JCBプラチナ05

JCBプラチナ・ゴールド

JCBプラチナの審査基準は?JCBゴールドからのアップグレードで入手!

「JCBプラチナ」を「JCBゴールド」からのアップグレードで入手しました!

漆黒の券面がしびれる「JCBプラチナ」。

自分で申し込みが可能なプラチナカードで、コンシェルジュデスクも付いているJCBプラチナの審査基準と入手までをレポートします。
JCBOSplatinum_300×250

JCBプラチナとは?

JCBプラチナ券面画像

JCBプラチナ 」とは、JCBオリジナルシリーズのプラチナカードです。

JCBのブラックカードである最高峰「JCBザ・クラス」(招待制)に次ぐ、2番目にランクの高いクレジットカード。

JCBプラチナの詳細はこちらの記事で↓

JCBプラチナ03
JCBプラチナはコンシェルジュ付のコスパ最強カード!入会キャンペーンもお得

審査基準

公表されている審査基準

公表されている「JCBプラチナ」の審査基準は、

25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

「JCBゴールド」の審査基準は、「20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」ですので、年齢は5歳厳しくなっていますね。

独自の審査基準を推測

年収などは非公開なので、あくまで推測です。

25歳の平均年収は345万円。

それよりも大きく上回っていれば、いきなりJCBプラチナからの申し込みでも、審査が通る可能性があります。

ただ、年収はあくまで自己申告制。

最重要審査ポイントには、なりえないですね。

一番重視するのは利用実績

JCBが一番重視するのは、JCBカードの利用実績(クレジットヒストリー)。

一番評価が高いのが、

  • 日常的にJCBカードを利用している
  • 毎月のカード利用代金の支払い遅れなし
    (JCB以外のカードやスマホ分割代金の支払も遅れなし)

やはり、JCBカードを利用している方のほうが、信用度が高く、審査が通りやすいですよね。

一方、まだJCBカードを持っていない場合は、利用実績が他のカードでしかないので、審査は厳しくなるかと。

実際、JCBゴールドを初めて取得した時の限度額は、50万円とかなり辛め。

JCBはゴールドカードでも、こんなに限度額が小さいのかと思いました。

その後、年間100万円ペースでカード利用をしていくと、100万円まで限度額がアップ。

やはり、JCBは利用実績重視なんだなと感じましたね。

もし、年収が心配であれば、まずは、年会費無料で作れる「 JCBゴールド 」からスタートして、JCBでの利用実績を積むのもありですね。

JCBゴールド 券面画像
JCBゴールド入会キャンペーンで初年度年会費無料!エンターテイメントに強いカード

申し込みからJCBプラチナ到着まで

JCBゴールドでの利用実績

参考に、アップグレード申請時のJCBゴールドでの利用実績を。

JCB歴はちょうど1年。

JCBプラチナへのアップグレードを申請時点での利用実績は、「1年間で110万円」くらいです。

JCBゴールドからJCBザ・クラスへの道 ロードマップ

JCBプラチナが登場する前のJCBザ・クラスへの道は、年間100万円以上の利用を2年連続が入り口だったので、100万円超えで調整していました。

JCBゴールドからのアップグレード

JCBゴールドからJCBプラチナにアップグレード

サポートデスクに電話したところ、My JCBから申し込みができるということで、11月2日にアップグレードを申し込みました。

My JCBでのJCBプラチナアップグレード1

My JCBにログインします。

My JCBでのJCBプラチナアップグレード2

もっと便利なカードライフの中にある「各種カードのお申込み」をクリック。

My JCBでのJCBプラチナアップグレード3

アップグレードが可能なカードがある場合は、ここに「カードのアップグレードのお申込み」が出てくるので、ここをクリックすると、アップグレードの申請が始まります。

My JCBでのJCBプラチナアップグレード4

聞かれるのは、年収、借入の状況、キャッシング枠の希望金額、免許証番号くらいです。

JCBプラチナアップグレード完了画面

11月2日の深夜にアップグレードの依頼をMyJCBで完了。

なんと、翌日の11月3日には、「手続きが完了したので、2週間程で送るね」のメールが!

審査自体は、かなり早いです。

JCBプラチナ01

11月13日の10日後には、書留で届きました。

かっこいい券面

JCBプラチナ03

かっこよすぎる。

漆黒のブラック。

JCBプラチナ02

そこに銀色のJCBのロゴや、プラチナの文字が輝く。

写真ではわかりづらいですが、銀色の部分は光の加減で光のラインが入り、なんともかっこいいです。

限度額はちょとアップ

限度額は、アップグレード申し込み前が100万円。

JCBプラチナにアップグレードされたことで、150万円にアップしました。

それでも、1ランク下の「JCBゴールドザ・プレミアム」の限度額と同じくらい。

「JCBザ・クラス」の招待までは、まだまだ修行が足りないですね。

新規申し込みはHPから直接できる

初めてのJCBオリジナルシリーズなら、HPから直接申し込みができ、かつ、入会キャンペーンの対象です。

新規入会で最大18,000円分ポイントプレゼント & スマホ決済で20%還元

JCBプラチナの入会・キャンペーン詳細はこちら

2019年9月30日までの期間限定

コンシェルジュデスクが使えるようになった

JCBプラチナ04

JCBプラチナの最大の魅力は、プラチナ・コンシェルジュデスクが、24時間365日無料で利用できること。

届いたばかりなのでまだ利用していませんが、さっそく使ってみたいですね。

特にJCBは、チケットには強いので、入手が難しい公演の手配とかには活躍してくれそうです。

JCBプラチナ専用HP

JCBプラチナ専用HPもあり、プライオリティパスの依頼や、JCBプレミアムステイプランやグルメベネフィットの閲覧が可能。

まとめ

JCBプラチナも、審査の最重要項目は、利用実績。

コツコツ日常生活でJCBカードを利用していけば、コンシェルジュデスクが利用できる。

JCBプラチナは、年会費25,000円(税別)でコンシェルジュデスクが利用できるので、コスパはかなりいいカードですね。

【こちらの記事も読まれています】

JCBザ・クラスへの道のり
JCBプラチナ登場でJCBザ・クラスへの道のりに変化!ゴールド、ザ・クラスとの違いは?
SPGアメックス大空 300x250

旅マイルメールマガジン

旅マイルメールマガジンに登録すると、メール限定記事をお届け!

最新の旅をお得にする情報、マイル情報、クレジットカードキャンペーン情報をお送りします。

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

いいねで更新情報が届きます

-JCBプラチナ・ゴールド

Copyright© 旅マイル , 2019 All Rights Reserved.