ユナイテッド航空グアム機内食ドリンク

SPGアメックス(マリオットヴォンボイ) ユナイテッド航空

ユナイテッド航空マイレージプラスのマイル有効期限が無期限に!ただしマイル変動制導入も

2019年8月28日から、ユナイテッド航空マイレージプラスのマイル有効期限が無期限に!

これまで18ヶ月間の有効期限がありましたが、無期限になり、より貯めやすくなりました。

しかし、2019年11月にはマイル変動制導入が予定されており、今後も使いやすいマイレージプログラムなのか、検証していきます!

ユナイテッド航空のマイル有効期限が無期限に

ユナイテッド航空からの眺め

これまでユナイテッド航空「マイレージプラス」のマイルの有効期限は18ヶ月でした。

18ヶ月間にマイルの加算減算がない場合は失効・・・。

それが、2019年8月28日から無期限に!

ただ、これまでもマイレージプラスのマイルが貯まるクレジットカードを利用すれば、マイルの有効期限をどんどん伸ばすことができ、実質無期限に貯められました。

ユナイテッド
陸マイラーにオススメのユナイテッド航空マイレージプラス!おすすめのクレジットカードはこれ!

続きを見る

そのため、今回の変更はクレジットカードを利用してきたユーザーからするとあまりメリットがない変更でもあります。

ライトユーザーにとっては、デルタ航空と同じくマイルの有効期限がなくなったので、より貯めやすくなりました。

無条件にマイルの有効期限がないマイレージプログラムは、

  • ユナイテッド航空 マイレージプラス
  • デルタ航空 スカイマイル

2つだけなので、とても貴重です。

ココがポイント

元々マイレージプラスのマイル貯まるクレジットカードユーザーにとっては影響なしだが、ライトユーザーにとっては、メリット大。

マイル変動制導入で必要マイルが増える?

ユナイテッド航空グアム機内座席最前列

ユナイテッド航空便にマイル変動制導入

嬉しいお知らせの次は、残念なお知らせ。

2019年11月15日よりユナイテッド航空便の特典航空券については、マイル変動制が導入されます。

マイル変動制とは、空席状況により必要マイル数が変動する仕組みのこと。

それに伴い、これまでのマイルチャートは廃止されます。

マイル変動制は、すでにデルタ航空が導入済み。

JALも一定枠が満席になると残りはマイル変動制が導入されています。

傾向としては、変動制導入前よりも必要マイル数が増加する傾向にあるので、おそらくユナイテッド航空も必要マイル数がアップの予感。

ただでさえ、ANAやJALに比べると必要マイル数が多かったユナイテッド航空なので、これ以上必要マイル数が増えないことを祈っています。

【参考 これまでのマイルチャート抜粋】

行き先必要マイル数(往復)
国内線10,000 or 16,000
グアムE30,000
B55,000
バンコクE40,000
B70,000
F110,000
ハワイE40,000
B70,000
ロサンゼルスE70,000
B140,000
F190,000
ロンドンE90,000
B130,000
F190,000

E:エコノミークラス
B:ビジネスクラス
F:ファーストクラス

提携航空会社便はマイルチャート存続

マイル変動制が導入されるのは、ユナイテッド航空便に限られるので、提携航空会社便の特典航空券ならこれまでどおりのマイルチャートが適用されます。

提携航空会社とは、ユナイテッド航空と同じ、スターアライアンスに加盟している以下の航空会社が対象。

そのため、これまでもお得だったANA国内線の必要マイルも現状のまま(のはず)!

ANAマイレージクラブの通常期の場合、羽田ー新千歳なら15,000マイル、羽田ー那覇なら18,000マイル必要なので、それぞれ、10,000マイル、16,000マイルしか必要のないマイレージプラスはお得です。

正直、日本人ユーザーにとって、現状維持はありがたいですね。

【ANA国内線の必要マイル】

行き先必要マイル数(往復)
800マイル以内
羽田ー伊丹、羽田ー新千歳、羽田ー福岡、伊丹ー那覇など
10,000マイル
801マイル以上
羽田ー那覇、羽田ー宮古、新千歳ー伊丹、那覇ー新千歳など
16,000マイル

ココがポイント

ユナイテッド航空便は大幅な増加が予想されるので、早めの利用or提携航空会社便利用がお得

今後も使いやすいマイレージプログラムか?

正直、使い勝手の面から言うと、ANAやJALのほうが使いやすいに決まっています。

ただ、ユナイテッド航空は日本発着便の特典航空券が取りやすいので、必要マイル数が多いデメリットを補えます。

また、ユナイテッド航空はオンラインで提携航空会社の特典航空券を予約できるので予約の不便さもありません。

さらにANA国内線なら、必要マイル数も少ないので使いやすいですしね。

今後マイル変動制導入でどれほど必要マイル数が増えるか見極める必要はありますが、提携航空会社便は変わらずなので今後も使いやすいマイレージプログラムには変わりません。

ココがポイント

今後も使いやすいマイレージプログラム

改悪に備えてクレジットカードのポイントで保有するのが一番

マイレージプログラムは、改悪との戦い

今回のように有効期限撤廃など改善もあるものの、必要マイル数が増えるなどの改悪も突然起こります。

そんなとき、1社のマイレージプログラムにすべてを突っ込むよりも、複数のマイレージプログラムに交換できるポイントで保有しておくと強いです。

ユナイテッド航空マイレージプラスユーザーにおすすめなのが、SPGアメックス

SPGアメックス

SPGアメックス券面画像(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)

カード詳細

【カードブランド】
アメリカン・エキスプレス
【年会費】
31,000円(税別)
【家族カード】
15,500円(税別)
【特徴】
毎年無料宿泊券プレゼント

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 」(SPGアメックス)なら、40社以上の航空会社のマイルと交換できます。

しかも、ユナイテッド航空への交換レートは一番高く、通常ショッピングでも最大「100円=1.35マイル」の還元率(※)。

ユナイテッド航空のマイルが直接貯まるクレジットカードは、「100円=1.5マイル」というのもあるので、還元率では少し劣りますが、ANAやJALのマイルにも交換できることを加味すれば、十分な還元率。

しかも、メインカードとして毎月利用していれば、ポイントの加算減算が行われる限りポイントは無期限なため、期限切れの心配もありません

SPGアメックスは改悪に強いです。

有効期限を伸ばすためにマイレージプラスが直接貯まるクレジットカードを利用していたユーザーも、無期限化を機会にSPGアメックスに切り替えるのもありですね。

旅好きやマイラーに一番注目されてるSPGアメックスについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

SPGアメックスは最強カード!ホテルでVIP待遇&JAL・ANAマイルも貯まる」へ。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)券面画像
SPGアメックスは最強カード!2019年11月入会キャンペーン!ホテルでVIP待遇&JAL・ANAマイルも貯まる|新マリオットボンヴォイアメックス

続きを見る

SPGアメックスで貯まるマリオットヴォンボイのポイントは、通常ショッピングで「100円=3ポイント」貯まります。

貯まったポイントは、ANAやJALなどは「3ポイント=1マイル」で交換できます。

ユナイテッド航空については、10%ボーナスが付くので、「3ポイント=1.1マイル」に。

さらに、60,000ポイント単位で交換すると5,000マイルボーナスが付くので、27,000マイルに(1.35%)。

ポイントの詳細については、「マリオットボンヴォイ(旧SPG)の「ポイント」のお得な貯め方と使い方!」へ。

まとめ

ユナイテッド航空マイレージプラスの有効期限が無期限化はとても朗報ですが、その後に控えるマイル変動制が心配。

どの程度必要マイル数が増えるかによりますが、できる限り小幅で・・・。

マイルは改悪との戦いなので、そのときにあった戦略で臨むしかないですね。

【こちらの記事も読まれています】

ユナイテッド
陸マイラーにオススメのユナイテッド航空マイレージプラス!おすすめのクレジットカードはこれ!

続きを見る

SPGアメックス大空 300x250

旅マイルメールマガジン

旅マイルメールマガジンに登録すると、メール限定記事をお届け!

最新の旅をお得にする情報、マイル情報、クレジットカードキャンペーン情報をお送りします。

旅マイルメールマガジンバナー_A300x250

いいねで更新情報が届きます

-SPGアメックス(マリオットヴォンボイ), ユナイテッド航空

Copyright© 旅マイル , 2019 All Rights Reserved.