パスポート5年と10年

お金・貴重品 海外旅行お役立ち情報&手配

海外旅行に行くのにパスポートは5年と10年どっちがおすすめ?

投稿日:

海外旅行に必須のパスポートですが、パスポートを作る時に5年用と10年用どちらか選ぶ必要があります。

値段はさほど変わらないものの、5,000円くらい変わってくるのでどっちが良いか考えてしまうことも。

そんなわけで、今回は、パスポートは5年と10年どっちがおすすめか考えてみました!

スポンサーリンク

パスポートには、5年用と10年用がある

パスポートには、5年用(紺色)と10年用(朱色)があります。

手数料も10年用と5年用で5,000円変わります。

パスポート申請の種類 手数料
新規・切替発給申請 10年間有効 16,000円
新規・切替発給申請 5年間有効(12歳以上) 11,000円
新規・切替発給申請 5年間有効(12歳未満) 6,000円

20歳未満の方は5年用

年齢によって作れるパスポートが異なります。

20歳未満・・・5年用のみ
20歳以上・・・5年用、10年用選択できる

20歳未満の方はそもそも10年用が作れないので、5年用で決まりですね。

20歳以上の方は10年用がおすすめ

20歳以上の方は、5,000円の差がありますが、10年用がおすすめです。

5,000円で5年有効期限が伸びるので、1年あたりの手数料は、5年用で2,200円、10年用で1,600円と10年用のほうがお得かと。

それに、パスポートの更新は、平日の昼間に行く必要があったりと、手間と時間がかかります。

ただ、クマとミーコも学生のときは、20歳を超えていたものの、5,000円でも安いほうが良いので5年用で作っていましたね。

その時のお金を重視するなら5年用もありですね。

今回しか海外旅行に行かないかもしれない方

ロイヤルハワイアンホテルワイキキビーチ沿いピンクパラソル

今回しか海外旅行に行かないかもと思っている方は、手数料が安い5年用がお得な感じがします。

でも、一度海外旅行に行くとまた行きたい!と思うもの。

しかも、LCC(格安航空)がたくさん飛んでいるので、今や国内旅行に行くよりも海外旅行のほうが安いケースも。

5,000円で5年有効期限が伸びるなら10年用のほうが結局お得かもしれませんね。

氏名や本籍地が変わる予定がある方

カハラホテルビーチ散歩

結婚などで氏名や本籍地(県が変わる場合のみ)が変わると、今使っているパスポートは、そのままでは使用できなくなります。

以下のどちらかを行う必要があります。

  • 新たにパスポートを取得する(5年用11,000円 or 10年用16,000円)
  • 記載事項変更旅券発給の申請をする(6,000円)

新たにパスポートを取得する

新たにパスポートを取得する方法です。

この場合は、古いパスポートの有効期限の残りにかかわらず、新しいパスポートの有効期限となります。

5年用(11,000円)なら5年、10年用(16,000円)なら10年です。

今持っているパスポートの有効期限が5年より短ければ記載事項変更を6,000円でするよりも、新たにパスポートを取得し直したほうが安くすみます。

記載事項変更旅券発給の申請をする

6,000円の手数料を払って申請すれば、今持っているパスポートと同じ有効期限で、新しいパスポートを発行することができます。

変更とはいえ、新しい旅券番号でパスポートが発行されます。

まだパスポートを取得したばかりで有効期限が多く残っている場合は、こちらのほうがお得になります。

また、今回海外に行ったあとしばらく行く予定がないなら、記載事項変更旅券発給の方が手数料が安いので、こちらを選ぶのもありかと。

ただ、パスポートの有効期限が6ヶ月を切っている場合は、国によっては入国できないこともあるので、新規取得のほうが良いです。

パスポートの有効期限は大丈夫?6ヶ月以上有効期限がないとNGな場合も!?

6月に仕事がひと段落し、しばし長い休暇を取れるので海外旅行を計画中! ふと嫌な予感がしてパスポートの有効期限を見ると2015年10月(現在5月末)! まだ4ヶ月もあるから大丈夫と思いきや実は更新が必要 ...

続きを見る

結局どっちがいいの?

結婚の予定がある方は、5年用と10年用悩むところですよね。

5年用にして、氏名や本籍地が変わった時に新たにパスポートを作るか。

10年用にして、記載事項変更旅券発給にするか。

個人的には、10年用にして記載事項変更旅券発給が良いかと。

以前は今持っているパスポートを訂正するという方法だったので、見栄え的に新しいパスポートを取得したほうが良かったのですが、現在はどちらの方法でも新しいパスポートを発給してくれますので。

海外にたくさん行く人も追加手数料が必要

2211438 / Pixabay

パスポートには、査証欄と呼ばれる入国審査や出国審査の時にスタンプを押してもらうページがあるのですが、査証欄が一杯になると、そのパスポートは使えなくなります。

海外を飛び回る方は査証欄がすぐに一杯になるので、5年のパスポートを作るという方もいらっしゃるのかもしれませんが、そんな特別な方以外はそこまで気にしなくても良いかと。

5年用なら、34ページ、10年用なら50ページあるので。

しかも1ページに2回~3回くらいの入出国スタンプを押してもらえるので、よほどのことが無い限り心配無用ですね。

※ビザなどを貼った場合は1ページ占領されるので、ビザが必要な国によく行く方はすぐに減ってしまいます

こちらも2つ方法があります。

  • 新たにパスポートを取得する(5年用11,000円 or 10年用16,000円)
  • 査証欄増補の申請をする(40ページ増加 2,500円)

査証欄増補の申請をする

持っているパスポートに2,500円で40ページ増加してもらえます。

パスポートを作る時に最初からページを増加しておくこともできるので、海外を飛び回る予定なら、事前に増加させておくのも手ですね。

まとめ

パスポートは、5,000円の差があれど、平日昼間に行く手間などを考えれば、10年用の方がお得と考えています。

20歳未満の方・・・5年用!
20歳以上の方・・・10年用がおすすめ!

いいねで更新情報が届きます

おすすめ記事一覧

海外旅行におすすめのクレジットカードの写真 1

海外旅行に必須のクレジットカード! 2017年版ということで「海外旅行におすすめのクレジットカード」を厳選しました! クレジットカードは本当に沢山の種類が発行されているので、どれを持つべきなのか選ぶの ...

2017年アメックスゴールドアメックスグリーンキャンペーン 2

憧れのアメックスゴールド、アメックスグリーンの申し込みで初年度年会費無料で持つチャンス! アメックスと言えば、ステータスカード。 もちろん、特典も豊富。 ステータスも十分・特典も豊富なので、高い年会費 ...

3

海外旅行保険はクレジットカードの補償だけで十分と思っていませんか? 実は足りないんです! ちょっとした工夫でお得に十分な補償を手に入れましょう! そのちょっとした工夫とは!? その答えの前にちょっと質 ...

diners-card-campaing 4

ダイナースクラブカードは、知る人ぞ知る大人のカード。 敷居が高く感じますが、実は特典満載&ポイントもよく貯まり、メインカードとしてもバッチリ使える実用的なステータスカードです。 そんなダイナー ...

5

海外旅行で困るのがお金の持って行き方。 日本ほど治安の良い国はないので海外はやっぱり怖い。 旅行だとやはりお金がないと楽しめないので、ある程度のお金を持ち運ばないといけない。 お金は円で持って行くのか ...

-お金・貴重品, 海外旅行お役立ち情報&手配

Copyright© 旅マイル , 2017 AllRights Reserved.