ダイナースとアメリカンエキスプレス(アメックス)を徹底比較!結果どっちを選んだか!

アメックス ダイナース 比較

ダイナースクラブカードとアメリカンエキスプレスカード。

両方ともゴールドカードよりもステイタスの高いプラチナカードやブラックカードを有する世界的にステイタスの高いクレジットカード。

プラチナカードやブラックカードは持ちたくても直接の申込は出来ません。

インビテーションというクレジットカード会社からのお誘いを受けなければ持てないクレジットカードです。

それゆえにステイタスが高い。

なかなか手に入らないものだと欲しくなるのが人間の常(笑)

プラチナカードやブラックカードを目指す!となった時にまずしなきゃいけないのが、申込可能な最上位のクレジットカードを保有すること。

ダイナースならダイナースクラブカード、アメックスならアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

利用履歴を磨き、晴れてインビテーションを受け、プラチナカード・ブラックカード保有者になれます。

そこで悩むのがダイナースクラブカードがいいのか、アメリカンエキスプレスカードがいいのか?

これは本当に悩みました!

ダイナースとアメックス両方を比較して悩んで選択した結果です!

スポンサーリンク

比較するクレジットカード

ダイナースクラブカード(ダイナース)、アメリカンエキスプレスカード(アメックス)両方とも提携カードを複数発行しています。

今回はプラチナカードへのインビテーションも狙っての選択。

そのため、提携カードではないプロパーのダイナースクラブカードとアメリカンエキスプレスゴールドカードの比較をしていきます!

なお、クマは旅行好き&陸マイラーなので旅行に役立つのか?、マイルは貯まりやすいか?に重点を置いて選びました

そんなわけで、次の8大比較で白黒つけます!!

  1. 年会費の比較
  2. 審査の難しさの比較
  3. ステイタスの比較
  4. カードが使えるお店の比較
  5. ポイントの貯めやすさ比較
  6. マイルの移行のしやすさ比較
  7. 海外旅行保険の比較
  8. 空港ラウンジ・荷物宅配サービス比較

年会費の比較

無料クレジットカードが多いこのご時世にどちらも庶民には高過ぎる年会費です。

毎年の年会費比較

ダイナース アメックスゴールド
本会員 22,000円 29,000円
家族カード 5,000円 0円
ETCカード 0円 0円
ポイントアップ 0円 3,000円 (※2)
合計 27,000円 32,000円

※1:税別。ETCカードは年1回以上の使用ありを想定
※2:ポイントアップしないと100円=1マイル貯まらないので必須

毎年かかる年会費はダイナースの方が安いですね。

マイルを移行した年の追加費用

クレジットカードで貯めたポイントを、航空会社のマイルに移行するとします。

すると、先ほどの年会費とは別に次の費用が発生します。。。

ダイナース アメックスゴールド
ANA以外への移行手数料 6,000円  (※1) 0円
ANAへの移行手数料 6,000円  (※1) 5,000円

※1:マイル移行する年のみ。移行しない年は不要

ダイナースの場合は、マイルを移行する年のみ手数料がかかります。

移行手数料を支払った年は何回マイルを移行しても6,000円。

マイルの移行を全くしなければ0円で済みます。

アメックスゴールドの場合は、ANA以外は移行手数料は0円!

移行手数料を気にしなくていいのはアメックスの方ですね。

年会費比較の結果

毎年、マイル移行はしないので、ダイナースの方が年会費はお得です!

特に家族カードを作らない方ならなおさらですね。

というわけで、年会費の勝負は、ダイナースの勝利

審査の難しさの比較

限度額

当然ですが、審査は限度額が多ければ多いほど厳しい

限度額を多いほど、返済されなかったときに回収できない金額が増えるので、審査が厳しくなります。

両者の限度額はこんな感じです。

ダイナース アメックスゴールド
公表の限度額 一律の制限なし 一律の制限なし
実際の限度額(推測) 100万円以上はある? 最初は年収の5%程度?

限度額はダイナースの方が明らかに多いですね。

年齢と年収

また、ダイナースは年齢27歳以上と入会の基準をうたってます。

一方、アメックスは特に無く、ダイナースの基準を満たさない若い方でもアメックスゴールドは審査が通っているようです。

ブルーの部分は推測ですが、恐らくこんな感じかと。

ダイナース アメックスゴールド
年齢 27歳以上 20歳以上
年収 500万円以上(正社員) 300万円以上(正社員)

※ダイナースの年収は、公式HPのクイック診断でOKになる年収です。(今はなくなりました)

審査が難しいのは明らかにダイナースですね。

「審査の難易度が高い=希少価値が高い=ステイタスが高い」

というわけで審査の難しさの勝負はダイナースの勝利!

。。。だけど、審査が難しくないほうが良い気も。。。

ダイナースクラブカードの審査は厳しいからなのかカード発行までの期間はなんと。。。

2014.11.30

審査は優しい?アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの申込からカード発行までの期間は?

2015.09.01

ステイタス比較

ダイナースクラブカード券面

ダイナースクラブカード

アメックスゴールド券面

アメックスゴールド

ダイナースとアメックスどちらのほうがステイタスがあるか見ていきましょう。

高い年会費を払うならそれに見合ったステイタスも欲しいですよね。

認知度

ステイタスとは、社会的地位や身分をあらわすもの。

そのため、認知度が高くないと社会的地位や身分をあらわせませんよね。

認知度が高いのは、間違いなく、ダントツにアメックスゴールド!

ダイナースそのものを知らない人も多いです。。。

お店でダイナースを出した場合

こんなやりとりは日常茶飯事です。。。

クマ
カードでお願いします(ダイナースを提示)
店員
・・・(どこのカードだろ??)一括でよろしいですか?
クマ
はい。一括でお願いします。
店員
・・・(どっちが上なんだろう。。。)・・・(カードを逆さにしてガリっとスライド。。。)
クマ
(あっまたカードが傷ついた。。。)
店員
(マークも入ってないしわかりずらいんだよ(怒)という顔で正しくスライド)サインをお願いします

お店でアメックスゴールドを出した場合

明らかにダイナースのときとは反応が違います。

クマ
カードでお願いします(ダイナースを提示)
店員
(おっアメックスゴールド!)一括でよろしいですか?
クマ
はい。一括でお願いします。
店員
(スマートにカードをスライドし)サインをお願いします

そのくらいダイナースはマイナーです。

ゴールドカードやプラチナカードは誰でも持てる時代。

だけど、世間一般の認識は違います。

券面がゴールドに輝いていると金持ちに見えます。

その点、アメックスゴールドの券面はわかりやすいゴールド。

一方、ダイナースはシルバーのため見た目は普通。

インパクトゼロです。

個人的にはゴールド!というと出しづらいのでシルバーが好きですが。。。

とはいえ、周りにわかってもらえなければステイタスがあるとは言えないので、ステイタスを求めるなら断然アメックスです

プレミアムカード比較

冒頭にも書きましたが、ダイナースやアメックスを持つ動機の一つにプラチナカードやブラックカードを持ちたい!というのがあるかと。

クマもまさにそんな一人です。

というわけでプレミアムカードを比較です。

ダイナースは、2ラインナップ。

カード名 クラス
ダイナースクラブカード ゴールドカード相当
ダイナースクラブプレミアムカード ブラック?プラチナ?相当

アメックスは4ラインナップ。

カード名 クラス
アメリカンエキスプレスカード ノーマル
アメリカンエキスプレスゴールドカード ゴールド
アメリカンエキスプレスプラチナカード プラチナ
アメリカンエキスプレスセンチュリオンカード ブラック

ブラックカードと呼ばれるのは、ダイナースクラブプレミアムカードとアメリカンエキスプレスセンチュリオンカードの2つ。

ただし、アメックスのセンチュリオンのプレミアム度が高すぎてダイナースプレミアムカードをブラックカードではなく、プラチナカードと位置付けされることも。。。

とはいえ、センチュリオンの年会費は30万円超。。。

いくらステイタスが欲しいと言っても庶民には手が出ない。。。

そこで狙うのはダイナースプレミアムとアメックスプラチナ。

ダイナースプレミアムとアメックスプラチナの比較

ダイナースプレミアム アメックスプラチナ
年会費 130,000円(税別) 130,000円(税別)
家族カード 無料 無料
インビテーションの難度 利用実績を積めば庶民でも取得可能 利用実績を積めば庶民でも取得可能
ポイント 100円=2ポイント 100円=1ポイント
海外旅行保険(治療費用) 1,000万円 1,000万円
プライオリティパス プレステージ無料 プレステージ無料
ホテル上級会員 リーダーズクラブ
一休ダイヤモンド会員
SPGゴールド会員
ヒルトンHオナーズゴールド会員
リーダーズクラブ
クラブ・カールソンゴールド・エリート
航空会社上級会員 なし なし(キャセイパシフィックの自動付帯終了)
ホテル無料宿泊 なし あり
誕生日プレゼント あり あり

ダイナースプレミアムのポイントは、100円=2ポイント貯まるので驚異的に貯まります

しかも、1ポイント=1マイルで交換できるのであっという間にマイルが貯まります。

一方、アメックスプラチナはホテル上級会員がとても充実しているのが、魅力です。

シェラトン・ウェスティンのSPGゴールド会員、ヒルトンホテルのゴールド会員など持っているだけで、部屋のアップグレードや朝食無料になるとても魅力的な特典です

ちなみに、ブラックカードをとにかく早く持ちたいならインビテーションを待たず、自分から手を挙げて取得することが可能です。

事実、ダイナースクラブカードを持ってからたった11カ月で、サポートデスクに電話してインビテーションを催促したところ、ちゃんとブラックカードホルダーになれたので嘘ではないです。

ANAダイナースプレミアムカードを11カ月で取得!庶民でも取得する方法は?

2016.01.26

ステイタス比較の結果

ステイタスなら認知度も抜群、センチュリオンという別世界のカードを保有しているアメックス。

ステイタスの比較はアメックスゴールドの勝利!

アメックスプラチナ・ダイナースプレミアム・JCB ザクラス狙うならどれ?3枚の比較と取得する方法!

2016.10.21

カードが使えるお店の比較

ダイナースもアメックスも、VISAやマスターカードに比べると加盟店数が少ないのがネック。

ダイナースもアメックスもJCBと業務提携しているため、基本JCBが使える加盟店で使える可能性があります。

可能性がと書いたのは、JCBが使える加盟店すべてで使える訳ではなく、加盟店毎に異なります。

その場合でも、アメックスは使えるようにしているけど、ダイナースは使えないということもしばしば。

もちろん、主要なところではダイナースもほぼ使えるので困りはしないです。

ダイナース アメックスゴールド
国内 JCBとの提携でほぼ使える JCBとの提携でほぼ使える
ネットショップ 主要なネットショップでは使えるが、ときおりダイナースのみNGのお店も ほぼ使える
海外 アメリカは99%使えるが、ヨーロッパ・アジアは使えないお店多数 使えないお店もあるが、比較的使える

利用可能店舗比較の結果

国内のお店で使う分には差がありませんが、やっぱりネットショップと海外ではダイナースが劣ります。

そんなわけでカードが使えるお店の比較はアメックスゴールドが勝利!

悲報!アメリカンエキスプレスは使えるのにダイナースクラブカードは使えないパターンが続出!

2014.12.26

ダイナースクラブカードとJCBは連携しているので実は使える!!

2015.03.09

ポイントの貯めやすさ比較

ステータスカードとはいえ、やっぱりお得でなければ使う意味がありません。

ポイントの還元率

まずは、ポイント還元率。

ポイント還元率とは、100円のショッピングをしたときに何ポイントもらえるかどうか。。

ダイナース、アメックスゴールド共に

100円=1ポイント

なので還元率は引き分け。

100円のカード利用で1ポイント貯まり、1ポイントは1マイルに交換可能です。

ちなみに「100円=1マイル」はマイルを貯めるメインカードとして使うことができるボーダーラインのレートです。

ポイントアップの比較

通常のカード利用だと100円で1ポイント。

それぞれ用意しているポイントモール経由で買い物するとポイントアップするチャンスが。

ダイナースの場合は「ダイナースクラブポイントモール」。

アメックスゴールドの場合は「メンバーシップリワードボーナスポイントパートナーズ」です。

ダイナースクラブポイントモール

ダイナースクラブポイントモール
ダイナースはヤフーショッピング、楽天、一休.com、エクスペディア、じゃらん、Apple storeなどなど挙げきれないくらい、普段使うサイトでのお買い物でポイントアップが可能!

なので庶民にも使いやすい!

それもポイント2倍とかケチケチしておらず、中には100円=20ポイントという大盤振る舞いも。

ダイナースクラブカードの使い勝手は?半年ちょっとでヨーロッパ行きのポイントが貯まるその訳は?

2015.08.16

メンバーシップリワードボーナスポイントパートナーズ

メンバーシップリワードボーナスポイントパートナーズ
一方アメックスゴールドの提携店は高級な所が多い(汗)

しかも、ダイナースと違い予約サイトや、ヤフーショッピングのようなショッピングサイトが無いため正直利用頻度は少ないでしょう。。。

そのため、基本100円=1ポイントと考えたほうが良いです。

ポイントの貯めやすさ比較の結果

基本ポイントは同じであるものの、ポイントアップでダントツにダイナース有利!

ポイントの貯めやすさ比較はダイナースの勝利!

マイルの移行しやすさ比較

ポイントが貯まっても航空会社のマイルに交換して、旅に出れなければ意味がない!

トラベル&エンターテイメントに強いカードと呼ばれているだけあって両カード複数の航空会社のマイレージプログラムにポイント移行可能!

しかもダイナースもアメックスゴールドもクレジットカードのポイントは無期限!

なので期限を気にせず、しかも複数のマイレージプログラムに交換出来るのは陸マイラーにとってはかなりの魅力!

普通は期限あり&移行は1社のみなので。

かなりのお得ポイントです。

今さら聞けないマイル(マイレージ)とは?貯めずに飛行機に乗るのは損ですよ!

2014.11.11

交換可能な航空会社

ダイナース6社、アメックスゴールドは15社の航空会社に交換可能。

交換できる航空会社数ではアメックスゴールド優勢。

でも交換可能な航空会社には若干違いがあります!

旅マイルでおすすめしているマイレージプログラム5社が入っているか比較してみましょう!

旅マイルおすすめのマイレージプログラムはこちら。

マイレージプログラム ダイナース アメックスゴールド
全日空(ANAマイレージクラブ)
日本航空(JALマイレージバンク)
ユナイテッド航空(マイレージプラス)
デルタ航空(スカイマイル)
ブリティッシュエアウェイズ
(エグゼクティブクラブ)

※ANAはダイナースとアメックスゴールド共に年間8万マイルまで。

ダイナース、アメックスゴールド共に残念ながらJALには交換出来ません。

そのため差は、ユナイテッドとブリティッシュエアウェイズの2社。

タイプ別!どこの航空会社でマイルを貯めるのがいいのか?あなたはどのタイプ?

2014.11.19

マイルの移行しやすさ比較の結果

ユナイテッドとブリティッシュエアウェイズの違いだけなので、

マイルの移行しやすさ比較は引き分け!

海外旅行保険比較

海外旅行に強いカードであるには、海外旅行保険がどのくらい付帯しているのかも大きなポイント!

特に注目すべきは一番利用頻度が高いのに補償が薄い傷害・疾病治療費用

クレジットカードと海外旅行保険の組み合わせが一番お得で安心!おすすめクレジットカード3選!

2014.09.17

本カード会員の場合

ダイナース アメックスゴールド
傷害死亡・後遺障害 1億円(5千万円) 1億円(5千万円)
傷害・疾病治療費用 300万円 300万円(200万円)
賠償責任 1億円 4,000万円
携行品損害 50万円 50万円
救援者費用 300万円 400万円(300万円)
航空便遅延費用補償  なし  2万円〜4万円

※カッコ内は旅行代金を当カードで支払わなかった場合(以下同じ)

家族カードの場合

ダイナース アメックスゴールド
傷害死亡・後遺障害 1億円(5千万円) 5千万円(1千万円)
傷害・疾病治療費用 300万円 300万円(200万円)
賠償責任 1億円 4,000万円
携行品損害 50万円 50万円
救援者費用 300万円 400万円(300万円)
航空便遅延費用補償  なし  2万円〜4万円

 

家族特約(カード保有者の家族で家族カードを持っていない人)の場合

ダイナース アメックスゴールド
傷害死亡・後遺障害 なし 1千万円
傷害・疾病治療費用 なし 200万円
賠償責任 なし 4,000万円
携行品損害 なし 50万円
救援者費用 なし 300万円
航空便遅延費用補償  なし  2万円〜4万円

 

海外旅行保険比較の結果

一番大事な傷害・疾病治療費用はダイナースもアメックスゴールドも引き分け!

ただ、アメックスゴールドのすごいところは本会員の家族で家族カードを持っていない人にも補償が付く点!

家族が多くなれば当然家族カードを持っていない家族も増えるのでこれは大きな強み!

 

海外旅行保険の比較はアメックスゴールドの勝利!

参考
国内旅行保険ならダイナースの方が充実

ダイナース アメックスゴールド
死亡・後遺障害 1億円 5,000万円
入院 日額5,000円 なし
手術 5~20万円 なし
通院 日額3,000円 なし

※共にクレジットカードの利用が条件

空港ラウンジ・荷物宅配サービス比較

ユナイテッド航空ファーストクラスラウンジソファ

空港ラウンジと荷物宅配サービスも海外旅行では大きなポイントです。

こちらはダイナース、アメックスゴールド共に充実していますが若干の差があります。

空港ラウンジ

ダイナース アメックスゴールド
サービス種類 ダイナースオリジナル プライオリティパス
ラウンジ数 国内外600ヵ所以上 国内外700箇所以上
航空会社ラウンジ有無 あり あり
利用料金 無料 1回27ドル(年2回分の無料券あり)
家族カード 利用可能 利用可能

数ではアメックスゴールドのほうが多いけど、主要な空港では両者ラウンジを有しているので問題なし。

ダイナースもアメックスゴールドも航空会社ラウンジが使えるのは大きなポイント。

別記しますが、航空会社ラウンジとカードラウンジ(通常のカードに付帯している空港ラウンジはこっち)は雲泥の差。

ただ、アメックスゴールドは年2回までしか無料でないため、年に複数回海外に行く人ならダイナースですね。

荷物宅配サービス

ダイナースもアメックスゴールドもスーツケース等の手荷物お届けのサービスが付いています。

結構スーツケースをコロコロ転がして電車に乗るのは大変なので助かるサービスです。

ダイナースは、帰国時のみ。

一方アメックスゴールドは出国時、帰国時共に利用可能!

行きも帰りも楽チンなアメックスゴールドの勝利です。

空港ラウンジ・荷物宅配サービス比較の結果

ダイナースもアメックスゴールドも一長一短。

空港ラウンジ・荷物宅配サービス比較は引き分!

ダイナースとアメックスの両方所有は意味あるのか?

比較をしていると強く思うのが、悩むくらいなら両方持っちゃう?という誘惑。。。

ただ、個人的には両方所有はもったいないと考えています。

理由は次の5つから。

  • 庶民には2枚分の高額年会費はかなりの負担(年間6万円以上)
  • ダイナースとアメックスのカード特典がどちらも似たり寄ったりなのでどうしてもカード特典が重複してしまう
  • 1枚でも庶民には使いきれないカード特典
  • プラチナカードやブラックカードを目指すなら決済を1枚のクレジットカードに集中させるべき
  • 高額年会費のカードを2枚持つなら、カード特典が被らない別のクレジットカードを選ぶべき
といいつつ、クマは2枚持ちが続いていますが。。。

まとめ

結果は。。。。

 8大比較 ダイナース アメックスゴールド
年会費の比較
審査の厳しさの比較
ステイタスの比較
カードが使えるお店の比較
ポイントの貯めやすさ比較
マイルの移行のしやすさ比較
海外旅行保険の比較
空港ラウンジ・荷物宅配サービス比較
合計 5 5

結果は引き分け!?

ダイナースもアメックスゴールドもどちらも良いカードの証。

あとは、何を重視するか。

クマ個人の考え方は、

  • ステータスを重視するならアメックスゴールド
  • ポイント(マイル)を重視するならダイナース
クマは陸マイラーなのでポイント重視でダイナースクラブカードがメインカード

求める目的にあったカードを選べばダイナースもアメックスゴールドも満足度の高いカードですよー。

【現在実施中のキャンペーン】

ダイナースは3ヵ月以内に30万円以上利用でもれなく15,000ポイント獲得又はオリジナルマイサインキットプレゼントのチャンス:ダイナースクラブカードのキャンペーン詳細&入会

アメックスは年会費無料のチャンス!:アメックスゴールドのキャンペーン詳細&入会

【2016年最新キャンペーン】アメックスゴールド、グリーンを年会費無料で持つチャンス!

2016.06.01

【最新】ダイナース入会キャンペーン!特典満載のダイナースクラブカードをお得に手に入れるチャンス!

2016.08.13

【こちらの記事も読まれています】

ダイナースとアメックスゴールドの2枚持ちする意味は?使用感を徹底比較!

2015.09.20

アメックスゴールド、グリーンどっちがおすすめ?6つの視点で比較!年会費・特典の違いは?

2016.08.28

アメックスゴールドは持つ価値があるのか?年会費が高いのに人気がある理由は?

2016.11.11

アメックスバーナー(ゴールド)300x250_rcpgold_fyf

いいねをすると更新情報が届きます

フォローすると更新情報が届きます

この記事が気に入ったらシェアをお願いします^^