ヒルトン沖縄宮古島リゾート デラックスサンセットビュールーム宿泊記

ヒルトンオナーズ ホテル宿泊記

ヒルトン沖縄宮古島リゾート デラックスサンセットビュールーム宿泊記

沖縄の宮古島にある「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」に宿泊してきました!

なんと言っても、宮古ブルーと呼ばれる美しい海が目の前に広がる絶景が魅力。

プールも4種類用意されており、プールに海にと子ども連れで、リゾート内だけで十分のんびり楽しめます。

今回泊まったお部屋は「デラックスサンセットビュールーム」。

伊良部大橋と宮古ブルー、そしてサンセットが見られるサンセットビューのお部屋はとにかく最高。

お部屋の様子や、部屋からの景色、アメニティ、などレビューします!

ヒルトン沖縄宮古島リゾート概要

ヒルトン沖縄宮古島リゾートは、沖縄県の宮古島に位置する高級ホテル。

美しい宮古ブルーの海に囲まれた極上のロケーションが魅力。

すぐ目の前に宮古ブルーの海があって、部屋から水着でビーチに行けるのでとても好立地。

施設には、プール、スパ、レストランがあり、アクセスも空港から近く利便性が抜群です。

また、豊かな自然に囲まれたこのリゾートでは、旅行を楽しみながらリラックスできる空間が提供されています。

ヒルトン沖縄宮古島リゾートダイヤモンド特典

ダイヤモンド会員特典

ヒルトンアメックスプレミアムを保有しているので、宿泊実績はあまりなくてもヒルトンオナーズのダイヤモンド会員。

ヒルトンの最上位ダイヤモンド会員の場合、以下の特典が受けられます。

実際に受けた特典と合わせて紹介。

ポイント

  • 客室アップグレード
    ツインデラックスオーシャンビュー→ツインデラックスサンセットオーシャンビュー
  • エグゼクティブラウンジ無料アクセス
    7時~20時
  • 朝食or昼食無料
    2名分の朝食&添い寝の子ども無料、ゴールド&ダイヤモンド会員限定で事前予約サービスあり
  • レイトチェックアウト
    今回は13時までOKでした
  • 100%ボーナスポイント
    ポイント泊だったのでレストラン利用時のポイントが加算(料金は部屋付)
  • ホテル内レストラン25%オフ(期間限定キャンペーン)
    レストラン25%オフは本当にお得
  • 高速Wi-Fi無料
    十分速い快適な速度

アップグレードで、一番オススメのサンセットオーシャンビューに無料アップグレードできたのは、滞在の満足度がガラリと変わりました。

さらに、エグゼクティブラウンジアクセス&朝食or昼食無料のおかげで、エグゼクティブラウンジで朝食を食べて、ランチも無料というお籠りを最大限楽しめるおまけつき。

ディナーも25%オフで食べれば更にお得に。

かなり、上級会員特典を満喫できました。

ヒルトンオナーズの上級会員特典については、「ヒルトン・オナーズとは?会員特典&入会方法まとめ!ヒルトンに泊まるなら年会費無料なので入らないと損ですよ!」で詳しく解説しています。

ヒルトン小田原玄関
ヒルトン・オナーズポイントの貯め方と使い方を徹底解説!上級会員がポイントを貯めるコツ!

続きを見る

簡単にゴールド会員や最上位ダイヤモンド会員になれるヒルトンアメックスについては、「ヒルトンアメックス&ヒルトンアメックスプレミアムお得な入会キャンペーン!ゴールドステータスで朝食無料&無料宿泊特典も」で詳しく解説しています。

ヒルトンアメックスプレミアム&ヒルトンアメックス入会キャンペーン
ヒルトンアメックス&ヒルトンアメックスプレミアムお得な入会キャンペーン!ゴールドステータスで朝食無料&無料宿泊特典も

続きを見る

デラックスサンセットビュールームの様子

今回は、4泊以上のポイント泊連泊で5泊目無料の特典を使って5泊!

シルバー会員以上であれば、4連泊分すべてポイントで無料宿泊すると、なんと「5泊目無料」に!お得にポイント泊できます

(帰る日に台風が羽田空港直撃!の予報が出て、急遽1泊ポイント泊を追加したので、トータル6泊7日でした)

宮古島に5泊だと持て余してしまうかな~と少し心配しましたが、とにかくホテルが良すぎてずっとプールとビーチばかりで、あまり宮古島観光できずに終わるくらいホテル内でのんびりできました。

エントランス&ラウンジ

宮古島空港でレンタカーを借りて車で15分くらいで到着。

エントランスに車を横付けしてスーツケースを下ろして荷物だけ預けて無料の駐車場へ。

スーツケースはチェックイン時に引換券を渡しておくと後で部屋まで運んでくれます。

8月に予定していたけど台風で飛行機が欠航になり行けなかったので、ようやく行けたヒルトン宮古島。

もうこの景色が見えたときには思わず感動。

本当にきれい。

思わず階段を降りて散策したくなりますが、手荷物を持っているので大人しくチェックインへ。

いざホテル内へ。

中に入るととても開放感のあるロビー。

魚の鱗のような模様がとても印象的。

ゴールド会員&ダイヤモンド会員なら優先チェックインが利用できます。

海をイメージしたオブジェ。

客室

客室は7階まである中で、6階。

いつも希望しているエレベーターの近く。

後で部屋からの景色で紹介しますが、現在ヒルトン宮古島のお隣に、キャノピーbyヒルトン沖縄宮古島リゾート(2026年春オープン予定)を絶賛建築中なので、今は右側のウイングのほうが景色はいいかも。

サンセットも見やすいですし。

午後のフライトだったので、すでに日が暮れてからの入室。

ありがたいことに5歳の娘を添い寝で追加していたことを考慮してくれて、ハリウッドツイン(シングルベッド2台がくっついている部屋)のサンセットビューに無料アップグレート。

ライトの位置が元々ハリウッドツインを想定して配置されているので、無理矢理感はなし。

(お願いするとくっつけてくれるホテルも多いのですが、コンセントやライトの位置がズレて使いにくくなるので)

1台のベッドは横幅1mちょっとで、2台で2mちょっと。

1mちょっとのベッドで2人で添い寝だと結構寝苦しいのですが、2台くっつけてあればとても快適。

(iPhoneの機能で計測しているので正確ではないです)

部屋の大きさは35㎡なのでスーツケースを開いてあっても十分のゆとり。

ただ、椅子のみでソファーがないのが残念。

部屋の照明からDO NOT DISTURBまで全部コントロールできます。

コンセントとUSB-C端子も用意されているので、枕元でのスマホの充電も問題なし。

窓側から見たお部屋。

インテリアもシンプルで素敵で、結構好きです。

室内で食事するにも困らない十分な大きさのテーブル。

街でお寿司を買ってきて部屋で食べたのですが、机も広いので快適でした。

55インチのテレビにはYou TubeやNETFLIXなどアプリがすでに入っているので、わざわざAmazonファイヤースティックなどを持ってくる必要はないです。

テーブルの前にはHDMI、USB-C、コンセントが2つ用意されているのでパソコン作業も問題なし。

エグゼクティブルームだとネスプレッソのコーヒーマシーンが用意されているのですが、通常の部屋はスティックのコーヒー、ディカフェコーヒー、緑茶、ハーブティーのティーパックのみ。

ペットボトルのサービスは環境保護のためなしで、かわりにガラス製のピッチャーが部屋に用意されています。

各階に浄水器が用意されているのでここで自分で水をもらってくれば飲み放題。

氷とお水両方注出できるので、氷水が簡単に手に入ります。

ただ、このピッチャーが結構曲者で水を注ぐ際に浄水器と高さが合わず斜めで入れるので入れにくい。

極めつけは冷蔵庫に収まらないので持ってきてもすぐにぬるくなってしまうのが残念。

ペットボトルとは違い、いくらでも水を飲めるのはありがたいんですけどね。

ちょど水筒を持ってきていたので、水筒に移して冷え冷えで飲んでいました。

プールサイドに無料のお水は用意されていないので、水筒があると結構便利です。

冷蔵庫は何も入っていないので、自由に利用できます。

冷凍庫はなし。

カップが4つにティースプーン。

ヒルトン沖縄宮古島リゾート_コップ

コップも3種類。

湯沸かし器と氷を入れる器。

暗証番号式の金庫。

ホテル価格ですが、クリーニングも依頼できます。

1階に洗濯乾燥までできるコインランドリーがあるので、そっちを使ったほうが経済的。

バスルーム

洗面所はワンシンクですが、十分な広さ。

右側に広いスペースがあるので、洗面道具を置くのに便利。

独立したウォシュレット付きトイレ。

お風呂は嬉しい洗い場があるタイプ。

広さも十分なので子どもをお風呂に入れるのにも楽々。

レインシャワー付きで、シャンプー、リンス、ボディーソープはボトル備え付け。

アメニティ

上級会員のウェルカムギフトで、雪塩宮古島サイダーと雪塩ふぃなんを人数分頂けました。

買うと結構するのでありがたい。

バスローブはありませんが、プールやビーチに行くときに羽織れるプールローブとバッグが用意されています。

プールローブは毎日部屋の清掃時に交換して頂けます。

用意されているアメニティは、歯ブラシ、クシ、コットンセット、シャワーキャップ、レザー。

ヒルトン沖縄宮古島リゾート部屋 デラックスルームサンセットビュー_アメニティ

コットンセットには、綿棒とゴム、コットン。

髭剃りはシェービングジェル付き。

ドライヤーはパナソニックのいいやつ。

バスソルトも用意されているので、大きなお風呂で疲れを癒せます。

ハンガーも十分。

使い捨てスリッパも用意されていて、連泊時はお掃除ごとに新しい使い捨てスリッパを補充してくれました。

アイロンもあり。

子ども用も含め人数分のパジャマ。

上下が分かれているパジャマで寝やすいです。

浴衣や1枚だけのロングタイプだとどうしてもめくれて寝にくいんですよね。

子ども用のパジャマもあり。

ビーチリゾートだけあって、子ども用のアメニティもイルカモチーフで可愛い。

子ども用スリッパ、歯ブラシ、イルカスポンジ。

窓からの景色

サンセットビューのお部屋の一番の楽しみはこの景色!

プールと海が一望できます。

奥には宮古ブルーの海と、伊良部大橋。

夕方にはきれいなサンセット。

涼しくなる夜もとてもいい雰囲気。

もう別にハワイに行かなくてもいいかなと思ってしまうくらい。

この椅子に座ってのんびり外を見ているだけで幸せ。

ただ、海から見て左側のウイングだと真正面が絶賛工事中。

2026年にキャノピーbyヒルトン沖縄宮古島リゾートが完成してしまえば、一大ヒルトンリゾートとして、とてもいいビューになりそうですね。

客室タイプごとの景色

ヒルトン沖縄宮古島リゾートのビューは、大きく3つ。

3つのビュー

  • 豊かな緑と遠くに広がる町並み
    ビューの名前がついてない部屋
  • トゥリバーマリーナ方面の開放的なオーシャンビュー
    オーシャンビュー
  • オーシャンビューとともに伊良部大橋全景と美しいサンセット
    サンセットビュー

豊かな緑と遠くに広がる町並みのビューイメージ

部屋からのビューではないので、参考ですが、海は見えず、緑と遠くに街が見えるビュー。

海と反対側なのエントランスを向いている部屋になります。

あまり値段が変わらないので、せめてオーシャンビューのほうが景色を楽しめますね。

トゥリバーマリーナ方面の開放的なオーシャンビュー

こちらも部屋からのビューではないので参考ですが、伊良部大橋は見えないもの、宮古ブルーを楽しめます。

オーシャンビューとともに伊良部大橋全景と美しいサンセットビュー

ヒルトン宮古島で一番のおすすめは、サンセットビュー。

宮古ブルーを堪能できますし、プールも見えてリゾート感もばっちり。

何よりサンセットを部屋のテラスで楽しめます。

レストランでの朝食

朝食は、1階のAZUREでビュッフェ。

朝食券で食べられるのがなんと6時半~14時とランチの時間帯までOKなのが嬉しい。

沖縄料理がたくさんおいてあり、とても楽しめる朝食。

テラス席もあり、朝の時間帯は陽が入らないので夏でも気持ちよく食事ができます。

詳しくは別記事にまとめるのでそちらをご覧ください。

エグゼクティブラウンジ

ヒルトン宮古島のエグゼクティブラウンジは、オーシャンビュー!

エグゼクティブルームやスイートルーム宿泊の方とダイヤモンド会員の方が利用できます。

テラス席も用意されているので朝食やカクテルタイムに気持ちがいいです。

カクテルタイムには、無料でお酒だけでなく、軽食も無料。

詳しくは別記事にまとめるのでそちらをご覧ください。

プール、海、プレイルーム、フィットネス、コインランドリー

プール

プールは4種類もあり、こちらは大人専用プール。

みんなが入れるファミリープール。

ウォータースライダー付きの浅いキッズプール。

最後に室内プール。

すぐに行き来できる海もあるので十分楽しめます。

プールから歩いてすぐ宮古ブルーの海!

パラソルも用意されていますが、このパラソルの運営はヒルトンではないので、別料金。

宿泊者なら1日3,000円なので、比較的良心価格ですが借りている人は殆ど見かけませんでした。

透明度も高くて、きれい。

プレイルーム

子ども用のプレイルームも有料ですが用意されています。

初日は大雨に降られてしまってプールも海も厳しかったのですが、プレイルームがあったのでここで遊んで大満足。

こういうのが用意されているだけで違います。

フィットネス

規模は小さいですが、24時間オープンのフィットネス。

コインランドリー

1階にはコインランドリーが用意されていて、4台。

洗濯から乾燥までやってくれて、洗剤も不要。

洗濯乾燥で500円~600円、洗濯のみ300円。

小銭だけでなく、QRコード決済が利用できるのがありがたい。

アクセス

アクセス


  • 宮古空港から:約15分
    下地島空港から:約25分
  • 駐車場
    無料(300台)
    ※バレーサービスを利用する場合は1滞在3,000円(3泊までで4泊目からは1日1,000円加算)
  • 無料シャトルバス
    宮古空港シャトルバス:約15分(無料。予約不要)
  • 有料リムジンバス
    みやこ下地島エアポートライナー:約20分

駐車場は広くて停めやすいです。

ただ、エントランスがとても長いので、駐車場からホテル内まではちょっと歩きます。

ホテルの周りには何もなく、最寄りのコンビニは、車なら3分、徒歩22分と車がないと厳しい距離。

ホテル内にはおしゃれな売店しかないので、レンタカーがないとちょっとしたものを買うには不便。

タイムズカーシェアがホテル内駐車場に用意されているので、ちょこっと利用で使うのもあり。

ヒルトン沖縄宮古島リゾートに25%オフで泊まる方法

ヒルトン宮古島にいつでも25%オフで宿泊する方法があります。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)という、有料会員制度に入会するだけ。

25%割引のプランでも、キャンセルも直前まで可能なので、急な予定変更でも安心。

通常初年度25,000円の年会費が必要で、2年目以降は年会費1万円かかりますが、毎年1万円の割引券がもらえるので実質無料。

初年度だけどうにかすれば、継続する限りずっとお得。

HPCJについては、「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンは本当にお得?実質無料で入る方法と1年間使った感想は?」で詳しく解説しています。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン会員証
ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンは本当にお得?実質無料で入る方法と1年間使った感想は?

続きを見る

そんなHPCJも、ヒルトンアメックスを持てばHPCJに実質無料で入会可能。

ヒルトンアメックス(年会費16,500円)ですが、2名分の朝食が無料になることを考えると、2泊~3泊するだけで簡単に元がとれます。

エグゼクティブラウンジも利用したいなら、ヒルトンアメックスプレミアムがおすすめ。

カクテルタイムにお酒やおつまみを無料で楽しめますし、プールの休憩にエグゼクティブラウンジでくつろげたりとラウンジが使えるととにかく便利。

ヒルトンアメックスプレミアム&ヒルトンアメックス入会キャンペーン
ヒルトンアメックス&ヒルトンアメックスプレミアムお得な入会キャンペーン!ゴールドステータスで朝食無料&無料宿泊特典も

続きを見る

ヒルトンアメックスプレミアムの入会キャンペーン

ヒルトンアメックスプレミアム券面画像

最大39,000ポイント獲得

ヒルトンアメックスプレミアムの入会・キャンペーン詳細はこちら

最上位ダイヤモンドステータス獲得可能

ヒルトンアメックスの入会キャンペーン

ヒルトンアメックス券面画像

最大16,000ポイント獲得可能

ヒルトンアメックスの入会・キャンペーン詳細はこちら

持つだけでゴールドステータス

まとめ

ヒルトン沖縄宮古島リゾートには4つのプールがあり、歩いてすぐに宮古ブルーの海。

子ども用のプールやスライダーがあり、安全対策にライフジャケットやヘルパー、ビーチバンの無料貸し出しもあり子ども連れでもとても安心。

やっぱり、子ども連れだと部屋から遊びのスポットに歩いていけるのは本当にありがたい。

親もとてものんびりできて、ただの宿泊施設ではなく、ホテル滞在を目的に宮古島に行きたくなるくらいでした。

ヒルトン宮古島はこれからクマ家の夏の定番になりそう。

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

X(旧Twitter)フォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-ヒルトンオナーズ, ホテル宿泊記