おすすめの海外旅行のガイドブックは地球の歩き方?aruco?るるぶ?まっぷる?

海外旅行に行くときに欠かせないのがガイドブック。

ガイドブックといっても色々種類が発売されているのでどれを選んでいいのか迷うところ。

しかも案外いいお値段なので何冊も買えないし、何よりも本は重いので現地にも持っていけない。

そこで海外旅行のタイプ別のガイドブックの選び方について見ていきましょう!

ハワイ・グアムに特化したガイドブックのおすすめは以下の関連記事へ!

ハワイ旅行に行くならどのガイドブックがおすすめ?

2016.01.27

グアム旅行におすすめのガイドブックはどれ?

2016.10.14
スポンサーリンク

タイプ別に選ぶ

海外旅行と一口で言ってもその形は色々。

ガイドブックも海外旅行のタイプ別に選べば自分に合った一冊を見つけられます。

大きく分けて、個人旅行なのか、ツアー旅行なのか。

海外個人旅行なら地球の歩き方がおすすめ

個人旅行におすすめはずばり「地球の歩き方」。

海外旅行といえば「地球の歩き方」というくらいメジャーなガイドブックですがその実力はさすが。

マイナーな国、マイナーな都市までカバーしているので、心強いガイドブックです。

個人旅行にとってガイドブックを頼りたくなる場面は都市間の移動やホテルの情報など。

「地球の歩き方」なら、かなりマイナーな都市であっても紹介ページがあり、その都市へのアクセス方法もしっかり記載してあります。

ホテル、レストラン、ショップの情報も特集形式で載っていないものの、数多く載っているので目星を付けるのにも便利。

ただし、情報量は多いものの、おすすめのお土産やレストランの詳しい情報などは載っていないし、観光地の解説も他のガイドブックに比べると弱いので面白みに欠ける面も。

ツアー旅行なのに地球の歩き方を買うと欲しい情報とずれるのでがっかり感が強くなるかと。

るるぶやまっぷるも買うことも

クマは移動やらホテルやらの情報が欲しいので「地球の歩き方」大好きだけど、ミーコはそんなことには大して興味を抱かないので「るるぶ」か「まっぷる」を買うことも。

観光とか食事とかお土産とかは「るるぶ」や「まっぷる」に軍配があがります。

「るるぶ」と「まっぷる」については後述します。

ツアー旅行なら

ツアー旅行におすすめは結構沢山あるのでさらにタイプ別に。

大きくても見ていて楽しいガイドブックがいい

「るるぶ」か「まっぷる」がおすすめ。

ツアー旅行なら都市間の移動手段とかホテルにページが割かれていてもツアーですでに決まっているため不要な情報。

それよりも、ビジュアル重視で見ていて楽しくなる内容で旅行が決まったらすぐに購入してあれやこれやと計画するお供にガイドブックを買うのが多いかと。

そんな時に最適なのが「るるぶ」か「まっぷる」。

おすすめのお土産にも沢山ページが割かれているので見ていて楽しいです。

ただし、主要都市しか載っていないのと、移動手段のガイドよりもおすすめのお土産やレストラン、アクティビティーの解説にページが割かれているため情報量は少なめです。

るるぶとまっぷるどっちがおすすめ?

ここで気になるのが「るるぶ」と「まっぷる」どっちを買ったらいいのか。

一度本屋さんで見ると分かりますがこの2冊は良く似ていてどっちを買ったらいいのか非常に迷う。

正直、好みです(笑)

だけどこれを言ってしまうと身も蓋もないのでちゃんと切り分けを。

「るるぶ」は旅行会社のJTBが発行しています。

「まっぷる」は地図作成会社の昭文社が発行しています。

国内旅行なら地図会社のしっかりとした地図に軍配があがりそうですが、海外旅行なら旅行会社最大手のJTBが作ったガイドブックのほうがいい情報がありそう。

クマとミーコもビジュアルガイドブックを買うときは「るるぶ」と「まっぷる」を比べて、行きたいところの情報が多い方を選んでいますが、なぜかこれまでいつも「るるぶ」に軍配が。

見比べられるなら、行きたいところの情報が多い方を選んで、見比べなれないならどちらを選んでも失敗はないですが、JTBが発行している、「るるぶ」を選ぶのがおすすめです。

出来るだけシンプルで持ち運びが便利なガイドブックがいい

「まっぷる」や「るるぶ」は大きいし、誌面が賑やかなのはちょっとという人にはコンパクトなガイドブックがおすすめ。

少しでも荷物を軽くしたい旅行で小さいは大事なポイント!

それで中身も充実しているならそれに越したことはないです。

一押しは旅好き女子におすすめのaruco

「aruco」は「地球の歩き方」が出しているので小さいガイドブックにも関わらず情報量も豊富。

「旅好き女子のための」と帯に明記してあるくらい女子をターゲットにしたガイドブック。

コンパクトだし、誌面も「るるぶ」や「まっぷる」のように賑やかじゃなく、シンプルかわいいでいい感じです。

旅好き女子向けと言いながら、男性が見ても十分な内容です。(お土産は女性物に偏っていますが。。。)

正直、これ1冊でも旅行前の計画から旅行中の持ち歩きまで万能にこなせる優れもの。

ことりっぷ

「ことりっぷ」は「まっぷる」を発行している旺文社が出しています。

こちらも女性をターゲットにしたガイドブック。

「aruco」に比べると可愛さを抑えているので男性でも持ちやすい感じ。

ただ、「aruco」のほうが情報が豊富なので見栄えが嫌いでなければ「aruco」がおすすめです。

おすすめ出来ないガイドブック達

ガイドブックの有名所はまだまだあってこんなのも。

わがまま歩き
空旅
トラベルデイズ
ラフタッチ
タビトモ

おすすめに挙げた5つと結構似ている。

けど、残念な感じ。

内容が薄かったり、コンセプトがわかりずらかったりと。

逆に似せないでもっと個性を出せば売れるのにと思ってしまう。

電子版のガイドブックは?

「地球の歩き方」、「るるぶ」、「まっぷる」、「ことりっぷ」は電子版が発売されています。

特に「地球の歩き方」は海外版もどんどん出ています。

先ほども書きましたが、旅行は荷物が少ないのが◎。

とはいえ、iPhoneなどのスマホで見るのは正直しんどい。

iPadクラスの画面じゃないと見づらいのがちょっとマイナス。。。

まとめ

個人旅行なら王道の「地球の歩き方」がおすすめ!

ツアー旅行なら、「るるぶ」か「aruco」がおすすめです!

【こちらの記事も読まれています】
イタリアローマ旅行で買ったガイドブックは3冊。おすすめは?

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^