ANAアメックスプレミアムの概要

ANAアメックス

ANAカードの最高峰ANAアメックスプレミアムのメリット・デメリット・審査基準まとめ

ANAカードの最高峰ANAカードプレミアム。

その中で、ANA航空券購入のマイル還元率No.1の「ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(ANAアメックスプレミアム)」。

「100円=4.5マイル」は驚異的です。

しかも貯めたポイントは無期限。

プレミアムカードを持つだけで、国内線ANAラウンジにアクセスでき、24時間365日利用できるコンシェルジュサービスも付帯!

ANAマイルがよく貯まるANAアメックスプレミアムの入会キャンペーン、メリット・デメリット、ポイント、審査基準についてまとめてみました!

新特典

ANAアメックスプレミアムに新特典が登場し、パワーアップしています。

  • 年間500万円以上の利用で、30,000円分のANA SKYコインプレゼントが新登場
  • スマートフォン・プロテクションが登場し、スマホの画面割れを補償が新登場

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの入会キャンペーン

ANAアメリカンエキスプレスカードプレミアム

2020年9月実施中の入会キャンペーンは、10,000マイルもらえるキャンペーン。

ただ、10,000マイルは、ANAカードプレミアムを作った際にANA側からもらえるボーナスマイルなので、アメックス側のキャンペーンはなし。

それなら、下位のANAアメックスゴールドに入会し、入会特典をがっつりもらってから、ANAアメックスプレミアムに切り替えたほうが得ですね。

ANAアメックスゴールドのキャンペーン詳細は↓

最大20,000マイル相当のポイントプレゼント

ANAアメックスゴールドの入会・キャンペーン詳細はこちら

無期限で貯められる

ANAアメックスゴールドの詳細は↓

ANAアメックス&ANAアメックスゴールド入会キャンペーン
【2020年9月版】ANAアメックスお得な入会キャンペーン!ANAマイルが無期限に貯められる

続きを見る

ANAアメックスプレミアムはこんなカード

ANAアメックスプレミアムの概要

カード詳細

【カードブランド】
アメリカン・エキスプレス
【年会費】
150,000円(税別)
【家族カード】
4枚まで無料
【ETCカード】
発行時850円、年会費無料
【スマホ対応】
Apple Pay(QUICPay)

ANAアメックスプレミアムの一番のメリットは、ポイント

ANAカードプレミアムの中でもANA航空券購入でマイル還元率No.1のカード

出張族の方や旅行好きでANA航空券をよく買う方にとって、とても相性のいいカード。

なぜって、ANA航空券と機内販売では、驚異の「100円=4.5マイル」。

これは否応なしにマイルが貯まります。

例えば、ハワイ往復特典航空券は40,000マイル必要。

一般的な「100円=1マイル」貯まるカードだと400万円決済が必要。

一方、ANAアメックスプレミアムでANA航空券を約89万円購入すると40,000マイル相当貯まります。

100万円以下の決済でハワイ往復特典航空券が手に入るのは驚異的。

年会費はかなり高額ですが、ANA航空券をよく買う人にとってはこれ以上無いカードです。

年会費が高いのはポイントだけではなく、それ以外の特典も充実しているため。

アメックスの質の高いコンシェルジュサービスが利用でき、同伴者無料のプライオリティパスや、ホテル上級会員無料宿泊特典国内線ANAラウンジが利用できる特典満載のカード。

最高峰にぴったりの豊富な特典です。

ANAアメックスプレミアム券面

クマもANAアメックスプレミアムをANAアメックスゴールドからのインビテーションで入手。

券面もブラックでほのかに銀色が混じり、券面真ん中にうっすらANAの尾翼が透かしてあり、かっこいいです。

ANAカードプレミアムの中では個人的には一番かっこいいと思っています。

どのくらいマイルが貯まるの?

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

ANAカードを持つ人が一番気になるのが、どのくらいマイルが貯まるのか?

普段の生活を現金中心の方なら、劇的に貯まるマイルが変わってきます。

ANAアメックスプレミアムを持っている場合の貯まるマイルのシミュレーション

ANAアメックスプレミアムを持つと、年間300万円日常で利用し、羽田から札幌、福岡、シンガポールと各地を飛び回った場合、どのくらいの差がでるのか?

なんと10万マイル以上の差が!

「1マイル=2円」の価値と考えると、20万円ほどの差が出る計算になるので、年会費は十分元が取れる計算。

ANAアメックスプレミアムを持って、飛び回っている方なら、年間13万マイル貯まるため、ハワイファーストクラスの特典航空券と交換可能なマイル数!

その違いは、

  • ANA航空券購入で100円=4.5マイル相当貯まる
  • ショッピングで1%貯まる
  • フライトマイル50%アップ
  • 継続ボーナス10,000マイル

これで大きな差が出ます。

上記試算での航空券購入代金は合計約120万円です

ココがポイント

ANAアメックスプレミアムの有無で、ファーストクラスに乗れるか乗れないかの差が出る

おすすめする方とおすすめしない方

こんな方におすすめ

  • ANA便に乗ることが多い
  • ANAツアーの利用が多い
  • ANAマイルをたくさん貯めたい
  • ANAラウンジを使いたい
  • 海外旅行が好き

ずばり、おすすめする方は、ANA航空券を購入したり、ANAツアーをよく利用する方

ANAアメックスプレミアムの一番の強みは、ANA航空券とANAツアーでのポイント還元率の高さ

年間100万円近く航空券やツアー旅行代を払う方におすすめ。

逆にこんな方にはおすすめしない

  • 普段ANA航空券を購入しない
  • 飛行機に乗るときは特典航空券がほとんど
  • ツアー旅行もANAツアーは使わない

逆に、ANA航空券をほとんど購入しない方やANAツアーを使わない方はおすすめできません

ANAアメックスプレミアムの最大のウリであるポイント還元率を活かせず、年会費負担のほうが大きくなってしまうので。

国内線ANAラウンジだけを目当てにしているなら、ANA JCBプレミアムのほうが年会費が断然安いのでおすすめ。

ココがポイント

ANAアメックスプレミアムは、ANA航空券やANAツアーをよく利用する方におすすめ

ポイント還元率

松山空港ANAラウンジ

ポイントの有効期限

有効期限なし

貯めたポイント(提携カードメンバーシップ・リワード)は、無期限

ANAアメックスプレミアムで貯めたポイントをANAマイルに移行するまで、期限がありません。

そのため、仕事やプライベートに忙しく、マイルが使えない状況なら、アメックスのポイントとして保有しておくと安心。

使いたいときに、ANAマイルに移行すれば、ANAマイルの有効期限3年を気にせずマイルを使えます

ポイントを貯める

通常ショッピング

100円=1マイル相当

いつものショッピングでは、100円=1マイル相当のポイントが貯まります。

100円=1マイル貯ればマイルカードとしては、合格。

一部ポイント対象外や加算率が異なる加盟店あり。

対象外一例:電子マネーへのチャージ、寄付団体、NHKなど

200円=1ポイント一例:電気、ガス、水道、税金など

詳しくは公式HP

ANA航空券・機内販売

100円=4.5マイル相当

ANA航空券やANA機内販売でANAアメックスプレミアムを利用すると100円=4.5マイル相当と驚異的に貯まります。

すべてがアメックスのポイントとして貯まるわけではなく、ポイントとマイル2つに貯まります。

アメックスポイント ANAマイル
基本ポイント 100円=1ポイント
ボーナスポイント 200円=3ポイント
ANAカードマイルプラス 100円=2マイル
合計 100円=4.5マイル相当(200円=9マイル相当)

ANAカードマイルプラス分は直接ANAマイルの口座に貯まり、それ以外はアメックスのポイントして貯まります。

無期限なのはアメックスのポイントだけなので、無期限に貯められるポイントとして貯まるのは、100円=2.5ポイント相当ですね。

ANAカードマイルプラスとは、Aカードマイルプラス加盟店でANAカードを使うと、クレジットカードのポイントとは別に、さらに100円または200円(税込み)=1マイルが自動的にANAマイレージクラブの口座に積算されるサービスのこと。

ANAカードプレミアムなら、ANA航空券や機内販売でANAカードを使うと、100円=2マイルもらえます。

通常のANAカードは100円=1マイルなので、2倍のANAカードマイルプラス特典がもらえます。

ANAグループでの利用

100円=2.5マイル相当

ANA航空券だけでなく、「ANAトラベラー(ANAハローツアーやANA旅作)」や「ANAショッピング A-style」でも、「100円=2.5マイル」貯まる!

ANAツアーをよく使う方にとってもたくさんマイルが貯まるカードになっています。

ツアー代金は高額決済になりがちなので、2.5%の還元率でANAマイルが貯まるのは美味しいです。

対象のツアーは、以下のツアー。

  • ANAスカイホリデー
  • ANAハローツアー
  • ANA旅作
  • ANAワンダーアース
  • WEB限定ツアー
  • ANAマイレージクラブ会員限定ツアー

ANA SKYコインプレゼント

30,000 ANA SKYコインプレゼント

年間500万円以上利用すると毎年30,000円分のANA SKYコインがもらえます。

ANA SKYコインは、ANAで使える電子マネーで、ANA航空券やANAツアーに1円から使えます(有効期限1年)。

オトクな特典が2020年9月から追加されました。

すでに実施されているANAグループ利用でANA SKYコインプレゼントとも併用可能なので、ANA利用が多ければ、それだけ多くのANA SKYコインがゲットできます。

新特典 既存特典
(継続)
対象利用 すべての利用 ANAグループ
期間 1/1~12/31 10/1~翌年9/30
特典 500万円以上で30,000ANA SKYコイン 100万円毎に5,000ANA SKYコイン

2020年の特例

2020年9月1日からANA SKY コイン獲得プログラムが始まったため、2020年9月1日~2020年12月31日までの判定基準は120万円以上の利用で10,000ANA SKYコインプレゼントとなっています。

2021年以降は毎年500万円以上の利用で30,000ANA SKYコインです。

ポイントを使う

ANAマイルへの移行

1,000ポイント=1,000マイル

年間移行上限なしに、いつでも好きなときに1,000ポイント単位で、ANAマイルに交換できます。

通常5営業日以内には移行完了するので、スピーディーに移行できますね。

アイテムと交換

500を超えるアイテムやイベントに交換できる

ANAアメックスプレミアム保有で、アイテムに交換する方はかなり少数派だと思いますが、食品や家電、無料宿泊、他社ポイント、ギフトカードに移行出来ます。

お得度は確実にANAマイルに移行なので、ここでは省略し、どんな交換アイテムがあるかは公式HPへ。

アイテム交換はお得度が低いですが、アメックスイベントでポイントを使うのはおすすめ。

特別な体験ができます。

アメックスUSJ貸し切りナイト
アメックスUSJ貸し切りナイト2019に参加!特別演出ショー&アトラクションもたくさん乗れとても楽しめた♪

続きを見る

HANAVIVA 2019 アメックス花火
HANAVIVA2019 横浜港大さん橋のアメックス花火大会に参加!指定席で快適鑑賞

続きを見る

アメックス世界遺産清水寺夜間特別拝観
アメックスの世界遺産「清水寺」夜間特別拝観に参加!幻想的な清水寺をゆっくり鑑賞できる

続きを見る

ポイントでお支払い(ポイントフリーダム)

カード利用後の支払手段としてポイントを利用できます。

充当する支払いに応じて価値が変わりますが、やはりお得度はANAマイルに交換が一番(1ポイント=2円~5円くらいの価値で使える)。

  • 航空会社利用分に充当 1ポイント=1円
  • ホテル・旅行会社利用分に充当 1ポイント=0.8円
  • 旅行以外の利用分に充当 1ポイント=0.5円

ココがポイント

ANA航空券購入で驚異の「100円=4.5マイル」相当貯まる

ANAマイルも直接たくさん貯まる(継続ボーナスとフライトボーナスマイル)

ANAのハワイ

継続ボーナス

ANAアメックスプレミアムを継続すると、毎年10,000マイルもらえます。

無条件でもらえるのが嬉しいポイント。

フライトボーナスマイル

ANAアメックスプレミアムを持っていると、フライトマイルに50%のボーナスがプラス!

たとえば、エコノミークラスでハワイ往復すると、2,000マイル近く獲得マイルがアップします。

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードを使うと、「100円=1マイル」 or 「200=1マイル」、ANAマイルが貯まります。

日常使いできるお店が加盟しているので、街でもお得にANAマイルを貯めることが出来ます。

(ANAカードマイルプラスで貯まるマイルは、アメックスのポイントではなく、直接ANAマイルが貯まります)

【加盟店例】

  • ANA
  • セブン-イレブン
  • マツモトキヨシ
  • ENEOS
  • スターバックス など

ココがポイント

継続ボーナスとフライトボーナスマイルで自然とマイルが貯まる

メリット・特典

メリット

ANAアメックスプレミアムのメリット・特典は、コンシェルジュサービスやANAラウンジをはじめとにかくたくさん。

  • 24時間365日利用できるコンシェルジュサービス
  • 国内線ANAラウンジ
  • ビジネスクラスチェックインカウンター
  • プライオリティパス(同伴者1名無料)
  • 空港ラウンジ(同伴者1名無料)
  • スーツケース無料宅配サービス
  • フリー・ステイ・ギフト
  • ホテル・メンバーシップ
  • 国内ホテル・旅館での優待&手荷物無料宅配サービス
  • ホテル割引
  • 京都特別観光ラウンジ
  • オーバーシーズ・アシスト・プレミアム
  • プレミアム・ゴルフ・アクセス
  • 充実の保険

24時間365日利用できるコンシェルジュサービス

コンシェルジュサービス

ANAアメックスプレミアムの最大のメリットがコンシェルジュサービス

24時間365日いつでも利用できます。

コンシェルジュジュサービスとは、秘書サービスのこと。

例えば、こんなことをお願いできます。

  • 大事な人の誕生日だから、それにふさわしいレストランの提案&予約
  • 予算一人3,000円以内で美味しい焼き鳥が食べられる居酒屋のリサーチ&予約
  • テレビで見かけた女優さんが身につけているアクセサリの手配
  • 世界一周旅行の手配
  • 人気コンサートチケットの手配

普段使いから、旅行の手配まで思い立ったときに電話一本で依頼。

アメックスは外部委託ではなく、完全に自社の社員で運営されているため、高い質が保たれているのも高い評価の一つ。

アメックスプラチナと同じコンシェルジュサービスが受けられます。

プレミアムカードならではのサービスですね。

国内線ANAラウンジ

大阪伊丹空港ANAラウンジ

ANAアメックスプレミアムのもう一つの大きな特典が、国内線ANAラウンジが利用できること!

羽田空港ANAラウンジ南05

通常は、上級会員orプレミアムクラス利用でないと立ち入ることができない上質な空間に、ANAアメックスプレミアムを持っていれば、普通席利用でも毎回無料で入室できます

ANAラウンジ

生ビールやお酒も無料で楽しめます。

出張で国内線をよく利用する方なら、この特典はかなり重宝しますね。

残念ながら国内線ANAラウンジは本会員のみが対象で、家族カード会員は対象外で利用できません。

事前に有料ラウンジサービスを申し込んでおけば、同伴者も一緒に利用することができます。

ANAマイレージクラブ SFC修行 羽田ー伊丹ー千歳の三角飛び
「ANAラウンジ」「ANAスイートラウンジ」まとめ!利用条件、利用方法は?実は誰でも利用可能!

続きを見る

プライオリティパス

プライオリティパス

世界1,000箇所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料

何度でも無料で空港ラウンジが利用できるプレステージ(通常年会費429米ドル(約47,000円))会員が無料で提供されます。

しかも、同伴者も1名無料で利用できるスペシャルバージョン。

家族カードでも無料でプライオリティパスを発行することが出来るので、最大4枚まで無料で作ることが可能です。

もちろん、家族カードで発行したプライオリティパスも同伴者1名無料。

空港ラウンジ

羽田空港第1ターミナル 空港ラウンジ(パワーラウンジ)

国内主要空港44空港ラウンジとホノルル空港の空港ラウンジが無料で利用できます。

家族カード会員も無料

クレジットカードラウンジも同伴者1名無料なので、同伴者がいても気兼ねなく使えます。

慌ただしい空港で、のんびりフリードリンクを飲みながら時間を潰せるのはかなりのメリットです。

ビジネスクラスチェックインカウンター

ANAビジネスクラスチェックインカウンター

ANAアメックスプレミアムを持っていれば、国際線でエコノミークラス利用時も、ビジネスクラスチェックインカウンターを利用できます。

エコノミークラスとビジネスクラスのチェックインカウンターの混雑具合は雲泥の差!

ビジネスクラスチェックインカウンターを利用できるだけで、30分くらい節約できることも。

ストレスフリーです。

スーツケース無料宅配サービス

スーツケース宅配往復無料

海外旅行の際、大変なのが、スーツケースを空港に持っていき、持って帰ること。

ANAアメックスプレミアムなら、スーツケース2個往復無料

往復無料はとても少ないので、とても大きなベネフィットです。

しかも、2個無料なのは嬉しい。

もちろん、ゴルフバッグもOK。

対象の空港:羽田空港、成田空港、中部国際空港、関西国際空港

フリー・ステイ・ギフト

ホテルオークラ東京ベイ 建物

カード更新時に高級ホテルの無料宿泊券のプレゼントがあります!

ホテルオークラやニッコーホテル、ハイアット、ヒルトン、プリンスホテル、ロイヤルパークホテルなどの対象ホテルに1泊無料で泊まることが出来ます。

毎年もらえるギフトはやはり嬉しい♪

ホテル・メンバーシップ

シャングリラホテルの上級会員「ジェイド会員」のメンバーシップに無料で登録できます。

通常だと、年間20泊以上必要なジェイド会員が手に入るとてもお得な特典。

ジェイド会員なら、

  • 朝食無料
  • 無料のルームアップグレード
  • 特別エリアでの優先チェックイン・チェックアウト
  • 11時からのアーリーチェックイン&16時までのレイトチェックアウト
  • 25%のボーナスポイント

一気に滞在が優雅になる特典が満載。

日本なら、シャングリ・ラ ホテル 東京があります。

シャングリラホテル東京に20泊すると安くて1泊5万円くらいするので、まともに取得しようとすると100万円くらい必要になります。

それが、ボタン一つで登録できるのはとてもお得。

クマとミーコは、タイ・バンコクのシャングリラホテルに何度か宿泊していますが、とても快適なホテルでお気に入りホテルの一つ。

国内ホテル・旅館での優待

鬼怒川金谷ホテル夕食前菜

鬼怒川金谷ホテルの夕食前菜

国内のホテル・旅館でも優待を受けることができます。

【リゾートホテルの特典の1例】

THE HIRAMATU HOTELS & RESORTS熱海など17ホテル

  • 優待料金での宿泊
  • チェックアウト時間の延長
  • ホテルブテックのオリジナル商品10%オフ
  • 手荷物無料宅配サービス

【旅館の特典の一例】

鬼怒川金谷ホテルなど約33ホテル

  • 部屋を1日1 室用意
  • チェックアウト時間の延長
  • ウエルカムフルーツ
  • 手荷物無料宅配サービス

ホテル割引

旅行サイトで優待を受けられます。

  • 一休.com
    毎月先着100名様に3,000円オフクーポン
  • 日本旅行
    特選の宿が5%オフ
  • エクスペディア
    優待料金適用
  • アップルワールド
    5%オフ

京都特別観光ラウンジ

アメックス京都ラウンジ

京都特別観光ラウンジが無料で利用できます。

お茶と茶菓子のサービスでくつろいでから、圓徳院の美しい庭園を無料で拝観できます。

京都に行った際はぜひ使いたい特典の一つ。

アメリカン・エキスプレス京都特別観光ラウンジ
アメックスの京都特別観光ラウンジは一押し特典!高台寺塔頭圓徳院内にある心落ち着くラウンジ

続きを見る

オーバーシーズ・アシスト・プレミアム

アメックスの海外日本語サポート

アメックスは海外旅行の強い味方。

海外でのサポートを目当てに、アメックスを持つ方も多いです。

トラベルデスクでの旅行の予約、おすすめのレストランの案内・予約、パスポート紛失や病気の時に相談・通訳・入院の手配までしてくれます。

アメックスの凄いところは、旅行中にクレジットカードを紛失や盗難にあっても、すぐに現地で緊急カードを発行してくれるほどサポート体制が整っていること!

何かと不安がつきまとう海外でも強い味方になります。

プレミアム・ゴルフ・アクセス

ゴルフ場(千葉)

会員制の一流ゴルフクラブをメンバーの紹介や同伴無しで利用できる特典。

ゴルフをやらないので、どの程度すごい特典なのかわからないのですが、ゴルフ好きには刺さる特典ですね。

スマートフォン・プロテクション

2020年9月1日から新たな特典として、スマートフォン・プロテクションが追加されました。

スマホの画面割れや落下による破損などがあった場合に、5万円を限度に補償してくれます。

スマホの画面割れはどうしても起きがちなので、嬉しい補償。

補償対象 購入してから2年以内のスマートフォン(本カード会員のみ)
補償範囲 破損(スクリーンガラス割れ損害を含む)
保険期間 1 年間 (9/1~翌年8/31)
年間支払限度額 5万円(免責1万円)
適用条件 通信料を少なくとも3 か月以上連続してANAアメックスプレミアムで決済

充実の保険

海外旅行保険はもちろん、カード付帯は珍しい国内旅行保険航空機遅延保険も!

一番必要な、海外でのケガや病気の保険はなんと1,000万円限度とカード1枚で十分カバーできるほど付帯!

家族特約が充実していたり、海外航空機遅延保険も付いていたりと、旅行保険はかなり充実の内容です。

  • 海外旅行保険 最高1億円
  • 国内旅行保険 最高1億円
  • 航空機遅延保険 最高4万円

旅行に関する保険がしっかり付いているので、安心して旅行ができます。

  • 海外旅行保険は安心の自動付帯(持っているだけでOK)
  • 家族特約つきで家族も保険の対象

家族特約が付いているので、本人だけでなく、家族も補償の対象なので、安心して旅行できますね。

さらに旅行のキャンセルに備えた保険やショッピング保険、家電保険、個人賠償責任保険も付いており、1枚持つだけで万全の体制になります。

特に、家電補償はANAアメックスプレミアムで購入した家電は、メーカー保証1年切れた後2年も保証してくれるので、別途家電保証に入る必要がなくります。

+ 保険の詳細はクリックして下さい

海外旅行保険

海外旅行傷害保険(自動付帯) 本会員・家族カード 家族特約
死亡・後遺障害 最高1億円(※) 最高1,000万円
怪我による治療費 1,000万円限度 1,000万円限度
病気による治療費 1,000万円限度 1,000万円限度
賠償責任 5,000万円限度 5,000万円限度
手荷物の損害(自己負担3,000円) 100万円限度 100万円限度
救援者費用 1,000万円限度 1,000万円限度

※旅行代金をカードで支払っていない場合は、最高5,000万円
※旅行代金をカードで支払っていない場合は、家族カード会員の補償はなし(家族カード会員が家族特約範囲内なら家族特約は適用される)

国内旅行保険

補償は、公共交通機関利用時、ホテル宿泊時、宿泊を伴うツアー参加時の、怪我の補償です。

死亡・後遺障害 最高1億円
入院 日額5,000円
手術 最高20万円
通院 日額3,000円

海外航空機遅延保険

乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
3万円限度
出航遅延費用等保険金
(食事代)
3万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
3万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
6万円限度

ショッピング保険

キャンセル・プロテクション 最高50万円
リターン・プロテクション 1商品最高3万円
ショッピング・プロテクション 最高500万円
ホームウェア・プロテクション 購入金額の50~100%補償

ココがポイント

ANAアメックスプレミアムを持っていると、旅が優雅に&お得になる

デメリット

デメリット

通常ショッピングのポイント還元率が他のANAカードプレミアムに比べ低い

一番のデメリットは、通常ショッピングのポイント還元率が他のANAカードプレミアムに比べ低いこと。

これが少しでもアップすれば、どのANAカードプレミアムがいいか悩むことがないのにと思ってしまう。

カード名 年会費

(税別)

通常ショッピング

(100円=マイル相当)

ANA航空券購入

(100円=マイル相当)

ANAアメックスプレミアム 150,000 1 4.5
ANA JCBプレミアム 70,000 1.3 3
ANA VISAプレミアム 80,000 1.5 3.5
ANAダイナースプレミアム 155,000 1.5 4.5

ANA VISAプレミアムやANA JCBプレミアムだと通常ショッピングでの還元率は高いのですが、付帯特典が不足気味。

ANAダイナースプレミアムならポイント還元率もバッチリで、十分な特典があるものの、直接申し込みが出来ず、インビテーションを受けるのが難しい。

ANA航空券を買う機会が多く、コンシェルジュサービスの質や特典の内容も重視するなら、ANAアメックスプレミアムはいい選択ですね。

アメックスプラチナに比べると特典が少なくなっている

アメックスプラチナは、プラチナカードではグンを抜く特典の充実で人気のプラチナカード。

ANAアメックスプレミアムは、アメックスプラチナの特典そのままに、ANAマイルが上限なしに貯められる神カードか!!

と思いきや、アメックスプラチナに比べると特典が少なくなっています。

詳しくは次の章にまとめましたが、マリオットヴォンボイやヒルトンのホテル・メンバーシップやファインホテルアンドリゾートがなかったり、センチュリオンラウンジが利用できなかったり。

どこに価値を見出すかによりますが、なくなっている特典が使いたい!という方には物足りなさを感じさせます。

ポイント重視なら、ANAアメックスプレミアム一択ですが。

アメリカン・エキスプレスなので海外で使えないお店がある

ANAアメックスプレミアムは、名前の通りカードブランドが「アメリカン・エキスプレス」(アメックス)です。

アメックスは、VISAやMasterCardのように「クレジットカードが使えるお店=使える」にならないのがたまにキズです。

どうしてもアメックスだと使えないお店が出てきます。

とはいえ、国内で強固なネットワークを持つJCBと業務提携しているため、日本では困ることはないです。

海外旅行に行くならサブカードにVISAやMasterCardはお供に入れておいたほうがいいですね。

年会費が高い

プレミアムカードなので、年会費は150,000円(税別)とクレジットカードの中ではとても高額。

ただ、1日換算なら約410円、1ヶ月換算なら約12,500円。

それで24時間365日対応の質の高いコンシェルジュサービスが無料で付くことを考えると決して高額ではないとも考えられます。

コンシェルジュサービスだけでなく、

  • ANA航空券購入で100円=4.5マイル相当貯まる
  • 国内線ANAラウンジが利用できる(1回3,100円相当)
  • プライオリティパスが家族カードも含め無料(年会費約47,000円相当×4枚まで家族カード無料発行)
  • 毎年の無料宿泊特典(2~5万円相当)
  • ホテル・メンバーシップ(通常20泊以上必要)
  • 継続ボーナス10,000マイル(1マイル2円価値と考えると20,000円相当)
  • 手厚い海外旅行保険 などなど

これらの特典を考えればかなりオトクなカード。

もちろん、コンシェルジュサービスを使う予定もなく、ANA航空券も買わず、旅行にもほとんど行かない。

ということであれば、活躍できるシーンが少なく、年会費の元を取るのは難しいです。

それなら維持費が抑えられていて、ANAマイルが無期限に貯められて空港ラウンジも利用できるANAアメックスゴールドがおすすめです。

ココがポイント

アメックスプラチナの特典そのままではない

ANAアメックスプレミアムとアメックスプラチナの違い

ANAアメリカンエキスプレスカードプレミアム

アメックスプラチナメタル製カード券面画像

アメックスプラチナの特典は十分すぎる豪華特典なのですが、貯めたポイントをANAマイルに移行しようとすると、年間40,000マイルまでの上限が邪魔に。

そのため、ANAアメックスプレミアムの上限なしにANAマイルに交換できるのはとても魅力。

ANAアメックスプレミアムとアメックスプラチの特典が同じであれば、ANAアメックスプレミアムは最強カードに。

しかし、そううまく出来ておらず、残念ながらかなり特典が削ぎ取られています。

そこを勘違いして申し込んでがっかりしてしまってはもったいないので、以下の違いがあることを理解して申し込むことをおすすめします。

特典 ANAアメックスプレミアム アメックスプラチ
ファイン・ホテル・アンド・リゾート ×
ホテルメンバーシップ(マリオットヴォンボイ、ヒルトン、シャングリラ、ラディソン) シャングリラのみ
センチュリオンラウンジ ×
デルタラウンジ ×
インターナショナルエアラインプログラム ×
2for1ダイニング ×
ファインダイニング ×
ゴルフ保険 ×
DEPARTURES ×
国内線ANAラウンジ ×
ANAマイル移行上限 なし 40,000マイル
ANA航空券購入 100円=4.5マイル 100円=1マイル
年会費(税別) 150,000円 130,000円

主に違うところをピックアップしてみました。

付帯しない特典で痛いな~と感じるのはオレンジで塗った特典。

ファイン・ホテル・アンド・リゾートは、リッツカールトンなど高級ホテルで卓越した特典が受けられるので個人的に利用率が高いです。

また、上級会員資格もプラチナカードは4つに対して、ANAアメックスプレミアムは1つのみ。

日本にないので海外に行かない方はあまり影響はありませんが、センチュリオンラウンジアクセスもなくなります。

最後に、2人以上で高級レストランを予約すると1名が無料になる「2for1ダイニング」がなくなるのも痛い。

逆にアメックスプラチよりもANAアメックスプレミアムが有利なのは、この3つ。

  • 国内線ANAラウンジアクセス
  • ANA航空券購入でのポイント還元率
  • ANAマイル移行上限この3つが

どちらの特典を重視するかですが、ANA航空券購入が多いなら、ANAアメックスプレミアムのほうが幸せになれるかなと考えています。

一方、ANA航空券購入が少ないなら、より特典が充実しているアメックスプラチがおすすめ。

アメックスプラチナカード メタルカード
アメックスプラチナカードのメリット・デメリット!実際に使った感想は価値あるおもしろいカード!

続きを見る

審査基準

ANAアメックスプレミアム

ANAアメックスプレミアムの審査難易度はどんなものか?

必要な年収はいくらなのか?

最低年齢は何歳なのか?

残念ながら、アメックス公式からのアナウンスは、

カード発行に際しては、アメリカン・エキスプレス所定の審査があります。ご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

とあるだけ。

ただ、アメックスは、

アメリカン・エキスプレスのカードは、一律のご利用可能枠を設けておりません。ご利用可能枠は、個々のカード会員様のご利用状況やお支払い実績などによって異なります。

一律に限度額を設けておらず、申し込んだ方の収入、年齢、職業、クレジットカード履歴に応じて限度額を付与します。

そのため、ANAアメックスプレミアムとはいえ、思っているほど審査難易度が高くないのではと推測しています。

年齢や年収が低くても、最初の限度額は低く設定し、カード審査は通すということが可能になっているためです。

(クレジットカードの難易度は限度額に応じてアップするため)

カード限度額は、利用実績に応じて数百万円単位でアップしていくので、心配無用です。

20代でもアメックスプラチナを入手できているので、想像よりも審査難易度は低いと考えられるので、申し込む価値アリです。

どうしてもカード審査で落ちたくない!という方は、より入会しやすいANAアメックスゴールドからスタートがおすすめ。

ANAアメックスゴールドから利用実績を積んで切り替え申込みをすれば、より入手しやすくなります。

ANAアメックス&ANAアメックスゴールド入会キャンペーン
【2020年9月版】ANAアメックスお得な入会キャンペーン!ANAマイルが無期限に貯められる

続きを見る

まとめ

「ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(ANAアメックスプレミアム)」は、ANAカード最高峰のプレミアムカードの中で、ANA航空券ポイント還元率No.1。

ANA航空券やANAツアーを頻繁に利用する方なら、元が取れるどころか、どんどんお得にマイルが貯まっていきます。

さらに、国内線ANAラウンジにアクセスすることが出き、24時間365日のコンシェルジュサービスも使えます。

飛んでマイルを貯める方にはとにかくおすすめの1枚です。

【こちらの記事も読まれています】

ANAアメックス&ANAアメックスゴールド入会キャンペーン
【2020年9月版】ANAアメックスお得な入会キャンペーン!ANAマイルが無期限に貯められる

続きを見る

ANAカードのおすすめはこれ!
マイルが良く貯まるおすすめのANAカードは?失敗しないANAカードの選び方!【2020年9月版】

続きを見る

ANA取材
【2020年9月版】ANAカード入会キャンペーンまとめ!今お得なANAカードの入会キャンペーンはこれだ!

続きを見る

SPGアメックス大空 300x250

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-ANAアメックス

© 2020 旅マイル