乗り継ぎ便でもお酒や香水の購入が可能に!でも変わったのは一部だけなので注意が必要です!

空港で買ったお土産のお酒や香水の持ち込みルールが緩和されました!

これによりこれまで空港で買った免税品のお酒や香水が乗り継ぎ便があると没収されていたのが、没収されずに済みます!

具体的に何が変わったか見ていきます。

スポンサーリンク

飛行機の液体持ち込みルールとは?

まずは簡単に飛行機の液体持ち込みルールについて。

飛行機に乗る際はテロ対策の影響で1本100ml超える液体の持ち込みはNG。

1本100ml以下の液体であってもジッパーのついた所定の大きさの袋に入れていないと持ち込み不可。

そのため、手荷物検査の際にルールを超える液体を持っていると没収(ゴミ箱行き)です。

免税品を没収されないために知っておきたい国際線の液体の持ち込みルール

2014.09.25

今回は何が変わるの?

2015年10月27日から何が変わるのかというと、次のパターンのときに変わります。

①成田空港、関西国際空港、中部国際空港の免税店で100mlを超えるお酒や香水などの液体物を購入

②国際線の乗り継ぎ便(※)で出発

③乗り継ぎのための空港で別の飛行機に乗り換えるため、再度手荷物検査

④100mlを超える液体の没収→ルール変更で没収されずに

※乗り継ぎ便とは、ローマに行くために成田空港→パリ→ローマといった感じで飛行機を乗り継いで目的地に向かうことを言います。

免税店で買ったにも関わらず乗り継ぎ便だと乗り継ぎ空港で再度液体物の検査を受けなければならず、再度の検査の際に没収されてしまう腑に落ちないルールでしたが、これで緩和されます。

直行便の場合はこれまで通り空港免税店で購入した液体は没収されることはありません。

対象の空港

2015年10月27日から適用されるのは、成田空港、関西国際空港、中部国際空港です。

羽田空港も2016年には適用になりそうです。

日本から出発の時だから日本人にはあまりメリットない?

今回のルール変更は日本から出発する時の話なので確かに外国人観光客に対するメリットアップがメインです。

とはいえ、海外旅行に行く際の日本の免税店は実はおすすめ。

特に化粧品などはあたりまえですが日本語でアドバイスを受けらるので安心だし、何より日本人好みの商品が多いです。

これまでは乗り継ぎ便だから香水を買うのはやめようと諦めていたのが、これで気にする必要がなくなるのはメリットですね。

これまでの液体ルールが変わるわけではないので注意

ルールの変更はあったものの、基本的な液体ルールは変わらないのでこれまで通り、飛行機に乗る際の液体は注意しましょう!

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^