fbpx
成田空港の飛行機

おすすめはマイレージプログラム使い分け

マイル上級者なら、複数のマイレージプログラムを使い分ければ、マイルはもっと使いやすくなる!

  • なかなか特典航空券が取れずにイライラする
  • 貯めているマイレージプログラムには直行便がない
  • あのマイレージプログラムなら必要マイルが少なくて済むのに
  • 陸マイラーでもっとうまくマイレージプログラムを使いこなしたい
  • 貯めていたマイレージプログラムが改悪されて使いづらくなった

こんな時、複数のマイレージプログラムを使い分けられると選択肢がぐっと広がります。

アメックス特集-11_300x250

おすすめの方

JAL国内線からの景色

マイレージプログラムを制するコツは、ひとつのマイレージプログラムに絞ること

ただ、ひとつに絞ると、直行便がなかったり、特典航空券の空きがなく、全然取れない時も。

そんなとき、複数のマイレージプログラムを使い分けられると、マイルをお得に貯めながら、フライトが柔軟に選べる!

こんなあなたにオススメです。

  • 特典航空券がなかなか取れずイライラしている方
  • 旅行好きで、色々な国に行く方
  • 旅行の計画はいつも直前
  • 陸マイラー(飛行機に乗らずしてマイルを貯める方)でマイルについて調べるのが好きな方
  • ブリティッシュエアウェイズやシンガポール航空など、提携クレジットカードがないマイレージプログラムをメインにしている方

複数のマイレージプログラムを使い分けるメリット

ANA機着陸

行き先によってマイレージプログラムを選んで使える

複数のマイレージプログラムを使い分ける最大のメリットは、マイレージプログラムを使い分けることができること。

各マイレージプログラムは行き先によって必要マイル数が違うので、理想は使い分けること。

行き先によって必要マイルはこれだけ各社異なります(成田発の標準必要マイル数)。

航空会社 ANA JAL DL BA UA
羽田ー大阪 10,000 12,000 15,000 15,000 11,000
羽田ー新千歳 12,000 15,000 20,000 15,000 11,000
羽田ー那覇 14,000 15,000 20,000 20,000 18,000
グアム 22,000 20,000 35,000 22,000 30,000
香港 20,000 20,000 35,000 22,000 40,000
バンコク 30,000 27,000 35,000 26,000 40,000
ハワイ 35,000 40,000 60,000 41,500 55,000
ニューヨーク 40,000 50,000 70,000 62,000 70,000
ロンドン 45,000 45,000 100,000 39,000 90,000
シドニー 37,000 36,000 80,000 51,500 60,000

※DL:デルタ、BA:ブリティッシュエアウェイズ、UA:ユナイテッド
※オフシーズンの設定がある路線はオフシーズンのマイル数
※デルタのみ羽田ー神戸のマイル数
※デルタ、ユナイテッドは時期に応じた変動性のため時期により異なる

行き先によって有利なマイレージプログラムがこれだけ変わるので厄介ですね。

一つのマイレージプログラムで貯めている場合は、行きたい所の必要マイルが他に比べて多くても、そのマイレージプログラムを利用するほかありません。

複数使い分けられる場合は、行き先に応じて使い分けられるので、それだけ有利と言えますね。

特典航空券の取りやすさが違う

ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィーク、お正月、春休みの繁忙期。

日本人会員が多いANAやJALの特典航空券は、あっという間に満席

1年前の予約開始と同時に予約しないと取れないくらい。

なんとか検索画面で出てきても、空席待ち

そんな時、日本人会員が少ない外資系のマイレージプログラムだと簡単に特典航空券を取れる時も。

デルタ航空なら、ANAやJALではなかなか取れないハワイ便の特典航空券も直前でも取得可能。

ブリティッシュエアウエイズは、JALと同じワンワールドに加盟しているため、JAL便の国内線や国際線の特典航空券に交換可能。

JAL便では特典航空券が満席でも、ブリティッシュエアウエイズ経由だと取れることも。

その時々に応じて使い分けるメリットはかなり大きいです。

マイレージプログラムの改定に強い

マイレージプログラムは頻繁に改定が行われるので、これまではA社が使いやすかったけど、改定後はB社が使いやすいといったこともしばしば。

近年は改悪がよく行われており、有利なマイレージプログラムがその時々変わってきます。

そんな時、使い分けられると、その時一番有利なマイレージプログラムで無料特典航空券がゲット出来る!

複数のマイレージプログラムを使い分けるデメリット

デルタ航空とユナイテッド航空

マイルを集中出来ない

ひとつのマイレージプログラムに集中したほうがマイルは貯まります。

また、ANA、JALといったマイレージプログラムの場合、ネットショッピングでマイルがプラスされるポイントアップモールなどマイルを貯める機会が沢山。

ひとつに絞っている場合は、そのプログラムだけに集中するので、効率よくマイルを貯められます。

一方、複数使い分けてしまうと、このポイントはこっちに、あのポイントはあっちにと、分散しがちに…。

分散するとやはり貯めずらくなります。

メインのマイレージプログラム、サブのマイレージプログラムと2つ~3つに絞っておくと貯めやすくなります。

面倒くさい

各社のマイレージプログラムを比較する必要があるので、ちょっと面倒くさいです。

比較するのは交換する時に確認すればいいので、一時だけの問題ですね。

移行にタイムラグがある

いざ旅行に行きたくなってもポイントをマイルに移行するには1~2週間くらい必要なため、マイル移行している間に無料特典航空券がいっぱいということも。

決めたら素早い行動は必要ですね。

複数の航空会社のマイルを貯める方法

成田空港展望デッキからの景色

複数のマイレージプログラムを貯める方法は、複数のマイレージプログラムに交換できるクレジットカードを活用するだけ

①クレジットカードでポイントを貯める

②使うまではクレジットカードのポイントで保有しておく

③マイルを使う予定が近づいてきたら各社のマイレージプログラムをチェックし、空きがあり、かつ、必要マイル数が少ないマイレージプログラムを選ぶ

④クレジットカードのポイントをマイルへ移行する

⑤マイルを無料特典航空券へ交換する

一つのマイレージプログラムで貯めるよりも手間はかかりますが、より少ないマイル数で無料特典航空券をゲットできるので頑張りどころですね。

※利用予定のマイレージプログラムは無料なので事前に開設しておきましょう!

複数のマイレージプログラムに交換出来るクレジットカード

複数のマイレージプログラムに交換できるクレジットカードはたくさんありますが、ちゃんとポイントが貯まるカードでなければ意味がありません。

マイレージが貯まるクレジットカードの目安は、「100円=1マイル」以上

かつ、ポイントは無期限に貯められること。

その基準を満たすクレジットカードは次の6つ。

これならマイルを貯めるメインカードの位置付けで使用することが可能ですね。

アメリカンエキスプレス

ダイナース

各クレジットカードの還元率と年会費はこんな感じです。

手数料はポイントを無期限にするための手数料や移行時の手数料です。

カード名 100円= 年会費(税込) 手数料(税込)
SPGアメックス 1.25マイル 34,100 無料
アメックス 1マイル
(ANA以外0.8マイル)
13,200 ポイントアップ毎年+3,300円
ANA交換時のみ+5,500円
アメックスゴールド 1マイル
(ANA以外0.8マイル)
31,900 ポイントアップ毎年+3,300円
ANA交換時のみ+5,500円
アメックスプラチナ 1マイル
(ANA以外0.8マイル)
143,000 無料
ダイナース 1マイル
(ANA以外0.5マイル)
24,200 交換時のみ+6,600円

旅マイルがお勧めするマイレージプログラムのうち、どのクレジットカードがマイル移行できるのか続いて見ていきましょう。

カード名 ANA JAL デルタ ブリティッシュ ユナイテッド
SPGアメックス
アメックスグリーン ×
アメックスゴールド ×
アメックスプラチナ ×
ダイナース

△:年間4万マイルまで
▲:2,000ポイント=1,000マイル(100円=0.5マイル相当)

この6つのうちSPGアメックスを選べばOK

SPGアメックス券面画像(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)

カード詳細

【カードブランド】
アメリカン・エキスプレス
【年会費】
34,100円(税込)
【交換先】
JAL・ANA含む35社のマイルに交換可能(最大1ポイント=1.25マイル)
【特徴】
ホテルでVIP待遇が受けられ、JALマイルが一番貯まるクレジットカード

SPGアメックス は、JAL、ANAを含む40社以上のマイルに交換できる最強カード。

JALマイラーのメインカードとしても使えますが、複数のマイルを使い分けることも可能。

このあと紹介するスカイトラベラーほどの超高還元率ではないものの、日々のショッピングで「100円=1.25マイル」貯まるので、飛行機にほとんど乗らない人におすすめ。

  • 100円=1.25マイルと高還元率
  • 貯めたポイントは無期限
  • JAL・ANA含め40社以上のマイルに交換可能

紹介するカードの中で、唯一、JALマイルにも交換可能

しかも、JALカードよりもマイルが貯まります。

SPGアメックスの魅力はマイル以外にも豊富。

高級ホテルで、いきつけのホテルのように振る舞えます

  • マリオットボンヴォイ(シェラトン、ウェスティン、マリオット、リッツ・カールトン)などのゴールドエリートになれる
    高級ホテルで部屋の無料アップグレード、レイトチェックアウト、ポイントアップなどの特典
  • カード更新ごとに高級ホテルの無料宿泊券(3万円以上の価値あり)
  • 国内28空港&ホノルル空港で同伴者1名含め空港ラウンジ無料
  • スーツケース宅配無料(帰国時)
  • 海外旅行保険

飛行機とホテルの相性はとてもいいので、旅好きにピッタリの1枚。

今だけ2倍に入会キャンペーンがパワーアップ中!2021年12月7日まで

60,000ポイント(20,000マイル相当)

入会キャンペーン2倍にアップ!2021年9月7日~12月7日までの期間限定ャンペーン

60,000ポイントあれば4万円以上のホテルに無料宿泊したり、ANAマイルやJALマイルに交換して東京-那覇往復を無料で楽しめます。

SPGアメックスを持つなら、今がチャンス。

入会特典を獲得するには新規入会後、SPGアメックスを使うだけ。

・3ヶ月以内に10万円以上利用で30,000ポイント

・3ヶ月以内に30万円以上利用でさらに30,000ポイント

の計60,000ポイントもらえます。

カード利用分のポイントを合わせると合計69,000ポイントに。

最大69,000ポイント(23,000マイル相当)ポイントプレゼント

SPGアメックスの入会・キャンペーン詳細はこちら

2021年12月7日までの期間限定

※入会キャンペーン60,000ポイント+条件達成に必要なカード利用分9,000ポイント

さらに詳しい記事はこちら↓

SPGアメックス入会キャンペーン
SPGアメックスは最強カード!【12月7日までキャンペーン2倍!】JAL・ANAマイルが無期限に&ホテルでVIP待遇

続きを見る

まとめ

複数のマイレージプログラムを使い分ければ、特典航空券交換がぐっと近づきます

年会費が高いカードが多いですが、使い分け可能なポイントが貯まるだけでなく、複数の特典が付いているので活用すれば十分元が取れます。

特典航空券を使えばいつもより旅行回数を増やすことが可能になり、楽しい思い出をたくさん作ることができますよー♪

マイレージプログラム診断について

マイレージプログラム診断がどのような考え方で作られているのか知りたい方は、「失敗しないマイレージプログラムの選び方!この航空会社でマイルを貯めるのがおすすめ」へ。

失敗しないマイレージプログラムの選び方
失敗しないマイレージプログラムの選び方!この航空会社でマイルを貯めるのがおすすめ

続きを見る

ANAアメックスバナー_20201005

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中