スーパーフライヤーズカード比較

ANA SFC修行 ANAカード ANAマイレージクラブ

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)を比較!おすすめのANAカードはこれだ!

ANAマイレージクラブの永久上級会員になれる「スーパーフライヤーズカード」、略してSFC。

ANAのSFC修行を晴れて終了すると、手に入れることができるとても貴重なクレジットカード。

スーパーフライヤーズカードは生涯持つことになるため、どのカードブランドにするかは大事な選択。

どのANAカードのスーパーフライヤーズカードがおすすめなのか徹底比較してみました!

憧れのスーパーフライヤーズカード

スーパーフライヤーズカードとは?

スターアライアンスゴールド ロゴ

スーパーフライヤーズカードとは、クレジットカードを更新し続ける限り、ANAマイレージクラブの上級会員でいられる夢のようなカード

しかし、スーパーフライヤーズカードを取得するためのハードルは高い!

一度でもANAの上級会員である「ダイヤモンドステイタス」か「プラチナステイタス」になってはじめて取得できるANAマイラー憧れのカードです。

出張族で自然と「プラチナステイタス」になれる方は羨ましいです。

そんな恵まれた方はごくわずか。

それならと、1年間にとにかくANAに乗るSFC修行を行ない、「プラチナステイタス」を目指すんです。

ただ、ひたすら飛行機に乗りまくります。

SFC修行を達成したあかつきには、夢のスーパーフライヤーズカードが手に入るというわけです。

ANA上級会員の詳細は「ANAステータス「ANAプレミアムメンバー」の魅力♪ANAマイラーがステータスを得るために必要なこと」へ。

ana-mile-premium-card
ANAステータス「ANAプレミアムメンバー」の魅力♪ANAマイラーがステータスを得るために必要なこと

続きを見る

家族も上級会員になれてしまう

スーパーフライヤーズカードのいいところは、プラチナステイタスの資格がない家族も、スーパーフライヤーズカードを持つことで、上級会員になれること。

これって結構凄いことです。

条件は、

本会員と生計を同一にする配偶者・ご両親・お子様(18歳以上)は、年間のご搭乗実績にかかわらず家族会員にお申し込みいただけます。

例えば、夫婦で2枚持てば、子供が2人いても全員ANAラウンジに入ることが可能になります。

SFC修行の前にANAカードを作る

ANA SFC修行 羽田中央ANAラウンジ10

ただ、SFC修行を達成しても、肝心のスーパーフライヤーズカードの審査を通過する必要があります。

そのため、通常は審査落ちを懸念して、修行を始める前に、希望するスーパーフライヤーズカードにしたいANAカードを作るんですよね。

スーパーフライヤーズカードの切り替えの注意点

ANAのロゴ

  • ANAカードからスーパーフライヤーズカードに切り替えができる
  • スーパーフライヤーズカード発行後もブランドの切り替えは自由にできる
  • スーパーフライヤーズカードは1人1枚のみ
  • スーパーフライヤーズカード対象外のカードもある

ANAカードからスーパーフライヤーズカードに切り替えができる

すでに保有しているANAカードをスーパーフライヤーズカードに切り替えることができます。

ほとんどの人は、恐らくこのパターンでしょう。

スーパーフライヤーズカード発行後もブランドの切り替えは自由にできる

スーパーフライヤーズカード取得後、やっぱりあっちのカードブランドがよかった!となっても大丈夫です。

会員資格を失うことなく、ブランドの切り替えができます

一度選んだらずっと変更できない!なんて心配は不要です。

スーパーフライヤーズカードは1人1枚のみ

1人で、複数ブランドのスーパーフライヤーズカードを持つことはできません。

1つに厳選する必要があります。

スーパーフライヤーズカードではない、ANAカードなら、別ブランドであれば、複数枚保有可能です。

スーパーフライヤーズカード対象外のカードもある

以下のカードは、スーパーフライヤーズカードがないため、切り替えができません。

別のブランドで新規入会する必要があります。

  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

スーパーフライヤーズカード全種類

ANAマイレージクラブ SFC修行 羽田ー伊丹ー千歳の三角飛び

スーパーフライヤーズカードは、なんと12枚。

ざっくり3分類

SFC分布図

スーパーフライヤーズカードは、大きく3種類発行されています。

  • 一般カード(10,250円+税)
  • ゴールドカード(15,000円~31,000円+税)
  • プレミアムカード(70,000円~155,000円+税)

一般カードは3枚

  1. ANAスーパーフライヤーズカード VISA(SFC VISA)
  2. ANAスーパーフライヤーズカード マスターカード(SFC マスター)
  3. ANAスーパーフライヤーズカード JCB(SFC JCB)

ゴールドカードは5枚

  1. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA(SFCゴールド VISA)
  2. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード マスターカード(SFCゴールド マスター)
  3. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード JCB(SFCゴールド JCB)
  4. ANAダイナース スーパーフライヤーズカード(SFCダイナース)
  5. ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・ゴールド・カード(SFCアメックスゴールド)

プレミアムカードは4枚

  1. ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム(SFC JCBプレミアム)
  2. ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード(SFC ダイナースプレミアム)
  3. ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード(SFC VISAプレミアム)
  4. ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カード(SFC アメックスプレミアム)

選ぶなら「ゴールドカード」か「プレミアムカード」から

SFCの選び方

こんなにいっぱいあると選ぶのに悩んでしまいますよね?

スーパーフライヤーズカードは、「ゴールドカード」か「プレミアムカード」を選んでおけば間違いないです。

一般カードは年会費が高い割に特典が少ない

SFCの選び方

年会費を比較すると、一般カードが一番安く、維持費が低そうに見えます。

でも、一般カードは別途5,000円~6,000円+税の移行手数料が必要

ここ、重要なポイントです。

もし、移行手数料を払わないと「100円=1マイル」相当貯まるところが、「100円=0.5マイル」になってしまうので、もったいない。

移行手数料を含めると、一般カードとゴールドカードの維持費の差は1,000円程度!

それにもかかわらず、一般カードとゴールドカードでは特典が大きく違います。

一般カードは、スーパーフライヤーズカードの候補からは外れますね。

となると、検討すべきは、「ゴールドカード」と「プレミアムカード」の9枚。

じゃあどのスーパーフライヤーズカードがいいの?

というわけで、おすすめのスーパーフライヤーズカードはこれ!

タイプ別に選ぶとこの3枚がおすすめ!

クレジットカードは、持つ人の目的によってオススメのカードが変わるため、タイプ別に3枚を厳選!

ポイント

  • コスパを重視したい
    →ANA スーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA
  • マイルを重視したい
    →ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード
  • 最高峰がいい
    →ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード

ANA スーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA

ANA VISAゴールドSFC

コスパで選ぶならこの1枚

コスパで選ぶなら、「ANA スーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA」(SFCゴールド VISA)。

普段飛行機に乗らない人に人気で、多くの方が選んでいるカード。

SFCゴールド VISAは、実は、年会費の割引があるんです。

そのため、5枚あるゴールドカードの中でも、年会費最安値

SFCゴールド VISAなら、「 Web明細」を利用し、年6回以上請求があると、

  • 本会員:15,000円 → 14,000円(税別) 1,000円引き
  • 家族カード:7,500円(税別) 割引対象外

ぱっと見の年会費はVISA、JCB、MasterCard同じですが、1,000円だけ安くお得。

しかも、VISAブランドなら、世界中どこでも利用に困らないのでこれ1枚でもOKの安心感があります。

マイ・ペイすリボ + Web明細

マイ・ペイすリボを利用し、年に1度でもリボ手数料を支払い、Web明細と合わせると、さらに割引が受けられます。

  • 本会員:10,500円(税別) 4,500円引き
  • 家族カード:6,000円(税別) 1,500円引き

ただ、利用はおすすめしません。

マイ・ペイすリボとは、リボ払いのこと。

リボ払いとは、いくら使っても事前に決めた金額だけ返済し、超えた金額には利息がかかります。

臨時入金で手数料の金額を極限まで少なくすることはできるものの、忘れると手数料のほうが高く付いてしまう場合も。

カード特典も充実

ゴールドカードなので、カード特典も充実。

  • 海外旅行保険
  • 国内線の航空機遅延費用補償
  • ANAラウンジがない国内線の空港でもクレジットカードラウンジ無料

ANA VISA ワイドゴールドカード

ana-visa-gold-card

カード詳細

【カードブランド】
VISA
【年会費】
14,000円(税別)

【家族カード】

4,000円(税別)
【特徴】
ANAゴールドカード年会費最安値

「ANA スーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA」を持つなら、まずは、「 ANA VISA ワイドゴールドカード 」。

「ANA VISA ワイドゴールドカード」でも、ANA上級会員の特典を除いたカード特典についてはまったく同じです。

こちらもANAゴールドカードの中では、年会費最安値なのでお財布にも優しいです。

入会キャンペーン

最大35,000マイルプレゼント

ANA VISA ワイドゴールドの入会・キャンペーン詳細はこちら

2020年6月30日までの期間限定

※すでに他のANAカードを保有している場合は通常入会キャンペーンのみ対象

ANA VISA ワイドゴールドカードの詳細は、「ANA VISA/Masterワイドゴールドカードの入会キャンペーン!メリット・デメリット・審査基準まとめ」へ。

ANA VISA/Masterワイドゴールドカードの入会キャンペーン!メリット・デメリット・審査基準まとめ

続きを見る

ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード

ANAアメックスSFCカード

マイルを重視するならこの1枚

マイルを重視するなら、「ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード」(SFCアメックスゴールド)。

他のゴールドカードに比べ、マイルを貯めやすいカード。

  • クレジットカードのポイントは期限なし
  • ANA航空券購入でポイント2倍

ANAマイルは有効期限が3年と短いですが、SFCアメックスゴールドなら、ポイントは無期限

有効期限を気にせずに貯めることができるのは大きなメリット。

また、SFC取得後もANA便を利用するなら、他のカードよりも、より多くのANAマイルを貯めることができます。

ANA航空券の購入で「100円=3マイル」※!

※カードポイント「100円=2マイル(ポイント2倍)」+ANAカードマイルプラス「100円=1マイル」

カード特典も充実

SFCアメックスゴールドは、さらにカード特典が充実。

  • 海外旅行保険
  • ANAラウンジがない国内線の空港でもクレジットカードラウンジを同伴者1名も含め無料
  • スーツケース宅配帰国時無料
  • 海外での充実の日本語サポート

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールド券面画像(ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)

カード詳細

【カードブランド】
アメリカン・エキスプレス
【年会費】
31,000円(税別)

【家族カード】

15,500円(税別)
【特徴】
ポイントを無期限に貯められる

「ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード」を持つなら、まずは、 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

「ANAアメックスゴールド」でも、ANA上級会員の特典を除いたカード特典についてはまったく同じです。

ポイントは無期限、ANA航空券購入でポイント2倍も同じなので、ANAマイルを貯めやすいカード。

入会キャンペーン

最大88,000マイル相当のポイントプレゼント

ANAアメックスゴールドの入会・キャンペーン詳細はこちら

2020年6月30日までの期間限定

※ANA側のキャンペーン33,000マイル+アメックス側のキャンペーン55,000マイル相当の合計

※すでに他のANAカードを保有している場合はアメックス側のキャンペーンのみ対象

ANAアメックスゴールドの詳細は「ANAアメックスお得な入会キャンペーン!ANAマイルが無期限に貯められる」へ。

ANAアメックス&ANAアメックスゴールド入会キャンペーン
【2020年5月版】ANAアメックスお得な入会キャンペーン!ANAマイルが無期限に貯められる

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

ANA VISAプレミアムSFCカード

 最高峰のプレミアムカードならこの1枚

スーパーフライヤーズカードの最高峰のプレミアムカード。

その中で、おすすめなのが、「ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード」(SFC VISAプラチナ)。

コスパと貯まるマイル両方を兼ね備えたANAカードの最強カード。

年会費は80,000円(税別)とプレミアムカードの中では抑えめで、日々の生活でしっかりANAマイルは貯まります

  • クレジットカードのショッピングで常に「100円=1.5マイル」相当
  • 貯めたポイントは4年間有効と長め

カード特典は充実すぎ

365日24時間利用できるコンシェルジュサービス、プライオリティパスをはじめプレミアムカードにふさわしい特典が満載。

ANA VISAプラチナプレミアムカード

ANAVISAプラチナプレミアムカード券面

カード詳細

【カードブランド】
VISA
【年会費】
80,000円(税別)

【家族カード】

4,000円(税別)
【特徴】
ANAプレミアムカードで一番のおすすめ

ANA VISA プラチナプレミアムカード は、直接申し込みができるプレミアムカード。

SFC版とカード特典は同じで、通常ショッピングで「100円=1.5マイル」相当貯まり、どんどんマイルが貯まっていきます。

ANAプレミアムカードなら、国内線ANAラウンジを利用することができるので、SFC修行も超快適になります。

SFCもANA VISAプラチナプレミアムカードを考えているなら、修行開始前に持つのがおすすめ。

入会キャンペーン

最大43,500マイルプレゼント

ANA VISA プラチナプレミアムカードの入会・キャンペーン詳細はこちら

2020年6月30日までの期間限定

※すでに他のANAカードを保有している場合は通常入会キャンペーンのみ対象

まとめ

スーパーフライヤーズカードは、入手できれば、ANA上級会員の資格を永久に得ることができる夢のようなカード。

コスパ重視で選ぶなら、ANA スーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA。

マイルを重視するなら、ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード。

最高峰なら、ANA VISAプラチナプレミアムカード。

スーパーフライヤーズカードがお財布に入っていると、きっと気分がいいですね。

【通常のANAカードのおすすめはこちら】

ANAカードのおすすめはこれ!
マイルが良く貯まるおすすめのANAカードは?失敗しないANAカードの選び方!【2020年5月版】

~参考~ 全12枚のスペック比較

全12枚のスペック比較も掲載しておきます。

3種類のカード毎にまとめてみました。

一般カードスペック比較

一般カード年会費比較

カード名年会費(税抜)移行手数料(税抜)1枚合計(税抜)家族カード(税抜)2枚合計(税抜)
SFC VISA10,2506,00016,2505,10021,350
SFC マスター10,2506,00016,2505,10021,350
SFC JCB10,2505,00015,2505,10020,350
カード名年会費(税抜)移行手数料(税抜)1枚合計(税抜)家族カード(税抜)2枚合計(税抜)

一般カードポイント比較

カード名100円ごとの獲得マイルANA利用時獲得マイルボーナスマイル入会ボーナス継続ボーナス特別ボーナス
SFC VISA1235%02,0000
SFC マスター1235%02,0000
SFC JCB1235%02,0000
カード名100円ごとの獲得マイルANA利用時獲得マイルボーナスマイル入会ボーナス継続ボーナス特別ボーナス

※入会ボーナス:SFCカード新規申し込み or ANAカードからの切り替えでもらえるマイル
※継続ボーナス:クレジットカード更新ごとにもらえるマイル
※特別ボーナス:SFC会員でかつ、 「ダイヤモンドステイタス」、「プラチナステイタス」、「ブロンズステイタス」なら、カード更新時に追加でもらえるマイル

一般カード特典比較

カード名海外ケガ・病気の補償航空機遅延空港ラウンジプライオリティパスプライオリティパス(家族)スーツケース宅配無料海外サポートコンシェルジュサービス
SFC VISA150万円
SFC マスター150万円
SFC JCB150万円
カード名海外ケガ・病気の補償航空機遅延空港ラウンジプライオリティパスプライオリティパス(家族)スーツケース宅配無料海外サポートコンシェルジュサービス

ゴールドカードスペック比較

ゴールドカード年会費比較

カード名年会費(税抜)移行手数料(税抜)1枚合計(税抜)家族カード(税抜)2枚合計(税抜)
SFCゴールドVISA15,000015,0007,50022,500
SFCゴールドマスター15,000015,0007,50022,500
SFCゴールドJCB15,000015,0007,50022,500
SFCダイナース28,000028,00010,50038,500
SFCアメックスゴールド31,000031,00015,50046,500
カード名年会費(税抜)移行手数料(税抜)1枚合計(税抜)家族カード(税抜)2枚合計(税抜)

ゴールドカードポイント比較

カード名100円ごとの獲得マイルANA利用時獲得マイルボーナスマイル入会ボーナス継続ボーナス特別ボーナス
SFCゴールドVISA1240%02,0002,000
SFCゴールドマスター1240%02,0002,000
SFCゴールドJCB1240%02,0002,000
SFCダイナース1240%02,0002,000
SFCアメックスゴールド1340%02,0002,000
カード名100円ごとの獲得マイルANA利用時獲得マイルボーナスマイル入会ボーナス継続ボーナス特別ボーナス

※入会ボーナス:SFCカード新規申し込み or ANAカードからの切り替えでもらえるマイル
※継続ボーナス:クレジットカード更新ごとにもらえるマイル
※特別ボーナス:SFC会員でかつ、 「ダイヤモンドステイタス」、「プラチナステイタス」、「ブロンズステイタス」なら、カード更新時に追加でもらえるマイル

ゴールドカード特典比較

カード名海外ケガ・病気の補償航空機遅延空港ラウンジプライオリティパスプライオリティパス(家族)スーツケース宅配無料海外サポートコンシェルジュサービス
SFCゴールドVISA150万円国内1名無料
SFCゴールドマスター150万円国内1名無料
SFCゴールドJCB300万円国内・海外1名無料
SFCダイナース300万円1名無料帰国時
SFCアメックスゴールド300万円2名無料帰国時
カード名海外ケガ・病気の補償航空機遅延空港ラウンジプライオリティパスプライオリティパス(家族)スーツケース宅配無料海外サポートコンシェルジュサービス

プレミアムカードスペック比較

プレミアムカード年会費比較

カード名年会費(税抜)移行手数料(税抜)1枚合計(税抜)家族カード(税抜)2枚合計(税抜)
SFC JCBプレミアム70,000070,0004,00074,000
SFC ダイナースプレミアム155,0000155,0000155,000
SFC VISAプレミアム80,000080,0004,00084,000
SFC アメックスプレミアム150,0000150,0000150,000
カード名年会費(税抜)移行手数料(税抜)1枚合計(税抜)家族カード(税抜)2枚合計(税抜)

プレミアムカードポイント比較

カード名100円ごとの獲得マイルANA利用時獲得マイルボーナスマイル入会ボーナス継続ボーナス特別ボーナス
SFC JCBプレミアム1.33.350%10,00010,0002,000
SFC ダイナースプレミアム1.54.550%10,00010,0002,000
SFC VISAプレミアム1.53.550%10,00010,0002,000
SFC アメックスプレミアム14.550%10,00010,0002,000
カード名100円ごとの獲得マイルANA利用時獲得マイルボーナスマイル入会ボーナス継続ボーナス特別ボーナス

※入会ボーナス:SFCカード新規申し込み or ANAカードからの切り替えでもらえるマイル
※継続ボーナス:クレジットカード更新ごとにもらえるマイル
※特別ボーナス:SFC会員でかつ、 「ダイヤモンドステイタス」、「プラチナステイタス」、「ブロンズステイタス」なら、カード更新時に追加でもらえるマイル

プレミアムカード特典比較

カード名海外ケガ・病気の補償航空機遅延空港ラウンジプライオリティパスプライオリティパス(家族)スーツケース宅配無料海外サポートコンシェルジュサービス
SFC JCBプレミアム1,000万円国内・海外2名無料無制限
SFC ダイナースプレミアム1,000万円海外1名無料無制限無制限往復
SFC VISAプレミアム500万円国内・海外2名無料無制限無制限
SFC アメックスプレミアム1,000万円海外2名無料無制限無制限往復
カード名海外ケガ・病気の補償航空機遅延空港ラウンジプライオリティパスプライオリティパス(家族)スーツケース宅配無料海外サポートコンシェルジュサービス
SPGアメックス大空 300x250

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-ANA SFC修行, ANAカード, ANAマイレージクラブ

© 2020 旅マイル