【送迎手段まとめ】ハワイホノルル空港から市内までの送迎どれが一番?

ホノルル空港

ハワイホノルル空港到着!!

早速、ショッピングにレストランにビーチに行きたいところ盛りだくさん!

でもまずは空港から市内へ出ないと始まらない!

料金、所要時間、ストレスの観点からどの方法が、良いか見ていきます!

スポンサーリンク

ホノルル空港から市内へ行く方法

ホノルル空港から市内へ行く方法で考えられるのは次の5つ。

①旅行会社の送迎プラン
②シャトルバス
③タクシー
④レンタカー
⑤路線バス

旅行会社の送迎プラン

H.I.S

H.I.Sでツアーを申し込んでいなくても送迎だけお願いすることが可能です。

当然日本語で申し込み、クレジットカード決済、現地でも日本語で対応。

ただ、あいのりのため、目的地によっては到着順番が後ろの方になり、結構時間がかかってしまうことも。

それでも料金も良心的なので初めての個人旅行ハワイなら安心かも。

料金:1人15ドル
チップ:上げ下ろししてもらった荷物1個につき1ドル
所要時間:40分
ストレス:順番によってはあり
公式HP:http://activities.his-j.com/TourList/Default.aspx?ARCD=O4&NTCD=HWI&CTCD=HNL&KYWD=【Transfer】

JTB

JTBもH.I.S同様。

料金はH.I.Sよりたかいですが、JTBはチップ込みなのでチップを考えればほぼ同じくらい。

料金:1人18ドル
チップ:料金に含む
所要時間:40分
ストレス:順番によってはあり
公式HP:http://www.jtb.co.jp/kaigai_opt/srh/searchlist/aHWI/bH1/cHNL/x28/

シャトルバス

ロバーツハワイ

ハワイでは有名なシャトルバス。

あいのりなので複数の目的地の方が乗りますが、ロバーツハワイは目的地を最大5つにしているのが特徴。

目的地の数を抑えているので所要時間は他社のあいのり便に比べると短め。

空港から外に出てすぐのところにロバーツハワイのプラカードを持って待っていてくれます。

自分の名前が書いてあるわけではないのでロバーツハワイのプラカードを見つけ、こちらから声をかける必要がありますが。

対応は全て英語だけど、自分の名前と目的地が言えれば問題なし。

料金:1人16ドル(往復30ドル)
チップ:上げ下ろししてもらった荷物1個につき1ドル
所要時間:40分
ストレス:順番によってはあり
公式HP:http://www.airportwaikikishuttle.com/jp/

スピーディーシャトル

こちらもハワイでは有名なシャトルバス。

スピーディーシャトルの特徴はシャトルバスの貸切ができること。

専用シャトルならシャトルバスを貸し切れて121ドル。

2人とかで貸し切るとコスパは悪いですが10人でも乗れるので大人数ならお得。(10人でも料金は変わらず)

他にお客さんが乗ってないのも良いですよね。

料金:1人16ドル(往復30ドル)、貸切121ドル
チップ:上げ下ろししてもらった荷物1個につき1ドル
所要時間:40分
ストレス:順番によってはあり
公式HP:https://speedishuttle.com/jp/reservations

スターウッド・エアポート・シャトル

スターウッド・エアポート・シャトルはロバーツハワイが運営するスターウッド系列専用のシャトルバス。

スターウッド系列のシェラトン・プリンセス・カイウラニ、ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート、モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ、シェラトン・ワイキキに停車。

行き先を絞っている分、目的地に早く着けます。

基本的なサービスはロバーツハワイと同じ。

ただ、こちらはレイと呼ばれる花飾りのプレゼント付きなので空港到着とともにハワイ到着を噛み締められます。

料金:1人16ドル(往復30ドル)
チップ:上げ下ろししてもらった荷物1個につき1ドル
所要時間:40分
ストレス:順番によってはあり
公式HP:http://airportwaikikishuttle.com/princesskaiulani/index_jp.php

タクシー

タクシー乗り場から

タクシー乗り場で来たタクシーに乗るパターンです。

事前予約も不要なのでとにかくタクシー乗り場まで行ければOK。

やり取りは全部英語になりますが、ホテルの名前と住所を伝えられれば問題ないのでそこまで心配は不要かと。

ただ、クレジットカードが使えるタクシーも中にはあるものの、基本ドルの現金払いなので、現金をあまり持ちたくない人にはマイナス。

料金:1台4人までで40ドル程度
チップ:料金の15%
所要時間:20分
ストレス:全部英語でやりとり

チャーリーズタクシー

タクシーはタクシーでも日本から日本語で事前予約可能。

ただし、ホノルル空港に到着したら電話ボックスで到着を知らせる必要があるのはちょっと面倒。

現地での電話は基本英語ですが、日本語話せる方をお願いすれば代わってもらえるようです。

4人まで乗れて、ワイキキまで29ドル、コオリナまで55ドルなのでシャトルバスよりも安いし、目的地に直行するので早い。

しかもクレジットカード決済OK。

レイのサービスに憧れてスターウッド・エアポート・シャトルにしたけど、次回はチャーリーズタクシーが良さそう。

料金:1台4人までで29ドル
チップ:料金の15%
所要時間:20分
ストレス:少なめ
公式HP:http://charleystaxi.com/jp/services/flat-rate-airport-transfers/

レンタカー

レンタカーを空港で借りる方法。

復路はレンタカーで空港に行きましたが、レンタカーが一番自分のスケジュールで動けるし、プライベート空間なので色んな意味で気楽。

車の運転に自信があり、滞在期間中レンタカーを借り続ける予定があるなら一番おすすめ。

「車の運転に自信があり」と付け加えたのはハワイのオアフ島の道は走りづらい。

島国なので道幅は狭く、一方通行も多く、車の車間も狭目で走りづらいです。

日本からのフライトで疲れ、集中力が落ちている中でいきなり右側通行でフリーウェイ(高速道路)を走るのは結構しんどいので、運転に自信がないなら空港ではレンタカーを借りず市内で借りるほうがおすすめ。

料金:-
所要時間:自分次第
ストレス:運転にストレスあり

路線バス

バスといっても日本のリムジンバスの類ではなく、本当の路線バス。

路線バスは空港から1人2.5ドルで市内に出れるため最安値ですが、大きな荷物はNG。

日本から到着してからの手段としては残念ながら候補外ですね。

まとめ

ホノルル空港は電車や地下鉄などの公共交通機関はないものの、送迎サービスはたくさんの会社が行っているので競争も激しく料金も高止まりしてないのが○。

おすすめの送迎方法をまとめるとこんな感じでしょうか。

初めての個人旅行で語学力に不安がある H.I.SやJTBの送迎プラン
2人 ロバーツハワイ、H.I.S、JTB
スターウッド系のホテルに宿泊で2人 スターウッド・エアポート・シャトル
2人〜4人で快適に行きたい チャーリーズタクシー
5人以上 スピーディーシャトル

 

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^