ウーバー乗車中の景色

UBER(ウーバー) ハワイ旅行記&情報

Uber(ウーバー)をハワイで使ったら安い&チップ不要で便利だった!ホテルからホノルル空港へ

更新日:

ハワイワイキキのホテルから、ホノルル国際空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)へ行く時にUber(ウーバー)を使ってみました。

実際に使ってみると、タクシーよりも安く、チップも不要。

とても便利だったのでどんなだったか、レポートします!

SPGアメックス大空 300x250

ウーバーとは?

Uber(ウーバー)とは、アメリカ発祥の新しい配車アプリ。

スマホで格安のハイヤー(タクシー)を呼べるサービスです。

アプリのダウンロード、初期設定、割引クーポンコードはこちらの記事で↓

実際に使ってみた

ウーバー配車まで

UBER(ウーバー)利用01

アプリを立ち上げると自分の位置はGPSで事前に示してくれます。

UBER(ウーバー)利用02

行き先の検索は、日本語検索&地図上から選ぶことが出来ます。

UBER(ウーバー)利用03

UBER(ウーバー)空港から市内へ02

行き先を決めると配車可能な車種が出てきます。

今回ホノルルで出てきた種類は、以下の5種類。

  • UberX(お手頃価格な料金で利用できるセダンタイプのウーバー。1名~4名用)
  • UberXL(お手頃価格な料金で利用できる大人数用のウーバー。1名~6名用)
  • UberSELECT(高級車のウーバー。1名~4名用)
  • TAXI(普通のタクシー)
  • タクシーVan(大型タクシー)

TAXI、タクシーVanは、結局メーター制のタクシーがやってくるだけなので正直Uberを使う意味がない。

料金がお得なのは、UberX。

ということで、UberXに決定。

UBER(ウーバー)利用04

車種を決めたあとは、待ち合わせ場所を決めます。

UBER(ウーバー)利用05

配車場所を確定すると、近くにいるUberXを探してくれます。

UBER(ウーバー)利用06

近くにいるドライバーがすぐに向かってくれます。

ドライバーの顔写真、車種、ナンバープレートが表示されるので、しばしトヨタのプリウスを待ちます。

UBER(ウーバー)利用07

もし、出会えなかったときのために、「連絡する」ボタンを押せば、ドライバーとチャットで話すことができます。

ただ、英語での会話になります。。。

UBER(ウーバー)利用08

配車もとても早く、3分後には到着予定。

UBER(ウーバー)利用10

モアナサーフライダーの車寄せで待っていると、

UBER(ウーバー)利用11

普通のタクシーは入ってきますが、トヨタプリウスはやってこない。。。

UBER(ウーバー)利用09

で、アプリを見ると、目の前を通過した模様。。。

まだ乗ってないのに!!

モアナサーフライダーの前の通りは一方通行なので、再度ぐるっと回ってくる形になっています。

もしかしたら、ホテルの車寄せまでは来ないのでは!ということで、ホテルの前の道へ。

顔写真をウーバーのアプリに登録していなかったので、ウーバーがぐるっと回っている間に、ウーバーに自分の顔写真を登録し待つこと7分。

ウーバーの顔写真登録方法はこちら↓

UBER(ウーバー)利用16
海外旅行で便利なUber(ウーバー)とは?ウーバーの初期設定の流れ&クーポンで最初の3回乗車まで毎回2ドルオフ!

ウーバー乗車

UBER(ウーバー)利用13

ドライバーさんから発見してもらい、Mr.クマ?と声をかけてくれて無事乗車。

Uber使うなら、顔写真登録は必須ですね。

UBER(ウーバー)利用12

ウーバーの車には、赤丸で囲んだ、ウーバーのアプリと同じマークを付けています。

プリウスにスーツケースを詰めてもらっていざ、出発。

プリウスだと60Lのスーツケース2個入れたらパンパンだったので、3人以上だと厳しいですね。

出発前に、再度行き先確認で、「ホノルル空港でいいよね?」と聞かれ、Yesでスタート。

今回は、ホノルル空港からハワイ島コナ空港に行く予定だったので、「インターアイランドターミナル プリーズ」で国内線ターミナルに行ってもらいました。

ちなみに、ホノルル空港から日本に帰る場合は、「インターナショナルターミナル プリーズ」でOKです。

UBER(ウーバー)利用14

乗車すると、ステータスが「乗車中」になります。

UBER(ウーバー)利用15

乗車中はアプリで実際に走っているルートと走行予定の道をリアルタイムで見ることが出来ます。

UBER(ウーバー)利用16

ドライバーさんもUberの道案内に従って走ります。

UBER(ウーバー)利用17

20分ちょっとでホノルル国際空港改め、ダニエル・K・イノウエ国際空港(2017年4月改名)に到着。

ウーバー降車時

ウーバーでは、料金を事前に登録したクレジットカードで支払うので、降車時のめんどうな支払いはなし。

もちろん、チップも不要です。

スーツケースをトランクから出してもらって、サンキューと伝えて終了です。

UBER(ウーバー)利用20

降車後、アプリを確認すると実際の引き落とし金額が確認できます。

最初に表示された金額と同じ、18.08ドルクレジットカードで引き落とされました。

15ドルの割引プロモーションを除いても33.08ドル。

普通のタクシーなら、約40ドル+15%のチップなので安い!

安くて有名なチャーリーズタクシーを行きに使ったときは、34.93ドル。

最後の料金の支払いの煩わしさを考えれば、チャーリーズタクシーよりも、ウーバーのほうが楽ちん。

初回限定プロモーション・コード

初めてウーバーを使う方が、プロモーション・コードに「qir8s8」を入れると最初の3回乗車まで毎回2ドルオフになります。

プロモーション・コードの入れ方はこちら

なお、アプリの会員登録は日本で行わず、ハワイ到着後、現地でおこなって下さい

そうしないと、ハワイで使えるクーポンが発行されず、日本で利用できるクーポンが発行されます。

ハワイでは、Wi-Fi環境がないと登録できないため、ホテルの無料Wi-FiやレンタルWi-Fiを活用しましょう。

UBER(ウーバー)利用18

最後にドライバーの評価を選んで終了です。

ウーバーの運転手は評価が悪くなると仕事ができなくなるので、問題がなければちゃんと評価したほうが良いです。

2017年12月からホノルル空港から市内へはUberXが使えるように

これだけUberが便利なら、ホノルル空港から市内へもUberを使いたいもの。

これまでは、乗り入れができなかった、1番お手頃なUberX、UberXLのホノルル空港への乗り入れが解禁!

詳細は英語ですが、公式HPに注意点も含め記載されています⇒公式HP

空港への乗り入れに手数料が7.527%加算されますが、ちゃんと事前に手数料込みで表示されるので、そこは安心です。

ウーバーホノルル空港から市内へ

ホノルル空港からワイキキまでは、UberXだと35.15ドル、大きいサイズのUberXLだと63.2ドル。

※表示されている料金は、プロモーションで15ドルオフされた金額
※料金は時間帯によって変動します

手数料が含まれる分、帰りよりもちょっと高め。

また、UberXの場合、大人2名、スーツケース2つでいっぱいいっぱいなので、それ以上の場合は、UberXLがベスト。

配車の場所がわかりづらい

ウーバーハワイホノルル空港配車場所

ホノルル空港を出発場所にして、依頼ボタンを押すと乗車エリアの選択が開きます。

「Inter-Island Terminal」と「Main Terminal」の2つが出てくるので、日本からの国際線の場合は、「Main Terminal」を選択。

「Inter-Island Terminal」は、諸島間フライトのターミナルです(オアフ島⇔ハワイ島など)。

ウーバーハワイホノルル空港配車場所

「Main Terminal」の配車場所は、「Ride Share Curb Lobby 8」。

ホノルル空港のウーバーの配車場所

到着する1階ではなく、チェックインカウンターがある2階。

ユナイテッド航空やANAのチェックインカウンターがある場所から外に出たところです。

通常のタクシー乗り場と離れているので、場所はわかりづらいですね。

人数が多い場合や、初めてで不安という方は、チャーリーズタクシーのほうが安いしわかりやすいので、ウーバーよりもいいかもしれません。

【送迎手段まとめ】ハワイホノルル空港から市内までの送迎どれが一番?

まとめ

ウーバーはとても便利で、料金も安い。

空港への移動手段としてだけでなく、市内観光やレストランに行くときも手軽で便利です。

H.I.SやJTBなどのトロリーのチケットを持っていたとしても、ウーバーを使ったほうが時間短縮になったりするので、便利です。

次回もレンタカーを借りない時の足代わりの第一候補です。

SPGアメックス大空 300x250

旅マイルメールマガジン

旅マイルメールマガジンに登録すると、メール限定記事をお届け!

最新の旅をお得にする情報、マイル情報、クレジットカードキャンペーン情報をお送りします。

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

いいねで更新情報が届きます

-UBER(ウーバー), ハワイ旅行記&情報

Copyright© 旅マイル , 2019 All Rights Reserved.