海外旅行の新しいお金の持って行き方!海外用プリペイドカードマネパカードはおすすめ!

マネパカード

海外旅行に行く時に一番厄介なのがお金の管理ですよね?

世界一安全な日本から一歩外に出ると危険がたくさん。

しかも現金は、海外旅行保険の対象外。

たとえ、盗難にあったり、強盗にあったりしても現金は、一切補償してくれません。

そのため、多額の現金を持ち歩くのは危険!

一昔前は、旅行者の強い味方トラベラーズチェックがあったので、トラベラーズチェックを持って行けば安心でしたが、発行停止で今は存在しない…

クレジットカードが海外旅行のお金の持って行き方のおすすめですが、やっぱり、クレジットカードはちょっとという方もいらっしゃるかと。

そんなわけで、トラベラーズチェックに代わる海外旅行者の強い味方プリペイドカードについて見ていきます!

スポンサーリンク

プリペイドカードとは

プリペイドカードとは、カードに事前に入金しておいて、入金した金額を限度にお買い物やATMで引き出せるカードです。

お店やATMでの使い方は、クレジットカードとまったく同じです。

違うのは、プリペイドカードは事前にお金をカードに入金しておくところ。

事前に入金した分しか使えないので、使いすぎる心配がないのが嬉しいところです。

海外用プリペイドカードはこんな方におすすめ

海外用プリペイドカードはこんな方におすすめです。

  • クレジットカードだと使いすぎが心配な方
  • キャッシングに抵抗がある方
  • クレジットカードを持ちたくない方
  • クレジットカードの審査が通らない方
  • 海外に長期滞在する方
  • 海外留学する方

海外用プリペイドカードのおすすめの使い方

海外用プリペイドカードの利用方法は2つ。

  • クレジットカードのようにショッピングで使う
  • 海外のATMでお金を下ろす

おすすめの使い方は、あなたのタイプによって変わってきます。

海外用プリペイドカードをメインに使いたい方

おすすめの使い方は、できるだけ、お金を下ろして使わずに、クレジットカードの様に使うのがおすすめです。

  • 海外用プリペイドカードが使えるお店では、プリペイドカードで払う
  • 海外用プリペイドカードが使えないお店&チップは、プリペイドカードからATMで引き出した現金を使う

理由は、現金は海外旅行保険の対象外だからです。

やっぱり、多額の現金は持ち運ばないことが一番です。

クレジットカードをメインに使う方

メインはクレジットカードで、サブ・緊急用として海外用プリペイドカードを持って行くのもありです。

その場合は、普段はクレジットカードを使い、ATMでお金を下ろしたいときに海外用プリペイドカードを使うのがおすすめです。

これなら、キャッシングをしなくて済むので、キャッシングに抵抗ある方でもばっちりです。

海外用プリペイドカードの注意点

海外用プリペイドカードは、クレジットカードとほぼ同じように使えます。

ただ、以下のケースはNGになることがあるのでご注意を!

  • レンタカーを借りる時
  • ホテルのデポジットを払う時

レンタカーを借りる時

レンタカーを海外で借りる場合、必ずクレジットカードが必要になります。

たとえ、料金を日本で振り込みや旅行会社経由で支払い済みであっても現地でクレジットカードの提示を必ず求められます。

もし、クレジットカードを持っていない場合、予約をしていても借りられません。

残念ながら、海外用プリペイドカードでは、借りられないです。

※レンタカー会社が当日クレジットカードを求めるのは、事故や罰金を伴う違反を起こした時にとりっぱぐれないようにするためです。

ホテルのデポジットを払う

ホテルのデポジットとは、宿泊料金以外にレストランや部屋のミニバーや電話などを使った時にホテルが取りっぱぐれないようにホテルに預けておくお金のことです。

通常は、クレジットカードを提示して終わりになります。

クレジットカードを持っていない場合は、現金で1泊分程度預ける必要があります。

もちろん使わなければ全額返してくれます。

海外用プリペイドカードはデポジットとしては使えないので、現金が必要になります。

※デポジットが必要か否かはホテルによって異なります。

そのため、クレジットカードを使いたくない方でも、海外用プリペイドカードと併せて、最低限1枚くらいはクレジットカードを持って行くことをおすすめします。

【最新版】海外旅行に持って行くクレジットカードのおすすめはこれ!

2015.02.15
成田空港ターミナル

おすすめの海外用プリペイドカード

クマが作った海外用プリペイドカードでおすすめは、マネパカード

発行手数料無料&年会費無料なので、カードを保有しているだけで手数料を取られたりしません。

対応通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6通貨。

それ以外の国の通貨も、米ドルをマネパカードに入れておけば対応可能です。

マネパカード対応通貨

他の海外用プリペイドカード、デビットカード、海外キャッシュカードも作ったり調べたりしましたが、マネパカードが一番お得で使い勝手が良いのでおすすめにあげました。

マネパカードのメリット

  • 手数料が安い
  • Master Card(マスターカード)なので、どこでも使えて、対応しているATMも多い
  • 保険が付いているので安心
  • 与信審査がないから15歳以上ならだれでも作れる

手数料が安い

マネパカードの最大のメリットが手数料が安いこと。

例えば、10万円分、米ドルで利用した場合のシミュレーションはこちら。

【手数料比較】
マネパカード790円 < クレジットカード1,720円 < 銀行両替2,740円

実は、クレジットカードよりも安い。

銀行両替に比べると71%OFF。

マネパカードお得

もちろん、クレジットカードはポイントやマイルが貯まるので、ポイントを考慮すれば同じくらいです。

なお、他社の海外用プリペイドカードに比べてもマネパカードは安いです。

マネパカード他社比較

Master Card(マスターカード)なので、どこでも使えて、対応しているATMも多い

マネパカードは、マスターカードのお店で使えるので、世界中クレジットカードが使えるお店のほとんどで利用することができます。

また、ATMも多いので、使い勝手は良いです。

必要な時に必要な分だけATMから下ろして利用することができます。

保険が付いているので安心

マネパカードには、2つの保険が付いています。

  • カードショッピング保険
  • 盗難・紛失保険

カードショッピング保険とは、マネパカードで買ったものが破損・盗難にあった場合、補償してくれます。

盗難・紛失保険とは、マネパカード自体を盗難・紛失してしまっても、連絡した時点の残高を補償してくれるため、残高がパーになることはありません。

安心して海外に持っていけます

与信審査がないから15歳以上ならだれでも作れる

クレジットカードの場合は、与信審査と呼ばれる審査をクリアーしないと作れません。

でも、マネパカードは与信審査がないので、15歳以上であれば、だれでも作れます

それに、入金した金額以上は使えないので、海外留学するときなども便利ですね。

小話

ミーコは学生の時に、アメリカボストンに短期留学。

その時、一緒に短期留学した人が、ボストン滞在1カ月しか経っていないのに、親のクレジットカードの家族カードを限度額一杯まで使ってしまい、国際電話で親と口論に…

親のクレジットカードだと限度額も大きいので、使った金額も多かったようで…

入金した金額以上使えないプリペイドカードは、使う金額をコントロールしたい留学生には特におすすめです。

マネパカードのデメリット

  • プリペイドカードにチャージしすぎると余る
  • クレジットカードと同様の信用力はない
  • 対応通貨以外は手数料が高い

プリペイドカードにチャージしすぎると余る

プリペイド方式なので、事前にマネパカードに入金しておく必要があります。

海外旅行に行く前に入金するので、やっぱり多めに入金しておきますよね。

そうすると当然余ります。

そこがクレジットカードとの違い。

余ったお金は日本に帰国後、払い戻しできますが、出金手数料500円/1回(税別)がかかります。

ただ、マネパカードは日本国内でも設定すればショッピングに使えます。

帰国後は、払い戻さず、国内ショッピングで使えば、手数料相当額0円で問題なく使いきれます。

さらに、国内での利用なら、1%キャッシュバックを受けられます。

余ったら、日本で使えばOK。

クレジットカードと同様の信用力はない

先ほど、海外用プリペイドカードの注意点のところで書きましたが、クレジットカードと同様の信用力はありません。

そのため、レンタカー、ホテルのデポジット、機内販売、船内販売では使えません。

使わなくても、クレジットカードを1枚海外旅行に持って行くことをおすすめします。

クレジットカードなら海外旅行保険も特典で付いているものがあるので、海外旅行保険代を浮かせますよー。

クレジットカードと海外旅行保険の組み合わせが一番お得で安心!おすすめクレジットカード3選!

2014.09.17

対応通貨以外は手数料が高い

米ドルであれば、6通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)以外でも利用可能です。

ただし、6通貨以外で使うと、3%の手数料が加算されます。

3%の手数料がかかると例えば、10万円分の米ドルを6通貨以外に替えると3,000円くらいの手数料が加わる計算になります。

恐らく、クレジットカードの方が安くなります。

とはいえ、主要通貨でないと両替手数料は高いことが多いので、やむを得ないところですかね。

マネパカードの手数料

参考に主要な手数料をあげておきます。

ATMで外貨を引き出す時には1回200円程度かかります。

多額のお金を持たない安心料だと考えれば安いです。

金額
入会金 無料
年会費 無料
ATM手数料USD 2米ドル/1回
ATM手数料EUR 1.75ユーロ/1回
ATM手数料GBP 1.5ポンド/1回
ATM手数料AUD 2.5豪ドル/1回
ATM手数料HKD 20香港ドル/1回
出金手数料(払い戻し) 500円(税別)/1回
カード再発行手数料 1,000円(税別)
利用明細発行手数料 400円(税別)

まとめ

マネパカードは、手数料も安く、使いすぎることもなく、安心して海外旅行に持っていけるので、おすすめの海外旅行へのお金の持って行き方。

クレジットカードメインの方でも、キャッシングに抵抗がある方にもおすすめです。

できれば安心して海外旅行の観光を楽しみたいですよね。

良い旅を!

【日本から持って行く外貨・キャッシングについて詳しく知りたい方はこちら↓】

海外旅行のお金の持って行き方!コツを知らないと2,800円以上損します!

2014.11.17

海外ATMのキャッシング&引き出しの使い方と注意点!クレジットカード・プリペイドカードで海外旅行を安全に

2016.12.04

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^