マリオットヴォンボイのポイントのお得な貯め方と使い方

マリオットボンヴォイ

マリオットボンヴォイの「ポイント」のお得な貯め方と使い方!JAL&ANAマイルを無期限に貯められる!

マリオットボンヴォイ(旧SPG+マリオット)のポイントは、ホテルの無料宿泊に交換できるだけでなく、JALやANAを含む40社以上の航空会社のマイルにも交換できる!

しかも、ポイントは実質「無期限」。

JALやANAのマイルを貯めていて有効期限が切れてしまった!という方におすすめのポイント制度。

交換レートもJALカードやANAカードよりも良いため、マイルに交換するために貯める人も多数!

2018年8月に新しくなったマリオットボンヴォイ(旧SPG+マリオット)のお得な貯め方&使い方を見ていきます!

マリオットボンヴォイのプログラム詳細については、プログラム編へ↓

SPGアメックスとマリオットボンヴォイゴールドエリート
マリオットボンヴォイのホテルプログラムをわかりやすく解説!ーホテルプログラム編

続きを見る

マリオットボンヴォイの「ポイント」とは?

SPG&マリオットのポイントまとめ

マリオットボンヴォイの「ポイント」とは、マリオットホテルやシェラトンホテル(旧SPG)を利用したり、SPGアメックスというクレジットカードを利用することで貯まるポイントのことです。

ホテルのポイントならホテルに宿泊して貯めて、ホテルでしか使えないのでは?

と普通は思いますが、ただのホテルのポイントではありません。

ココがポイント

  • JALANAを含む40社以上のマイルに交換できる
  • 無料宿泊客室アップグレード除外日なしで交換できる
  • ポイントは実質無期限
  • ホテル宿泊でポイントがよく貯まる
    (1泊3万円なら1,000マイル近く貯まる)
  • クレジットカード(SPGアメックス)利用で100円=1.25マイル相当貯まる

JALとANA両方のマイルに「100円=1マイル~1.25マイル」の価値で交換できる貴重なポイントなんです。

しかも、ポイントの有効期限は実質無期限

※24ヶ月以内にポイントの加算・利用があれば期限延長

そのため、ホテルポイントですが、マイルを貯めるために利用している方も多いポイントプログラム。

もちろん、無料宿泊特典や客室アップグレードも世界中の6,500軒以上のホテルで利用できるため、使いやすい。

今、注目のポイントです。

SPGとは、スターウッドプリファードゲストの略でシェラトンやウェスティンホテルを擁するホテルプログラム。

マリオットリワードとは、マリオットやコートヤード、リッツカールトンを擁するホテルプログラム。

SPGとマリオットは現在世界最大級のホテルグループ(世界で6,500軒以上)。

2018年8月にポイントプログラムが統合され、SPGのスターポイントはなくなり、マリオットボンヴォイ(MARRIOTT BONVOY)のポイントに集約されました(最終統合は2019年)

マリオットボンヴォイの「ポイント」の有効期限

モアナサーフライダー

モアナサーフライダー ウェスティンリゾート(ハワイ)

ポイントの有効期限は、実質無期限

しかし、注意点があります。

24ヶ月以上ポイントの獲得や利用がない場合、無効に!

逆に言うと、24ヶ月以内に1度でもポイントを貯めたり、使ったりすれば有効期限が伸びていくので、実質無期限にすることができます。

SPGアメックスを持っていれば、日々のショッピングでポイントが加算されるので、たとえしばらく宿泊をしなくても、無期限にポイントを貯められますね。

マリオットボンヴォイの「ポイント」の貯め方

ロイヤルハワイアンホテル中庭側

ロイヤルハワイアンホテル(ハワイ)

ポイントを貯める方法も豊富。

  • 参加ホテルを利用
  • SPGアメックスを利用
  • ポイントを購入
  • 他のポイントを移行

他にも方法はありますが、日本人には利用しづらい海外のサービスなので省略。

参加ホテルを利用

シェラトングランデ東京ベイのクラブラウンジ03

シェラトングランデトーキョーベイのクラブラウンジ

マリオットボンヴォイ参加ホテルでの宿泊、飲食、ゴルフ、スパ利用でポイント又はマイルが貯まります。

【ポイントを選択している場合】
1米ドル=10ポイント

【マイルを選択している場合】
1米ドル=2マイル

【例外】

1米ドル=5ポイント or 1マイル

⇒エレメント、レジデンス・イン、タウンプレース・スイート

1米ドル=2.5ポイント

⇒マリオットエグゼクティブアパートメント、エグゼクステイ

あまり日本人には馴染みの少ないホテルブランドばかりなので、基本は1米ドル=10ポイント or 2マイルと考えましょう

1米ドル(約110円)あたり、10ポイント貯まります。

日本円や他通貨での支払いの場合は、1米ドル換算されてポイントが付与。

ホテル上級会員の場合、獲得ポイント数はさらにアップします。

マリオットボンヴォイ会員ランクごとの加算ポイント

シルバーエリート 11ポイント
ゴールドエリート 12.5ポイント
プラチナエリート 15ポイント
チタンエリート以上 17.5ポイント

実際に宿泊するとどのくらい貯まるのか?

たとえば、東京ディズニーリゾートにあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイに5万円で宿泊したらどのくらい貯まるか?

1米ドルあたり12.5P貯まるゴールドエリートなら、

約5,600ポイント

も貯まります(1米ドル=110円と仮定)。

ポイントをマイルに交換すれば約1,800マイル。

宿泊すると結構貯まるんです。

ポイントとマイルどちらがお得?

ホテル利用では、ポイントマイルどちらか好きな方を貯めることができます。

どちらがオトクなのか?

ずばり、ポイントで貯めるのがおすすめ。

理由としては、

  • ポイントは実質無期限なのでポイントで保有がお得
  • 交換レートもポイントからマイルに交換したほうがお得

ちなみに、ポイントとマイルどちらを貯めるのかは、HPの個人アカウントの設定で決められます。

宿泊前に一度チェックを。

SPGアメックスを利用

SPGアメックス券面画像(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)

SPGアメックスというSPGとアメックスが提携したクレジットカードカードを持っていれば、日常生活でのクレジットカード利用でポイントを貯めることが出来ます。

100円=3ポイント

たとえば、年間100万円SPGアメックスを利用すれば、30,000ポイント貯めることが出来ますね。

また、SPGアメックスを持つことでこんなメリットも。

  • ホテル宿泊をしなくてもポイントを貯められるので有効期限を伸ばしやすい
  • ゴールドエリートの資格をもらえるので宿泊での獲得ポイントが25%アップする
  • カード更新時、無料宿泊特典をもらえる

SPGアメックスの詳細は、「SPGアメックスは最強カード!入会キャンペーンはここ!ホテルでVIP待遇&JAL・ANAマイルも貯まる」へ。

SPGアメックス入会キャンペーン
SPGアメックスは最強カード!【2020年9月入会キャンペーン】JAL・ANAマイルが無期限に&ホテルでVIP待遇

続きを見る

ポイントを購入

ポイントは、お金で買うことが可能です。

1,000P(12.5ドル)~50,000P(625ドル)の範囲内で1,00P単位で購入することが出来ます。

1P=0.0125ドル(約1.25円)相当ですね。

※年間50,000Pまで購入可能

直近では2019年4月に5,000ポイント以上の購入で25%割引というセールを実施していました。

SPG時代は時々、10%~50%割引のセールをやっていたことがあったので、今後もっと割引率が高いセールが実施されることを期待しています。

ポイント購入ページは、マリオットヴォンボイポイント購入画面へ(ログインが必要)。

他のポイントを移行

ポイントは、以下のポイントから移行することが出来ます。

  • アメックスメンバーシップリワードプラス (1,000P→990ポイント)

ご覧の通り、交換比率は悪いため、あまりおすすめできる交換ではありません。

アメックスのポイントを移行するなら直接ANAマイルに移行したほうがお得ですね。

ポイントの貯め方まとめ

ココがポイント

たくさんある貯め方の中で、おすすめの貯め方は、

「SPGアメックスを保有し、日々の生活&ホテル宿泊で貯める」

SPGアメックスを保有することで、日々の生活の支払シーンで「100円=3ポイント」貯めることが可能になり、自然とどんどん貯まるようになります。

また、カード保有で「ゴールドエリート」のステータスが自動的に付与されるので、ホテル宿泊でも「1米ドル=12.5P」と大きく貯まります。

マリオットボンヴォイの「ポイント」の使い方

シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート インフィニティプール

シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート インフィニティプール

ポイントの使いみちも豊富。

  •  ホテル無料宿泊
    • ポイントセーバー
    • キャッシュ+ポイント
    • 4泊分のポイントで5泊滞在
    • ポイントアドバンス
  • 客室アップグレード
  • インスタント特典交換
  • 40社以上の航空会社のマイルに交換

他にも方法はありますが、日本人には利用しづらい海外のサービスなので省略。

ホテル無料宿泊で使う

貯めたポイントは、空室があれば除外日なしで無料宿泊と交換できます。

早めに予約すれば、年末年始や夏休みなど宿泊費が高騰するときでも利用できるのでお得度は一気にアップしますね。

必要なポイントは、ホテルカテゴリー毎に決められており、1泊、7,500P~85,000P必要になります。

ホテルカテゴリー オフピーク 通常期 ピーク
1 5,000 7,500 10,000
2 10,000 12,500 15,000
3 15,000 17,500 20,000
4 20,000 25,000 30,000
5 30,000 35,000 40,000
6 40,000 50,000 60,000
7 50,000 60,000 70,000
8 70,000 85,000 100,000

※カテゴリー8、オフピーク、ピークは、2019年9月14日から適用開始
※オフピーク、ピークがいつになるのかは現時点で未発表

カテゴリーが大きほど、ラグジュアリーなホテルなので、無料宿泊に必要なポイントが増えていきます。

具体的にどんなホテルがどのカテゴリーに属するのか?

日本国内のホテルについては、こちらの記事へ↓

東京マリオットホテル
日本国内のマリオットボンヴォイ参加ホテル一覧【カテゴリー&マップ付き】!SPGアメックスで特典が受けられる!

続きを見る

ハワイのホテルについては、こちらの記事へ↓

モアナサーフライダー
ハワイのマリオットボンヴォイ参加ホテル一覧【カテゴリー&マップ付き】!SPGアメックスで特典が受けられる!

続きを見る

海外を含めると6,500を超えるホテル数になり、あまりにも多すぎるので日本国内とハワイのカテゴリーのみご紹介。

世界中のホテルを確認する場合は、公式HPの「マリオット新ホテルカテゴリー」へ。

日本国内とハワイのカテゴリーは、この記事の一番最後に掲載しています。

実際にポイントで無料宿泊した様子は、「SPG&マリットのポイントで無料宿泊!ポイントを使った予約方法とアップグレード」へ。

大阪マリオット都ホテルロビー
マリオットボンヴォイ(旧SPG)のポイントで無料宿泊!ポイントを使った予約方法とアップグレード

続きを見る

ポイントセーバー

ポイントセーバーとは、無料宿泊特典に必要なポイントが少なくなるスペシャルキャンペーン。

マリオットポイントセーバー

もしポイントを利用して宿泊する際にポイントセーバー対象になっていればラッキー。

一泊1,000~10,000P程度お得になります。

ただ、これまで利用するタイミングでポイントセーバーに出会ったことはない…。

ホテルカテゴリー オフピーク 通常期 ピーク
1 4,000 6,000 8,500
2 8,000 11,000 13,000
3 12,000 16,000 18,000
4 17,500 22,500 27,500
5 27,500 32,500 37,500
6 35,000 45,000 55,000
7 45,000 55,000 65,000
8 65,000 80,000 90,000

ポイントセーバーの使い方、対象ホテル(時期により変動)は公式HPで解説されています。

公式HP:ポイントセーバーの使い方ポイントセーバー対象ホテル

キャッシュ+ポイント

キャッシュ+ポイントとは、一部お金、一部ポイントで支払う方法。

無料宿泊特典に必要なポイント数が足りないけど、お得に泊まりたい!というときに使えます。

自由にポイント数が指定できるわけではなく、ホテルカテゴリーによって決まってしまっています。

繁忙期などホテルの宿泊代金が高騰しているときに役立つ特典です。

ホテルカテゴリー オフピーク 通常期 ピーク
1 50米ドル+2,500P 55米ドル+3,500P 60米ドル+4,500P
2 60米ドル+5,000P 65米ドル+6,000P 70米ドル+6,500P
3 70米ドル+7,500P 80米ドル+8,500P 90米ドル+9,000P
4 90米ドル+10,000P 105米ドル+12,000P 120米ドル+13,500P
5 120米ドル+16,000P 140米ドル+17,000P 165米ドル+19,000P
6 165米ドル+22,000P 190米ドル+25,000P 225米ドル+27,500P
7 225米ドル+27,500P 250米ドル+30,000P 325米ドル+35,000P
8 325米ドル+35,000P 440米ドル+42,500P 635米ドル+50,000P

閑散期で宿泊料金が安い場合、キャッシュ+ポイントのほうが高いケースもあるので注意が必要です。

たとえば、シェラトン・グランデ・トーキョーベイの平日の宿泊で検索してみると、

キャッシュプラスポイント逆転現象

キャンセル可能な通常予約で18,050円ですが、キャッシュ+ポイントだと25,000ポイント+190米ドル(約20,900円)と逆転現象が起きています。

キャッシュ+ポイントの利用は注意が必要です。

4泊分のポイントで5泊滞在

4泊分のポイントがあれば1泊無料になり、5泊滞在可能に。

無料宿泊特典で4連泊するなら、1泊伸ばして5連泊にしたいですね。

ポイントアドバンス

無料宿泊特典に必要なポイントが足りていなくても予約が可能

チェックインの14日前までにポイントを獲得するか、購入すれば無料宿泊可能です。

アップグレード

ポイントを使って、客室のアップグレードをすることが出来ます。(客室に空きがある場合)

無料宿泊特典よりもオトクなレートでアップグレードできるため、意外と使える特典です。

ザ・リッツ・カールトン東京クラブラウンジアフタヌーンティーセット

ザ・リッツ・カールトン東京クラブラウンジのアフタヌーンティーセット

たとえば、スタンダードルームからクラブルームにアップグレードすれば、クラブラウンジで朝食やイブニングカクテルが無料になるのでかなりお得。

アップグレードには2種類あります。

  • ワンランクアップグレード
  • スイートへのアップグレード

ポイントを使ったアップグレードの条件はホテルやシーズンで異なるため、滞在予定のホテルに事前に確認しておくと安心です。

まだ新プログラムに移行したばかりで必要ポイントは不明です。

これまでは、基本のアップグレードリワードは5,000ポイントで、ホテルや部屋のタイプにより10,000~15,000ポイント必要でした

実際にポイントを使ってアップグレードしたときの記事はこちら↓

ウエスティンホテル東京優先チェックインカウンター
SPGアメックスの無料宿泊特典の利用方法とお得な使い方!ウェスティンホテル東京クラブルームに宿泊!

続きを見る

インスタント特典交換

ホテル滞在中の飲食、スパなど部屋付できる料金をポイントで支払う特典。

正直、ちょっともったいない交換レートです。

ポイント 米ドル
250 1
1,250 5
2,500 10
5,000 20
12,500 50
25,000 100
125,000 500

40社以上の航空会社のマイルに交換

ANA JAL

ポイントの交換先としておすすめがマイルへの交換

日本航空(JAL)、全日空(ANA)を含む40社以上の航空会社のマイルに交換できます(一部航空会社を除く)。

  • 3ポイント=1マイル(一部航空会社を除く)で交換可能
  • マイル移行手数料無料
  • 年間の移行上限なし(1日240,000ポイントの上限はあり)
  • ポイントで保有している限り実質無期限
  • 60,000ポイント単位で交換すれば15,000ポイントボーナス(「3ポイント=1.25マイル」と高い還元率

40社以上のマイレージプログラムに、100円=1マイル以上の高還元率で移行手数料や移行上限なしに交換できるのはもはや最強。

しかも、ポイントは実質無期限なので、JALやANAなどマイルの有効期限が3年と短いプログラムでものんびりと貯めることが可能です。

また、60,000ポイント単位で交換すれば、25,000マイルになるため、「3ポイント=1.25マイル」と高い還元率となります。

その中で、おすすめの交換先は、この5つ。

航空会社 マイレージプログラム ポイント:マイル
日本航空(JAL) JALマイレージバンク 3対1
全日本空輸(ANA) ANAマイレージクラブ 3対1
ユナイテッド航空 マイレージプラス 3対1.1
ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブクラブ 3対1
デルタ航空 スカイマイル 3対1

すべてのマイル交換先一覧は、この記事最後に掲載しています。

ユナイテッド航空は10%ボーナス付き

ユナイテッド航空 荷物を積むところ

ユナイテッド航空のマイレージプラスは、10%ボーナス付き。

そのため、「3ポイント=1.1マイル」で交換できます。

60,000ポイント単位で交換すれば、22,000マイル(通常の10%アップ)+5,000マイル(ボーナス)=27,000マイルに。

3ポイント=1.35マイル」とさらに高い還元率になります。

ポイントの使い方まとめ

ココがポイント

たくさんある使い方の中で、おすすめは、

「JALやANAマイルの交換」と「繁忙期の無料宿泊特典」

45,000ポイント貯めれば、JALやANAの国内線往復の特典航空券に交換できるためお得です。

しかもポイントの期限は実質無期限のため、国際線ビジネスクラスの特典航空券も狙えますね。

繁忙期のホテルは宿泊代が高騰するため、マイル交換ではなく、ポイントを使った無料宿泊特典もお得。

逆に閑散期だとホテルの宿泊代が安くなり、マイルのほうがオトクなケースが多いので、無料宿泊特典なら繁忙期に使ったほうがお得ですね。

マリオットボンヴォイポイント編まとめ

マリオットボンヴォイポイントは、よく貯まり、使い道も多くとても使い勝手の良いポイントプログラムです。

ホテル宿泊&SPGアメックスでポイントを貯め、マイル交換や無料宿泊特典で旅行を楽しむ。

旅好きにはなんとも都合の良いポイントです。

マリオットボンヴォイのプログラム詳細については、プログラム編へ↓

SPGアメックスとマリオットボンヴォイゴールドエリート
マリオットボンヴォイのホテルプログラムをわかりやすく解説!ーホテルプログラム編

続きを見る

SPGアメックスをもっと知りたい方は「SPGアメックスまとめページ」へ。

SPGアメックスでポイントが貯まるとまた旅行に行ける
SPGアメックスまとめページ

続きを見る

参考 マリオットヴォンボイホテルランク一覧

海外を含めると6,500を超えるホテル数になり、あまりにも多すぎるので日本国内とハワイのカテゴリーのみご紹介。

世界中のホテルを確認する場合は、公式HPの「マリオット新ホテルカテゴリー」へ。

カテゴリー1 標準7,500P、オフピーク5,000P、ピーク10,000P

なし

カテゴリー2 標準12,500P、オフピーク10,000P、ピーク15,000P

なし

カテゴリー3 標準17,500P、オフピーク15,000P、ピーク20,000P

なし

カテゴリー4 標準25,000P、オフピーク20,000P、ピーク30,000P

カテゴリー5 標準35,000P、オフピーク30,000P、ピーク40,000P

カテゴリー6 標準50,000P、オフピーク40,000P、ピーク60,000P

カテゴリー7 標準60,000P、オフピーク50,000P、ピーク70,000P

カテゴリー8 標準85,000P、オフピーク70,000P、ピーク100,000P

参考 マイル移行先一覧

おすすめの移行先は「★」の付いたマイレージプログラムです。
航空会社 マイレージプログラム ポイント:マイル
★ 日本航空( JAL ) JAL マイレージバンク 3対1
★ 全日本空輸 ( ANA ) ANA マイレージクラブ 3対1
★ ユナイテッド航空 マイレージプラス 3対1.1
★ ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブクラブ 3対1
★ デルタ航空 スカイマイル 3対1
エーゲ航空 マイルズ + ボーナス 3対1
アエロフロート ボーナス 3対1
アエロメヒコ クラブプレミア 3対1
エア・カナダ アエロプラン 3対1
中国国際航空 フェニックスマイル 3対1
エールフランス・KLM フライングブルー 3対1
ニュージーランド航空 エアポインツ 200 対 1
アラスカ航空 マイレージプラン 3対1
アリタリア航空 ミッレミリア 3対1
アメリカン航空 アドバンテージ 3対1
アシアナ航空 アシアナクラブ 3対1
アビアンカ航空 ライフマイルズ 3対1
キャセイパシフィック アジア・マイル 3対1
中国東方航空 イースタンマイルズ 3対1
中国南方航空 スカイパールクラブ 3対1
コパ航空 コネクトマイルズ 3対1
エミレーツ航空 スカイワーズ 3対1
エティハド航空 エティハドゲスト 3対1
フロンティア航空 アーリーリターンズ 3対1
ハワイアン航空 ハワイアンマイルズ 3対1
イベリア航空 イベリアプラス 3対1
ジェットエアウェイズ ジェット・プリヴィレッジ 3対1
ジェットブルー航空 トゥルーブルー 6対1
大韓航空 スカイパス 3対1
LATAM航空 LATAMPASS 3対1
ルフトハンザドイツ航空 マイルズ&モア 3対1
Multiplus Multiplus 3対1
カンタス航空 フリークエントフライヤー 3対1
カタール航空 プリビレッジ・クラブ 3対1
サウディア Alfursan 3対1
シンガポール航空 クリスフライヤー 3対1
南アフリカ航空 Voyager 3対1
サウスウエスト航空 ラピッド・リワーズ 3対1
TAPポルトガル航空 ヴィクトリア 3対1
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス 3対1
ターキッシュ エアラインズ マイルズ&スマイルズ 3対1
ヴァージンアトランティック航空) フライングクラブ 3対1
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer 3対1
SPGアメックス大空 300x250

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-マリオットボンヴォイ

© 2020 旅マイル