JCBプラチナ03

JCBプラチナ・ゴールド

JCBプラチナはコンシェルジュ付のコスパ最強カード!入会キャンペーンもお得

投稿日:

JCBプラチナを手にして、実際にコンシェルジュデスクを使ってみました!

25,000円(税別)で、24時間365日秘書サービスが利用できるなんて…

JCBプラチナのメリット・デメリット、入会キャンペーンについてまとめてみました。

JCBプラチナはコンシェルジュデスクが使えるコスパ最強カード

JCBプラチナ券面画像

JCBプラチナ は、JCBオリジナルシリーズのプラチナカード。

年会費25,000円(税別)、家族カード1枚無料で、コンシェルジュデスクが使える高スパ最強カード

通常、コンシェルジュデスクが使えるクレジットカードは、年会費が10万円を超すカードが多い中、破格です。

しかも、招待を待たずして、自分から申し込むことができるのも魅力。

JCBオリジナルシリーズの最高峰、「JCBザ・クラス」に次ぐ、ステイタスを有するカードです。

JCBプラチナ入会キャンペーン

カード登場を記念して入会キャンペーンが充実しています。

2018年3月31日までの入会で、新規入会で最大14,000円分のプレゼント中。

JCBプラチナのコンシェルジュデスク

24時間年中無休で対応してくれる秘書

コンシェルジュデスクとは、秘書サービスのこと。

例えば、こんなことをお願いできます。

  • 大事な人の誕生日だから、それにふさわしいレストランの提案・予約
  • 予算一人3,000円以内で美味しい焼き鳥が食べられる居酒屋のリサーチ・予約
  • テレビで見かけた女優さんが身につけているアクセサリの手配
  • 世界一周旅行の手配
  • 人気コンサートチケットの手配

実際にコンシェルジュデスクに頼んでみた

ちょうどお客様との打ち合わせの予定があり、駅チカの落ち着いて打合せができるスペースが必要に。

いつもなら、自分で調べて禁煙で、スペースが広いお店を口コミを見ながら時間をかけて探す場面。

そこで、JCBプラチナのコンシェルジュデスクに電話して探してもらうことにしました。

24時間受け付けてくれるので、22時と遅い時間でしたが、電話できるのがありがたい。

フリーダイヤルに掛けると0コールで電話に出てくれました。

クマ
●駅近くで禁煙の落ち着いて打合せができるスペースを探してほしいのですが?

話を始める前に、まずは、カード番号と名前を伝えて、本人確認。

オペレーター
●駅近くで、禁煙で、打合せができるスペースですね。お調べするにあたり、少し質問してもよろしいでしょうか?
オペレーター
今回ご利用の日付とお時間、何名でのご利用か教えて頂けますでしょうか?

それ以外にも希望する雰囲気などを聞かれ、明日のお昼ころまでにご返事しますとのことで、依頼が完了しました。

翌日のお昼に、折り返しの電話があり、なかなか落ち着いた打ち合わせスペースがない駅にも関わらず、予約可能なお店までピックアップしてくれました。

急ぎの場合は、電話での回答が早いそうですが、回答までの時間があれば、メールでの回答も可能とのことでした。

普通なら調べるのに意外と時間が取られてしまうところ、電話ひとつで丸投げできるのは、とても助かります。

本当のお金持ちなら、本物の秘書がやってくれるのでしょうが、そうでないなら、クレジットカードの秘書サービスはありがたいですね。

コンシェルジュデスクは、一度手にすると手放せないサービス

JCBプラチナのメリット・特典

JCBプラチナのメリット・特典はたくさんありますが、これはいい!というのを挙げると次の7つ!

  • コンシェルジュデスクが利用できる
  • グルメ・ベネフィット
  • JCBプレミアムステイプラン
  • プライオリティ・パス & 国内空港ラウンジ
  • JCB Lounge 京都 & USJ JCBラウンジ
  • 国内・海外航空機遅延保険
  • 国内・海外旅行保険

コンシェルジュデスクは前述の通り、最大の特典。

それ以外についてもみていきます。

グルメ・ベネフィット

イタリアンレストランウィーク2017 エリオ 肉料理1

グルメ・ベネフィットとは、有名レストランで所定のコースメニューを2名以上で利用すると、1名無料になるサービス。

コース料理は、レストラン毎に決まっていますが、8,000円くらいのコースから、30,000円のコースもあるので、普段はなかなか行けない、高級レストランで、お得に食事を楽しむことができます。

JCBプレミアムステイプラン

鬼怒川金谷ホテルグレードアップ和室露天風呂昼間

JCBプレミアムステイプランとは、ホテルと旅館の優待サービス。

ホテル編と旅館編に分かれており、日本全国の人気のホテルや旅館で、

  • 優待価格での宿泊
  • 客室のアップグレード
  • 朝食サービスやエグゼクティブラウンジ無料
  • 銘酒や銘菓のプレゼント

などの特典が受けられます。

プライオリティ・パス & 国内空港ラウンジ

プライオリティパス

プライオリティパスとは、世界中900箇所以上の空港ラウンジが利用できるパスのこと。

通常なら、年会費249ドル(約27,000円)必要ですが、JCBプラチナなら、無料で発行できます。

残念ながら、プライオリティ・パスは、本会員のみが対象で、家族カードには付きません。

同伴者は、1回2,000円(税別)で利用できます。

それに加え、国内41空港ラウンジとハワイのラウンジが無料で利用できます。

JCB Lounge 京都 & USJ JCBラウンジ

JCBプラチナなら、「JCB Lounge 京都」や「USJ JCBラウンジ」が利用できます。

これまでは、JCBゴールドしか持っていなかったので、これでようやく特別なJCBラウンジが利用できます。

「USJ JCBラウンジ」なら人気アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」を待たずして乗れる特典も。

上位のカードである「JCBザ・クラス」では利用できる、ディズニーリゾートのラウンジが使えないのは、残念。

国内・海外航空機遅延保険

航空機遅延保険とは、飛行機に関するトラブルをカバーしてくれる保険です。

4つのケースについて、国内線・国際線問わず補償してくれる充実ぶりです。

国内線までカバーするカードの保険は少ないので、さすがプラチナカードですね。

  1. 飛行機が欠航や遅延した場合
    食事代を2万円まで補償
  2. 飛行機の遅れで乗り継ぎに失敗した場合
    ホテル宿泊費や食事代を2万円まで補償
  3. 預けた荷物が手元に届くのが6時間以上遅れた場合
    生活必需品購入費用を2万円まで補償
  4. 預けた荷物が紛失してしまった場合
    洋服代、生活必需品購入費用を4万円まで補償

国内・海外旅行保険

JCBプラチナでは、本会員、家族カード会員だけでなく、その家族まで海外旅行保険で補償してくれる充実ぶりです。

補償金額も、一番必要なケガや病気も1,000万円も補償してくれるので、別途海外旅行保険に入る必要が無いくらい補償が厚いです。

しかも、自動付帯なので、JCBプラチナを持っているだけで、自動的に補償されます。

海外旅行保険については、完璧ですね。

+ 補償内容を確認する場合は、クリックすると展開します

【海外旅行保険】自動付帯

本会員・家族会員 家族特約
死亡・後遺症 1億円 1,000万円
ケガによる治療費 1,000万円 200万円
病気による治療費 1,000万円 200万円
賠償責任 1億円 2,000万円
携行品の損害 100万円 50万円
救援者費用 1,000万円 200万円

【国内旅行保険】自動付帯

死亡・後遺症 1億円
入院 日額5,000円
手術 5,000円×10~40倍
通院 日額2,000円

JCBプラチナのデメリット

年会費25,000円(税別)で、コンシェルジュデスクが付く、コスパ最強カードですが、デメリットもあります。

  • Oki Dokiポイントのマイルへの交換が弱い
  • 海外で利用できないお店が多い

Oki Dokiポイントのマイルへの交換が弱い

このデメリットは、マイルを貯めている人にとっては、残念。

ANA、JAL、デルタスカイマイルに交換可能なのですが、

1ポイント=3マイル(1,000=3マイル)

マイルが貯まるカードの合格点は、「100円=1マイル」なので、マイルを貯めるためのクレジットカードとしては、物足りないですね。

ポイント制度については、後述しますが、マイル移行以外であれば高還元率。

海外で利用できないお店が多い

jcb

JCBカード最大のデメリットは、海外で使えないお店があること。

JCBは、日本発のカードブランドなので、まだまだ世界での普及度は十分でないです。

ただ、海外旅行でJCBが使えないのかというと、実は、海外旅行で活躍するんです。

ハワイ、グアム、台湾など日本人観光客に人気のある国で、かつ、日本人観光客が多く行くお店では、JCBカードが普通に利用できます。

しかも、支払に使えるだけでなく、JCBカードを提示するだけで、割引やプレゼントをもらえたりします。

また、JCBラウンジやJCBデスクで、日本語でレストラン予約や現地ツアーをお願いすることもできたりと、海外旅行にあると嬉しい特典が豊富

海外旅行に行くなら、JCBプラチナに、VISAかMasterCardのカードを1枚プラスすれば、安心です。

海外旅行におすすめのクレジットカード
【最新版】海外旅行に持って行くクレジットカードのおすすめはこれ!

海外旅行に必須のクレジットカード! 2017年版「海外旅行におすすめのクレジットカード」を厳選しました! クレジットカードは本当に沢山の種類が発行されているので、どれを持つべきなのか選ぶのが本当に難し ...

続きを見る

JCBプラチナのポイント制度(Oki Dokiポイント)

ポイントを貯める(還元率)

JCBプラチナは、JCBオリジナルシリーズのため、Oki Dokiポイントが貯まります。

1,000円=1ポイント(海外利用分は2倍)

1,000円単位だと、1,000円未満の利用では損してしまうのでは?

と思ってしまいますが、ポイントは、1ヶ月分まとめた金額で計算されるため、1回1,000円未満の利用でも無駄になりません。

ポイントの価値は、

1ポイント=5円なので、ポイント還元率は0.5%

正直、ポイント還元率1%欲しいところなので、ちょっとポイントは力不足?

と思わせておいて、JCBプラチナをメインカードにした場合は、ポイント還元率がアップします。

JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)

JCBスターメンバーズ

「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」とは、JCBカードを一定額以上利用するとボーナスポイントがもらえる、サービスのこと。

金額に応じて、以下のボーナスがもらえます。

年間利用金額 ランク ボーナス 還元率
300万円以上 ロイヤルα(アルファ)PLUS 70%アップ 0.85%
100万円以上 スターα(アルファ)PLUS 60%アップ 0.8%
50万円以上 スターβ(ベータ)PLUS 30%アップ 0.65%
30万円以上 スターe(イー)PLUS 20%アップ 0.6%

年100万円以上利用する方なら、0.8%、さらに年300万円以上利用するなら、0.85%と合格のポイント還元率に近づいてきます。

ポイントアップ

Oki Doki ランド

  • JCB ORIGINAL SERIESパートナー店
  • Oki Doki ランド

2つのポイントアップのルートがあるので、実店舗でも、ネットショップでも、ポイントが2倍~20倍にアップします。

加盟店も、Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどのネットショップや、セブンイレブン、イトーヨーカドー、スターバックスなど普段使いできるお店がたくさん。

特に、Amazonは、両方に加盟しているため、3倍(ポイント還元率1.5%)!

どんなお店がはいっているかは、こちらを↓

JCB ORIGINAL SERIESパートナー店

Oki Doki ランド

結局、ポイントは貯まりやすいの?

結論は、JCBプラチナのポイントは、メインカードとして利用するなら、貯まりやすく、高還元率!

ポイント制度がややこしいので、結局、ポイントが貯まりやすいのか、貯まりにくいのか分かりづらいのが難点。

年間100万円以上利用して、特に、ポイントアップが受けられるネット通販の利用が多いなら、軽く1%の還元率は超えます

実は、ポイントが貯まりやすいカードなんです

もっとシンプルならわかりやすいんですけどね。

ポイントの有効期限

獲得月から5年間

一般カードは2年間なので、JCBプラチナは、3年有効期限が伸びています。

無期限ではないですが、少ないポイントから使うことができるので、交換さえ忘れなければ、ポイント失効はないでしょう。

ポイントを使う

ポイントの使い道は、ポイント移行や、家電製品、ディズニーやUSJチケット、商品券などとにかく豊富。

ただ、すべてがお得な使い道ではなく、ポイントの価値は、

1ポイントの価値=3円~6円(0.3%~0.6%)

せっかく貯めたポイントなので、できればお得な交換先に交換したいところ。

損をしない&使い勝手の良い、交換ルートを挙げるとこちら。

1ポイント単位ならこれ

Oki Dokiポイントは、嬉しいことに1ポイントから交換可能です。

1ポイント単位でお得に交換できるものをピックアップするとこの2つ。

  • Tポイント
    1P ⇒ 4Tポイント or 1P ⇒ 5Tポイント(らくらく自動移行コースの場合)
  • Amazon
    1P ⇒ 3.5円相当でショッピングに充当

Tポイントは、「らくらく自動移行コース」と呼ばれる、Oki Dokiポイントを自動的にTポイントに移行するコースを選択すれば、「1P=5円」相当で交換可能なんですが、逆に言うと、Tポイント以外には交換できなくなります。

Amazonはポイント価値は3.5円と低めですが、手軽に使えるのが魅力です。

200ポイント~ならこれ

200ポイント以上あれば、5円近い価値で利用できます。

  • nanaco
    1P ⇒ 5nanacoポイント
  • ビックカメラ
    1P ⇒ 5ビックポイント
  • 楽天
    1P ⇒ 4楽天スーパーポイント
  • WAON
    1P ⇒ 4WAONポイント

1,400ポイントあれば一番オトク

個人的におすすめが1,400ポイント貯めること。

1,400ポイントあれば、5円以上の価値で交換できます。

  • ディズニーリゾート1Dayパス
    1,400円 ⇒ 7,400円相当(5.2円)
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン1Dayパス
    1,400円 ⇒ 7,600円相当(5.4円)

レジャーチケットに交換すれば、もらってうれしい、使って楽しいので、いいですよね。

ギフトカード&キャッシュバック

ギフトカードやキャッシュバックにも交換できます。

ギフトカードなら、1,050ポイントから交換でき、4.7円~4,9円。

  • 1,050ポイント ⇒ JCBギフトカード5,000円(4.7円)
  • 2.050ポイント ⇒ JCBギフトカード10,000円(4.8円)
  • 3,050ポイント ⇒ JCBギフトカード15,000円(4.9円)…

キャッシュバックなら、1,000ポイントからなら、4.5円でキャッシュバックを受けられます。

  • 500ポイント~ 1ポイント ⇒ 3円キャッシュバック
  • 1,000ポイント~ 1ポイント ⇒ 4.5円キャッシュバック

マイル交換はちょっと残念

マイルへの交換は、3社に交換可能。

【交換先】

ANA(全日空)
JAL(日本航空)
デルタ航空

【交換レート】

1P ⇒ 3マイル

【交換単位】

500P以上1ポイント単位で、移行手数料は無料

他のマイルカードは、1,000円の利用で、10マイルに交換できるため、交換レートは悪いですね。

ただし、1マイルの価値は2円~3円なので、他のマイルカードでマイルを貯めているなら、それと合わせてOki Dokiポイントも、マイルに交換するのは、ありですね。

マイルを貯める目的なら、マイルカードをメインに使ったほうがお得です。

ANAマイルを貯めるなら→マイルが良く貯まるおすすめのANAカードは?失敗しないANAカードの選び方!

JALマイルを貯めるなら→JALカードのおすすめはこれ!JALマイルを無期限に貯める方法も!

デルタスカイマイルを貯めるなら→デルタアメックスゴールドの入会キャンペーン!上級会員ゴールドメダリオン自動付帯は魅力的過ぎ!

JCBザ・クラスへの登竜門

JCBザ・クラスへの新ルート

JCBカードの最高峰は、「JCBザ・クラス」(JCB THE CLASS)。

正直、JCBプラチナの登場で、差は、ディズニーリゾートのラウンジと、25,000円相当のメンバーズセレクションくらい。

それでも欲しい、JCBのブラックカードを目指すなら、JCBプラチナで決済額を積み上げて、利用実績を作ることから。

JCBザ・クラスとの差やインビテーションについてはこちらの記事にまとめています。

JCBザ・クラスへの新ルート
JCBプラチナ登場でJCBザ・クラスへの道のりに変化!ゴールド、ザ・クラスとの違いは?

JCBプラチナが登場! JCBコンシェルジュデスクが使えるプラチナカードが自分から申し込めるように。 JCBザ・クラスへのルートの変化、JCBゴールド、ザ・クラスとの違いについてまとめてみました! 目 ...

続きを見る

JCBプラチナの審査・審査難易度

JCBプラチナの審査と審査難易度はこちらの記事にまとめています。

JCBプラチナ05
JCBプラチナの審査基準は?JCBゴールドからのアップグレードで入手!

「JCBプラチナ」を「JCBゴールド」からのアップグレードで入手しました! 漆黒の券面がしびれる「JCBプラチナ」。 自分で申し込みが可能なプラチナカードで、コンシェルジュデスクも付いているJCBプラ ...

続きを見る

まとめ

JCBプラチナは、24時間365日対応してくれる秘書が、年会費25,000円(税別)で無料でついてくる。

しかも、家族カード1枚無料。

やはり、コンシェルジュデスクがついて、この年会費は、最強の高コスパカード。

カード登場を記念して入会キャンペーンが充実しています。

2018年3月31日までの入会で、新規入会で最大14,000円分のプレゼント中。

おまけ JCBプラチナ特典一覧

券種 プラチナ
年会費(税別) 25,000円
家族カード 1枚無料
Oki Dokiポイント  1,000円=1P
Oki Dokiボーナスアップ 最大70%
ポイント有効期限 5年
コンシェルジュ
メンバーズセレクション -
JCB Lounge 京都
ディズニーJCBラウンジ -
USJ JCBラウンジ
空港ラウンジ
プライオリティ・パス
JCBプレミアムステイプラン
ザ・クラスダイニング -
グルメ・ベネフィット
ダイニング30
海外旅行保険
国内旅行保険
ゴルファー保険 -
券種 プラチナ

 

いいねで更新情報が届きます

おすすめ記事一覧

あのアメックスゴールド&グリーンが年会費無料!入会キャンペーンが選べる! 1

2017年12月のアメックスゴールド、アメックスグリーンの入会キャンペーンは、「初年度年会費無料」と「大量ポイントプレゼント」が選べる! 「世界一のステータスカード」アメリカン・エキスプレスカード(ア ...

海外旅行におすすめのクレジットカード 2

海外旅行に必須のクレジットカード! 2017年版「海外旅行におすすめのクレジットカード」を厳選しました! クレジットカードは本当に沢山の種類が発行されているので、どれを持つべきなのか選ぶのが本当に難し ...

SPGアメックスごゴールドプリファードゲスト会員証 3

SPGアメックス(amex)を持って2年使った感想は、ずばり最強カード。 部屋アップグレード、朝食・クラブラウンジ無料など高級ホテルでVIP待遇。 さらに、JALやANAのマイルカードとしても使えるポ ...

ダイナース入会キャンペーン 4

ステータスカードなのにポイントがとにかく貯まり、ANAやユナイテッド航空のマイルに交換可能。 世界中の空港ランジが無料で使えて、高級レストランも半額に。 特典満載のダイナースクラブカードのメリット・デ ...

ANAアメックスとANAアメックスゴールドの入会キャンペーン 5

ANAマイルが3年で消えてしまって、特典航空券に交換できなかった!!という方に救いのカードが、ANAアメックスゴールドと、ANAアメックス。 ANAマイルを無期限に貯めることができるので、特典航空券が ...

-JCBプラチナ・ゴールド

Copyright© 旅マイル , 2017 All Rights Reserved.