海外旅行のスーツケースに鍵を掛ける?TSAロックとは?TSAロックは本当に必要?

海外旅行に行く時の必需品スーツケース。

スーツケースを預け荷物にする時に悩ましいのがスーツケースに鍵をかけるか否か。

テロ対策と銘打ってスーツケースに鍵をかけるのが禁止され、TSAロックならOKと一時期言われていました。

鍵を掛けなくても何もないなら悩むことは無いですが、空港職員によるスーツケース漁りによる盗難事件はアメリカでは社会問題になっているくらい。

今回はそんな飛行機にスーツケースを預ける際の素朴な疑問についてみていきます!

【スーツケースの選び方はこちら↓】

スーツケースの選び方!国内・海外旅行におすすめの大きさは?ソフトケース?ハードケース?

2016.09.10
スポンサーリンク

スーツケースに鍵は掛ける?

海外旅行で気になるのがセキュリティですよね。

盗まれないためには、飛行機にスーツケースを預ける際、鍵を掛けたいところ。

実は、認められた鍵以外をかけると、スーツケースが壊されるケースも!

しかも、壊して開けるのは合法なので文句は言えません。

アメリカとそれ以外で鍵の取り扱いが違うのでそれぞれ見ていきましょう。

TSAロックとは?

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局 (TSA)から認められた鍵のこと。

TSAロックがあれば、スーツケースを預ける際に鍵を掛けることができ、一般人には、スーツケースを開けられる心配がなくなります。

だけど合鍵を持っているTSA職員だけは、検査の為に開けられるという優れものでした。

一度は目にしたことがあると思いますがこんなマークが入っている鍵のことです。

IMG_0607

今売っているスーツケースのほとんどはTSAロックが標準装備です。

アメリカ便ならTSAロックも掛けられない?

一昔前まではTSAロックであれば鍵を掛けることが許されていました。

そんなTSAロックですが、今では掛けることすらNGに。

空港でTSAロックであっても鍵を掛けずに預けてくださいと促されます。

せっかくTSAロック対応のスーツケースを買っても鍵を掛けるなと言われると焦りますよね?

残念ながら鍵を掛けて預けると。。。

運が悪いと検査対象になり、鍵を壊してスーツケースを開けられます。。。

アメリカはあれだけTSAロックなら!とか言ってTSAロックを買わせておきながら手のひらを返すように鍵をするなと。

テロ対策はわかるけどそりゃないよって感じですよね。。。

壊されたらたまったもんじゃないので、しぶしぶ鍵を掛けずに預けています。

〜追記〜
2016年1月にハワイに行った時ANAのグランドスタッフの方に

「スーツケースの鍵は掛けたままで大丈夫ですか?」

と聞いたところ、

『行きはTSAロックであれば掛けていても問題ありませんが、帰りの便では鍵を掛けずにお預けください』

との返事が。

というわけで行きは鍵を掛けたままで預けました。

帰りはすっかり忘れTSAロックを掛けたままで預けてしまいましたが何事もなかったです。

アメリカに行くときはその時々対応が変わるので荷物を預ける際にチェックインカウンターで聞くのが良さそうです。

ヨーロッパやアジアはTSAロックは有効?

TSAロックはアメリカだけのものなのでそれ以外の国では関係ないです。

それに鍵を掛けて荷物を預けてもOKです。

そのためヨーロッパやアジアに行く時はスーツケースに鍵をして預けています。

鍵を掛けたとしてもプロにかかればスーツケースの鍵なんてあっという間に開けられてしまうので貴重品は一切入れないようにしています。

あくまでスーツケースが誤って開かないようにするのが目的ですね。

預け荷物を開けられることはあるの?

預け荷物を開けられることがあるのか?

あります。

なんか荷物の配置が変わっているな〜と思う時があるんですよね。

アメリカに行った時、お土産のスターバックスのコーヒー豆6個くらいと現地で余った500mlの水6本くらいをボストンバックに入れて預けた時はしっかり開けられて見た跡がありました(苦笑)。

X線で見ると爆弾のセットに見えたのでしょう(笑)

鍵を掛けないときの安全対策

荷物を預けた後に空港職員が盗むのでは対策が立てられないですよね。

しかも鍵を掛けるなと言っておきながら。。。

それに、TSAロックのマスターキーが流出する事態も起きています。

スーツケースに鍵をかけずに安全対策する術は少ないです。

1番はスーツケースに盗まれて困るものは入れないこと

これに尽きます。

クマも飛行機に乗る際のスーツケースに貴重品は一切入れないです。

帰国時のお土産で高価なものがあれば預け荷物にせず、手荷物として機内に持ち込みます。

盗む側も高価なものを狙っているので盗みたくなるものは入れないようにしています。

現金、クレジットカード、ブランド品、パソコン、カメラなどが注目の品ですかね。

ちなみにホテル(中級クラス以上)にいる時はスーツケースに高価なお土産や予備のクレジットカードを入れて鍵を掛けて置いておくことはありますが、飛行機に乗る時は貴重品はすべて取り出して手荷物にしています。

鍵を掛けないとハードケースタイプのスーツケースは中身が飛び出す?

鍵を掛けない危険のもう一つに荷物の破裂。

スーツケースは空港でかなり投げつけられています。

1回の旅行に行っただけでスーツケースに傷が結構付いたりしますよね?

あれ、乱暴に扱ってなきゃ付かないです。

バンバン投げられるので鍵をしていない状態だと衝撃でスーツケースが開いて荷物が出てしまうことも。。。

ハードケースのスーツケースって鍵をしてない&荷物がいっぱいだと叩くだけで開いちゃうくらいですからね。

そんな最悪の事態に備えてクマはスーツケースに必ずベルトをするようにしています。

スーツケースにベルトが必要な3つの理由

スーツケースにベルトは次の3つのポイントから必要だと考えています。

スーツケースが開かないように固定するため

これは先ほども書いたとおり鍵のしていないハードケースタイプほど開きやすいのでスーツケースにベルトは必須です。

ベルトを巻いているだけで破裂を防止してくれるので心強いです。

空港のターンテーブルで自分の荷物を受け取ったら中身がスカスカだったということを避けるためにベルトを。。。

セキュリティ対策

スーツケースを開けて中身を探って盗みを働く。

当たり前ですが悪い行為を働いているのでさっと開けてさっと盗みたいと思うのが泥棒心理。

そんな時にベルトが巻いてあればベルトを取る必要が出てくるので、手間取ってしまいそうと思わせることが出来きます。

泥棒に対するバリアーとしての効果も。

スーツケースのマーク

空港に到着すると、預けていた荷物を引き取ります。

引き取るといってもターンテーブルに自分の荷物が流れてきて自分でピックアップして持っていきます。

その時、案外自分のスーツケースがどれだかわからなくなります。

みんなどれも似たようなスーツケースなので(汗)

そんな時に色のついたベルトをしておくとパッと見て自分の荷物がわかるので便利ですよー。

ベルトにもTSAロック付きのものが売ってますが、もはやTSAロックは過去のものなので無しの安いもので十分です。

まとめ

TSAロックはもはや過去の使えないもの。

スーツケースに貴重品を入れないことが1番の対策です。

【こんな記事も読まれています】

【最新版】海外旅行に持って行くクレジットカードのおすすめはこれ!

2015.02.15

旅行に役立つゴールドカードおすすめ比較ランキング!旅に持って行くべきゴールドカードはこれ!

2016.08.21

海外旅行のお金の持って行き方!コツを知らないと2,800円以上損します!

2014.11.17

海外旅行でもwifiを使ってiPhoneでインターネットをお得に見る方法

2014.04.20

エコノミークラスを快適に過ごす服装と機内に持ち込むべき10個の必須アイテム

2014.09.01
アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^