【最新版】もう悩まない!ハワイのチップの相場は?渡すタイミングは?

ハワイで悩むのがチップですよね?

日本人には馴染みのない文化なので相場はいくらなのか?

どのタイミングで渡すか?

どうやって渡すのか?

などなど悩んでしまいますよね?

そんなことを考えているうちに疲れて、ついついチップがいらないお店を選んでみたり。

でも自分の中でルールを決めてしまえば難しくありません!

せっかくのハワイ旅行、チップに惑わされず楽しみましょう!

スポンサーリンク

チップの背景を理解する

日本人に馴染みのないチップなので、なんで渡すのか腹落ちしていないと、ついつい渡さなくてもいっかとなってしまうもの。

どうせならなんでチップを渡すのか理解して気持ちよく渡したいですよね。

チップは生活の糧の一部

ハワイでサービス業に従事している人にとってはチップもお給料の一部。

通常の給料は最低賃金並みに少なく設定されています。

チップをもらうこと前提なんですよね。

ちゃんとチップも申告の際に所得に含めているくらいなので。

なのでチップをちゃんと渡さないと生活の糧が無くなってしまう。

多くチップをもらうためにサービス向上をして所得を増やしていく感じですかね。

レストランやホテルなどを利用する際には、チップ代も込みで予算を組んでチップは渡すもの、と考えておくと損した気持ちにはならないですよ。

チップのスマートな渡し方のコツ

そのチップの渡した方ダサいかも!

チップを渡すために洋服の下やカバンの中に仕舞い込んだお財布をゴソゴソ取り出す。

ビリビリとジッパーを開ける音をさせながら財布から紙幣を出し、枚数を数えてチップを渡す。

その間、チップをもらう人も待ちぼうけになるので、お互いに気まずい感じに。

すごいダサいですよね?

何を隠そうクマの海外旅行デビューの時のチップの渡し方です。。。

スマートにチップを渡すコツは事前準備!

チップは事前にポケットに忍ばせておく

海外の方を観察していると皆さんポケットにあらかじめ少額紙幣が入っているんですよね。

ポケットからさっと取り出し、すっと握手するかのように手を差し出してスマートに渡しているじゃありませんか!

そんなスマートな渡し方を目指すべく1ドル札を2枚セットにして折ったセットを3セット(6ドル)くらいポケットに入れておき、いざという時はさらっと渡してました。

そうするだけで一気にスマートな渡し方が出来るようになります!

笑顔と感謝の言葉を忘れずに

海外の方を観察していて気持ちのいい渡し方だったのが、笑顔でサンキューといいながら渡している姿。

チップを渡すのはお礼なのだから「笑顔&サンキュー」が1番あっています。

ポケットに用意したチップをスマートに取り出し、「笑顔&サンキュー」で渡せば好感度の高いスマートなチップの渡し方ですね。

チップが必要な場面と目安の金額

チップは正直正解がないので目安の金額の目安としてみて下さい。

とはいえ、毎回悩むのは大変なので自分の中でこの場合はいくら渡すと決めておくと楽になりますよー。

あとチップは硬貨はNGです。必ず紙幣で渡しましょう

場面 金額
シャトルバスでの荷物出し入れ 荷物1個 $1
タクシー代金 料金の15%
ベルボーイが部屋に荷物を持ってきた場合 荷物1個 $1
ベッドメイキング $2
ベッドメイキング1日2回以上 $4
ホテルで追加備品を持ってきてもらった時 $0
バレーパーキングで車を預けた時 $0
バレーパーキングで車を持ってきてもらった時 $2〜3
高級レストラン 20%
普通のレストラン 15%
セルフサービスのレストラン $0
朝食代込プランでのホテルの朝食 $0

それでは具体的に見ていきましょう!

空港からホテルまでのチップ

シャトルバン

日本から多いのが事前にシャトルバンを予約して料金も払い済みになっているケース。

この場合は料金の支払いは現地で発生しませんが、ドライバーさんによるスーツケースの出し入れが発生するため、チップは必要になります。

チップを渡すタイミング

渡すタイミングはホテルに到着し自分のスーツケースをシャトルバンから降ろして受け取るタイミング。

金額の目安

相場は荷物1個につき1ドル。

スーツケース2個を預けたので2ドル渡しました。

ツアーの場合は料金にすでに含まれているので渡さなくて良いようです。

タクシー

タクシーは運賃も合わせて支払う必要があります。

スーツケースの出し入れもしてもらえるのでその分もチップが必要になります。

チップを渡すタイミング

目的地に到着しトランクの荷物を受け取るタイミング。

日本では車内で料金を払うのが一般的ですが、海外ではタクシーから降りて荷物を受け取ったあとにしています。

ハワイではないでしょうが他の国ではぼったくってきて降ろしてくれないなどのトラブルを避けるためにもそうしています。

ハワイでも車外で払うのが一般的なようです。

金額の目安

タクシー料金の15%プラス荷物1個につき1ドル。

仮にタクシー料金が55ドルでスーツケースが2個なら、

50ドル×15%+2ドル=59.50ドル

細かい小銭を含めて支払うとこなれた感が出ないので切り上げて60ドル支払うのがスマート。

タクシーで大きいお金を出してお釣りをもらうのは結構難易度が高いです。

ありえないですがチップ込みだと思われるので。

語学力に自信がなければある程度細かい紙幣を用意しておいてお釣りなしが安心です。

ホテルでのチップ

荷物を運んでもらった場合

ホテルにシャトルバンやタクシーで乗り付けるとベルボーイが荷物をホテルの入り口で引き取り、引換券をくれます。

荷物を渡す時はチップは不要です。

チップを渡すタイミング

フロントでチェックインする際にその引換券を渡すとしばらくすると部屋に荷物を持ってきてくれます。

荷物を部屋に運び入れ終わった時にチップを渡します。

金額の目安

荷物1個につき1ドルです。

足りないものを持ってきた時

DSC_0169
悩むところですよね。

ロイヤルハワイアンホテルでバスローブを持ってきて貰いました。

2ドルくらいは渡す必要があるかなと思いポケットに入れていましたが、ハウスキーピングの人は部屋のドアのところでバスローブを渡すとすぐに去って行ってしまって渡す機会を逸しました。

色々ネットで調べると渡さなくてもOKとの記載もあったので渡さなくても良さそうです。

もちろん無理言って持ってきてもらった場合などは渡したほうが良いです。

ベットメイキングへのチップ

チップを渡すタイミング

朝、観光又はチェクアウトするため部屋から出る時に置きます。

枕銭だから枕の下に入れず、わかりやすく感謝の言葉を書いたメモを添えてベットの上やベットのサイドボードの上に置いておくとスマートです。
20160107_185000432_iOS

金額の目安

1泊2ドル。

連泊だろうが1泊だろうがチェクアウトの日だろうが毎日置いています。

掃除する人は毎日違う可能性もあるので毎日置いた方が良いかなと考えています。

ベットメイキングが何度もある場合

高級ホテルだとベットメイキングが昼間だけでなく、夜のターンダウンも行われることも。

その時無料の水なども補充されていたり。

そうした場合は毎回置くのも大変なので1泊4ドルにして調整しています。

まー2ドルでも良いのかもしれませんが、高級ホテルなので。。。

ベットメイキングのチップは日本人だけ?

確かに枕銭は海外の方はやらないという意見もありますが、個人的には部屋の掃除が1番大変!

荷物運ぶのより絶対大変だし、車をバレーパーキングで運転してくるより断然大変。

だから一泊2ドルくらいは渡しても良いのではと考えて必ず置いています。

バレーパーキングでのチップ

バレーパーキングとは車でホテルやレストランの玄関に乗りつけて車の鍵を預けて係りの人に駐車場に停めてもらうサービスのことです。

一方自分で駐車場に車に停めるのはセルフパーキングでホテルによっては選べたりします。

チップを渡すタイミング

車を預けるときはチップを渡す必要はないです。

車のエンジンを付けたまま車を預けます。

その際に引換券をもらいます。

チップは車を返してもらう時に払います。

まずは引換券をスタッフに渡すとしばらく待っていると車を持ってきてくれます。

たいてい運転席の扉を開けて待っていてくれるのでそこでチップを渡します。

金額の目安

1回3ドル。

ホテル宿泊の場合は別に駐車料金も取られるのにさらにチップも必要。。。

何度も出し入れする予定があるならセルフパーキングに停めるのが◯かと。

レストランでのチップの渡し方

セルフサービスでないレストランに行くとデニーズのようなファミレスでもチップが必要になります。

ハンバーガーショップでもが、テーブルで待っていて持ってきてくれるようなバーガーショップの場合はチップが必要になります。

一方、フードコート、マクドナルド、バーガーキングなどのファーストフード、スターバックス、ホノルルコーヒーなどの自分で商品を運ぶタイプのカフェ、お弁当屋さんなどではレジで商品を受け取り、自分で席まで持っていくセルフサービスタイプなのでチップは不要です。

チップを渡すタイミング

チップを渡すタイミングは食事を食べ終わりお会計をするとき。

具体的な渡し方は金額の目安の後に記載します。

金額の目安

レストランでのチップは高級なレストランなら20%、普通のレストランなら15%と決めて払っていました。

高級なレストランの定義が難しいところですが、目安としては一人80ドル以上のお店かなと。

普通のレストランのチップも15%と書いてある書籍やHPが多いですが、中には現在の相場は18%と書いてあるところも。

うーーーん悩ましいと思っていましたが、高級ホテルであるカハラホテルの朝食ビュッフェを食べた際、予めチップが含まれたレシートが届きました。

そこに書いてあったチップは15%。

それなら普通のレストランなら15%で行こうと決めました。

レストランの料金は結構な金額になるので、食事代と合わせてチップもクレジットカード払いがおすすめ。

あまり多額の現金を持ち歩くのは本当に危険です。

ハワイ旅行に現金はいらない!?知らないと危ないハワイ旅行のお金の持って行き方!

2016.02.24

クレジットカードでのチップの払い方

チップが必要なお店は食事中又は食事が終わる頃に金額が書かれた伝票をテーブルに持ってきます。

この辺は日本と同じですね。

食べ終わったらテーブルにすわったまま店員さんを呼んでクレジットカードで払いたい旨を伝えます。

「クレジットカードプリーズ」で通じます。

そしたらここで2パターに分かれます。

通常のケース

チップを書く欄が付いている伝票とペンを持ってきてくれます。

IMG_1886-Edit

例えば15%のチップを払う場合は自分で計算してチップを書く欄にチップの金額書いてトータルの金額を書きます。

写真の例だと、$24.19☓15%=3.62…

クレジットカード払いなので端数があっても何も困らないので単純に

$24.19+3.62=27.81ドル

でも良いのですが、切りが良いほうがすっきりするのでこの場合は28ドルが良いかと。

27ドルに切り下げてしまうと15%を下回ってしまうので基本切り上げにします

下の写真のようにチップ欄と合計欄をサインで埋め、店員さんに渡せばチップ込みで決済してくれます。

IMG_1886-Edit-Edit

※写真のレシートはホノルルコーヒーのもので、セルフサービスのお店でチップが不要だったので実際にはチップを払っていません。
(チップ欄のあるレシートの写真を撮り忘れました)

ハワイ独特

よほどチップを払わない日本人が多いのかハワイは独自の進化を遂げています。

アメリカ本土では見たことのないパターンだったのでびっくり。

最初に持ってくるレシートにすでにチップの目安の金額が書いてある。。。

とはいえ、楽ちんといえば楽ちん。

3つの中から選んで店員さんに伝えればOK。

写真の例では15%を指さし、クレジットカードを渡したところ、15%のチップを加算したレシートを持ってきてくれ、それにサインでOKです。
IMG_1885-Edit-Edit

チップが含まれていることも

あまり見かけませんでしたがサービス料がすでに含まれていることも。

写真の例ではご親切に日本語でスタンプが押してあるのでわかりやすいですね。
20160107_203341902_iOS-Edit

仮にスタンプが押してなくても「15% TIP INCLUDE 」の記載があるのでレシートは要チェックですね。

すでにチップが含まれているのでGratuity(チップと同じ意味)の欄にさらにチップの金額を書いてチップの2重払いにならないようにしましょう。

お会計にすでにチップが含まれているのかわからない時は聞いちゃいましょう。

インクルード チップ?など英語になっていない英語でもチップという単語を聞き分けてくれて、チップが含まれていないことを意味するノットインクルードなど返事を返してくれますよ。

現金でのチップの渡し方

レストランで現金でチップを渡す場合もクレジットカードの時と流れは同じ。

レシートを貰ったらそこに決めたチップの率を掛けて端数切り上で支払えばOK。

もし仮に細かい紙幣が手元に無ければお店の人にお願いすれば両替してくれます。

チップボックスが置いてある場合

20160109_062918255_iOS-Edit
時々テイクアウトのお弁当屋さんやセルフサービスのカフェなどでチップボックスを見かけました。

現地の方を見ていると1ドルくらい入れる方もいれば、一切入れない方も多数。

そんな訳でクマはチップボックスには入れなかったです。

周りの現地の方を真似る

国や場所によってチップの渡し方は本当に様々。

なので、スマートに渡す一番よい方法は、周りの現地の方を真似ること。

お会計間際の現地の方を見ているとテーブルで決済して、そこでチップを渡しているのか?

テーブルにチップを置いていくのか?

はたまたチップは渡さないのか。

結構観察しているとわかりますよー。

ちなみにハワイではテーブルにチップを置いていく人は見かけず、お会計の際にクレジットカードで一緒に支払ってしまう方が大半。

現地の方でiPhoneでチップを計算してレシートに書き込んでいる人を見かけましたし(笑)

まとめ

チップを渡した後になんとなく渡した方の表情が曇っていたり、チップを渡さなかったからか表情がぎこちなかったりとなんかついついチップって相手の反応が気になってしまうんですよね。

(自分も気にするタイプでついつい。。。)

でもそんなことを気にしていたらせっかくの楽しいハワイ旅行が気疲れした旅行になっちゃう!

なので自分のルールに従ってチップを渡したり、渡さなかったりしているのなら堂々とする!

もし仮に渡しそびれたり、実は金額が少なかったことに気付いたら次回から正しくすればOK!

そもそもチップは気持ちなので正解はないんですから。

それにレストラン以外はホテルを転々としない限りチップを渡す機会はそうありません。

もっと軽い気持ちで感謝を込めて渡すのが○!

ハワイのチップもこれで怖くない?チップ早見表不要の無料スマホアプリ!

2016.08.30
アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^