が通るのにステータス、マイル、特典充実と三拍子が揃っている人気のビジネスカードです。

クマも法人の設立月に申し込みましたが、問題なく審査が通りました。

現在もメインカードとしてバリバリ使っています。

カードスペック

年会費 31,000円(税別)
追加カード年会費 1枚12,000円(税別)
ETCカード 5枚まで発行可能 (年会費 1枚500円(税別))
入会の目安 経営者、個人事業主、サラリーマンでも作成可能
限度額 一律の定めなし
ポイント還元率 100円=1マイル
※要メンバーシップ・リワード・プラス登録
※ANAは、100円=1マイル、それ以外は100円=0.8マイル
ポイントの有効期限 無期限(要メンバーシップ・リワード・プラス登録)
マイルの交換先  15社 ANA,デルタ航空,ブリティッシュ・エアウェイズ,シンガポール航空 他

メリット

アメックスゴールドのステータスがありつつ、福利厚生プログラムが無料でついてくるなど、ビジネスのサポートが非常に充実しています。

また、2017年2月より、コンシェルジュデスク(レストランと旅行の手配)が追加されたのでより特典が厚くなりました。

  • アメックスゴールドのステータス
  • 15社のマイレージに交換可能
  • ミーティング・スクエア(帝国ホテルに打ち合わせ場所が月2万円で持てる)
  • ビジネス・ダイニングbyぐるなび(会食や接待にふさわしいレストランをコンシェルジュデスクが手配)
  • H.I.Sアメックストラベルデスク(国内・海外旅行のコンサルティングと手配)
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」が無料
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」の年会費無料
  • ビジネスコンサルティングサービス(経営コンサルタントとの無料相談)
  • ビジネス・セービング(ビジネスで使える加盟店の優待プログラム)
  • アメックスセレクト(ホテル、レストラン、スパ、ショッピングなどの優待プログラム)
  • 国内外の出張に役立つ特典の充実(空港ラウンジ、海外旅行保険、手荷物無料宅配など)

デメリット

セゾンプラチナビジネスアメックス同様、カードブランドがアメックスのため、VISAやMasterCardのようにすべてのお店で使えるわけではないというデメリットがあります。

ただ、日本国内では、JCBと提携しているため、ほとんど困ることはないです。

こんな方におすすめ

個人事業主の方、フリーランスの方、副業の方、法人を設立したばかりの方におすすめ。

アメックスビジネスゴールドは何と言っても作りやすい!

それでいて特典が十二分に付いてきて、マイルもしっかり貯まるのでビジネスカード1枚目におすすめです。

初年度年会費無料で試せるキャンペーン中なのでチェックを↓

アメックスビジネスゴールドの詳細はこちら↓

アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカード
ステータスがあるのに実は簡単に作れるアメックスビジネスゴールドのメリット・デメリットのレビュー!

法人を設立したばかりや個人事業主、フリーランスだと審査が厳しいビジネスカードは作りづらく、審査に落ちるということも。 そんな時、ステータスがあるのに実は簡単に作れるアメックスビジネスゴールドの出番。 ...

続きを見る

まとめ

せっかくビジネスカードを作るなら、マイルが貯まって、特典が受けられるのが一番。

個人事業主、フリーランス、副業の方も、ビジネス専用カードを作ることで、経費管理が楽になり、税務調査対策にもなり、さらには、貯まったマイルで休日も充実されることが出来るビジネスカードを作ってみてはいかがですか?

いいねで更新情報が届きます

おすすめ記事一覧

アメックスゴールド・アメックスグリーン入会キャンペーン紹介画像 1

2017年11月のアメックスゴールド、アメックスグリーンの入会キャンペーンは、「初年度年会費無料」と「大量ポイントプレゼント」が選べる! 「世界一のステータスカード」アメリカン・エキスプレスカード(ア ...

海外旅行におすすめのクレジットカード 2

海外旅行に必須のクレジットカード! 2017年版「海外旅行におすすめのクレジットカード」を厳選しました! クレジットカードは本当に沢山の種類が発行されているので、どれを持つべきなのか選ぶのが本当に難し ...

SPGアメックスごゴールドプリファードゲスト会員証 3

SPGアメックス(amex)を持って2年使った感想は、ずばり最強カード。 部屋アップグレード、朝食・クラブラウンジ無料など高級ホテルでVIP待遇。 さらに、JALやANAのマイルカードとしても使えるポ ...

ダイナースクラブカード最新入会キャンペーン 4

2017年11月のダイナース入会キャンペーンは、先着1,500名限定で、初年度年会費無料(23,760円相当)! すでに残りが少ないようなのでまさに早い者勝ち。 ステイタスカード「ダイナースクラブカー ...

ANAアメックスとANAアメックスゴールドの入会キャンペーン 5

ANAマイルが3年で消えてしまって、特典航空券に交換できなかった!!という方に救いのカードが、ANAアメックスゴールドと、ANAアメックス。 ANAマイルを無期限に貯めることができるので、特典航空券が ...

-マイルが貯まるビジネスカード

Copyright© 旅マイル , 2017 All Rights Reserved.