ダイナース&ANAダイナース改悪へ

ANAダイナース ダイナースクラブカード

【悲報】ダイナースのANAマイル移行上限改悪&ANAダイナースプレミアムポイント改悪

ダイナースクラブカード&ANAダイナースカードのポイント制度が変更!

ダイナースはANAマイルの移行上限が半減し、ANAダイナースプレミアムカードは、ポイントがダウン。

どのような変更点があり、今後どのような対処がベストなのか、検討してみました!

アメックス特集-11_300x250

ダイナースクラブカード&プレミアムの変更点

ANAマイレージクラブ SFC修行 羽田ー伊丹ー千歳の三角飛び

ダイナースクラブカード&ダイナースプレミアムカードの主な変更点は次の2つ。

  • ANAマイレージクラブ移行上限改悪
  • ポイント換算率の改悪

ANAマイレージクラブ移行上限改悪

ANAマイレージクラブへの年間の移行上限が半減。

【変更前】年間80,000マイルまで ⇒ 【変更後】年間40,000マイルまで

2018年12月21日のマイル移行申請分から変更になるので、大量にポイントを保有している場合は、早めの移行が◎ですね。

ダイナースはポイントが貯まりやすいカードなだけに残念。

公式HPによる発表はこちら

ポイント換算率の改悪

従来より、特定の加盟店はポイント換算率がダウンしますが、その特定加盟店が2018年12月16日利用分から増加。

  • ダイナースクラブカード
    通常:100円=1ポイント
    特定加盟店:200円=1ポイント
  • ダイナースプレミアムカード
    通常:100円=2ポイント(2019年9月16日~は100円=1.5ポイント)
    特定加盟店:200円=1ポイント

追加される特定加盟店は、

  • 総合病院等大型病院
  • 有料道路通行料金
  • ETC利用料金
  • 保険料
  • プロバイダー等通信料
  • 電話・携帯通話料
  • 有料放送サービス
  • カーディーラーにおける車両購入(※)
    ※プレミアムカードのみ変更で、100円=1ポイント

個人的には、ETC利用料金、プロバイダー等通信料、電話・携帯通話料のポイントがダウンするのは痛いですね。

以前から設定されている特定加盟店

  • 電力会社
  • 水道局
  • ガス会社
  • 税金
  • NHK
  • 国民年金保険料
  • 医療用商材

ダイナースクラブカード&プレミアムの今後の戦略

ダイナースクラブカードは、ポイントが貯まりやすいカードなだけに、40,000マイルの交換枠では明らかに足りないですね。

特にプレミアムカードの場合は、「100円=2ポイント」も貯まるため、なおさら。

ANAマイレージクラブへの交換がメインだった方は、ANAダイナースカードへの切り替えの検討の余地ありですね。

ダイナースクラブカードとANAダイナースカードの特典の違いはほぼなし。

ANAダイナースでも、エグゼクティブダイニング、空港ラウンジ、ハワイでの特典、ポイント無期限、ダイナースポイントアップモールでのポイントアップなど同様の特典が受けられます。

年会費は、5,000円(税別)アップしますが、以下を考えれば元を取れるかと。

  • ANAマイルへの移行上限なし
  • カード更新毎に2,000マイルプレゼント
  • 移行手数料無料(ダイナースクラブカードは年間6,000円(税別))

移行手数料を考えるとむしろANAダイナースのほうが安い。

クマも当初はダイナースクラブカードを保有していましたが、ANAメインで交換していたため、それならとANAダイナースカードに切り替えました。

ただし、ANAダイナースプレミアムカードは、今回ポイントの改悪(後述)が行われているので注意です。

それでもプレミアムカードホルダーに40,000マイルは明らかに足りないので、やはりANAダイナースプレミアムのほうがよさそうですね。

ANAダイナースカード&プレミアムの変更点

ANAダイナースカードの主な変更点は1点。

  • ポイント換算率の改悪

ポイント換算率の改悪は、先ほどダイナースで説明したものと同じで、特定加盟店が増加し、「200円=1ポイント」になります。

一方、ANAダイナースプレミアムカードの主な変更点は2点ですが、これはインパクトが大きい!

  • プレミアムボーナスポイントプログラムの改悪
  • ポイント換算率の改悪

プレミアムボーナスポイントプログラムの改悪

ANAダイナースプレミアムカードの最強の特典「100円=2ポイント(2マイル)」が崩れ去りました。

2018年12月16日利用分から変更されます。

ANAダイナースは変更なしで「100円=1ポイント」、ダイナースプレミアムカードも変更なしで「100円=2ポイント」のまま

対象加盟店現在改定後
ANAグループ100円=2ポイント100円=2.5ポイント
それ以外100円=2ポイント100円=1.5ポイント

ANAグループでの利用(ANA SKY WEBでの航空券購入、機内販売、ショッピングサイト「A-Style」)については、ポイントがアップ!

ANAの航空券をよく購入する方にとっては大きな改善。

一方、それ以外は、これまで「100円=2ポイント」の驚異のポイント獲得でしたが、「100円=1.5ポイント」にダウン。

それでも、「100=1.5ポイント」は維持。

ギリギリANAカード最強の称号は失わずに済みました。

現在クマは、ANAダイナースプレミアムカードのスーパーフライヤーズ会員ですが、今後も維持する予定です。

ANAダイナースカード&プレミアムの今後の戦略

ANAダイナースは、特定加盟店の追加だけなので、このまま持ち続けるのが正解ですね。

一方、ANAダイナースプレミアムカードは大きなインパクト。

それでも、変更後も「100円=1.5ポイント」&ANAグループで「100円=2.5ポイント」はANAカードの中で最強。

やはりこちらも、持ち続けるのが正解ですね。

まとめ

同時期にアメックスのANAマイル移行上限も同様に40,000マイルに。

これはANAとしては、ANAカードを作ってねということなのでしょうか?

改悪が続いているので、ここらで改悪がストップするのを願います。

ダイナース入会キャンペーン
【2019年版】ダイナース入会キャンペーン!特典満載のダイナースクラブカードをお得に手に入れるチャンス!

続きを見る

ANAダイナース 券面
ANAダイナースクラブカードの入会キャンペーン!ANAマイルが一番貯まるANAカード!

続きを見る

SPGアメックス大空 300x250

旅マイルメールマガジン

旅マイルメールマガジンに登録すると、メール限定記事をお届け!

最新の旅をお得にする情報、マイル情報、クレジットカードキャンペーン情報をお送りします。

旅マイルメールマガジンバナー_A300x250

いいねで更新情報が届きます

-ANAダイナース, ダイナースクラブカード

Copyright© 旅マイル , 2019 All Rights Reserved.