fbpx
アメックスとダイナースを徹底比較! 結果どちらを選んだか?

旅に必須のクレジットカード

アメリカンエキスプレス(アメックス)とダイナースを徹底比較!結果どちらを選んだか!

アメリカン・エキスプレス・カードとダイナースクラブカード。

両方ともゴールドカードよりもステイタスの高い「プラチナカード」や「ブラックカード」を有する世界的にステイタスの高いクレジットカード。

プラチナカードやブラックカードは年会費が高額だったり、インビテーション(招待)が必要だったり。

それゆえにステイタスが高い。

なかなか手に入らないものだと欲しくなるのが人間の常(笑)

プラチナカードやブラックカードを目指す!となった時に庶民ができることは、申込可能な最上位のクレジットカードを保有すること。

アメックスなら アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 、ダイナースなら ダイナースクラブカード

利用履歴を磨き、晴れてインビテーションを受けたり、アップグレードを申請することで、プラチナカード・ブラックカード保有者になれます。

そこで悩むのがアメリカンエキスプレスカードがいいのか、ダイナースクラブカードがいいのか?

これは本当に悩みました!

アメックスとダイナース両方を比較して悩んで選択した結果です!

アメックス特集-11_300x250

比較するクレジットカード

アメックスゴールド券面画像(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)
ダイナースクラブカード券面

アメリカンエキスプレスカード(アメックス)、ダイナースクラブカード(ダイナース)ともに提携カードを複数発行しています。

今回は「プラチナカード」へのインビテーションも狙っての選択。

そのため、提携カードではないプロパーの「 アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード (アメックスゴールド)」と「 ダイナースクラブカード (ダイナース)」の比較をしていきます!

プロパーカードとは、ブランドが直接発行しているクレジットカードのこと。そのブランドの顔とも言われるブランドを代表するカード

なお、クマは「旅行好き」&「陸マイラー」なので、旅行で役に立つのかマイルは貯まりやすいかに重点を置いて選びました。

そんなわけで、次の9大比較で白黒つけます!!

  1. 年会費の比較
  2. 審査の難しさの比較
  3. ステイタスの比較
  4. カードが使えるお店の比較
  5. ポイントの貯めやすさ比較
  6. マイルの移行のしやすさ比較
  7. 海外旅行保険の比較
  8. 空港ラウンジ・荷物宅配サービス比較
  9. レストラン特典比較

年会費の比較

ハワイ カハラホテルロビー

無料クレジットカードが多いこのご時世にどちらも庶民には高過ぎる年会費です。

毎年の年会費比較

すべて税込 アメックスゴールド ダイナース
本会員 31,900円 24,200円
家族カード 0円(2枚目以降は13,200円) 5,500円
ETCカード 0円(新規発行手数料935円) 0円
ポイントアップ 3,300円 (※1) 0円
合計 35,200円 29,700円

※1:ポイントアップしないと100円=1マイル貯まらないので必須

毎年かかる年会費はダイナースの方が安いですね。

ただ、アメックスゴールドは、カード更新時に以下の特典がもらえます。

  • ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン(15,000円)
  • スターバックス特典(3,000円)

「ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン」は、帝国ホテルやヒルトン東京、ANAインターコンチネンタル東京など対象ホテルに2泊以上すると使える15,000円分のクーポン。

「スターバックス特典」は、スターバックスで使える電子クーポンを3,000円分もらえます。

この2つの特典を加味すると、アメックスのほうが実質は安い。

マイルを移行した年の追加費用

クレジットカードで貯めたポイントを、航空会社のマイルに移行するとします。

すると、先ほどの年会費とは別に次の費用が発生します。。。

すべて税込 アメックスゴールド ダイナース
ANA以外への移行手数料 0円 6,600円
ANAへの移行手数料 5,500円 6,600円

アメックスもダイナースも一度登録すると毎年請求されます。

アメックスは、ANA以外の移行手数料は無料!

ANAへ移行する場合は毎年5,000円必要になります。

移行手数料はアメックスの有利。

年会費比較の結果

本会員+家族カード1枚、ANAへのマイル移行を前提に年会費を合計するとこのような感じに。

すべて税込 アメックスゴールド ダイナース
本会員 31,900円 24,200円
家族カード 0円 5,500円
ポイントアップ 3,300円 0円
ANAへの移行手数料 5,500円 6,600円
合計 40,700円 36,300円
国内ホテルクーポン △15,000円
スターバックス特典 △3,000円
差し引き合計 22,700円 36,300円

トータルでは、アメックスゴールドのほうが4,400円(税込)高い結果に。

ただ、先程も説明した国内ホテルクーポン15,000円とスターバックス3,000円を加味するとアメックスゴールドのほうが断然安い。

年会費の比較

年会費の勝負は、アメックスの勝利

審査の難しさの比較

審査基準は?

限度額

当然ですが、審査は限度額が多ければ多いほど厳しい

限度額を多いほど、返済されなかったときに回収できない金額が増えるので、審査が厳しくなります。

両者の限度額はこんな感じです。

アメックスゴールド ダイナース
公表の限度額 一律の制限なし 一律の制限なし
実際の限度額(推測) 100万円以上はある? 最初は年収の5%程度?

限度額はダイナースの方が明らかに多いですね。

年齢と年収

アメックスは特に無く、ダイナースの基準を満たさない若い方でもアメックスゴールドは審査が通っているようです。

一方、ダイナースは年齢27歳以上と入会の基準をうたってます。

ブルーの部分は推測ですが、恐らくこんな感じかと。

アメックスゴールド ダイナース
年齢 20歳以上 27歳以上
年収 300万円以上(正社員) 500万円以上(正社員)

※ダイナースの年収は、公式HPのクイック診断でOKになる年収です。(今はなくなりました)

審査が難しいのは明らかにダイナースですね。

利用実績を積むためには、なるべく早くプロパーカードを持つこと。

審査の難しさ

審査の難しさの勝負は、アメックスの勝利!
アメックスゴールド到着
審査難易度は?アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの申込からカード発行までの期間は?

続きを見る

アメリカセドナ サボテン
ダイナースクラブカードの審査は厳しい?審査の結果は?

続きを見る

ステイタス比較

アメックスゴールド券面画像(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)
ダイナースクラブカード券面

アメックスとダイナースどちらのほうがステイタスがあるか見ていきましょう。

高い年会費を払うならそれに見合ったステイタスも欲しいですよね。

認知度

ステイタスとは、社会的信用や身分をあらわすもの。

そのため、認知度が高くないと社会的信用や身分をあらわせませんよね。

認知度が高いのは、間違いなく、ダントツにアメックスゴールド

ダイナースは、ブランド自体を知らない人も多いです(涙)

お店でダイナースを出した場合

こんなやりとりは日常茶飯事です。

ダイナースクラブカード
カードでお願いします(ダイナースを提示)

レジの店員さん
・・・(どこのカードだろ??)一括でよろしいですか?

ダイナースクラブカード
はい。一括でお願いします。

レジの店員さん
・・・(どっちが上なんだろう。。。)・・・(カードを逆さにしてガリっとスライド。。。)

ダイナースクラブカード
(あっまたカードが傷ついた。。。)

レジの店員さん
(マークも入ってないしわかりずらいんだよ(怒)という顔で正しくスライド)サインをお願いします

お店でアメックスゴールドを出した場合

明らかにダイナースのときとは反応が違います。

アメックスゴールド
カードでお願いします(アメックスゴールドを提示)

レジの店員さん
(おっアメックスゴールド!)一括でよろしいですか?

アメックスゴールド
はい。一括でお願いします。

レジの店員さん
(スマートにカードをスライドし)サインをお願いします

そのくらいダイナースはマイナーです。

ゴールドカードやプラチナカードは誰でも持てる時代。

だけど、世間一般の認識は違います。

券面がゴールドに輝いていると金持ちに見えます。

その点、アメックスゴールドの券面はわかりやすいゴールド。

一方、ダイナースはシルバーのため見た目は普通。

インパクトゼロです。

個人的にはゴールド!というと出しづらいのでシルバーが好きですが。。。

とはいえ、周りにわかってもらえなければステイタスがあるとは言えないので、ステイタスを求めるなら断然アメックスです

プレミアムカード比較

冒頭にも書きましたが、アメックスやダイナースを持つ動機の一つにプラチナカードやブラックカードを持ちたい!というのがあるかと。

クマもまさにそんな一人です。

というわけでプレミアムカードを比較です。

アメックスは4ラインナップ。

カード名 クラス
アメリカンエキスプレスカード ノーマル
アメリカンエキスプレスゴールドカード ゴールド
アメリカンエキスプレスプラチナカード プラチナ
センチュリオンカード ブラック

ダイナースは、2ラインナップ。

カード名 クラス
ダイナースクラブカード ゴールドカード
ダイナースクラブプレミアムカード プラチナよりのブラック

ブラックカードと呼ばれるのは、「センチュリオンカード」と「ダイナースクラブプレミアムカード」の2つ。

ただし、アメックスのセンチュリオンのプレミアム度が高すぎて、ダイナースプレミアムはプラチナカードに置付けされることが多いです。

センチュリオンカードは庶民には持つことや見ることすらままならないので、狙うのは「アメックスプラチナ」と「ダイナースプレミアム」。

アメックスプラチナとダイナースプレミアムの比較

アメックスプラチナ ダイナースプレミアム
年会費 143,000円(税込) 143,000円(税込)
家族カード 無料 無料
インビテーションの難度 利用実績を積めば庶民でも取得可能 利用実績を積めば庶民でも取得可能
ポイント 国内:100円=1ポイント
海外:100円=3ポイント
国内:100円=1.5ポイント
海外:100円=2ポイント
海外旅行保険(治療費用) 1,000万円 1,000万円
プライオリティパス プレステージ無料 プレステージ無料
ホテル上級会員 マリオットボンヴォイ・ゴールドエリート
ヒルトン・オナーズゴールド会員
クラブ・カールソンゴールド・エリート
リーダーズクラブ
一休ダイヤモンド会員
航空会社上級会員 なし なし
ホテル無料宿泊 あり なし
誕生日プレゼント あり あり

クマは現在、「アメックスプラチナ」と「ANAダイナースプレミアム」を保有していますが、ダントツに「アメックスプラチナ」のほうが満足度が高いです。

表の比較だと温度感が伝わらないですが、とにかく「アメックスプラチナ」はずば抜けています。

アメックスプラチナカード メタルカード

金属製のとにかくかっこいい券面で、ホテルの上級会員資格や朝食無料や部屋アップグレードのホテル優待など満足度がとても高いです。

ポイントなら、ダイナースプレミアムはのほうが「100円=1.5ポイント」と貯まりますが、アメックスプラチナの満足度を上回るほどの魅力がない。

アメックスプラチナカード メタルカード
アメックスプラチナカードの入会キャンペーン&メリット・デメリット!実際に使った感想は価値あるおもしろいカード!

続きを見る

ステイタス比較の結果

ステイタスなら認知度も抜群、センチュリオンという別世界のカードを保有しているアメックス。

アメックスプラチナの満足度もずば抜けています。

ステイタスの比較

ステイタスの比較の勝負は、アメックスの勝利!
アメックスプラチナ、ダイナースプレミアム、JCBザ・クラス比較
アメックスプラチナ・ダイナースプレミアム・JCB ザクラス狙うならどれ?3枚の比較と取得する方法!

続きを見る

カードが使えるお店の比較

グアム ダイナースクラブカード

アメックスもダイナースも、VISAやMasterCardに比べると加盟店数が少ないのがネック。

アメックスもダイナースもJCBと業務提携しているため、どちらも国内では困ることはあまりないです。

問題は海外。

アメックスは、庶民的なお店だと使えないお店が多いです。

一方、ダイナースは、アメリカやハワイでは「DISCOVER」と提携しており、ほとんどのところで利用できるので断然有利。

ただ、それ以外の国ではアメックスよりも使えないお店が多い印象。

それを補うように、ダイナースの場合は、無料でMasterCardブランドのコンパニオンカードが発行できます。

ポイントはダイナースクラブカードの半分になりますが、世界中で問題なく使えるのは強み。

アメックスゴールド ダイナース
国内 JCBとの提携でほぼ使える JCBとの提携でほぼ使える
ネットショップ ほぼ使える 主要なネットショップでは使えるが、ときおりダイナースのみNGのお店も
コンパニオンカードを使えばほぼ使える
海外 使えないお店も多いが、比較的使える アメリカは99%使えるが、ヨーロッパ・アジアは使えないお店多数
コンパニオンカードを使えばほぼ使える
追加カード なし MasterCardのコンパニオンカード

利用可能店舗比較の結果

国内のお店で使う分には差がありませんが、海外では使えないお店も。

ダイナースは、MasterCardブランドのコンパニオンカードを発行できるのはとても大きい。

ステイタスの比較

カードが使えるお店の勝負は、ダイナースの勝利!
アメックスプラチナ、ダイナースプレミアム、JCBザ・クラス比較
アメックスプラチナ・ダイナースプレミアム・JCB ザクラス狙うならどれ?3枚の比較と取得する方法!

続きを見る

ポイントの貯めやすさ比較

エジプトポンド 硬貨

ステータスカードとはいえ、やっぱりお得でなければ使う意味がありません。

ポイントの還元率

まずは、ポイント還元率。

ポイント還元率とは、100円のショッピングをしたときに何ポイントもらえるかどうか。。

アメックス、ダイナース共に

100円=1ポイント

なので還元率は引き分け。

100円のカード利用で1ポイント貯まり、1ポイントは1マイルに交換可能です。

ちなみに「100円=1マイル」はマイルを貯めるメインカードとして使うことができるボーダーラインのレートです。

ポイントアップの比較

通常のカード利用だとどちらも「100円=1ポイント」。

アメックス、ダイナースもボーナスポイントを獲得できるので、それが勝負の分かれ目。

アメックスゴールドの場合は「ボーナスポイントプログラム」。

ダイナースの場合は「ダイナースクラブポイントモール」。

ボーナスポイントプログラム

メンバーシップ・リワード・プラス(別途年3,300円(税込))に加入し、ボーナスポイントプログラムに登録すれば、以下の加盟店での利用が3倍に!

3倍なので、なんと「100円=3ポイント」。

  • Amazon
  • Yahoo JAPAN
  • JAL公式ウェブサイト(航空券やツアー旅行)
  • H.I.S.公式ウェブサイト
  • iTunes Store/App Store

Amazonがボーナス対象で、しかもポイント3倍なのは大きい。

Amazonならなんでも揃うので、そこでのお買い物がすべて3倍ですからね。

ヤフーショッピングやJAL航空券(HP経由)、H.I.S.(HP経由)も3倍になるのも嬉しい。

ダイナースクラブポイントモール

ダイナースクラブポイントモール
ダイナースはヤフーショッピング、楽天、一休.com、エクスペディア、じゃらん、Apple storeなどなど挙げきれないくらい、普段使うサイトでのお買い物でポイントアップが可能!

なので庶民にも使いやすい!

一番よく使う楽天市場は「5,000円ごとに25ポイント」なので、通常ポイントも入れて100円換算にすると「100円=1.5ポイント」。

1.5倍になるものの、アメックスゴールドのAmazon3倍に比べるとちょっと物足りないし、5,000円単位なので取りこぼしが多い。

ヤフーショッピングも1.5倍なので、アメックスゴールドの半分。

ただ、ダイナースクラブポイントモールの魅力はボーナス対象店舗の多さ。

色々なお店でポイントアップするのは魅力。

中には5,000円=475ポイントという大盤振る舞いも。

ポイントの貯めやすさ比較の結果

基本ポイントは同じであるものの、ポイントアップであれば、日常的に使えるAmazonで3倍のアメックス有利。

ポイントの貯めやすさの比較

ポイントの貯めやすさの勝負は、アメックスの勝利!

マイルの移行しやすさ比較

ANA ハワイ

ポイントが貯まっても航空会社のマイルに交換して、旅に出れなければ意味がない!

トラベル&エンターテイメントに強いカードと呼ばれているだけあって両カード複数の航空会社のマイレージプログラムにポイント移行可能!

しかもアメックスもダイナースもカードのポイントは無期限

(アメックスゴールドはポイントアップに必要なメンバーシップ・リワード・プラスに加入すると無期限になる)

期限を気にせず、しかも複数のマイレージプログラムに交換出来るのは陸マイラーにとってはかなりの魅力!

普通は期限あり&移行は1社のみなので。

アメックスもダイナースも魅力の一つ。

ANAマイレージクラブとJALマイレージバンクの会員証
今さら聞けないマイル・マイレージとは?はじめての貯め方・使い方!マイルを貯めてタダで旅行へ

続きを見る

交換可能な航空会社

アメックスは17社、ダイナース5社の航空会社に交換可能。

交換できる航空会社数ではアメックス優勢。

旅マイルでおすすめしているマイレージプログラム5社が入っているか比較してみましょう!

旅マイルおすすめのマイレージプログラムはこちら。

マイレージプログラム アメックスゴールド ダイナース
全日空(ANAマイレージクラブ) 1,000P=1,000マイル ※ 1,000P=1,000マイル ※
日本航空(JALマイレージバンク) 1,250P=1,000マイル
ユナイテッド航空(マイレージプラス) 2,000P=1,000マイル
デルタ航空(スカイマイル) 1,250P=1,000マイル 2,000P=1,000マイル
ブリティッシュエアウェイズ
(エグゼクティブクラブ)
1,250P=1,000マイル

アメックスもダイナースもほとんどの方がANAマイルへ移行しているかと。

そのANAへの交換レート及び、年間移行上限4万マイルは同じ。

勝負は、それ以外のマイル。

アメックスは、なんとJALにも交換可能!

ANAとJAL両方に交換できるのは大きい。

ただ、交換レートは「100円=0.4マイル」相当と悪いので、たくさんポイントが貯まっていて、ANAマイルへの移行だけではまかないきれない人向けですね。

また、JAL国内線にも交換できるブリティッシュエアウェイズに交換できるのも魅力。

「100円=0.8マイル」相当なので、十分候補先になります。

一方、ダイナースはJALへの交換はできないものの、日本人にも人気のユナイテッド航空のマイルに交換可能。

ただ、交換レートは、「100円=0.5マイル」相当なので、交換するにはもったいない。

正直、ダイナースでANAマイル以外に移行するのは損

マイル移行で考えるとアメックスのほうが確実に有利。

※ANAは、アメックス、ダイナース共に年間4万マイルまでの移行上限があるので注意。

4万マイルまでの移行上限ができてから、年間400万円以上利用する方はポイントが使い切れず余ってしまいがちに。

マイルをメインに考えているなら、アメックスならANAアメックス

ダイナースなら、ANAダイナースがおすすめ。

失敗しないマイレージプログラムの選び方
失敗しないマイレージプログラムの選び方!この航空会社でマイルを貯めるのがおすすめ

続きを見る

マイルの移行しやすさ比較の結果

ANAマイル以外の移行レートの差から、アメックスが断然有利。

マイルの移行しやすさの比較

マイルの移行しやすさの勝負は、アメックスの勝利!

海外旅行保険比較

成田空港 海外旅行保険デスク

海外旅行に強いカードであるには、海外旅行保険がどのくらい付帯しているのかも大きなポイント!

特に注目すべきは一番利用頻度が高いのに補償が薄い傷害・疾病治療費用

ただ、前提として、

  •  アメックスゴールド
    利用付帯
  • ダイナースクラブカード
    自動付帯

アメックスゴールドは、カードで旅行代金を支払わないと海外旅行保険の対象になりません。

一方、ダイナースクラブカードは、持っているだけで自動的に海外旅行保険の対象。

この時点でダイナースの勝利が確定ですね。

海外旅行保険付き年会費無料クレジットカード2選!カードと保険の組み合わせが一番お得で安心!

本カード会員の場合

アメックスゴールド ダイナース
傷害死亡・後遺障害 1億円(なし) 1億円(5千万円)
傷害・疾病治療費用 300万円(なし) 300万円
賠償責任 4,000万円(なし) 1億円
携行品損害 50万円(なし) 50万円
救援者費用 400万円(なし) 300万円
航空便遅延費用補償 2万円〜4万円(なし)  なし

※カッコ内は旅行代金を当カードで支払わなかった場合(以下同じ)

家族カードの場合

アメックスゴールド ダイナース
傷害死亡・後遺障害 5千万円(なし) 1億円(5千万円)
傷害・疾病治療費用 300万円(なし) 300万円
賠償責任 4,000万円(なし) 1億円
携行品損害 50万円(なし) 50万円
救援者費用 400万円(なし) 300万円
航空便遅延費用補償  2万円〜4万円(なし)  なし

家族特約(カード保有者の家族で家族カードを持っていない人)の場合

アメックスゴールド ダイナース
傷害死亡・後遺障害 1千万円(なし) なし
傷害・疾病治療費用 200万円(なし) なし
賠償責任 4,000万円(なし) なし
携行品損害 50万円(なし) なし
救援者費用 300万円(なし) なし
航空便遅延費用補償 2万円〜4万円(なし)  なし

海外旅行保険比較の結果

アメックスゴールドが利用付帯なのは大きなデメリット。

一番大事な傷害・疾病治療費用は同じ。

アメックスのメリットといえば、カードを持っていない家族も補償の対象であるところ。

子供など家族カードを持たない家族がいる場合は、旅行代金をアメックスで支払うほうが有利に。

家族が多くなれば当然家族カードを持っていない家族も増えるのでこれは大きな強み!

海外旅行保険の比較

海外旅行保険の勝負は、ダイナースの勝利!
参考
国内旅行保険もダイナースの方が充実

アメックスゴールド ダイナース
死亡・後遺障害 5,000万円 1億円
入院 なし 日額5,000円
手術 なし 5~20万円
通院 なし 日額3,000円

※共にクレジットカードの利用が条件

空港ラウンジ・荷物宅配サービス比較

羽田空港第1ターミナル 空港ラウンジ(パワーラウンジ)

空港ラウンジと荷物宅配サービスも海外旅行では大きなポイントです。

こちらはアメックスゴールド、ダイナース共に充実していますが若干の差があります。

空港ラウンジ

アメックスゴールド ダイナース
国内空港ラウンジ 回数制限無し 回数制限無し
国内空港ラウンジ同伴者 1名無料 有料
海外空港ラウンジ プライオリティパス
年2回無料(以降32米ドル)
ダイナースオリジナル
年10回無料(以降3,500円)
海外空港ラウンジ同伴者 有料 有料
ラウンジ数  国内外1,200ヶ所以上 国内外1,000ヶ所以上
航空会社ラウンジ有無 あり あり
家族カード 利用可能 利用可能

アメックスゴールド、ダイナースどちらも国内空港ラウンジは回数制限無しで無料で利用できます。

アメックスゴールドが有利な点は、国内空港ラウンジでは、同伴者1名も無料であること。

国内空港メインで使うなら、アメックスゴールドのほうが有利。

一方、海外空港メインで使うなら、アメックスゴールドは年2回と少ないのに対して、ダイナースは年10回と十分な利用回数が確保されています。

海外旅行をメインに考えるなら、ダイナースですね。

アメックスなら同伴者も無料
空港ラウンジ同伴者無料のクレジットカードを探しているならアメックスがおすすめ!

続きを見る

荷物宅配サービス

アメックスもダイナースもスーツケース等の手荷物お届けのサービスが付いています。

結構スーツケースをコロコロ転がして電車に乗るのは大変なので助かるサービスです。

ダイナースは、帰国時のみで年間2個まで。

一方アメックスゴールドは出国時、帰国時共に利用可能で1回1個にはなりますが、回数制限はなし。

行きも帰りも楽チンなアメックスゴールドの勝利です。

※アメックス:海外への出発時、指定の場所から手荷物1個無料、海外からの帰国時に空港から指定の場所まで手荷物1個無料
※ダイナース:海外からの帰国時、空港から指定の場所まで手荷物年2個無料

空港ラウンジ・荷物宅配サービス比較の結果

ダイナースもアメックスゴールドも一長一短。

空港ラウンジと荷物宅配どちらに重きを置くかにもよりますが、海外空港ラウンジの回数を重視するならダイナースかな~。

空港ラウンジ・荷物宅配サービスの比較

空港ラウンジ・荷物宅配サービスの勝負は、ダイナースの勝利!

アメックスとダイナースの両方所有は意味あるのか?

比較をしていると強く思うのが、悩むくらいなら両方持っちゃう?という誘惑・・・

ただ、個人的には両方所有はもったいないと考えています。

理由は次の5つから。

  • 庶民には2枚分の高額年会費はかなりの負担(年間6万円以上)
  • アメックスとダイナースのカード特典がどちらも似たり寄ったりなので、どうしてもカード特典が重複してしまう
  • 1枚でも庶民には使いきれないカード特典
  • プラチナカードやブラックカードを目指すなら、決済を1枚のクレジットカードに集中させるべき
  • 高額年会費のカードを2枚持つなら、カード特典が被らない別のクレジットカードを選ぶべき

といいつつ、クマは2枚持ちしていましたが(汗)

現在は、共にカードランクを上げて、アメックスプラチナANAダイナースプレミアムを保有しています。

(ダイナースは、プレミアムに突撃する際にANA提携に切り替え)

アメックスとダイナースの2枚持ち
ダイナースとアメックスゴールドの2枚持ちする意味は?使用感を徹底比較!

続きを見る

まとめ

結果は、

 8大比較 アメックスゴールド ダイナース
年会費の比較
審査の厳しさの比較
ステイタスの比較
カードが使えるお店の比較
ポイントの貯めやすさ比較
マイルの移行のしやすさ比較
海外旅行保険の比較
空港ラウンジ・荷物宅配サービス比較
合計 5 3

結果はアメックスの勝利!

アメックスもダイナースもどちらも良いカードではあるものの、現時点ではポイント&マイルで優れているアメックスが有利。

また、2021年に新登場したアメックスゴールド継続特典もお得度をアップしています。

ダイナースであれば、レストランイベントが多いので、レストランを楽しみたいならダイナース。

どの切り口にするかで結果は変わりますが、旅行という観点から見ると、今はアメックスがおすすめです。

コスパもよく、旅行でも使えて、なによりアメックスブランドのステイタスの高さは随一。

アメックスプラチナインビテーション02
アメックスプラチナのインビテーションが届いた!インビテーションが届く条件は年収じゃない!

続きを見る

現在実施中のキャンペーン

アメックスゴールド

最大40,000ポイント獲得可能

アメックスゴールドの入会・キャンペーン詳細はこちら

キャンペーン獲得で年会費実質無料

アメックスゴールドの詳細はこちら↓

アメックスゴールドとアメックスグリーンの入会キャンペーン
アメックスゴールド・グリーン入会キャンペーン!特典・デメリット・審査基準まとめ

続きを見る

ダイナースクラブカード

本会員は初年度年会費無料

ダイナースクラブカードの入会はこちら

2022年1月31日までの期間限定

ダイナースクラブカードの詳細はこちら↓

ダイナースクラブカード入会キャンペーン
【2021年版】ダイナース入会キャンペーン!特典満載のダイナースクラブカードのメリット・デメリットまとめ

続きを見る

【こちらの記事も読まれています】


アメックスゴールドとアメックスグリーンの比較
アメックスゴールド、グリーンどっちがおすすめ?6つの視点で比較!年会費・特典の違いは?

続きを見る


アメックスゴールドは持つ価値があるのか?
アメックスゴールドは持つ価値があるのか?年会費が高いのに人気がある理由は?

続きを見る

アメックス特集-11_300x250

メルマガ会員&SNSフォローで限定・更新情報が届きます

旅マイルメールマガジンバナー_B300x250

情報がいち早く届きます

Twitterフォローはこちら

マイル・クレカ・旅行情報つぶやき中

-旅に必須のクレジットカード